宇宙意識へ進化させる3つの提案☆

お暑うございます(o^ω^o)!

お盆やお正月休みを家族や友達と楽しく過ごせてる人は、日本においては「幸せ」に属する人たちだと思います。 日本人はそのようなとき家族行事や伝統を重んじる教育を受けてきていますし、信仰や民族意識的なバックグラウンドも合い重なって、集団的意識を共有しているからでしょう。

しかし、私のコンサルテーション経験や実体験に照らし合わせてみると、このような特別な時期にだけ「焦燥」「孤独」「不安」感がいつもより強く沸きおこってきて、落ち込んでしまう人も多いように感じています。
それは毎年やってくるトラウマ的なものであるとともに、マヤ暦からみてその周期に在位している守護神の影響もあるかもしれません。

ではどういう人たちがこの集団意識からこぼれてしまうのでしょう?

実はここがポイントなのですが「どういう人」なのではなく「このような行事があるとき、どういう人間関係・家族関係を形成しているか」が影響して、この日本的集団意識から外れやすいのだと思います。

「恋人と別れたり離婚した」「恋愛が上手くいってない」「愛する対象がいない」「家族との関係が不和」「人間関係が苦手」「自分は一人ぼっち」「疎外感を感じる」という状態にあるとき、この2大イベントはしんどい時となってしまうのだと思います。

さらに自分に追い打ちをかけるようにして、この集団意識から離れ取り残されてしまうことで、自分の生きる存在のバランスを失ってしまうケースが多いのです。

このバランスを取り戻し、集団意識からこぼれていても平気!となるよう、また「幸せ意識」に戻るための「思い方・考え方」を今日はご紹介してみましょう。

◇◇◇◇

私は以前からこちらのブログでも宇宙や惑星の動き、マヤ宇宙やエレニン彗星などについて何度も紹介しています。単純に私が宇宙が大好きで私のロマンだから!という理由もありますが、それだけではありません。

私にとっては宇宙とは「真理」を教えてくれて、自分が生きる上でバランスがとれているかどうか方向を確認するためのコンパスだから!なのです。

宇宙意識へ進化させる3つの提案☆_b0213435_12295222.jpg

こちらの画像は私たちの住む宇宙に浮かぶ太陽系♪
8月15日の12時です。

太陽を中心に、それぞれが規則的に星が「あるべき位置」を守りながら周回しています。

もしプトレマイオスの天動説のように「地球」を中心にして今でも太陽系が回ってるとしたら?
地動説は本当にほんとなの?
宇宙意識へ進化させる3つの提案☆_b0213435_1237373.png


木星を中心にして地球が回っていたらおそらく、今の地球はなかったかもしれません。

ここが大事なの。

「太陽」は太陽のあるべき位置で、太陽として光と熱を放つ使命を果たさなければならない。
「金星」は金星として愛と希望の輝きと使命を、「地球」は地球星として生命を存続させるための環境があり、その使命を全うしなければなりません。

地球意識とはそのようなものです。

太陽意識や木星意識、冥王星の意識があるとしたら、あなたは今どこの惑星にいるのでしょう?
太陽系があなたの中で崩れていませんか?
こんなふうに太陽や土星が動いてしまってバランスを失っていませんか?

宇宙意識へ進化させる3つの提案☆_b0213435_12395129.gif

それだけではありません。

太陽系に接近する「彗星意識」だって「惑星X・ニビル」意識だってありますし、太陽系から別の銀河系やパラレル宇宙へ訪問するアセンション意識だってあるのです。

2011年8月に太陽に接近した長周期彗星エレニンは、素晴らしい可能性と素敵な思い出を地球に残してくれました。
そして再び2013年11月28日(世界時)には、太陽に最接近する「アイソン彗星」が今ホットです!

アイソン彗星 地球からみた天体との接近 YouTube動画
http://youtu.be/KXA6Zt3wj8w



2012年9月に発見され、世紀の大彗星となる可能性があることが判明してからというもの、観測条件のよい北半球を中心とした世界中の天文ファン、研究者らが熱い期待を持ってその動向を見守っています。

アイソン彗星は、太陽に最接近する前後のおよそ1ヶ月、夜明け前の東の空で肉眼ではっきり見えるようになると予想されます。

ただし、彗星の軌道(見える位置)はあらかじめわかっても、明るさや姿がどのような変化を見せるかについては非常に予測が難しく、今から目が離せません。
AstroArts「アイソン彗星」特設サイト


私はよく「地球意識」とか「宇宙意識」という言葉を使います。

アセンションというとどこか精神世界的で胡散臭く感じられてしまったり、スピリチュアルな世界のこととしてしか理解されないので、最近ではよく太陽系の惑星を例にしながら、マヤの暦とあわせて心の意識やバランスの取り方をコンサルテーションで説明しています。


話を戻します☆




お盆というと先祖や死者の霊、お墓参りや家系が関わっていますよね。
普段の生活では、社会や学校、友達など家系以外のつながりを通して関わっているため、「家系」という太陽を中心に人間関係をみません。

社会活動の中ではふつう家系のつながりはその存在をさほど主張しないし、認めなくてもバランスは崩れません。(家族経営の場合は別ね♪)

太陽から遠い冥王星のような感じ♪

ところがお盆や正月となると、家系・先祖・血筋などのつながりやパートナーがフォーカスされてきます。
愛の金星意識や、地球意識が太陽系の中で輝く時だからです。

つまり太陽や月がなくても夜は存在するように、真夜中に金星が輝いている時で宇宙からみた青い地球が美しいと感じている時の感覚です。
そこでバランスを崩してしまうわけですね。
(言葉で説明するのは大変なので、分かりづらくてごめんなさいね)(笑)

でも来週になれば、あるいは8月が終われば、もしかしたらすっかり元気になれるかもしれません。

惑星バランスを取り戻せるからです。
宇宙意識へ進化させる3つの提案☆_b0213435_12451417.jpg

太陽は太陽の位置で輝き、火星も水星もあるべき位置に見えてくるからです。

そこで3つの提案☆

(1)8月21日までは自分の意識は冥王星や天王星、海王星あたりの太陽からとおーーーい星の意識に置いておく。

(2)太陽系から離れ、自分が家族や血縁など感じなくていいような海外や場所へ逃避行・脱出する!

(3)自分の意識を調査して、そこで自らの惑星意識が輝くよう腹をくくる。

あとは太陽系システムの秩序に準じる事。
だってあなたも私も今世は「地球」という惑星に生まれているのですから!!


マヤ暦でみると8月21日は「夜・13」でナイトロードG9で、月は満月です。
神殿の扉は少しずつ開き始めます。

地球の意識はマヤ世界から外宇宙につながり、救済方位の東北とつながり、西の神殿からおおいなる水が流れ始めます。

お金があろうがなかろうが、家族や恋人がいなかろうが、仕事がなかろうが・・・etc
気持ちを下げたままでいるともったいない「時」が近づいていますよ〜

宇宙意識へ進化させる3つの提案☆_b0213435_12461266.jpg

今や猫でもサードアイをもつ時代です☆
宇宙意識を学び、自分の地球意識を進化させちゃいましょう♪

ブログトップ | ログイン