2011年 11月 10日 ( 1 )

みなさん、こんばんわ★

地球という星は本当に美しくて綺麗な星です。
この美しい地球に、素晴らしい自然と生命が与えられ、人間も天の創造主に似せて造られました。
でも・・今や神の似姿を探すことのほうが至難の業です。

世界が平和であることをうわべでは推進し、水面下では拒否する一部の族がいます。選ばれし崇高な僕のようにふるまっているため、今では世界中からひんしゅくをかっています。

そしてまるで地球が宇宙で一番優れているかのように驕り、宇宙にはごみをたくさん放置したまま平気顔、生命を宿すことのできる星は地球しかないかのように報道する族もいます。

情けない話です。

米政府「エイリアンはいません」陰謀説に公式回答

この世界はもはや闇しかないとでも、闇が勝利するとでもいいたいのでしょうか!?

マヤでは3つの世界があります。
1つは13の神々で守られている天の世界
ここは人間の肉体をもったままでは入れません。
2つ目は地上の世界
ここが人間の住む世界
そして3つ目は地下世界です。
地下世界には9の冥界の神々がいて、天界や地上と交信しながら影と闇に働きかける力をもっています。
こうして星の秩序が保たれていたのですね^^(いや、今もですがっ!(笑^^ゞ)

YU55地球を通過!
9日未明、この小惑星は、NASAが予測した距離よりもわずかに遠い地球から32万5千キロの距離を通過したようです。
小惑星は直径約400メートルの球体で18時間に1度自転しているそうです。 この小惑星は79年にほぼ同距離で地球を通過していて、次に地球に接近するのは2028年だといいます。

エレニン彗星は崩壊させることができたかもしれませんが、400mほどある小惑星YU55は宇宙警備隊でも崩壊させることはできなかったようですね。

実際の映像(Observatory Tracks Asteroid 2005 YU55)

地球を守るのは誰だ!ウルトラマンか?!_b0213435_1422883.gif



謎の未確認シェイプあるいはUFO?!が、小惑星YU55付近で見つかったようです。

地球を守るのは誰だ!ウルトラマンか?!_b0213435_1435160.gif


地球を守るのは誰だ!ウルトラマンか?!_b0213435_14406.gif


確かに不思議な物体ですね。

Alien Fleet Photographed Near Asteroid YU55




アフリカのコンゴでは火山が噴火したようです。

コンゴの火山噴火ビデオ(guardian.co.uk)


Nyamuragira volcano erupts




「エピック・マグニチュード」のモンスター嵐がアラスカを襲う!

アラスカではモンスターストーム(嵐)に備えて避難の準備を呼びかけ始めたそうです。

ベーリング海峡海岸とセントローレンス島付近では、風速は90〜100 mph、最大瞬間風速は75 MPHに達すると予想され。チュクチの海岸に沿っては 90 MPHという高い突風で、平均65〜70 mphの風速が予想される。
西海岸のほぼすべての他の領域が少なくとも50〜60 mphの最大風速が発生予測されています。

嵐は、ハリケーンの強風をともない、National Weather Serviceによると、沿岸地域では洪水、大規模な海岸侵食と重篤な損傷の可能性を秘めている... ともいわれています。

アラスカ州フェアバンクスの天気予報より

元記事

アレ~っ?これって・・・

・・・

アラスカで行われる予定の津波演習に関係ない?!

・11月9日 偶然の一致!?

・11月9日、全米のTVとラジオが一斉にシャットダウン

・パシフィックウェーブ11津波演習
地球を守るのは誰だ!ウルトラマンか?!_b0213435_1525455.jpg


確かに運がよければアラスカにある「HAARP施設」を壊すことは可能かもしれませんが(^_^)/~

地球を守るのは誰だ!ウルトラマンか?!_b0213435_1532825.jpg


アラスカが大変なことになり(津波テストってほんとかしらん?!)、FEMAがテレビ、ラジオ、電話、およびインターネットなどのシャットダウンネットワークテストを行っているうちに、別の問題が発覚しようとしている可能性をぬぐいきれません。


マヤ暦では10日「コーン・13」、11月11日「ジャガー・1」とナワールの特性もエネルギーも強い日が続きます。

地球を守るのは誰だ!ウルトラマンか?!_b0213435_154053.jpg


イランやイスラム圏に不慮の事故や影響がないことを祈ります。

ブログトップ | ログイン