タグ:ククルカンピラミッド ( 3 ) タグの人気記事

神殿時代になり柱や城壁を建てるための地ならしが始まりました。

聖なる地球の大地が耕されると、大地の中に潜んでいたものが明らかになり始めます。
それは宇宙や地球、世界や国家という大きな規模においても、個人の内側でおこる変容においても、同じようなプロセスをたどります。

隠されていたものや事柄は明らかとなります。

A second secret pyramid has been found hiding inside this massive Maya pyramid
(第2の秘密のピラミッドがこのマヤ大ピラミッドの内側に隠れていることが判明)

b0213435_16300990.jpg

先日のエジプトのピラミッド内部構造に新たな発見というニュースに引き続き、マヤのククルカンピラミッド内部にも秘密のピラミッドが発見されたという驚きの研究報告が発表がされました。

隠れたものが明らかになる!
というマヤの予言どおりでびっくりしました。


メキシコの国立自治大学の調査チームが発表したものです。

3D電気抵抗トモグラフィー(Three-Dimensional Electrical Resistivity Tomography techniques)という難しい技術をつかって、ピラミッド内部を調査したそうです。
b0213435_16283536.png
b0213435_16284577.png
(画像はサイトDigital UNAM より)

新たな発見として、マヤのピラミッドがセノーテの泉の上に建造されているということ。
そしてマヤの暦の象徴となっているカスティーヨ・ピラミッドの内部に、二つのピラミッドがロシアのマトリョーシカ人形のようにして隠れているという!
b0213435_16564185.png

今回の発表によると、およそ高さ33mのピラミッドがククルカンピラミッドの内部にあり、おそらく西暦800〜1000年頃に造られたものと推測されています。

さらにその内部にある最小ピラミッドは高さ10mほどで、おそらく西暦550〜800年頃のものだと報告されています。


b0213435_16285516.png

今後もさらなる発見や解明が期待されます。




最近は翻訳機能も改善向上されているようなので、リンク先をグーグル翻訳かエキサイト翻訳してのぞいてみてくださいね。

UNAM(メキシコ国立自治大学)のメインキャンパス(Ciudad U)

INAH(メキシコ国立人類学歴史研究所)



この記事がUNAMとガーディアンに掲載されたのが11月17日。
マヤ暦では「シカ1」の日。

西方を制するマヤサインのグループ(シカ、夜、サル、ワシ、嵐)の長である「シカ」
森の王者がトレセーナ周期に座した日です。

これはどう考えても私的には
マヤ的な時の象意があるはず!
何かを私たちに伝える大事なメッセージがあるはず!

なわけです。

元記事の最後に書いてあった一部を翻訳すると

「メソアメリカ、マヤの世界観では、精神的な生活のさまざまな面を扱います。ククルカンピラミッドは、天と地上界と冥界の3つの世界を結ぶ宇宙の軸(宇宙樹)で、神々の領域にアプローチする男性性の側面です。」

とあります。

<マヤの宇宙>
冥界9神
地上界7神
天界13神


3層からできているこの世界を、私も含めマヤ考古学の世界はこれまでは、下の絵図のようだと思っていました。
b0213435_16280514.jpg
このことが正しいとか間違っているというものではありません。

「それだけでは世界認識が足りなかった」ということだとおもいます。

つまり3つの宇宙はひとつの巨大な暦ククルカンピラミッドの内部に入れ子構造のようにして、内在している3層でもある。
宇宙でいうなら3層なるマヤ宇宙にはマクロとミクロがあるのだよ、と教えてくれているのだとおもいます。
「超越意識」でさらに上に行かないとダメかもですね〜

そしてもう1つの鍵は
「セノーテの泉」「水」
面積8平方キロメートル近くある大建造物からなる街チチェン・イッツァは、セノーテという泉につながっています。地下水への入り口となっている高さ20メートルの断崖にかこまれた泉には、いけにえが捧げられていました。

ククルカンピラミッドだけでなく、チチェン・イッツァ全体がジャングルと水によって支え守られていたわけですから、水とジャングルの森や樹々がピラミッド神殿の「城壁」だったのだと考えられます。


b0213435_17250583.jpg

すごいですね。
古代先住民族の知恵って!!

