タグ:マヤカレンダー ( 73 ) タグの人気記事

アセンション・デイ(2)

みなさん、こんにちわ。

前記事「アセンション・デイ(1)」に続き、今回はミルク・ヒル・ミステリーサークルから読み解かれた謎の第六惑星について、訳したものをご紹介します。
ここでもキーワードとなるのは「6月2日」です。

そうそう、大切な天文イベントをもう2つ!
6月2日は新月です。そして・・・
明け方に「部分日食」が見られます。


--------------★---------------
ミルク・ヒルのミステリーサークル、2011年6月に新たな彗星か惑星の出現を予言?

Milk Hill Crop Circle of 2009 predicts possible comet or extra planet -Arriving june 2011?



2009年6月わずか一週間程度で、大規模で新しいミステリーサークルの謎の絵図がイングランド南部のミルクヒルに登場しました。その絵は3つの別々のフェーズ(milkhill2009cまたはlucypringle.co.ukまたはlucypringle)からなっています。

その約2年後の現在2011年4月、彼らが何を教えしようとしていたかをまだ誰もが理解していないようです!
2012年12月の不思議な「惑星X」到来を予測するものかもしれないことから、私たちはいくつかのミステリーサークルの絵を研究していたとき、2009年6月ミルク・ヒルにあるいくつかの天文学独特のシンボルに出くわしました。

それらの特徴的なシンボルは、2011年6月という特別な日を表わしているかもしれない!という可能性を示唆していました。

より正確にいうと、2009年に姿を示したミルクヒルのミステリーサークルは、近い将来2011年6月1日、一度だけ生ずるまれな惑星の配列を示すものである可能性がある。ということになります。

また、同じ日に現れると思われる未知なるものは、現在のところ我々の太陽系に”新しい天体生命(惑星)”の存在を表わす、もう1つの「変則的シンボル」を知らせるものです。

新しいオブジェクトは、我々が2005年から2007年の間に予見した17Pホームズ彗星と同じように「バーストする彗星」であるかもしれません。

あるいはまたそれは、謎めいた"惑星X"の最初の一瞥の可能性があります。

興味深いことに、これらミステリーサークルのアーティストはミルク・ヒル・フィールドの図では、火星と木星の間に位置する「エクストラ・プラネット」としてカウントされていました。

その未知のオブジェクトは「エレニン彗星」ではなく、またホームズ彗星の第二のバーストでもありません。

2009年6月21日ミルクヒルにあるサークル最初のパーツは、地球の空を見上げたときに見られるかもしれない、結びあわされた5つの異なる軌道を持つ惑星と"天文六分儀"を示しました。

以下の説明は、ミルク・ヒルの最初のパーツが示す"天文六分儀"のシンボル:

2009年6月23日を示すミルク・ヒルの第二のパーツは、六分儀をつかって地球の空を見上げたときの5つ以上の惑星の軌道を示していた。

ミルク・ヒルが示す第2の惑星の相は、現在1-2-3-4-6として(左に黄色で番号が付けられている)か、または下の1-2-3-4-5(青色)としての5つの惑星軌道についての詳細を示していた:


惑星「X」は天空図表に含まれていません。(それは、私たちの太陽系の中で知られている惑星のオブジェクトに基づいています)。

しかし、ミルク・ヒル2009年のサークル絵図は、我々がそれを正しく解釈するならばおそらく、2011年6月1日の新月、地球から見た金星と火星の間にみえる明るい未知の惑星オブジェクトが示されていることを告げているようだ。

天文学ウェブサイト(remanzacco.blogspot.com)を慎重に研究した結果、我々はミステリーサークル(nasa.gov)に基づいた予測の大部分について説明するにあたり、1つの特定される彗星(C/2011C1 McNaught)が、2011年6月前半の空の位置にほとんど正確にある、ということを発見しました:


