タグ:マヤ暦占い ( 3 ) タグの人気記事

皆様こんにちは。
マヤ暦12日は「風」周期さいごの「ジャガー・13」で、明日から「ワシ」のトレセーナ周期に入ります。


最近考えるのですが、「愛」について皆どのように学んでいるのかしら?って。162.png

確かに「愛」は学ぶ類のものではありません。
しかし「愛」についてあるいは「愛の本質」「愛するということ」「愛される意味」など、愛について生じる様々な人間の行動や気持ちを理解できず、苦しんで悩んでいる人が多すぎます。
占い鑑定をしていて恋愛相談がトップなのはなぜなんだろう?!と考えてしまうわけです。

b0213435_16373234.jpg
愛には形もないし、正当な数式や法則があってそれに従って解いていけば答えが得られるものでもありません。
愛が人を幸福にすることも真実ですし、反対に苦しみと憎しみを生み出してしまうこともまた真実です。

愛に形はないものの、種類はありますよね。
父のような愛、母のような愛、兄弟愛、友愛、恋愛、夫婦愛
隣人愛、師弟愛、性愛、人類愛、神の愛、普遍的な愛・・・・



そして愛は世界を変える力も、価値観や未来を変える力もありますね。

これほど人間にとって「愛」は重要なことなのに、なぜ人は「愛」を一般常識あるいは知識のような概念として学び知ることをしないのでしょう。いや正確には「学ぶ場」がないのでしょう?

親に愛されてると思って育てられているけれど、実際それは本当の愛ではなく、親のエゴや私物化された独占欲のようなもので育てられていた子どもがいた場合、その子は本当の愛を知ってつかんで幸せになることはできるのでしょうか?

「愛すること」と「好きになる」ことは違います。
好きだからといって恋愛が成立するわけではないし、愛していると言いながらそれは愛ではないと気づいたり、好きになって結婚したら愛の勘違いだったことがわかったりと愛に振り回されることも多いと思います。



動画のアレックス&シエラは X Factorで優勝を勝ち取った本当の恋人同士。
音楽と歌を通して夢と愛を表現していますね~162.png



つまり「愛」は、「霊」や「魂」や「神」のように実体もなく、これが正しいという決まりもない「風」のような存在ですよね178.png

最初に書いたように、愛についてあまりに無防備で無意識的で無知すぎる人にとっては、愛ほど魔術的で不思議で危険なものはないのではないかと思うのです。かといって愛について多くを知っているから愛の成就はすべて達成するか?といえばそんなことはないわけです。

いくつか考えられることがあると思うのですが、愛について悩む人が多い理由の一つに「自然」ネイチャーや「宇宙」ユニバースの不在があげられるように思います。

b0213435_16484307.jpg

愛は「自然」から学べるということ。
そしてまた愛は広大な「宇宙」に包まれると不思議にわかってくる。ということ。

人間が自然と関わらない生活を送り続けると、自然のなかに仕組まれている「生命の法則」から愛を学ぶことが出来ません。
またビルとビルの間に見える狭い空しか見ないし感じないようになったら、宇宙や天体からの愛は届かないし、愛とは何か?に答える自分のセンサーが反応しなくなってしまいます。

愛はジャングルの大自然のように、また宇宙のように神秘的なるもの。
だからだと思います。


b0213435_16470502.jpeg

そしてもう一つ「魚の愛」の譬えが参考になるかと思います。

イスラエルのラビ・アブラハムが「本当の愛」についてと間違った愛の譬え「魚の愛」について語っていました。



英語ですが、ざっと要約するとこんな感じかな。

男女が普通に相手を愛しているというのは、魚を好きというのと変わらない。
魚を好きなのではなく、本当は美味しく食べて腹を満たしてくれる「自分」が好きなのだ。と。
男女がそれぞれ相手を愛するという時、その相手が肉体的にも感情的にも自分の必要性を満たしてくれるという、私にとって「満足できる」乗り物のような相手なので、それは魚の愛と同じである。そういう愛が多い。
では本当の愛、永遠の愛とは何だろうか?
人間は本来「自分を愛する」という自己愛があることが自然である。なので、まずは自分から好きな相手に何かを与える(贈与)することで、自分の一部が相手のなかに入る。
愛は受け取る愛ではなく与える愛が本物の愛だと言われる理由はそこにあるのだ。
自分が与えた愛が相手のなかに入る。だから自分を愛するように相手を愛することができるようになる。



好きな人に自分の大切な愛の一部を分け与える、自分から与えることで、自分の愛の種が相手のなかに入る。
そしてそこの種は自分自身からでた愛の種なので、自分を愛するように相手を愛することが可能となるのですね。

愛の種まき、ワシ周期はピッタリの周期ですよ~♡


b0213435_17343563.jpg
★エキサイト電話占い
本日より料金を少し値下げ致しました♪

人気占い師ならエキサイト


久しぶりの更新となりました。

グレゴリオ暦では2015年も終わりに近づきましたね!
マヤ暦では12月6日に「13バクトゥン3トゥン」をむかえます。
b0213435_20002106.png
これはマヤの長期暦が始まってから「1873080日」が経過しましたよ。という日♪
1年365日とすると、約5131年が経過しています。
そして13バクトゥンが始まったのが2012年12月21日なので、人類滅亡!と騒がれてから「3ツゥン」(360日が3巡)経過したことになります。

「暦」や「時」とは「人間に区切りを知らせる」もので、本当は終わりも始まりもないわけです。
どこかで何か「くぎり」をつけないと、人間は混乱してしまいますからね!(笑)

