カテゴリ:古代マヤ文明と神秘( 55 )

時が来れば必ず扉は開かれる!

コップに水がいっぱいになり、表面張力によって留まっていた力もやがて崩壊する。そして水は自然にコップの外へと溢れ出る。
このことは水だけではなく、自然や人の心、時の神秘でも同じように働きます。

b0213435_13344548.jpg

今日からマヤ暦では「ウサギ」のトレセーナ周期です。
ウサギ(Lamat)は「美と愛」を意味していて、植物と豊穣の女神がウサギを守護しています。


昨日シカ13の日は、1日だけ開催された素敵なBARでのイベントに参加してきました。
2千年前に食していたとされる古代料理を何日もかけて仕込みながら、再現して振る舞ってくださる!ということで、超楽しみに出かけてきました♥

味はめちゃくちゃ美味しかったです!
あり得ないくらい神秘的で宇宙的な味!
お塩もわざわざエジプトから取り寄せたと言ってらしたような。。

b0213435_13374050.jpg

料理をして下さった方の還暦の誕生日が重なっていたので、一緒にお祝いをしたのですが、その方曰く「前世や過去の記憶が蘇る可能性があるので、頭の後ろの方で感じるようにして食べてみてください♪」とのこと!

古代文明の神秘大好きな私としては、頭のチャクラがキラッと開いちゃったくらい超越した美味の古代料理でした! ご馳走様でした!!(笑)

そしてオリジナル美味ワインを持参されたエキセントリック結合子女は、美味しいワインをご馳走してくださり・・・
「ワインの味は土!と大地を愛するワイン職人の腕で勝負が決まるの!」と熱く語っていましたが、圧倒されるほどの崇高で高貴でスイーツでさわやかな味のワイン♥

そんな神秘的な力が働いていた昨日、新宿にはUFOが姿を現したそうです!

そして今朝は気持ちよく目覚め、メールチェックやインフォメーションチェックをしながら仕事の準備をしていたのですが、またまた発見してしまったのです!!
Σ(@ω@;)

「メキシコ政府はETと古代宇宙船に関する証拠を公開!」
ゲッ! Σ(oдО;|||)


YouTube動画 http://youtu.be/IPnbYsjgnFE


メキシコ政府は、古代マヤ族が地球外生命体と接触していた可能性を示唆する工芸品や、写本、モニュメントなどを保護していたことを正式に公表しました。
今後はこれらの重要な文書や証拠となる資料をもとに、専門機関や考古学者にすべての情報を公開していくので、様々なことが解明されまた確証されていくだろう。と言っています。

In what will soon be considered as the Holy Grail of extraterrestrial research, the Mexican government has released ancient documents proving the existence of E.T.’s once and for all.

非常に高度な宇宙技術をもっていたであろう証拠品については、ロウル・ジュリア・レヴィが2011年からドキュメンタリーフィルム作成の過程において何度も証言していました。

時を待つしかなかったことがマヤ長期暦が終わって1年が経過しようとしている2013年、さらなる資料開示が期待されます!

メキシコ・カラクルム遺跡での発掘品
b0213435_13404894.jpg



b0213435_13411659.jpg


ソース

宇宙からの訪問者は、アイソン彗星と一緒にもやってきていますよ〜〜☆


★マヤ占いでみる12月の運勢 日経ウーマンオンライン

★二極化?!マヤ暦でみる2014年の運勢は?! エキサイト電話占い

★今月のスケジュール
今年はやはり何かがどこか違います!!
それは私だけでなく他の皆さんもきっと感じているはず。

最近は彗星や惑星についてあまり記事を書く時間がなくてごめんなさいw(´;ω;`)
もう少し時が近づいて来たら書きたいと思っていますが、アイソン彗星は2013年11月には太陽表面をかすめるように近日点を通過します!

近日点通過前後の11月28日頃になるとISONは満月よりも明るく見えてくると言われています。視等級がマイナスになり、金星や満月の明るさを超える大彗星になる可能性もあるとか!!

マヤの予言ではこれからの時代、半分は善く半分は悪いと言われているのですが、マヤの大地は次々と真実を明らかにするために、地底から神話素を蘇らせる準備が着々と整えているのかもしれません☆


米国とメキシコの考古学者チームは、グアテマラの「エル・ペルー・ワカ」で新たな記念碑を発掘したそうです。

b0213435_11414091.png

Sci-News.com

見つかったステラ44は、西暦564年1月25日「暗黒の時代(dark age)」と呼ばれる頃に彫石されたと見られていて、そこにはマヤのクレオパトラのストーリーが描かれてるそうなのです!
(ノ゜0゜)ノ オオォォォォォォー

「Lady Ikoom was a predecessor to one of the greatest queens of Classic Maya civilization, the seventh-century Maya Holy Snake Lord known as Lady K’abel who ruled El Perú-Waka’ for more than 20 years with her husband, King K’inich Bahlam II. She was the military governor of the Wak kingdom for her family, the imperial house of the Snake King, and she carried the title ‘Kaloomte,’ translated as ‘Supreme Warrior,’ higher in authority than her husband, the king.」

レディーイクーム(Ikoom)は、7世紀クラシック古代マヤ文明の偉大な女王の一人でした。キニチ・バラム二世王である夫と一緒に20年以上にわたってエル・ペルー・ワカを統治したマヤの聖蛇神の前身だったようです。

「Team member Dr Stanley Guenter, who deciphered the text, believes that Stela 44 was originally dedicated about 1450 years ago, in the calendar period ending in 564 AD, by the Wak dynasty King Wa’oom Uch’ab Tzi’kin, a title that translates roughly as ‘He Who Stands Up the Offering of the Eagle.’」

ワシに献納するために立ち上がる者・・・!?


