2011年 09月 18日 ( 1 )

みなさん、こんにちわ☆

今日の太陽はすごい強烈ですねー(・_・;)
じりじりというより「ピカッ!ギラッ!グサッ!」とまるでナイフのよう。。
b0213435_1592444.jpg


「宇宙天気ニュースより」

太陽風は、いよいよCMEによる擾乱がやって来ました。
ACE衛星の観測でつい先ほど、17日12時(世界時17日3時)より、
太陽風データの速度、磁場強度に変化が発生しています。

磁場強度は変化が最も目立ち、4nTから10nTに強まっています。
速度の変化は小幅で、370km/秒から、
440~460km/秒とやや高速に高まった程度です。

CMEの噴出が14日の朝でしたから、
およそ3日で擾乱は地球へ到達したことになります。
経過時間から考えると、速度はもう少し上がるかもしれません。
(と書いているうちに、最新の速度は500km/秒近くに上がりそうです)

磁場の南北成分は、初めは弱い北向きになっています。
磁場の向きは、ここまでは東西方向に大きく振れている様です。

磁場が北寄りのため、オーロラ活動など磁気圏の乱れは、
現時点ではあまり強まりそうにありません。

今後、南側に反転すると、オーロラの発生状況も大きく変わってきます。
太陽風の乱れは、半日から1日程度続くでしょう。今後の変化に注目して下さい。

***

b0213435_1510826.jpg

Spaceweather.com
やはり太陽も「何か」に怒っているのでしょうか?!

★マヤカレンダーからよむスピ予報~♪

ちょっと変わった予報を書いてみました!
私のアンテナは結構不思議なところのものをキャッチしたりします(^_^;)。
それが共時性か必然かによって鑑定結果としてズバリ直撃したり、紐解きに協力したりする「お役立ちツール」として活躍することがあります。

マヤ暦から時をよんでみると今月はそうとうアップダウンが激しいww(・_・;)
ということでスピリチュアル予報をしてみました。

14日頃から危険で怪しい虚空間ドグマがうごめき出しています。
普段から元気な人にとってはどこか落ち着かないような感じであったり、ストレス加重で疲れ気味の人には凹んだりウツっぽくなったりしがちになったりするかもしれませんので、気をつけましょう。
また宇宙の気をみると気圧の変化をともなった重たい気が充満しはじめ、不安定な気を生み出して、心に乱気流が発生しやすい状況となっています。
16日・17日にはさらに地球のどこかを傷つけてしまうかもしれませんので、心と精神を見張っていましょう。さらに19日はハートを直撃するような不協和音が響くかもしれません。
ネガティブな感情や不平不満、人を中傷する言葉は口に出さないようにしましょう。
連休明け20日からは「風」のトレセーナ周期がやってきます。宇宙の気を傷つけると怒りが爆発しそう! 救いは光との融合にあります。

さて、このように書くと皆さんを怖がらせてしまうかもしれませんが、「怖がり症」の方はどうか気に留めないでくださいね。

私が伝えているのは怖がる性質のものではありません^^♪

天体と時の事象が奏でる壮大な音楽は、人があるがままに受け止めて生きるためのインフォメーションの1つなのです。そのように解釈していただけると嬉しいと思って書き綴っております。

森羅万象すべてには音があって、聴覚やセンスをとおして独自の音を奏でています。火山の爆発や地震の音は、まるで巨人が天に向かって戦いをしかけているようであり、吹き鳴らすトランペットの音や、うなり声や狼の吼えるような声、あるいはガラガラと鳴り響くかと思えば、シューシューゴーゴーと強烈な威圧音として聞こえる人もいます。

こんな音を聞いたことありますか?
・祈りの音
・戦争の音
・月の音
・瞑想の音
・闘争の音
・雲がかさなる音・・・・

それらは、高周波数と低周波数という両極をなす二つのタイプの音として空間に響く宇宙音です。

神秘を研究していくと感覚と脳を用いて解明する哲学的発見と、啓示された聖書や聖典、神話などから得られる情報を解読する神秘主義的発見が、それ以上のものを象徴として与えてくれるということを発見します。
それは宇宙の法則にとどまることなく、神の秘密と叡智を知る・認識する領域へと入っていくことができる・・

一人静かに祈るとき、神は呼応して超感覚を通して音のない声で囁いてくださる。

やっぱり私はアホかもしれません(笑)