この天文学的なイベントの意義は、それが叶うとするなら、ミステリーサークルの超常的な絵が、自然における未来予測の本質をしっかりと確立するだろうことです。

しかし2009年6月23日イギリス・ミルクヒルと、再びオランダで2011年4月24日に「謎の天体」は出現していましたが、C/2011 C1彗星は2011年2月10日まで発見されませんでした。

記事全文を読む( 詳細な説明含む画像) で: cropcircleconnector
ソース著者: cropcircleconnector.com
(翻訳は素人ですので英文にそって直観力を働かせて訳しております(^_^;)。誤訳等ある場合はご容赦ください)
-------------★--------------終わり

このサイトを読み進めていったとき、あまりの不思議に驚きました。
6月2日が新月であることも第六惑星を見せるのにちょうどよいのです!
(イギリスと日本との時差は夏で8時間あり、ミルクヒル1日の夜は日本の2日となりましょう)

ミルク・ヒルのミステリーサークルは、もしかしたら「ケツァルコアトル」が書かせたもの!なのかもしれないのです!!

その理由は・・・続くです(^_^;)


アセンション・デイ(1)

みなさん、こんにちわ。

人間に共時性や運命があるのと同じように、地球や他の惑星にも共時性や引き寄せは働いているようです。
先日UFOが福島や東京に出現したのも偶然ではない、ということなりましょうか。

 地球の胎動とマヤ神話

マヤカレンダーやマヤの予言と巨大地震や津波、洪水などとの関連性について研究しているのですが、新たに不思議な共時性と謎を発見したのでご紹介したいと思います。

◆運命のアセンションデイ・・・「2011年6月2日」

キリストのアセンションと地球人とのつながりにおいて、マヤカレンダーの特別な日がアセンションに重なって示されています。

3月9日、シカ周期の始まりの日キリスト教カレンダーをみると「灰の水曜日」でした。深く罪を悔い改める者がその印に頭に灰を被ったことにより、その名前がつけられたそうです。
大地の祝日「ジャガー・8」をむかえた時は3・11の巨大地震と大津波により、原子炉と日本の大地は大きく揺さぶられ、冥界の王は悔い改めと浄化の意を強く表わしました。

そして「イースター」もまた古代マヤ暦では祝日でした。
イエスが十字架にかけられ、3日後に復活した日が「イースター(復活祭)」です。
2011年4月24日、マヤのパワーアニマルである運命を象徴する記念日とキリストの復活祭イースターとが重なっていました。
イースターと重なったマヤの祝日

しかしそれだけではありません。
まだ他にも別の不思議な共時性が働いていたのです。

イースターは「春分の後の最初の満月の日の次の日曜日」と決定されており、その39日後はキリスト昇天祭(アセンションデイ)とされています。
2011年におけるアセンションデイの日は「6月2日」です。
 イースター関連の日

マヤカレンダーからみてみます。
イースターと重なった日は「コーン・8(運命の動物記念日)」という祝日でした。
マヤ暦では2月22日より年の守護者は「道」となっていて、「道(Eb)マリナリ」というサインの性質を2011年という1年の上に主張しはじめています。
そして6月2日は「道・8」で「人生の祝日」という記念すべき祝日です。
見返りを求めず、壊れやすい儚さと強いパッションの挟間にたって働く「人の道」のなかで「良い道」を見つけ、邪魔ものや障害を取り除くことを助けるエネルギーが天から下ろされることを祝う日です。

「エブ(E')」は「天の梯子」ともいわれるサインです。
キリストは天の梯子を昇りアセンションを果たしますが、マヤのケツァルコアトルは天の梯子を降りてきて地上の人間に「よい道」を示します。


6月2日につながる不思議な共時性について、実はそれだけではありませんでした!

b0213435_1564859.jpg

b0213435_15194846.jpg

不思議な謎の第六惑星について二つの論説があります。
その記事を翻訳しながら読み進めてみると、驚くことにそこにも「6月2日」というキーワードが示されていたのです!