何だかものすごいステラが発見されましたねー!!

マヤ文字の専門的な意味やマヤ文明の歴史的背景がちゃんと理解できてないと、翻訳が違う意味になってしまいます。
ので、曖昧なことは書きたくないのでナショジオや専門の記者が翻訳した記事を掲載してくれるまで詳細をのせるのは待ってみようと思います☆
興味のある方は英語のサイトをのぞいて見てくださいね!

「このタイミングで?!」
というほど素晴らしい内容です!(^_^)

真実が暴かれる時、戦争と犠牲、そしてその背後にある政治的陰謀の真相が語られる時、マヤのクレオパトラは何を語ってくれるのか象徴的にも歴史的にも「新しい時代の幕開け」のこの時に発見されたことに深い意味があるように感じています。


今年日本では巳年の蛇で、マヤ暦ではワシ年です。
さらに7月14日から現在はヘビのトレセーナ周期!!


意味ありすぎですよね!!!

これからまさに新たな時代は「神殿が開かれてくる時」。


ワクワク度はとまりません♪


☆お知らせ☆

女性誌「CREA」2013年9月号は・・・

「星」と「神」が動く2013年
運命を変えるのは今!

占い特集です(ノ∇≦*)☆♪

先日取材に協力させていただきました。
8月7日発売です!

世の中が大きく変化している時をマヤ暦の視点からもお伝えさせていただきました。いくつかの占術から時代を読んでみるのはとても興味深いこと!
私も楽しみにしています(^_^)
是非ご覧下さいませ〜。.:+*:・'☆。、:+*:

CREA 文藝春秋
http://crea.bunshun.jp/articles/-/3390
みなさん、こんばんわ☆

久しぶりの更新となりました。今日は夏至・ミッドサマーでしたね。
太陽が地球からもっとも遠くて、昼間が長ーい日♪

マヤ暦では「風・4」のサインの日でした☆


マヤの遺跡で新たに15ものピラミッドが発見されたそうです!

いよいよ時代のベールは開かれ、時は変化を形として現してきていますね〜(o^ω^o)


☆メキシコ東部で新たなマヤ遺跡発見、ピラミッド15基も


考古学者 メキシコで古代マヤ文明の都市を発見

21.06.2013, 14:57
メキシコで考古学調査を行っているイワン・スプライツ隊長の調査団は、4万人ほどが住んでいたと推測される古代マヤ文明の都市を発見した。ロイター通信が伝えた。
スプライツ隊長によれば、調査団はピラミッド15個を発見し、そのうちの一つは高さ23メートルであった。この都市は「赤い石」もしくは「大きな石」を意味する「チャクトゥン」と名づけられた。この都市の大きさは約22ヘクタールで森に囲まれている。推測によれば、都市には3万人から4万人が生活していた可能性があり、紀元600年から900年ごろに繁栄したと見られる。 リア・ノーボスチ


こちらもやはり大地のギフトです!!
「じゃぐゎーる」ですよね♪

青い目、神聖なヒョウ? 4千年前の遺跡から彫像
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20130620-OYT1T00699.htm

中近東文化センター(東京都三鷹市)付属アナトリア考古学研究所が発掘調査しているトルコ中部のビュクリュカレ遺跡で今月上旬、水晶のような石に金や宝石で象眼を施し、ヒョウとみられる動物の頭部をかたどった彫像が出土した。
 アッシリア商業植民地時代(紀元前20~前18世紀頃)のものとみられる。当時これだけ豪華で精巧な彫像は珍しく、アフガニスタン産の青い宝石「ラピスラズリ」を使うなど、交易の広がりを示す貴重な遺物となる。
 彫像は長さ3センチ、幅2・2センチ、高さ1・6センチ。両目は縁を金で象眼し、片方は失われているが、直径3ミリのラピスラズリを埋め込んでいる。斑点39か所のうち、24か所に青いガラスの象眼が残り、首の下には青銅製の金具がついていた。
(2013年6月20日16時49分  読売新聞)



私自身も今年はめちゃくちゃ変化していますが、鑑定していても友達や知り合いと話をしていても「何かが変化」していると驚きを感じています。

特に女性の意識は不思議なくらい変わりつつあります。

集合無意識が変わったからなのか、宇宙意識がステージの光を変えたからなのかまだわかりませんが、一言でいうなら・・「変」なんですよね!!(笑)

