タグ:ヨハネ黙示録 ( 2 ) タグの人気記事

3・11 2回目の祈り☆

b0213435_1984983.jpg


マヤ暦では2013年3月11日は「祖先・6」です。
天に住まうマヤの神々「アハウ」の力がいのちのバランスを保つ日です。

世界を創造した神アハウとその象徴である太陽を意味する日。
マヤのナーカルエネルギーをみると、今日この日は生活の安定や安全を祈願し、新しい計画をたてたり、目的を達成させたりすると良い日だといわれています。

新たな息吹を取り入れる、力、勇気をアハウからうけとり、困難を乗り越えるためのエネルギーがもたらされてくる日です。

b0213435_19121934.jpg


3・11 東関東大震災で家族や友達、愛する人を失い、あるいは仕事や家、すべてを失ってしまったり、精神的に未だ辛い状況にある皆さんのために、今も生きて生かされている「いのち」について、私の大好きな言葉を紹介したいと思います。



ヨハネ黙示録第21章より(抜書き)


われまた新しき天と新しき地を見たり。
これ、さきの天とさきの地とは過ぎ去り、海もまたなきなり。

われまた聖なる都、新しきエルサレムの
夫のために飾りたる花嫁のごとく備えして、神のもとをいで、
天よりくだるを見たり。
また大いなる声の、みくらよりいずるを聞けり。

いわく「見よ、神の幕屋、人とともにあり。神、人とともに住み、
人、神の民となり、神みずから人とともにいまして、
彼らの目の涙をことごとく ぬぐい去りたまわん。

今よりのち 死もなく、悲しみも、叫びも、苦しみもなかるべし。

見よ、われ、すべてのものを新たにするなり、
われはアルファなり、オメガなり、始めなり、終りなり。

乾く者には値なくして、命の水の泉より飲むことをゆるさん。
勝ちを得る者は、これらのものを継がん。

われはその神となり、彼は我が子とならん。



これは聖書のヨハネ黙示録21章に書かれているものを一部抜粋したものです。
キリスト教を知らない人や信仰してない人にも、このメッセージは真実の言葉として神から贈られています。


悲しみや苦しみに救いはあるのか?
と聞かれたとき
この世は地獄ではないのか?
生きるに値する世界なのか?
と問いかけたとき、私の心に浮かんでくる大切な言葉です。


絶望のたどり着く先には何があるのでしょう?

悲しみや苦しみの先に「死」や「無」しかないのが真実だとしたら、なぜ人は生まれてきたのでしょう?

そのとき得られる答えが、この言葉から伝わる神の息吹と愛と希望です。

苦しみと絶望の後たどり着く世界が「聖なる都、新しいエルサレム」です。
天から下ってきた新しい都・世界です。

そしてその御座から大きな声がこう言いました。

「神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。神自身が彼らとともにおられて、彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。以前のものはすべて過ぎ去ったからである。」
「見よ、わたしはすべてを新しくする。」
「書き記せ。これらの言葉は信ずべきものであり、真実である。」
「わたしは渇くものには、いのちの水の泉から、値なしに飲ませる。勝利を得るものは、これらのものを相続する。」


私自身、この言葉に何度も何度も助けられた経験があります。

人にとって「希望」は、絶望のはてにある勝利の相続権であり、天にあるいのちの水の泉から飲む権利であり、戦利品だと思います。

どんなに困難なことがあっても、辛い事があっても、乗り越える・・・それは「希望」を持ったときから始まるのだという教えなのではないでしょうか。

b0213435_19333278.jpg



今日何か1つでいいので、新しい「Something New」なことをしてみましょう!
例えばいつもと違うコップでお茶を飲むとか、新しい歯ブラシにする、新しいタオルを使うなど、何でもいいわね。

いのちをつなぐため、希望の戦利品に近づくため、過去を忘れないため。。。。

平和の祈りをこめて。。。 3・11よ永遠に。
みなさん、こんにちわ。

マヤカレンダー今日は「死・4」です。
そして8月15日は「死」に関係する仏滅。
金星の外合で、惑星が直列しています。
(金星-太陽-水星-地球)

夕方頃に茨城県南部で地震が発生したようですね。
今日明日は気をつけながら様子を見てまいりましょう!

エレニン彗星や赤い惑星は肉眼で見えるところに未だその姿を現しませんが、いったいどうしたのでしょ?
やっぱり地球に接近するのやーめたっ!
そんなわけありませんよね(^_^;)

今日は「9Nania」の動画を紹介しようと思うのですが、その前にこちらを説明しなければちゃんとした意味が通じないので、少々我慢してくださいませね。

聖書の原典がヘブライ語で書かれていたことを考えると、世界中で英語や日本語などに翻訳されている時点で、既にヘブル文字に本来隠されていた正典としての啓示的意味は消えてしまいました。
原始キリスト教は古代において真理をあらわすシンボルや象徴的な意味は、神のお告げの奥義として原典に隠されていました。
ヘブライ語のアルファベット文字に、数値を結びつけて考える数秘術もその1つです。

たとえば「蛇が人をかんでも(バイトカン)、その人が青銅の蛇を仰ぐと、命を得た」という一節が民数記第21章にありますが、これは「358」という数値に変換されます。そしてこれは「救い主(メシア)」という単語と同じ数値であるため、この青銅の蛇は救い主の到来を予示したもので、救い主は霊的真理を知りたいという思いに「さいなまれた人(バイトカン)」を残らず救う。となります。
b0213435_1838247.jpg