翻訳したものを文章にまとめているため次回に続きます! お楽しみに。
--------★

地球の胎動とマヤ神話

みなさん、こんにちわ。

地球の胎動が始まり、変化はあちらこちらで生じ始めています。
昨日は東京・新宿に、無数のUFOが出現したようです。
b0213435_1812042.jpg

ロケットニュース

このことは私たちの住む惑星「地球」が「生きている」ことの証です。
母なる大地・マザーアースが産みの苦しみを体感していく・・・

古代文明の謎「アトランティス大陸」
プラトンの記述によると、アトランティスの王たちが権力と栄光に誘惑され、知恵と美徳の細道をはずれてしまい、不正や野心にみちていったため、滅びることとなったとあります。

「その後、猛烈な地震と洪水が発生し、たった一昼夜の雨で武勇の人たちが一体となって地下へ沈んでいき、アトランティス島も同じようにして消え、海面下に沈没した。」

アトランティスの太陽崇拝はキリスト教と異教の双方の国々のなかに入り込み、不朽のものとなりました。
アトランティス出身の先祖の血を継ぐ古代マヤ族では、十字と蛇が神々の象徴となって受け継がれています。「羽毛のある蛇」ククルカンが祭司となり、宇宙の知恵を地の果てまで運んでいったのです。

マヤ神話に登場する救世主の神「ケツァルコアトル(別の名ククルカン)」は、水の中から出てきて、一族に文明の神髄を教えてくれます。しかし恐ろしい火の神「テツカトリポカ」の怒りを免れるため、蛇からつくった魔法の筏に乗って沖合いの海へと旅立とうとします。このときあまりのテツカトリポカの恐ろしさに、暁の星・金星に姿を変えて天に逃れたともいわれています。

古代マヤ文明の叡智が示す「Year zero2012年」にむかって、地球は不気味な胎動を始めています。
金星に姿を変えたケツァルコアトルは、いったい私たちに何を教えようとしているのでしょうか。

神智学協会の設立者で神秘思想家のマダム・ブラヴァッキーは、アトランティスの災厄を早めたという原因を要約して次のように述べています。

「アトランティス民族の悪魔テヴェタトの悪い暗示のもとに、彼らは邪悪な魔術師の国民になった。この結果、開戦が布告されたが、その話を物語るとしたら、それはあまりに長くなりすぎよう。その大要はカインの一族、巨人たち、ノアと彼の正義の一家にまつわる寓話のなかに、美点は損なわれているものの、見出すことができよう。戦闘はアトランティスの水没により終わりとなったが、それに類似した事件はバビロニアの洪水、モーゼの洪水の物語に見出される。巨人、魔術師、・・・そして生きとし生けるものは皆死亡し、・・・人間もすべて死んだ。ただ、ノアにあたるヒンドゥー教のヴァイスワスヴァタ同様、大舟に乗って脱出したとも伝えている『ポポル・ヴー』に、つまりグァテマラ人の聖書に出てくるトリンキト人の偉大な父と実質的には同一人物であるキズスルスとノアは例外である。」

アトランティス国民が邪悪な魔術師や悪魔により洗脳されることによって、戦いを引き起こしてしまったのが原因のようです。プラトンも語るように島全体がおそらく不正や野心に侵されていったのでしょう。
そしてすべては海の底へと沈んでいった。。。
しかし・・・!ノアが箱舟に乗って大洪水の難をのがれたように、あるいはケツァルコアトルが魔法の筏にのって天の向こうへ身を隠したように、アトランティスと一緒に滅びをみない人物もいたことを伝えています。
b0213435_18215123.jpg

日本はアトランティスと同じように小さな島です。

地球の胎動がわたしたち人類に何を伝えようとしているのか、また日本におきた巨大地震や大津波、原子力の事故という現実が何を意味しているのか、今こそ私たちは歴史や神話にこめられた真実の声に耳を傾けなくてはなりません。

もうすぐ「アセンション・デイ」がやってきます。

時は近づいています。