英語だと「strange(不思議な、未知の)、 curious(珍しい、奇異な)、 suspicious(怪しい)、 queer(風変わりな)」のような言葉が当てはまるかもしれません。

霊能力やオーラなど意識できない普通の人が、何気ない時に不思議な光や現象をみたり、偶然が重なって不思議な感覚になったり、第六感のような直感力が鋭くなってきたり、職場や仲間など人間関係で相手の心が読めるようになったり・・・数え上げればきりがないですが、これまでなら異常・異質・変人と呼ばれても過言じゃないような「変」を体験してる人が増えてきているのは事実のようなのです。


先日はニュースで女子学生が何人も突然パニックになって、痙攣をおこして病院へ運ばれたことがありましたね。

・過呼吸の女子高生18人を搬送 兵庫、集団パニックか
http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013061901002264.html


高校は「原因は分からないが、別の生徒の過呼吸症状や救急車を見たことで連鎖的に増えたのではないか」としている。

私はこのようにまだ若い女子生徒の集団意識が連鎖しておこる現象は、恐怖が伝染して起こったのだとおもいます。その素因となるのは集合無意識が敏感になっていて、スピリチュアルな感性が純粋であればあるほど研ぎ澄まされているからだと思います。


宇宙意識の窓は開かれました。

そしてこれからさらに7月に向かって、南の守護者が月の女神と手を取り合って、地球に働きはじめます!

日経ウーマンオンラインの7月の運勢作成中ですが、どんなことが起こるのか楽しみに待っててくださいね☆
変化はまだまだ続きます!!!

日経ウーマンオンライン
マヤ占い

みなさん、こんにちわ☆

桜の開花とともに春がやってきましたね〜♪
不思議なことに「春」到来というだけで、人の意識は嫌な事、面倒な問題や気苦労などにベールを被せることができるみたい。とりあえず見ない事にしよう!と…(笑)
それもありかもしれませんよ(^_^)
雪解けた大地から緑色の新芽が少し見えるだけでも、人は幸せを感じられる恵みの時なのですもの★


マヤカレンダーでは19日から「ウサギ」のトレセーナになりました。
そして明日20日は春分の日♪
国立天文台の暦計算によると、2013年太陽の黄経が0度になるのは3月20日の20時2分だそうです。

b0213435_1462915.png

世界文化遺産の1つとなった今では、ククルカン神殿カスティーヨはとても有名になりました。
このピラミッドはマヤカレンダーの1年を表す「暦のピラミッド」ともいわれています。

北面にある階段の最下段にはククルカンの頭部の彫刻があります。春分と秋分の日の太陽が沈む時間になると、ピラミッドは真西から太陽に照らされます。そして階段の西側にククルカンというヘビの胴体が影となって現れることから、マヤの伝承では「ククルカンの降臨」と呼ばれています。


マヤのククルカン光のヘビが降臨する様子(YouTube動画)

マヤの遺跡エリアには毎年春分頃になると、チチェン・イッツァのククルカンピラミッドに降りてくるヘビの影姿を見ようと何千何万人もの観光客が世界中から訪れます。今年も新しい時代の恩寵にあずかるため多くの観光者が訪れるようで、ツアーもたくさんあるようです。(ノ゜0゜)★

INAH(National Institute of Anthropology and History)は、遺跡を守るためあるいは観光客の安全を守るために監視を強化しています。遺跡周辺に武器や爆弾、お酒などの持ち込みはすべて禁止です!もちろんですが・・

b0213435_1472218.png

Mexico NEWS



マヤアステカの神々もマヤ暦ピラミッドとともに時を担ぐためにやってきます。
今年の春分は天界第1の神「シウテクウトリ」が時の暦に座する日です。
そして光として降臨するククルカンと結ばれます\(^o^)/

シウテクウトリは世界の中心ワカフチャンにある偉大な父と母、創造の神、時間の神、来世の希望の光で火の神です。
ククルカンはケツァルコアトルとも呼ばれる救世主で創造神、風の神ですが、この神々は両者とも自然の神々です。

マヤのナーカル時神だけがなせる不思議な偶然が生じます♪

「シウテクウトリ」は「水」のナーカルを守護する神で、マヤ暦で20日の春分は「水・2」です。
そして「ククルカン(ケツァールコアトル)」は「風」のナーカルを守護する神なのですが、水とはソウルパートナーといわれる裏表の生命樹です(*´∀`*)・‥…━━━☆

天から降臨するククルカンはキリスト意識で、地上の時を担ぐ火の神シウテクウトリは父から生まれた精霊!
何と素晴らしい出会いでしょう!
まるで織り姫と彦星のよう。。というかそれ以上の確率!!!