とはいっても現代人は「12月」や「1月」を終わりと始まりの節目としています。
12月といえばやっぱり「クリスマス」ですよね〜♪


今日は「12」の神秘を1つご紹介してみましょう。

鍵盤はみなさんご存知ですよね。
b0213435_20480770.png
ドレミファソラシド

実はここに音の神秘と数秘があります。
音階を最初につくったのはギリシャの数学者で哲学者「ピタゴラス」だといわれています。
ピラゴラスは弦の長さから音階をつくったそうです。

1オクターブの間には、12個の鍵盤があります。
白い鍵盤が「7」つ(ドレミファソラシ)
黒い鍵盤が「5」つ(ド#レ#ファ#ソ#ラ#)
ですね。
そしてこの12個の音程はすべて同じ割合で上にあがっていくそうです。
12√2(およそ1.06)で順に上に上がっていくため、隣り合う音の高さの比は一定となり、調和が生まれているのだと。

ド・ド#・レ・レ#・ミ・ファ・ファ#・ソ・ソ#・ラ・ラ・#シ

「12」個の鍵盤をひいて「13」個目に1オクターブ上へと上がります。

まるで1年みたいですね!!060.gif


やっぱり「12」は「区切り」としてはベストなのですね〜♪


b0213435_21004613.jpg

冬至に向かって夜の闇が最も深まりつつあります。
マヤ暦でも11月19日に「夜」のトレセーナ周期に入り、12月2日の今日からは「夜」のペアとなる「コンドル」の周期です。


闇が深まる時期、それは普段目には見えない内側(潜在意識)・闇に眠っている「何か」を見つけるチャンス049.gifなわけですね!

ネガティブな陰に入るか、闇から光る黄金クリスタルを見つける陽に入るかは、あなた次第!という12月になりそうです。


〜お知らせ〜

☆エキサイト 電話占い
「マヤ暦で占う2016年の運勢」が掲載されました。
誕生日を入れたら無料で来年の運勢が見れますので、ぜひご参考になさってくださいね♡
http://d.excite.co.jp/feature/maya/2016/

☆エキサイト電話占い 20時頃〜
人気占い師ならエキサイト

☆年末年始 対面鑑定の予定
原宿 占い館 塔里木
12月5、19日
1月9、23日

イルミネーションが点灯しましたよ♪
b0213435_21365604.png
cu!!

みなさん、こんにちわ☆

今日の強風はめちゃくちゃ凄いですね〜汗!
さっき洗濯用の物干し竿が風に飛ばされて落ちてしまい、びっくりしましたΣ(・∀・|||)

今年に入って春以降、仕事の転職・適職についての相談をいつもより多く受けるようになりました。
長年勤務してきた仕事なのだけど、これ以上いても自分にとって進歩がないかなーと思って決断した人や、何がやりたいかはまだ漠然としてて決められないのだけど、やるなら今しかない!と思ってすっぱり仕事を辞めた人。
人間関係や上司のパワハラにこれ以上は耐えられない人もいれば、仕事との相性が合わないか適職とは思えずに悶々と悩まれている人など本当に様々です。

私は「マヤ暦で占う生命樹」をその人の仕事運や問題解決のための基軸として、その人らしいお仕事をしているかどうか、バランスがとれているかどうかなどみていくのですが、今日雑誌「プレジデント」の記事を読んでいたら、次のような記事が書かれていました。

b0213435_1752535.jpg


今の職場に強い不満を感じたら、どう次への一歩を踏み出すか?
という問いにテクノロジー分野の起業家ダニエル・グラティ氏は次のように指摘したそうです。

「多くの人が自分に合わない仕事に長くとどまりすぎるが、それは企業社会が個人を各自の理想の仕事と組み合わせるようにではなく、人々に今の仕事を続けさせるようにつくられているからだ」

そうかーー!
理想に合わせるようにではなく、機械の歯車になるように企業はつくられてるのかー!とどこか納得する部分も。

だからこそ「今の職場での自分の将来像や日々の活動にわくわく感が持てるかどうかを見極める」ことが大事だと書かれています。

「退職する前に、次に何をやるか、やりたいかというイメージをもって退職するほうが良い。いきなり辞めると宣言して仕事を放り出すことを夢見ている人がいるかもしれないが、それは短期間的な解放感をもたらすだけで、その人の職業人生をめちゃめちゃにするおそれがある。 」

確かにその通りかもしれません。

でも私はその人の心に浮かび上がってきているイメージや目標、使命感やストレスなどをきちんと判断し、その時が「いま」というタイミングなら、たとえ未来へのビジョンが確立されていなくても、終わりを決断することもいいのではないかと思うのです。

「次への一歩」は終わらないと始まらないこともあります。
「禅」というスピリットの視点からみれば、人の心の働きには理屈で説くことのできない経験というものがあり、論理に自分の基礎をおくのではなく、禅をとおして心理に基礎をおき、本来の自分に戻ることが大切だということがあります。そしてそのことを軽んじていると、働きが鈍ってしまい、その人自身が死んでしまうということになるのです。

b0213435_18202724.jpg

今年は「変化」の年。
これから秋にかけて益々変化は形となって現れてくると思います。

転職や適職、ミッションを探していらっしゃるのなら、多くの視点から「あなた自身」を探してみることイコール未来への可能性が見えてくる!ということになるのではないでしょうか。


もっと具体的に知りたい方は、雑誌を購入して読んでみてくださいね☆

PRESIDENT (プレジデント) 2013年 7/15号 [雑誌]

プレジデント社



マヤの視点から仕事運や転職について知りたい方はこちらまで♪

☆エキサイト電話占い
 弓玉 プロフィール