詳しいことは、きっと日経サイエンスやナショジオさんが翻訳して掲載してくれていると思います。

おそるべしマヤ♡


Yahoo!電話占いはこちらから。



みなさん、こんにちわ☆

桜の開花とともに春がやってきましたね〜♪
不思議なことに「春」到来というだけで、人の意識は嫌な事、面倒な問題や気苦労などにベールを被せることができるみたい。とりあえず見ない事にしよう!と…(笑)
それもありかもしれませんよ(^_^)
雪解けた大地から緑色の新芽が少し見えるだけでも、人は幸せを感じられる恵みの時なのですもの★


マヤカレンダーでは19日から「ウサギ」のトレセーナになりました。
そして明日20日は春分の日♪
国立天文台の暦計算によると、2013年太陽の黄経が0度になるのは3月20日の20時2分だそうです。

b0213435_1462915.png

世界文化遺産の1つとなった今では、ククルカン神殿カスティーヨはとても有名になりました。
このピラミッドはマヤカレンダーの1年を表す「暦のピラミッド」ともいわれています。

北面にある階段の最下段にはククルカンの頭部の彫刻があります。春分と秋分の日の太陽が沈む時間になると、ピラミッドは真西から太陽に照らされます。そして階段の西側にククルカンというヘビの胴体が影となって現れることから、マヤの伝承では「ククルカンの降臨」と呼ばれています。


マヤのククルカン光のヘビが降臨する様子(YouTube動画)

マヤの遺跡エリアには毎年春分頃になると、チチェン・イッツァのククルカンピラミッドに降りてくるヘビの影姿を見ようと何千何万人もの観光客が世界中から訪れます。今年も新しい時代の恩寵にあずかるため多くの観光者が訪れるようで、ツアーもたくさんあるようです。(ノ゜0゜)★

INAH(National Institute of Anthropology and History)は、遺跡を守るためあるいは観光客の安全を守るために監視を強化しています。遺跡周辺に武器や爆弾、お酒などの持ち込みはすべて禁止です!もちろんですが・・

b0213435_1472218.png

Mexico NEWS



マヤアステカの神々もマヤ暦ピラミッドとともに時を担ぐためにやってきます。
今年の春分は天界第1の神「シウテクウトリ」が時の暦に座する日です。
そして光として降臨するククルカンと結ばれます\(^o^)/

シウテクウトリは世界の中心ワカフチャンにある偉大な父と母、創造の神、時間の神、来世の希望の光で火の神です。
ククルカンはケツァルコアトルとも呼ばれる救世主で創造神、風の神ですが、この神々は両者とも自然の神々です。

マヤのナーカル時神だけがなせる不思議な偶然が生じます♪

「シウテクウトリ」は「水」のナーカルを守護する神で、マヤ暦で20日の春分は「水・2」です。
そして「ククルカン(ケツァールコアトル)」は「風」のナーカルを守護する神なのですが、水とはソウルパートナーといわれる裏表の生命樹です(*´∀`*)・‥…━━━☆

天から降臨するククルカンはキリスト意識で、地上の時を担ぐ火の神シウテクウトリは父から生まれた精霊!
何と素晴らしい出会いでしょう!
まるで織り姫と彦星のよう。。というかそれ以上の確率!!!

新たに始まった新しい時代、ククルカンがこの世界にやってきて最初に結ばれる相手が希望の光を象徴する精霊。
そして生命樹のソウルパートナー(^_^)♪
互いが一つに結ばれる事で、私たち人類に本当の愛、次なる世界が生まれていくのです。

だから明日の春分はとーーーっても大事o(*⌒─⌒*)o

自分の精霊とソウルパートナーが出会う大切な日。
すべての光と影が一つになる日。。

b0213435_1494116.png


成就させたい恋や愛はありますか??
叶えたい夢や目標はありますか??
自分の心を整理して、実現させたいことを明確にしましょう♪

明日「ククルカンの降臨」は火の神、水のナーカルとともに夜を過ごします!
だからこそこの大切な日を待ち望むことが大切★

グランドマザーに。グランドファザーに。。そして世界をクリエイトされた大いなる創造主に感謝して。

b0213435_14132859.jpg

みなさん、こんにちわ。

昨晩、フジTV「ザ・ベストハウス123」では「ピラミッドの不思議を解明する」という魅力的な内容が放映されていました。

突然やってくる人類滅亡!超古代からの警告!ピラミッド2万6000年のカウントダウン!