新たに始まった新しい時代、ククルカンがこの世界にやってきて最初に結ばれる相手が希望の光を象徴する精霊。
そして生命樹のソウルパートナー(^_^)♪
互いが一つに結ばれる事で、私たち人類に本当の愛、次なる世界が生まれていくのです。

だから明日の春分はとーーーっても大事o(*⌒─⌒*)o

自分の精霊とソウルパートナーが出会う大切な日。
すべての光と影が一つになる日。。

b0213435_1494116.png


成就させたい恋や愛はありますか??
叶えたい夢や目標はありますか??
自分の心を整理して、実現させたいことを明確にしましょう♪

明日「ククルカンの降臨」は火の神、水のナーカルとともに夜を過ごします!
だからこそこの大切な日を待ち望むことが大切★

グランドマザーに。グランドファザーに。。そして世界をクリエイトされた大いなる創造主に感謝して。

b0213435_14132859.jpg

みなさん、こんにちは!!!

13バクトゥンの儀式が、マヤのジャガー神殿の前で始まったようです。
現在USTREAMで放映中です!

http://www.ustream.tv/channel/gobguatebaktun/theater
b0213435_14483280.gif


わたくしの家でも今はローソクを灯して、香を焚き、同じように感謝と祈りを捧げております。

b0213435_14494854.gif

みなさん、こんばんわ★

マヤ暦は18日から「香」のトレセーナ周期に入りました!
ついに3・2・1のカウントダウンが始まりました。
日付が変わったのであと2日!です。

香というサインは「天の頭脳」や「大地を揺るがす力」という意味をもつことから、マヤの予言と一緒にあわせて「大地が揺れる、巨大地震がおこる、世界を揺るがす」などのように捉えられて、滅亡説になったともいわれています。

2012年、マヤの年の守護者は「香」です。
そして18日から「香」のトレセーナ周期で、この13日間を見守るトレセーナの守護神は「トラソルテオトル」です。
天界13神の第5の神で、冥界9神の第7の神です。
浄化と大地の女神で邪悪な病を清め、不浄を喰らう清めの女神・母神です。
この守護神、実は「ジャガー」の日を守る神でもあるんです。
大地が揺れるとしたら、それは香のエネルギーだけでなく、大地の女神が世界の不浄を喰らうために動かすのだということでしょう。

そうはならないことを祈りつ、もう少しだけ地球生命力を信じたいと思います。

現在マヤの遺跡ではあちらこちらでイベントが予定されているようです。

メキシコのチチェンイッツァやティカル、グアテマラ地方では、観光省に予約して、遺跡に入るための入場ブレスレットを購入しないと入れないそうです。

遺跡の発掘や研究に働いてきた人たちも、12月21日の記念すべきその日に遺跡には立ち入らないように規制されているらしく、残念なことだと現地の方は言っています。

観光化、商業化されてしまい、確かに経済効果は期待できるかもしれませんが、何のための遺跡なのかと嘆いてしまいます・・・

12月21日はティカルやキリグア、パレンケやウシュマル、ホンジュラスのコパン、ベリーズのカラコルなどあちらこちらでイベントが行われるのだそうで、すべて入場券は完売だとのこと。

またマヤ最大級の世界博物館がメリダに12月21日にオープンするそうで、42億円もかけて建造されたといわれています!
オープンに先駆けてなのか先に現地の人に向けてオープンされたのかはっきりは分かりませんが、9月25日にメディア用にオープニングイベントがあったそうで、動画がネットにアップされていました。埋め込みができませんので、リンクアドレス先の動画をみてみてください。

b0213435_2184187.gif

http://youtu.be/M9DsDGrHhbU

これを見ると、嬉しいというより何だか寂しい気がします。
古代マヤ族の遺志はちゃんと伝わっているのだろうか・・・と。


また日本でも12月21日には「ナショナル・ジオグラフィック・チャンネル」で「人類滅亡の日」を探るマヤのドキュメンタリーが放映されるようです。

◆マヤ文明と世界滅亡の真実
原題:Maya Underworld: The Real Doomsday


2012/12/21  23:00 再放送:12/22(土) 12:30~13:30 ほか
 マヤ文明2012年人類滅亡説 スペシャル 
 マヤ文明と世界滅亡の真実

◆マヤ文明の黙示録
原題:Mayan Apocalypse, The

2012/12/22  23:00
マヤ文明2012年人類滅亡説 スペシャル 
[二] マヤ文明の黙示録


今、私たちは何をすべきなのでしょう?
「人類は滅亡するか?!」と浮かれていていいのでしょうか?
怖いもの見たさで滅亡説を覗き見し、何もおこらなかったじゃないか!!さあ、クリスマスを楽しもう!
それで良いのでしょうか?

22日に新しい時代の太陽が昇らなかったらどうしますか?

