ネパール地震と火山噴火に思うこと!

みなさま、こんにちは!

私たちの星「地球(テラ)」の大地が、恐ろしい顔の側面を見せ始めています。
b0213435_13502900.jpg


ネパールでマグニチュード7.8の巨大地震が発生したのは25日でした。
4千人を超えたともいわれる死者の数はまだ増え続けるはずです。

 ネパール大地震 80時間後に男性救出
b0213435_13564522.png



また、ロシアではチェルノブイリ原子力発電所の方向に向かって、激しい火の手が向かっているそうです。


約400ヘクタールの森林が燃え、森林火災の状況が悪化してます。火災が原発まで20キロの地点まで達するという深刻な脅威があり、対応のための準備に着手したとニュースにありました。
b0213435_13595407.png

火の神はあの事故から29年もたったいま、私たちに何を思い出させたいのでしょう!

 続きを読む


さらに


インドネシア北スマトラに位置するメダン付近の「Sinabung」山が、噴火爆発し始めたようです。
28日の様子が映し出されています。


https://youtu.be/hzfJclT88GE

http://video.metrotvnews.com/play/2015/04/17/387523/kubah-lava-gunung-sinabung-membesar

ここで私たちは既に何か大変なことが起きていると気づかなければいけません。

b0213435_13500617.png



さらに象徴的な事件!

米国メリーランド州のボルティモアでは、デモ隊と警察の衝突がさらに発展し、27日には大規模暴動に発展。建物や車両は燃えさかり、暴徒化した集団を止める手立てはもはや武力行使では追いつかないかもしれません。
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20150428000944.html
b0213435_13513833.png

これら一連のニュースは、マヤカレンダーと時のサイクルから見ると何を意味しているのでしょう!?


すでにその前兆は今年に入ってからたくさんありました。
が人間は天の前兆を読むことをおざなりにし、それどころか無視して嘲笑った傲慢さは天の神々を怒らせてしまったのかもしれません。



4月4日に皆既月食があったことは、まだ記憶に新しいと思います。
この日は満月で「ジャガー6」というサインの日でした。


マヤからみたテラ的には嫌な予感の始まりの日でした。

そして12日からマヤ暦では「風」のトレセーナ周期に入りました。

「風」のサインはマヤ生命樹でみると「ジャガー」の未来にあたる場所にあります。

b0213435_13543450.png
マヤの神様レベルでみると、「風」の日を担ぐ守護神と「ジャガー」周期を担ぐ守護神は同じ「ケツァールコアトル」です。マヤでは大変有名な空飛ぶ羽を持つヘビククルカンで自然を守る神です。
また「風」の周期を担ぐ守護神は、宝と火を見張る「チャンティコ」という自然の女神です。

創造の根本的な神ケツァルコアトルは、冥界の王という「ジャガーの顔」をもって大地の下で地球の生命を見守っています。

そして4月4日からちょうど20日後の4月24日、マヤカレンダーは「ジャガー・13」を迎えました。


「ジャガー」の日を守護するのは「トラソルテオトル」という浄化と大地の女神です。
不浄を喰らい、清める儀式の女神さま。

邪悪なものや過剰なものは大地のパワーで清めます。
同時に「13」という天界の数と合体したことで、エネルギーは宇宙的に集大成的に働きました。


この前日の夜からわたしの身体は浄化作用がとっても強くなっていました。
衝撃的な波動がきていたため、ツイッターでも気をつけてとつぶやいていました。