なかなか興味深く、WOWの感動的発見もあったりして♪
楽しく拝見させていただきました^^

地球の磁場が逆転する現象については、当ブログでも過去に数回とりあげてきました。

○地球の磁場が逆転したら・・・!

過去ブログ「種一弓魔法のブログ からから★」に書いた記事

・地軸と磁場・・変動の前兆?!
・霊性に目覚める「時」
・超パワースポット~意識のゼロ化~
・2012年 超意識体のガイアの覚醒とアセンション
・インテリジェント・デザインとは? 第2回


古代ピラミッドの神秘や謎については、世界中で多くの専門学者たちが解明の糸口を探して日々研究を続けています。
もちろん学者さんたちだけではないですよ!
b0213435_1373723.jpg

人類にとっては「宝」ですし歴史的な発見ですからね~~
心理学的、超科学的、暗号解釈、スピリチュアル的、思想的、宗教的、天文学的など様々な角度から探求している方や私のような神秘解明探求型人間だって、いっぱいいっぱ~いいますよね!

古代マヤ文明においても、文明の証(あかし)として数多くの素晴らしいピラミッドが建造され、古代の叡智としてその姿を私たちにみせてくれています。 ピラミッドってほんとカッコいいですよね(^_^)/~

メキシコのユカタン半島チチェン・イッツァにある「ククルカン・ピラミッド」は、世界遺産としても登録されていますが、その神秘や不思議には人類を圧倒するほどのパワーがあります。
(最近は超観光化されてしまっているそうですが(・_・;)・・)

ククルカンピラミッドが「マヤの暦」としても象られていることは有名です。

b0213435_1322258.jpg


ピラミッドの四方に91段の階段があり、合計364段。
そして頂上がプラットホームとなり365段で1太陽年をあらわします。
91段は7×13であり、1から13までの数の総和でもあるため、そこに秘められている暗号の解読は未だ解き明かされ尽くしてはいません。

私もこの数年間、ククルカンピラミッドの暗号を解くために様々な視点から幾たびも挑んできました。

そして解明に向かう1つの鍵が開かれました

それは私にとっても「目から鱗」の発見でした。
理論物理学や素粒子物理学、量子論の視点にたつスティーブン・ホーキング博士や、異次元世界の存在を理論的に証明したリサ・ランドール博士のいうような「膜宇宙論」を後押しするような、また森羅万象を説明できる概念に近い「シンボル」としての発見でした。
そこには創造主の「意」や「理(ことわり)」が法則として象られていたのです!!
(2012年終わりから来年にかけて、素粒子を衝突させる実験が成功し、膜宇宙論が究極の理論に限りなく近づくのではないかと私は予測しているのですが・・)

マヤのミクロコスモスと時空を超えたワープする宇宙がつながりを見せてくれるような、象徴的解釈の道が開かれはじめました。

2012年マヤの暦そしてマヤの宇宙世界観が、私のミクロコスモスを通じて外なる世界とつながり始めているのかもしれません。

2月22日、マヤ新年「香・13」の日、天の頭脳が光臨されます。

22日、マヤ・ククルカンピラミッドの暗号を解き明かす宇宙の法則について、セミナーにて初披露しようと考えています。

天の頭脳が開かれていくのに相応しい日だと思っております(*^^)v

マヤ文明の文化遺産である「マヤ暦」や「時の循環思想」「マヤ宇宙や世界観」、そして「マヤのククルカンピラミッドのスピリチュアル的な解き明かし」などを織り交ぜて、マヤ暦の新年を祝います。

マヤ・セミナー詳細はこちら★

お申し込みフォームはこちらです。
◆お申し込みフォーム

b0213435_13275157.jpg


2月22日はまだ数名様ご参加いただけますので、興味のある方のご参加、ぜひお待ちいたしております。