それは目に見える太陽のことだけではありませんよ。
世界の未来の太陽のことです。

12月21日 祖先4 YEAR ZERO・・・

今は「清め」と「浄化」をしましょう!
自分の心から「邪」を追い出して、聖らかな心と魂になっていましょう!
今はただ・・・それが一番です。

続きはまた。。
みなさん、こんばんわ★

10月21日も午前0時を過ぎまして、マヤの長期暦13バクツン・イヤーゼロの2012年12月21日まであと2ヶ月となりました。
正確には
10月22日「祖先・9」からあと60日3サイクル(20×3で60日)です。

◆10月22日をマヤ暦で表わすと
 12バクツン
 19カツン
 19ツン
 15ウイナル
 0キン
 9アハウ
 3サク
となります☆彡

2012年の年の守護者(Year bearer)は「香」ですが、2013年が今までどおりの4つ(風・シカ・道・香)の年の守護者になるのか、それとも違うサインが年の守護者になるのか、まだわかりません。
グアテマラのマヤ長老たちが集まった長老会議で決定されるのだと思います。

世界が戦争のように戦いや挑戦を主張するようであれば「ナイフ」の年になるだろうとあるマヤの長老は言います。しかしそれもまたマヤの天界オシュラーフンの神々のお告げが何よりも大切だという、強いナーカルへの信頼があるからこそお告げの時を待てるのだと思います。


b0213435_135310.gif

7 Days of 7 Sacred Fire Ceremonies in 7 Sacred Mayan Sites

こちらでは現地で7つの火の儀式が行われるそうです。
b0213435_1371511.gif


Discover your Mayan Birth Glyph; participate in Sacred Mayan Fire Ceremonies;
あなた自身のマヤの誕生を示すマヤグリフを探しだし、マヤのファイアーセレモニーを受けることができるという魅力的なプランです。
日本からはちょっと遠いですよねぇw


b0213435_1384496.gif


また、カルロスバリオスとアドリアナは、グアテマラではやり特別なスピリチュアルセレモニーを行うようです。

THE 13 BAKTUN-WELCOME TO THE NEW ERA
(カルロス・バリオスのFacebookより)
https://www.facebook.com/pages/MAYAN-ELDER-AND-SHAMAN-DON-CARLOS-BARRIOS/333511781983

b0213435_1422281.jpg


でも12月21日はマヤの先住民族にとっては、おそらく何も変わらないのだと思います。
時は循環するという思想に基づいて、明日の太陽を信じて待ち望むのでしょう。

いつものようにコパールを焚きロウソクに火を灯し、ファイアーセレモニーを行い、大地に豊穣の女神が恵みを与えてくれるよう祈り、太陽の再生を願い、再び長い長い時の循環サイクルを歩んでいくことを感謝して祈りを捧げて祝うのでしょう。

叡智の守り人である先住民族は、マヤに限らず世界中で自然と調和し、神々や賢者たちの教えに忠実に生きていくことが大切なことだと知っています。

あと60日のあいだに、もっと多くのセレモニーやイベントが発表されてくると思います。

どこまで紹介できるかわかりませんが、古代から続いてきた大いなる5千年の歴史の終わりと始まりの瞬間に立ち会えることを厳粛に受け止め、新しい時代へ希望の光をつなぐことができるよう、紹介していきたいと思っています。

FBやツイッターをされている方は、ぜひイイネやフォローをお待ちしています。(ブログに書けないときはショートにつぶやいています♪)

"REVELATIONS OF THE MAYANS 2012 AND BEYOND" A PLANETARY EVENT
b0213435_1451779.gif

プロデューサーのロウル・ジュリア・レヴィです。
古代マヤと宇宙人とのコンタクトがあったというドキュメンタリーを制作しました。

b0213435_146552.gif

早く日本でも発売されないかなーー(゜o゜)♪


あれ?
何で韓国が先?!!
b0213435_1475552.gif


ちょっと悔しいぞww( ̄Д ̄;;!
みなさん、こんにちわ☆

今年の夏は世界中が本当に大変なことになっています。
b0213435_1553613.jpg


九州では豪雨により大被害を受け、25万人もの住民の皆さんが避難を余儀なくされました。
また日本全国で連日の猛暑にたくさんの方が熱中症で倒れています。

インドは干ばつと洪水という極端な災害に今も苦しんでいます。
アメリカ南西部、南東部の気温などはとんでもない高温状態が続いているようで、7月から殆ど雨が降ってないそうです。

b0213435_1544135.jpg

トウモロコシなどの穀物は壊滅的な状態。
またオクラホマ州、アリゾナ州、アーカンソー州、コロラド州、ユタ州などでは大規模な森林火災が発生しています。

気象庁のデータによると米国では7月だけで領土の56パーセントで12年ぶりとなる非常に暑く乾燥した天気が続いていたとあります。

中国北部、北西部では豪雨によって黄河の水があふれ出し、4万人を超える市民が洪水を逃れて避難しました。

先週北朝鮮を襲った洪水および嵐は、8万4千名以上の家を破壊し、3万人以上が死亡。
シベリアのオムスク州では、30を超える森林火災が発生、非常事態に陥っていました。

