タグ:カルロス・バリオス ( 2 ) タグの人気記事

みなさん、こんにちわ★

今日はビックニュースをお知らせします(⌒∇⌒★!
従来ならば本日「2月21日」はマヤ暦の新年で、新しい年の守護者「風」に交代する日です。
b0213435_16544579.jpg


しかし衝撃的なインタビューの内容が飛び込んできました!
マヤ長老の1人カルロス・バリオス氏が、マヤ暦の新年についてのインタビューに答えたところによると、イヤーベアラー(その1年に影響を与えるとされる年の守護ナーカル)が交代する!ということがマヤ族のエルダー(長老)たちによって決定したというのです。
b0213435_16552474.jpg

b0213435_17101233.gif

マヤ長老 カルロス・バリオス氏

「イヤーベアラー」というのはその1年のエネルギーに影響を与え、また見守る「年の見張り番」の守護者です。
ケネス・ジョンソンの著書「ジャガーの知恵」によると、キチェー・マヤやティカルを始め現代に至るまでは「風、シカ、道、香」でしたが、初期の頃は「ワニ、死、サル、コンドル」だったし、アステカでは「コーン、ナイフ、夜、ウサギ」を使っていたようです。ユカタン半島のマヤ族はかつてスペイン人に占領されたいた時代には「水、ジャガー、嵐、トカゲ」を使っていたとあります。

20のサインの4つが1つのグループになり5パターンになっているので、現代に至るまでに4パターンのイヤーベアラーが年に影響を与える守護者だったのですが、5番目のグループはメソアメリカでは使われた形跡がないといいます。

カルロス・バリオス氏のインタビューを聞くと、新しく始まった13バクトゥンの時代に新しい年の守護者が年をかつぐことが変容にふさわしく、母なるエネルギーは転換していく時なのだというのです。

新年を迎える準備の期間を暗い5日間「ワイエブ」というのですが、今年に限って新しい時代が始まったので18日間がワイエブとなり、マヤ暦新時代の新年は「2013年3月6日」「ワシ・1」となると語っています。

b0213435_1658477.jpg

かつて使われたことのなかった5番目のパターンが年の守護者となることに決定したそうなのです!
3月6日「ワシ・1」がイヤーベアラーとなり、新しいエネルギーの時代に入っていく!というお知らせなのです!!

5番目のグループ
・ワシ(マヤ語でツィキン=メン)
・祖先(アッハプ=アハウ)
・ヘビ(カン=チクチャン)
・イヌ(ツィ=オク)
この4つのサインがこれから年の守護者となって、年の束を担いでいくのだそうです(ノ゜0゜)ノ☆

マヤの長老たちはずいぶんと衝撃的なことを間際にきて発表してくれたものです(笑)

b0213435_1702710.gif

ワシのサインは皆さんもご存知のように太陽の戦士です。
今年は風でもナイフでもなく、ワシの年になる!!

ワシは物質世界と精神世界の両方に特別な力をもつデイサインです。
太陽のシンボルでもあり、シャーマンの鳥とも呼ばれている光の魔術師であり、世界の頂きを飛翔するワシは最高のものに向かって天空高く舞い上がる成功運の象徴でもあるサインです。

今年のエネルギーが躍動的な力にあふれてくることをマヤ族の長老達もナーカルの神々も期待しているのかもしれませんね!

もう少し詳細がわかったらまたブログに書きたいと思います♪
素敵なお知らせが21日の風の日に届いたのは、やはり嬉しいことです。
新しい時代は波乱万丈の夜明けというよりは、目標に向かって飛翔せよ!ということなのでしょうか(^_^)

こちらのサイトでカルロス・バリオス氏のインタビューが音声で聞く事ができます。
英語で少し聞き取りにくいですが、ぜひマヤの長老の声を聞いてみてください♪
最後のほうではマヤ語で祝福する祈りの言葉を語ってくれています(^_^)!

Mayan Cross's-Wayeb Workshop 2013
http://www.talkshoe.com/talkshoe/web/talkCast.jsp?masterId=126595&cmd=tc
後半35分くらいのところからカルロス・バリオス氏の音声を聞く事ができます♪

ワシのサインをもつ人、あるいはワシをナーカル生命樹にもっている人にとっては朗報ですね!!!
b0213435_1765144.jpg


私は朝からビックリです!!!(笑)
みなさん、こんにちは☆彡

選挙一色に染まった昨日でしたが、結果は自民党さんが圧勝という不思議な結果に終わりました。国会の前に何千何万人もの人が集まって「原発反対」デモをしていた人たちの票は、いったいどこへ行ってしまったのでしょうね?w
反原発じゃなくて反民主だったということ?!そう思うほど不思議です。

