タグ:じゃぐゎーる ( 3 ) タグの人気記事

久しぶりの更新となりました。

みなさまお元気でいらっしゃいましたか?
わたくしはようやく「洗濯機」の中で洗濯されて脱水がおわり、お天道様のもとに干されて乾き、なんとか本来の姿に戻れたところでございます(笑)
058.gif018.gif

ところが、たたまれてみたら以前と比べて、縮んだのか伸びてしまったのか、何だかもとの自分とは少々大きさが異なっている?!
そんな気がしております。
024.gif

古代マヤ暦からみる世界は、いよいよ「四隅」が定まります。
宇宙空間には上下左右あるいは東西南北があってないようなものですね。
地球上にいるから太陽や月、星をみて磁石を使えば方位はわかりますが、天が教えてくれなかったら人間だけでそれを知るのはちょっと難しい。

天と太陽と地の関わりによって四季がわかり、天の成り立ちや仕組みを観測し続けてきた古代からの知恵や遺産があって、神々の神話や暦が生まれたことがわかります。

四隅に座ったバカブ「包み」をもらった?!_b0213435_16092027.jpg


2012年12月21日、マヤの予言で人類が滅亡すると騒がれました。
みんながマヤに興味をもってくれて、嬉しくて楽しかった!(笑)

そしてあの時はまだ13バクトゥンが終わったばかりなので、時代は「カオス」の始まりだったわけですね。
マヤ暦ロングカウント「13・0・0・0・0」でした。


さて混沌から始まった新たな時代が、次のステージへと進む時がやってきました。
四隅に座ったバカブ「包み」をもらった?!_b0213435_16485505.jpg
上に書いた図には、東の年・2012年12月21日「4・アハウ」から始まった神聖暦が、北の年・2013年9月7日と西の年・2014年5月25日を通り、いよいよ最後の第3コーナー南の年(少し日にちはずれますが)・2015年2月9日を通過しました。

そしてやっと東北西南の守護者のもと、四隅四方位ピラミッドの土台が定まりつつあります。

それが2015年10月27日「4・アハウ」です。
この日のお月様は「満月」で、大安♡
ナイトロード(夜の神様)は、真夜中24時を守護するG5神(死神)です。


人も時代も建築物も、すべて「土台」はとても大事なのですね!

そしてもう1つ!
上に書いた四隅(4神聖暦)が定まるとき、2極化していた太陽と月が「3」という動きや波を「食年」を通して3Dになってくる!という象徴的な土台の意味がわかってきます。

「1040日」というのは「3食年周期(Eclipse Year)」です。

太陽が1巡して、月の交点に戻るまでの長さだそうで、太陽、地球、月の3天体が一直線に並ぶと日食がおこるのですが、太陽が昇交点を出発して再び昇交点に戻るまでの周期を「1食年」というそうです。

1年(365.2422日)よりも18.62日短く「346.62日」が1食年。
それが3周すると1039.86で1040日。

古代マヤの人たちは日食の観測もちゃんとしていたので、神聖暦が4回巡ると3食年と同じになる。
そんな循環暦をちゃんと計算できていたのですね〜027.gif

四隅に座ったバカブ「包み」をもらった?!_b0213435_19264948.png

前日26日の朝空は大層にぎやかです!
水星・木星・太陽・海王星が直列したり、金星も火星もそばに集まっているようにみえます。
四隅に座ったバカブ「包み」をもらった?!_b0213435_18475448.jpg




四隅に座ったバカブ「包み」をもらった?!_b0213435_18474633.jpg

さあ、10月27日「祖先(アハウ)・4」を迎え、四隅が定まった上に建造されていく「新しい時代」の形相はどんなものになるのでしょうか?!

来年の運勢をただいま執筆中なので、お楽しみにしていてくださいね!!
2016年のマヤ暦カレンダー(運勢つき)も、今年はぎりぎり制作できそうです053.gif


マヤ神話から、これから先に関係しそうな象徴的な出来事を1つご紹介しますね!

海の彼方、太陽の出るところからやってきた最初の4人の男たちがいました。
「バラム・キチェー」
「バラム・アカブ」
「マフクタフ」
「イキ・バラム」
です。
この四人のバラム(ジャガー神)に、キチェの尊神は「生の印」の記念として力を与えるため、「ピソム・ガガール」という「包み」をバラムに渡しました。

ところが、包んであるものを開くためのつなぎ目がわからなくて、最後まで大切にしていた「包み」の中身を見ることはできませんでした。

そしてそのまま4人は死んでしまったのです。


四隅に座ったバカブ「包み」をもらった?!_b0213435_14162059.gif
この贈り物の包みには、いったい何が入っていたとおもいますか??