南極の氷河もほとんど溶けてしまったというニュースにも驚きました。

南極の氷河の下でグランドキャニオンほどの大きさの谷発見

26.07.2012, 11:26
 英国の学者らは、南極西部の氷河の下で巨大な谷を発見した。
 谷は、南極南部の氷河の下に位置している。イタル・タス通信が伝えた。  調査を率いるアバディーン大学のロバート・ビンガム教授は、「我々は氷層の下に大きな谷があることをつきとめた。この断裂の発見では、氷河表面の氷の厚みが低下しているという情報と一致していることが特に重要だ。私たちはこの地域での氷河融解を人工衛星から20年にわたって観測していた」と述べた。学者らによると、氷河や棚氷が融解した結果、2003年から2010年にかけて世界の海面水位は1.5メートル上昇した。


このようなニュースを数えたらきりがないほど、今年は天候が自然発生現象的ではありません。
何億年も前から生命を育んできた惑星「地球」が、わずか1年の間にこのような打撃を星自体に与えるとは考えられません。

前回の記事で少しだけ書きましたが、古代マヤの人たちが見ていたものは何だったのか?!についての続きです。

b0213435_1585921.jpg

前回の記事:古代マヤの予言とプラズマの関係w

多くの人が様々な角度から、色々な知恵を絞って地球を救うべきときがきています。
それが「いま」です!

科学者や研究者だけが考えることではない。
私はそう思います。

出来る限りの可能性を考えつ古代の知恵を紐解き、現代人が犯してしまっている科学の過ちを正すべきでありまた地球を救うべきだと思うのです。

★古代マヤの人たちは空に「ある不思議なもの」を見ていた!

マヤ神話―チラム・バラムの予言 (1981年)

新潮社

マヤの予言書です

スコア:


それはチラム・バラムの予言書にある太陽の神官の予言にでてきます。
b0213435_15141277.jpg


神に仕える太陽の神官は、神聖な予言者であり不幸の重荷がどのようにして到来するかを知っていた神託を授かる神人です。

チラム・バラムを含めた5人のマヤ大神官のうち、2人の神官がこう告げています。


「地は燃えるだろう。天にはいくつも輪が浮かぶだろう。」

大空には白い輪がいくつも浮ぶだろう。大地は、カトゥン3アハウと最悪のカトゥン、カトゥン1アハウの間、燃えるだろう。」

「汝らが崇めていたものを棄てよ! 汝らの滅ぶべき神々、哀れな神々を忘れよ!天や地にすべてを創られた神はすべてのものを支配されるのだ。然り、真実の神を崇めよ!」



天に浮ぶ輪とは何だったのでしょう?!
あの中南米のジャングルの空に浮ぶもの・・・
雲でしょうか? それともUFOでしょうか?!

b0213435_15165363.gif

英語では次のように書かれています。
There shall be a white circle in the sky.」

いくつもの白い輪・・
b0213435_1519963.gif


それはピラミッド内部のエネルギーが、天から注がれる太陽放射線や宇宙線、電磁波などと共振しあうときにできる「HAARP RING」と同じものなのではないでしょうか?!

b0213435_1519555.gif


b0213435_1520307.gif


神官らは、天に生じるわずかな徴(しるし)をよみ知るために、星空の観測を怠りませんでした。
古代マヤ人は空に不思議なものが出現したら、そこには意味があり、何かがおこると知っていたからです。

もちろんピラミッドの大きさによって、蓄えられる地熱エネルギーや鉱山エネルギーの量は異なるでしょう。
エジプトやボスニア、海底に沈んでしまったピラミッドも同じ働きをもっているのだと思います。

春セミナーではお話したのですが、マヤのチチェン・イッツァにあるククルカンピラミッドからビームが出ているのを捉えた映像があります。
b0213435_152226100.jpg


また最近になって、ボス二アのピラミッドが発掘されたとき、太陽のピラミッドの頂上からエネルギー・ビームが直接放出されていた。という記事が出てきました。

b0213435_15225274.jpg


ピラミッドの頂上からはエネルギーが放出されています。

http://mitchey179.quazen.com/arts/architecture/impossible-energy-beam-detected-at-bosnia-pyramids/

私たちの祖先はエネルギーを利用したり、放出したりするためにピラミッドを造ったのでしょうか。新たな発見がその答えを見出そうとしています。物理学の国際的な研究チームは、ボス二アのピラミッドを発掘したとき、あり得ないことを発見しました。
太陽のピラミッドの頂上から直接的にエネルギー・ビームが放出されていたのです。
エネルギー・ビームの特徴は:ビームの半径が4.5m、ビームの周波数が28KHZ。

ビームは継続的に放出されており、ビームはピラミッドから遠ざかるにつれて次第に強く放たれていました。物理学の法則からすると、これはあり得ないことなのです。

引用元記事:日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51839643.html


前回の記事にも書きましたが、HAARPは、気象兵器として巨大な暴風雨を発生させ、火山を噴火させ、巨大地震を誘発します。
また、地球のイオン圏を操作し、重力や時間まで操作するとも言われています。
b0213435_15281726.gif


ピラミッドの構造を探り続けた結果、その構造体は巨大なコンデンサや発電機として機能する天然エネルギーの蓄電装置である。そのことを証明するために同じようなピラミッド模型を造った科学者もいるそうです。
b0213435_1529222.jpg