このようにして文字を数字に置き換えたり、啓示的な真理を体系にそって聖書を読み解かなければ、ゲマトリアは解明されません。

そういった意味で現代の聖書における真理の多くは、偏ってしまったりあるいは失ってしまったりしている可能性が大きいでしょう。

3~6世紀のある時点で神秘主義文書「セフィール・イェツィーラー(創造の書)」とよばれるカバラ文献が世に現れました。 神の奥義と宇宙の霊的次元、あるいは聖書を織り成す神の啓示が意味する本来の知識は、象徴体系となって伝承されることになりました。

そしてそれはカバラだけでなく、占星術のなかにも地球の状況を示すものとして賦与されたのだとあります。
たとえば真夏の獅子宮(しし座)は灼熱の太陽のしるしで、続く処女宮(おとめ座)は、翌年の種まきに備えて作物を刈ることの象徴のように。です。

「ヨハネの黙示録」も文字通りの意味に解釈することは危険です。

そしてマヤ暦やマヤ神話を紐解こうとする者の多くに同様、聖書の黙示を読み解こうとするものは後を絶ちません。

聖書の預言やマヤの予言には、現代にもつながるちゃんとした真理や奥義が秘められている!と私は信じているのです。

さて・・・
「9nania」というヤングレディーは「星と惑星を自分に与えられたビジョンとともにヨハネの黙示に照らし合わせて解読する」ということを試みています。


こちらの動画は「9nania」が地震が発生する少し前の3月5日にアップしたものですが、興味深い解読となっているので少しご紹介しましょう。

動画の4:24あたりからの様子が、おとめ座から生まれ出る星を映しています。

最初にこちらをお読みください^^
動画に関連する惑星の誕生とヨハネがみた黙示12章の1節から4節までです。

「また、巨大なしるしが天にあらわれた。ひとりの女が太陽を着て、月を足の下に踏み、頭には12の星の冠をかぶっていた。 この女はみごもっていたが、産みの苦しみと痛みのために、叫び声をあげた。 また、別のしるしが天に現れた。見よ。大きな赤い竜である。七つの頭と十本の角とをもち、その頭には七つの冠をかぶっていた。 その尾は、天の星の三分の一を引き寄せると、それらを地上に投げた。また、竜は子を産もうとしている女の前に立っていた。彼女が子を産んだとき、その子を食い尽くすためであった。」
9Naniaはこの12章の天のしるしを、おとめ座の足の下から生まれる「星」として、照らし合わせながら天の事象を読み解いています。

つるちゃんのプラネタリウムにて同じ時間「11時11分」観測地東京 南天を表示しながら解説してみましょう。
b0213435_1974785.jpg

b0213435_194144.jpg

おとめ座には太陽、水星、そして金星、土星があります。
9月27日 太陽をはさんで向こう側には水星、こちら側にはエレニン彗星と地球が直列しています。そして月は27日20時9分 新月です。
b0213435_1917126.jpg

◆ヨハネの黙示録にあるように太陽を着て、月を足の下に踏むとき・・
b0213435_18425918.jpg

2011年9月29日
マヤ暦:風トレセーナ・サル10
本田・ムルコス・パジュサコバ彗星が近日点通過

女はみごもっていた。

◆女の足元から最初に金星が生まれ出る
b0213435_19144438.jpg

2011年10月4日
マヤ暦:ワシトレセーナ・コンドル2

◆次に水星が生まれる
b0213435_19195966.jpg

2011年10月10日
マヤ暦:ワシトレセーナ・風8

・10月12日 満月

・10月17日~18日 エレニン彗星が地球から0.234AUに接近

◆太陽が生まれでる!
b0213435_19213467.jpg

2011年10月18日
マヤ暦:ウサギトレセーナ・イヌ3

・10月27日 新月
・本田ムルコス・バジュサコバ彗星を女は手に掴む


◆そして…土星・サタンがついに生まれる!
b0213435_19232824.jpg

2011年11月11日
満月
マヤ暦:ジャガートレセーナ・ジャガー1


これらがヨハネのビジョンとして何かを伝えようとしているのか、あるいはこのビジョンにあわせて地上の支配者が何か人災を引き起こすのか、または一部の権力者や国家機関だけが機密として知っていることを私たち地球人に隠しているのか私にはわかりませんが、マヤ暦や神話的要素からみたものと一致することも、奇遇か不思議としかいいようのないものを感じます。


【おまけ】
エレニン彗星(C/2010 X1)は、Kazuo Kinoshitaとベルさんが言うには以下の計算式でみると周期は11858.5年ということだそうです。

Kazuo Kinoshita orbit calculation for C/2010 X1 (Elenin) last updated 2011 June 2. This shows 1/a fut. = +0.001923
where a is semi-major axis in AU
http://jcometobs.web.fc2.c?/?om%2Fcmt%2Fk10x1.htm

Using Kepler's Law of Periods
with values of a expressed in AU, simplifies to

T ^2 = a ^3
Where T is orbital period in years and a expressed in AU
http://hyperphysics.phy-as?tr.gsu.edu/hbase/kepler.ht?ml#c6

or
T = a ^(1.5)

Which on calculator gives
T = ~11858.5 years

2011年11月11日、マヤ暦としても王なる支配者の誕生により冥界の扉は2012年にむけて開かれそうです。