神殿に仕える神官が「権威と主権の印」として大切に守っていた神秘的な包みなのだそうです。
この尊い包みについては、キチェー族にもいくつか言い伝えがあるそうです。


「包み」の中身が開かれるとき、私たちは新たな時代に必要な「印」を天からいただけるのかもしれませんね!055.gif



四隅に座ったバカブ「包み」をもらった?!_b0213435_21351826.gif
〜お知らせ〜

♡10月24日、31日は、原宿占い館「塔里木」に出演鑑定しております。
ハロウィンの仮装しながら鑑定しようかな〜〜(笑)
ご予約はこちらです。 電話:塔里木 03(3497)5825
四隅に座ったバカブ「包み」をもらった?!_b0213435_19452375.png
♡10月26日はエキサイト電話占い「6周年・キャンペーン」をおこないます。
いつもより少しお安くしているので、この機会にお電話お待ちしております♪


人気占い師ならエキサイト



明日から「香(caban)」の周期にはいります。
「天の頭脳」の周期です。

なんともふさわしい雑誌が発売されるのだそうですが!!

「神がサイコロを振る階層」
アインシュタインの特集みたい!
四隅に座ったバカブ「包み」をもらった?!_b0213435_19564399.png
面白そうですね〜

さすが香の周期にふさわしい!!(笑)



みなさん、こんにちわ☆

1つの大きな時代が終わりつつあります。
新しい時代がやってくるとき、人間も社会も地球規模で変化していきます。

変化するとき「こう変わりたい!」とか「こうは変わりたくない」とか言っても、その通りになるわけではありません。なぜなら「時代」がもたらすべき象徴的役割があって、それが世界に深く関わってくるからだと思います。

同じように人間にも変化・変容・次なるステージへ行く「時」があります。
それはどこか「産みの苦しみ」に似ています。
苦しみの後に喜びが待っているから、苦しみが我慢できるのですね。


マヤ暦のサイクル(周期)がもつ神秘の1つに「時」の秘儀があります。

人が生まれたとき、その人の運命に生涯かかわる「ナワール」というマヤの守護者(デイサイン)が光の導き手となって付着します。
ナワールは日の守り手として、時を担いでいます。

さて同じようにその日の夜・アンダーグラウンドを表わす「ナイトロード」が付着します。この守護者は「夜(月)」を司っていてその人の無意識や隠れた深層世界に深く関与します。
人間の意識が直接知ることの出来ない「無意識」からのメッセージを守護者であるナワールに伝える役目を担っているのだと思います。


ナワールは「20」、ナイトロードは「9」あります。
さらにナワールと一緒に「13からなるマヤの意味ある数」がその人に付着しています。

「20×9×13」

3つの数字を掛け合わせた「2340日」が経過すると、生まれた時と同じ日と夜(デイ&ナイト)に戻るわけです。
それはその人の運命に変化の時を知らせるためにやってくる「ククルカン」で、その人の「脱皮の時」を告げるものなのです。


不思議な意味をもつ「2340」ですが、太陽暦でみるとおよそ6年5ヶ月くらい。
生まれて6年5ヶ月経つと、小学校へ入学します。1回目の脱皮です。
さらに6年5ヶ月くらいで中学へ入学し、思春期の仲間入りをしますね。ここは強烈な脱皮です(・_・;)。
そして3サイクルが終わるのが19年と2ヶ月くらい。
大人の仲間入りするときがやってくるわけです(*^^)v


いくつものサイクルが重なり合って「時」を形成していく。


それがマヤ・カレンダーの不思議なのですね!

2012マヤ暦カレンダーじゃぐゎーる完成♪_b0213435_16164663.gif


2012年12月21日、マヤカレンダーの長期暦が終わります。
(世界滅亡とは関係ないですよ♪)
どんな守護者がどのようにして「時」を担いでいるのでしょう!

「2012マヤ暦カレンダー じゃぐゎーる」
ようやく完成しました(*^^)v

2012マヤ暦カレンダー じゃぐゎーる

弓玉 / イーフェニックス Book-mobile

2012年のマヤ暦カレンダー、ようやく完成しました!^^現在予約受付中です♪今年は見やすいポストカードサイズで、マヤの遺跡やイラスト入りです。

スコア:


予約受付スタートです。

今年は手元に置きやすい「ポストカード」サイズです。
チチェン・イッツァ遺跡やその他マヤの写真、イラストを月ごとにのせました。
マヤ暦「時の循環思想」に基づいたカレンダーとなっています♪

2012年、イヤーゼロに成就祈願の運をつけて、ラッキー7が並ぶ
777円」での発売となりました!