太陽が昇り沈む方位も精密に計測され、大きさも角度も計算されて造られた石造物であるピラミッドには、プラスとマイナスのように相反する磁気力が含まれているはずです。



古代ピラミッドは大地の地磁気を安定させ干ばつから人類を守るため、食物が実るよう大地に雨を降らせるために造られた「古代HAARP」のようであったのではないかと考えられます。

そしてそのことを知るに至った現代科学者がセオリーとして発表をし、世界中の国家プロジェクトとして取り組んだのが現代HAARPなのではないでしょうか。

空に白い輪をみたマヤの神官は、それが豊かな雨を期待・想像させるよりもはるかにずっと恐ろしい天候(異常気象)になると知っていた。
偉大な王国を象徴するピラミッドが完成し、人々は喜んだことでしょう。
これで必ず雨が降る。大地は潤い、収穫は約束されたと王は思ったかもしれません。
しかし、思った以上に激しい天災がおこり、古代人は天の怒りをかってしまったと考えてしまったのではないでしょうか。
だから終末を予感させるような文言を、予言として記したのではなかったかと考えるのです。
b0213435_15304218.gif


今年のような干ばつや大洪水がきて、空の様子に気を留めるようになった方は少なくないと思います。
そしてそれが自然発生的ではなく、何か別の誘因によって気象変動がおきていると感じている人も増えているように思います。

真実はまだわかりません。
それが磁場の逆転(ポールシフト)現象によるものなのか、彗星や惑星Xなど宇宙・天体間の影響なのか、あるいはHAARPのような人為的な操作なのか・・・

原因は明確ではないにしても、今はそのような視点に立って、チラム・バラムの予言の一部を読んでみてください。

〔チラム・バラムの予言〕

「おお、父よ!13アハウはイツァの民の時、マヤパンの時が終わるカトゥンである。唯一の神・フナブ・クの徴は天に現れている。おお父よ! 今やワオム・チェの樹(神の礼拝に立てられる柱)を立て、それが光り輝くことを世界に示す時がやってきた。・・・
天にその徴を上げよう! ワオム・チェの樹を立てよう!今日、告げられる不和は大きい。・・・大地の兄弟たちよ、汝らにのしかかる荷は三倍も重いだろう!・・・然り、心に準備せよ。つぎのカトゥンの間、心に信仰を受けいれるすべての人々にとって、世界は眠りから覚めるだろう!
これは悲しみに充ちた私の言葉である。私はチラム・バラムであり、神に代わり大地全体にゆきわたる、真実の神の御言を伝えたのだ。」

b0213435_153314.gif


古代人の頭脳や知識は現代人のそれと比べて、劣るどころか逆に優れていたのだと古代人の記述書を読めばわかります。
古代人の頭脳を侮るなかれ!
現代科学者たち!
キタァーー!
d=(´▽`)=b ィェーィ♪
古代マヤ遺跡から新たなマスク壁画の発見です!


グアテマラで古代マヤの「夜の太陽の神殿」が発見されました!

b0213435_13363484.gif


正確に内容が伝えられるかどうか自信はありませんが、全神経を集中させて記事を翻訳してみました。(間違っていたらご容赦くださいませ)


Ancient Mayan 'night sun' temple found in Guatemala
グアテマラで見つかった古代マヤ "夜の太陽"の神殿
July 20, 2012 AFP Guatemala City

考古学者は、メキシコとの国境に近い北部のグアテマラのフォレスト内のピラミッドの墓の上に "夜の太陽"に捧げる1600年ほど前のマヤ神殿を発見しました。

「太陽はマヤの支配者として重要なエレメントでした」
考古学者スティーブン・ヒューストンは説明しています。

エル・ソツを発掘したグアテマラと米国のジョイントチームは2006年以降ずっと発掘を続けていました。

b0213435_13385865.jpg

「それはおそらく、毎日同じように日は昇り、端っこや岩などの小さな割れ目すべてのところにも浸透していくものとして、王の権威を象徴したものだろう」
とロードアイランド州ブラウン大学のヒューストン教授は述べています。


「この建物は、王と最も強力かつ支配的な天との絆あるいは連携の証を祝うものである。」


考古学者は「この神殿はおそらく、Pa'Chan(要塞化された空)と呼ばれる初代エル・ソルの王家の創始者と統治者のリーダーを埋葬し称えるために建てたディアブロのピラミッドの墓であろう」 と言います。


メキシコ南部、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドル、ベリーズを通って広がった古代マヤ文明は、西暦250年から900年の間に最高潮に達しました。


放射性炭素年代測定法によると、西暦350から400年の間のどこかその時代の初期あたりに、神殿の建設をおこなったのだろう、と考古学者は述べています。


それは派手に化粧細工で装飾されたどっしりと重みのあるマスクで、1.5メートル(5フィート)の高さほどあります。
またそれぞれには太陽の相が西へ東へと移動するにともなったように化粧細工が描かれていて、"信じられない"とチームは驚きを述べました。