昨日16日はギャラリーKにて13バクツンセミナー無事に終了することができました★
苦手なパワーポイントでの資料作成に時間がかかりましたが、何とか当日プロジェクターを使って皆様に見ていただくことができました。
ホッと致しました♪

セミナーでは色々な話をさせていただきました。
現在のマヤ、グアテマラの状況やメリダに12月21日にオープンするというマヤ世界博物館のプレオープニングの様子など、商業化されてしまっている現状をお伝えしました。
そしてこれから始まるアセンションの時代に向けて、どんな変化が具現化として表れているのかまた13バクツンの予言にはどんな意味があったのかなどお話させていただきました。

また4つの方向のガーディアンに祈るためロウソクを使ってファイアーセレモニーをしました。
b0213435_15451270.jpg


4つの方向は自分の生命樹だけでなく霊的伝統の基礎となるもので、それぞれの方向に意味があります。

東は赤色で日の出の方向。火と光のエネルギーによって「始まり」や「生み出す」方向です。守護神はバラム・キチェー(柔和な笑いのじゃぐゎーる)。

西は黒色で日の入りの方向。シバルバーへと繋がっている夜や死と関係の深い変容の方向です。守護神はバラム・アカブ(夜のじゃぐゎーる)。

南は黄色で命を与える生命力の方向。豊かさを男性性や家系の力を現す方向です。守護神はマフクタフ(ちりを払っていない男)。

北は白色で天頂にある太陽の位置と智恵を象徴する方向。この世を旅立った祖霊や女性性とかかわりのある方向です。守護神はイキ・バラム(月のじゃぐゎーる)。

センターには小さなメキシコのロウソクを置きました。
そこは「生命の樹」が育つ自分の顔を表すデイサインのある場所です。中心の色は緑色ですが今回はカラフルなものを用意しました。

b0213435_15461573.jpg

本当は白い衣装で神聖な儀式をとも思ったのですが、手に入らなかったこともありピンク色なのですが・・・ちょっと派手でしたかしらん!(笑)
髪型が凄いことになっていますが、実年齢に髪型と精神年齢は反比例と逆行していますので悪しからず (;^◇^)ノ~☆


宇宙とのつながりや、アセンションはどのようにして行われるか、宇宙の素粒子とのコンタクトはどうすれば引き寄せが始まるかなど、ワークショップとして皆で言葉を掛け合い、祈り合い、未来をつなぐセレモニーを行いました(*^^)v

素晴らしい体験でした。


b0213435_1549151.gif

こちらの画像はセミナーでも説明したものですが、人間が見ている視点というのは奥行きにあるものを1つの平面として捉えていることになります。
オリオン座を構成している星は宇宙で実際の星どうしの距離は数百光年も離れているのです。

そのように私たちの地球意識は、平面的に判断したり決定してしまったりするものだということ。そして宇宙意識へとシフトチェンジしていくとき、人は平面的な認識をしなくなっていき、宇宙的な次元から物事や事象を捉えることができるようになっていきます。
それが素粒子である私たちのアセンションの始まりなのです!


あと4日で宇宙時代はやってきます。
心を純粋に保てるように浄化して、ナーカルも清めてもらって、新しい13バクツンの時代のその日を迎えたいと思っています。


セミナーの後、ラスト晩餐でメキシコ料理へ行きました♪
美味しかったです!
スクリーンには南米代表のコリンチャンス(ブラジル)が1―0で欧州代表のチェルシー(イングランド)を下した中継が放送されながら、選挙速報が次々と映し出されていました。
そこで当選者のマヤデイサインを調べながら、世界情勢や今後の日本はどうなる?!話題で皆盛り上がりましたが、とても楽しい時間でした。

マヤは世界を救う!って本当かもしれませんよ♪

最後に、マヤの長老「カルロス・バリオス」がFaceBookに言葉をのせていました。(Facebook friendsになっています)

拡散を希望しているということで、私なりの言葉に翻訳して掲載させていただきました。

b0213435_1551597.gif

"No Mayan has ever said the world is ending in 2012. These are words other people have put in our mouths." Carlos Barrios
「2012年に世界が終わるなどと誰もマヤ族は言っていない。他の人たちがこの言葉のパンを私たちに食べさせているだけ!」by カルロスバリオス

マヤ世界滅亡説を信じて山へ逃げ込んだりするのはやめましょう。
古代マヤの人たちが伝えたかったのはそのようなことではありません。

2012年12月21日・・・時代は変容していくのです。。

また近日中にブログ更新しまーす♪