春分の奇跡!マヤの光ソウルパートナー

みなさん、こんにちわ☆

桜の開花とともに春がやってきましたね〜♪
不思議なことに「春」到来というだけで、人の意識は嫌な事、面倒な問題や気苦労などにベールを被せることができるみたい。とりあえず見ない事にしよう!と…(笑)
それもありかもしれませんよ(^_^)
雪解けた大地から緑色の新芽が少し見えるだけでも、人は幸せを感じられる恵みの時なのですもの★


マヤカレンダーでは19日から「ウサギ」のトレセーナになりました。
そして明日20日は春分の日♪
国立天文台の暦計算によると、2013年太陽の黄経が0度になるのは3月20日の20時2分だそうです。

b0213435_1462915.png

世界文化遺産の1つとなった今では、ククルカン神殿カスティーヨはとても有名になりました。
このピラミッドはマヤカレンダーの1年を表す「暦のピラミッド」ともいわれています。

北面にある階段の最下段にはククルカンの頭部の彫刻があります。春分と秋分の日の太陽が沈む時間になると、ピラミッドは真西から太陽に照らされます。そして階段の西側にククルカンというヘビの胴体が影となって現れることから、マヤの伝承では「ククルカンの降臨」と呼ばれています。


マヤのククルカン光のヘビが降臨する様子(YouTube動画)

マヤの遺跡エリアには毎年春分頃になると、チチェン・イッツァのククルカンピラミッドに降りてくるヘビの影姿を見ようと何千何万人もの観光客が世界中から訪れます。今年も新しい時代の恩寵にあずかるため多くの観光者が訪れるようで、ツアーもたくさんあるようです。(ノ゜0゜)★

INAH(National Institute of Anthropology and History)は、遺跡を守るためあるいは観光客の安全を守るために監視を強化しています。遺跡周辺に武器や爆弾、お酒などの持ち込みはすべて禁止です!もちろんですが・・

b0213435_1472218.png

Mexico NEWS



マヤアステカの神々もマヤ暦ピラミッドとともに時を担ぐためにやってきます。
今年の春分は天界第1の神「シウテクウトリ」が時の暦に座する日です。
そして光として降臨するククルカンと結ばれます\(^o^)/

シウテクウトリは世界の中心ワカフチャンにある偉大な父と母、創造の神、時間の神、来世の希望の光で火の神です。
ククルカンはケツァルコアトルとも呼ばれる救世主で創造神、風の神ですが、この神々は両者とも自然の神々です。

マヤのナーカル時神だけがなせる不思議な偶然が生じます♪

「シウテクウトリ」は「水」のナーカルを守護する神で、マヤ暦で20日の春分は「水・2」です。
そして「ククルカン(ケツァールコアトル)」は「風」のナーカルを守護する神なのですが、水とはソウルパートナーといわれる裏表の生命樹です(*´∀`*)・‥…━━━☆

天から降臨するククルカンはキリスト意識で、地上の時を担ぐ火の神シウテクウトリは父から生まれた精霊!
何と素晴らしい出会いでしょう!
まるで織り姫と彦星のよう。。というかそれ以上の確率!!!

新たに始まった新しい時代、ククルカンがこの世界にやってきて最初に結ばれる相手が希望の光を象徴する精霊。
そして生命樹のソウルパートナー(^_^)♪
互いが一つに結ばれる事で、私たち人類に本当の愛、次なる世界が生まれていくのです。

だから明日の春分はとーーーっても大事o(*⌒─⌒*)o

自分の精霊とソウルパートナーが出会う大切な日。
すべての光と影が一つになる日。。

b0213435_1494116.png


成就させたい恋や愛はありますか??
叶えたい夢や目標はありますか??
自分の心を整理して、実現させたいことを明確にしましょう♪

明日「ククルカンの降臨」は火の神、水のナーカルとともに夜を過ごします!
だからこそこの大切な日を待ち望むことが大切★

グランドマザーに。グランドファザーに。。そして世界をクリエイトされた大いなる創造主に感謝して。

b0213435_14132859.jpg