今年はやはり何かがどこか違います!!
それは私だけでなく他の皆さんもきっと感じているはず。

最近は彗星や惑星についてあまり記事を書く時間がなくてごめんなさいw(´;ω;`)
もう少し時が近づいて来たら書きたいと思っていますが、アイソン彗星は2013年11月には太陽表面をかすめるように近日点を通過します!

近日点通過前後の11月28日頃になるとISONは満月よりも明るく見えてくると言われています。視等級がマイナスになり、金星や満月の明るさを超える大彗星になる可能性もあるとか!!

マヤの予言ではこれからの時代、半分は善く半分は悪いと言われているのですが、マヤの大地は次々と真実を明らかにするために、地底から神話素を蘇らせる準備が着々と整えているのかもしれません☆


米国とメキシコの考古学者チームは、グアテマラの「エル・ペルー・ワカ」で新たな記念碑を発掘したそうです。

b0213435_11414091.png

Sci-News.com

見つかったステラ44は、西暦564年1月25日「暗黒の時代(dark age)」と呼ばれる頃に彫石されたと見られていて、そこにはマヤのクレオパトラのストーリーが描かれてるそうなのです!
(ノ゜0゜)ノ オオォォォォォォー

「Lady Ikoom was a predecessor to one of the greatest queens of Classic Maya civilization, the seventh-century Maya Holy Snake Lord known as Lady K’abel who ruled El Perú-Waka’ for more than 20 years with her husband, King K’inich Bahlam II. She was the military governor of the Wak kingdom for her family, the imperial house of the Snake King, and she carried the title ‘Kaloomte,’ translated as ‘Supreme Warrior,’ higher in authority than her husband, the king.」

レディーイクーム(Ikoom)は、7世紀クラシック古代マヤ文明の偉大な女王の一人でした。キニチ・バラム二世王である夫と一緒に20年以上にわたってエル・ペルー・ワカを統治したマヤの聖蛇神の前身だったようです。

「Team member Dr Stanley Guenter, who deciphered the text, believes that Stela 44 was originally dedicated about 1450 years ago, in the calendar period ending in 564 AD, by the Wak dynasty King Wa’oom Uch’ab Tzi’kin, a title that translates roughly as ‘He Who Stands Up the Offering of the Eagle.’」

ワシに献納するために立ち上がる者・・・!?


何だかものすごいステラが発見されましたねー!!

マヤ文字の専門的な意味やマヤ文明の歴史的背景がちゃんと理解できてないと、翻訳が違う意味になってしまいます。
ので、曖昧なことは書きたくないのでナショジオや専門の記者が翻訳した記事を掲載してくれるまで詳細をのせるのは待ってみようと思います☆
興味のある方は英語のサイトをのぞいて見てくださいね!

「このタイミングで?!」
というほど素晴らしい内容です!(^_^)

真実が暴かれる時、戦争と犠牲、そしてその背後にある政治的陰謀の真相が語られる時、マヤのクレオパトラは何を語ってくれるのか象徴的にも歴史的にも「新しい時代の幕開け」のこの時に発見されたことに深い意味があるように感じています。


今年日本では巳年の蛇で、マヤ暦ではワシ年です。
さらに7月14日から現在はヘビのトレセーナ周期!!


意味ありすぎですよね!!!

これからまさに新たな時代は「神殿が開かれてくる時」。


ワクワク度はとまりません♪


☆お知らせ☆

女性誌「CREA」2013年9月号は・・・

「星」と「神」が動く2013年
運命を変えるのは今!

占い特集です(ノ∇≦*)☆♪

先日取材に協力させていただきました。
8月7日発売です!

世の中が大きく変化している時をマヤ暦の視点からもお伝えさせていただきました。いくつかの占術から時代を読んでみるのはとても興味深いこと!
私も楽しみにしています(^_^)
是非ご覧下さいませ〜。.:+*:・'☆。、:+*:

CREA 文藝春秋
http://crea.bunshun.jp/articles/-/3390