時間が止まるとき

ほんとうの自分に出会いたい人へ


人間には 時間が止まる ときがある


社会が動かす24時間から 離脱し
昼と夜という太陽と月の時間からも 離れ
人間という知的生命体との関わりからも 離れ
働き稼ぐことからも 学ぶことからも 離れ
生死の理念や善悪の概念からも 離れ
自分の生命維持に最低限必須なものからも 離れ


自分の時間をとめてしまう ときがある

時間が止まるとき_b0213435_0161994.jpg

picture by ai

自分で 時間を止めようとしているのか
自分の魂が 肉体的存在時間を止めようとしているのかは
そのとき
その人間には わからない

ただわかるのは 自分の時間が止まった という感覚だけ


現代人はそれを「引きこもり」と名づけたらしい


時間がとまるのには 理由がある

それは「時」「いま」「過去」「未来」「存在」「生」「死」を
確認するためだ
「世界」「自分」「宇宙」「目的」を
知るためだ


内なる声に 耳を傾ける 最高の方法だ!


でも現代人は「引きこもり」「鬱病」と名づけ
それを病気にしてしまった


精霊が宿り人間とともに暮らす世界は もう築けない
そんなオチこぼれは 現代社会には認めてもらえない

そういうのなんていうか知ってる?

精霊の宿る自然界を知らない 現代社会のブラックホールっていうんだよ

時間が止まるとき_b0213435_020356.jpg



時間がとまったままで 人生が終わることなんて 絶対にない

時間が止まるときが あるだけである


全てから離脱しているあいだに 精神は研ぎ澄まされ

本来の時間の意味を知る
天国と地獄を知る!

そして…  本当の自分に出会う


時間をとめているのは 時神の天なる秘業だ


卵が孵化して 精霊がその人の心に宿るのを 助けるために
時神は時を担いで その人の精霊のために時間をとめる

ナーカルはそうやって 人間のために 時を担いでいるのさ

時間が止まるとき_b0213435_0223053.jpg



そんな大事な精神世界の真理を知らない族(やから)が 
変な病名をつけて 薬を処方する

時間をとめたこともない ふつーの族(やから)たちが・・・
正常な精霊の働きを阻止して キチガイにしてしまう

時間がとまってる人に伝えたい


いつか時神が 時間を動かしてくれる
心配するな

ブログトップ | ログイン