「神殿の半分以上が発掘されるにはまだ時間がかかりそうです」と南カリフォルニア大学の共同プロジェクトリーダートーマスギャリソンは、水曜日グアテマラシティの文化国立宮殿で行われた記者会見で語りました。

「神殿には、14個もの彫刻された小さな壁の高さのマスクがあるが、これまでにそれらのうちの8つだけが出現し文書化されている」

発掘調査は今後も継続しなければならないという理由で、これまでのチームに考古学者エドウィン・ローマン氏を含めオースティン大学を追加しました。


グアテマラと米国のチームが発掘調査は、2006年にエル・ソツの発掘が始まりましたが、3年前まで神殿は明らかにされていませんでした。

◆元記事リンク





El Zotz mask yield insights into Maya beliefs

b0213435_1339359.jpg

(PASTHORIZONS スクリーンショット)



素晴らしい発見ですね!
Congratulations!!★(*^-゚)⌒☆
こういう時ってほんとに感動いたします♪

「夜の太陽」は今年のテーマでした。

ついに「2012年」現代にその姿を甦らせてくれました。

今後発掘と調査が進めば、どのような象徴壁画が描かれていたのか、その意味するところは何なのか、明らかになっていくはずです!

「夜の太陽の神殿」は神秘的な意味合いをたくさん含んでいると考えられるため、マヤ文明の叡智をさらに私たち現代に明らかにしてくれることでしょう。

嬉しくて楽しみでたまりませんO(≧▽≦)O
みなさん、こんばんわ★

6月30日の21時から日立世界ふしぎ発見!(TBS)では、「メキシコを掘り起こせ! 今、甦るアステカ王国」が放映されています。

皆さんはメソアメリカの古代文明には実は他にもあるって、ご存知でしたか?

メソアメリカの古代文明は「マヤ文明」と「アステカ文明」は最近は多くに知られる文明となりましたが、他にも年代別にいくつか分かれているのです。

オルメカ文明
サポテカ文明
テオティワカン文明
マヤ文明
トルテカ文明
アステカ文明
などです。

未だ発掘されずに森林に眠っている古代遺跡は、探せばまだまだ宝のように見つかって来るはずです! しかしその解明となるとそうは簡単ではないのですねーw
何しろスペインからやってきたコルテスというフトドキモノによって、マヤ・アステカ族が築いてきた神殿や神の像などは、次々となぎ倒され、キリスト教への改宗を無理やりさせるため、遺跡だけでなく、書物や巻物などほぼ全てが焼き払われてしまったのですから!!
(ー_ー)!! ったく!!

古代マヤ・アステカの王族が記してきた絵文字や古文書など天の叡智は、フトドキモノによって焼かれ、煙となって天に昇り、水とジャングルの中へと葬られてしまったのですね・・・悲しいw

しかし現代に甦ってきたマヤアステカ文明の遺跡群とその叡智・・・!
考古学者や研究者たちは、古代の叡智を復活させようとその解読に一生懸命なのですヨ♪

番組のお知らせを読んでみると「トラルテクウトリ」の女神について紹介されていました。

b0213435_2121212.gif

http://www.azteccalendar.com/god/tlaltecuhtli.html

トラルテクウトリは「God of EARTH(大地・地球の神)」といわれるアステカの守護女神です。

天界13神の第二層「2(Ome)」を守護しているスピリットの供給者で、気まぐれで短気な性質をもっているといいます。

「トラルテクウトリについてのお話」

ケツァルコアトルとテスカトリポカが空と海を分けようと、大宇宙に大きな生命樹を創造したあと、創造主が住むために頑丈でしっかりした場所を造る必要がありました。

原初の水のなかには「トラルテクウトリ」という名前のカイマンワニのような巨大モンスターがいっぱいいました。 そこで二人の神はそこを再創造しなおそうと考え、破壊することに決めました。

テスカトリポカはさっそく、トラルテクウトリをつかまえるために自分の足に罠となるえさをつけました。トラルテクウトリはあっという間に餌をみつけ、噛み付いてもっていきました。

そのような戦いの結果、テスカトリポカは自分の足を失いトラルテクウトリは自分の下の顎を失ってしまいました。
下顎のないトラルテクウトリはもはや、水の表面下に沈むことができなくなってしまいました。
そして神々は、彼女の背中に地球を創造したのです。

彼女の髪からは木々や花、草を造り、彼女の目からは井戸や噴水、小さな地下洞窟(セノーテ)を、そして鼻からは谷を、肩からは山々を造りだしました。

トラルテクウトリの女神は夜になると時々、苦しみと失った痛みを覚えて悲しみながら泣くといいます。ただ「血の犠牲」だけが彼女に多少の慰めを与えることができるそうです。

トラルテクウトリは、太陽神トナテイウに深く関係しています。
また赤ちゃんを出産する際、ひどい難産で母親の生命さえも脅かされそうなとき、助産婦によってトラルテクウトリは呼び出されるそうです。


明日から7月。
7月の初めの日は「シカ・13」で始まります。

b0213435_216256.gif


どんな周期になるのでしょう?!

またブログにアップしようと思います^^