運も一緒にもらってくださーい♪

12月には運勢占いキャンペーンも予定しています。
お楽しみに(^_-)-☆

2012マヤ暦カレンダーじゃぐゎーる完成♪_b0213435_16185881.jpg

みなさん、こんばんわ☆

マヤのナワールと神々が何やら天界と冥界で時の事象を動かしているようです。
ちょっと嫌な感じ。。ww

「ジャガー」への揺さぶりが感じられています。

・8月2日サッカーの練習中に倒れ、戻ることなく天に召されてしまった松田直樹選手は「ジャガー・3」でした。
・ゴルファーの石川遼選手は、全米プロ選手権でまさかの予選落ち!初日に池ぽちゃなど屈辱にまみれました。2週間で天国と地獄を味わった彼は「ジャガー・12」、今日が彼のナーカルバースデーです。
・そしてジャガー・12の今日、暴力団関係者との付き合いがあったことを理由に、島田紳助さんが芸能界引退会見を開きました。
彼は「ジャガー・13」です。
8月3日「ジャガー5」
8月23日「ジャガー12」
強運「ジャガー」の揺さぶり_b0213435_0522190.jpg

もともとジャガーは大地の父「サンド・ムンド」の生まれ変わりで冥界の王です。
道徳基準に囚われず、夜の太陽を味方に変幻自在に生きていくナワール。
確かに人生に試練や葛藤、論争はつきませんが、それでも浄化の神に守られながら高みへと向かう一族の象徴です。
また「ジャガー」のサインとコインの裏表の関係にあるのが「ワニ」です。
「ワニ」は今年前半は調子があまりよくありませんでした。
混濁と混迷が集合無意識に影響していました。
(管総理が「ワニ」で、退陣も近いようですが・・)
そして今年2月22日、マヤ暦の新年をむかえたあとすぐマヤカレンダーでは「ジャガー周期」に入りました。
そして3月8日「死・13」の日にジャガー周期を終えると、巨大地震の前兆が始まりました。
あの時も日本の大地に「ジャガー」の浄化が行われたと思われました。
ワニの混迷と大地の罪を洗い流すために。
実は「ジャガー周期」の13日間を見守る守護神は「ケツァルコアトル」なのです。
このことはとても重要です。
強運「ジャガー」の揺さぶり_b0213435_053897.jpg


現在は対象が「大地」ではなく人間や仕事、身体の不調にジャガーがあらわれています。
天界か宇宙でいったい何がおきているというのでしょう?!

私自身も「ジャガー」を未来にもっています。
先週からサイトがハッカー攻撃にあったり、知り合いにジャガーを持っている人にも複雑な状況が突然生じて、職を失ったり病気をしたりしています。

これらのことは個々それぞれの人に起きた時の事象、出来事であって、横のつながりは何もありません。
ですがマヤのナーカル引き寄せには、時の運をもって「時の荷物を担いでいるナーカル」といわれる「時の神が創造する世界観」が背景にあります。

ヘビが集まる日や水が集まる日に引き寄せが同時に働くように、時の神によって「ジャガー」を中心に変化や事象が現れていることになります。

「バラム(Balam)」には「ジャガー」だけでなく「妖術師」の意味もあり、むかしのキチェー人は魔術や妖術を信じていたため、この最初の父たちに魔術師や妖術師的なものを現そうとしていたことが考えられます。
強運「ジャガー」の揺さぶり_b0213435_0544812.jpg

(ジャガー神殿)

◆4人のジャガーの王
1.バラム・キチェー(Balam-Quitze)
  「柔和な笑いのじゃぐゎーる」の意
  妻はカハ・パルーナ(Caha-Paluna)
  「垂直に上から落ちてくる水」の意

2.バラム・アカブ(Balam-Acab)
  「夜のじゃぐゎーる」の意
  妻はチョミハー(Chomiha)
  「選ばれた美しい水」の意

3.マフクタフ(Mahucutah)
  「ちりを払っていない男、ブラシをかけていない男」の意
  妻はツヌニハー(Tzununiha)
  「蜂鳥のような小鳥の水」の意

4.イキ・バラム(Iqui-Balam)
  「月のじゃぐゎーる」「黒のじゃぐゎーる」の意
  妻はカキシャハー(Caquixaha)
  「おうむの水」の意

四隅をまもる4人のじゃぐゎーるたちが集まって、天なるものは天へ、地下なるものは地下へと、人間界における意識の浄化や聖絶が始まったのかもしれません。

少し様子を見守りたいとおもいます。

関連する記事:
「マヤ暦の予言と地震の関係」~日本列島を地底で浄化するジャガー~
「地下世界の王 ジャガー周期」
「マヤ暦&マヤ神話の秘儀」~4つのじゃぐゎーるの王~

ブログトップ | ログイン