錬金術師曰く「再びエデンの園へ!」

皆さん、こんにちわ☆

クリスマスまでマヤ暦ではあと「1ウィナル(20日)」となりました♪

クリスマスはキリスト教の宗教的意味合いより、今は文化的イベントとして私たちの年末行事を楽しく彩ってくれるものとなりましたね^^!
b0213435_13424575.gif


この時期になると占いのお仕事はとても忙しくなります(^_^;)

来年の年運を予測したり運勢を占ったりしますし、私の場合はマヤ暦のカレンダーを作成したり守護者ナワールたちの動きを調べたりと、猫の手も借りたいほど・・(~_~;)笑

そんなとき買い物途中の街中で、クリスマスのデコレーションを目にしたり音楽を耳にしたりすると思うことがあります。

「キリストに出会えて良かった!」
b0213435_13433386.gif

これは宗教的なことのみを意味していません。


キリストといえば「求めよ、さらば与えられん」という有名な言葉があります。
この言葉にはキリスト教には隠されているもう一つの教えがあります。

秘蔵の奥義とされる神の学問「錬金術」をご存知でしょうか。
とても深い意味のある教えです。
錬金術を学ぶ過程を通じて、卑金属(無知なる人間のメンタル体)は純金(知恵・ソフィア)に変容されていきます。
地上界の金属に喩えられる人間の意識は、卑しい動物的欲望から純粋な金色に輝く神性な意識へと変容し、啓示をうけ、救済され、そのなかに「神」を顕現し、きらめきから高貴な栄光へと輝く「存在」に変えられていくといわれます。

◆錬金術について詳しくはこちらに「錬金術~古代秘蔵の学問~」

b0213435_13485050.jpg

私が錬金術について興味をもったきっかけは、ユングの無意識の心理学について学んでいた時です。
ユングは無意識にみられる象徴的元型について述べるとき、錬金術や神話、シンボルといわれるものの中に象徴的意味を探し出し、言及していたからです。
ユングにとって変容する意識の経験は驚くべきものだったからです。

まだ錬金術についてよくわからないとき、私は次のような文章に出会いました。

「ラビたちが保持してきた太古からの伝説に従えば、エデンの園の出口で、天使はアダムにカバラと錬金術の奥義を授けました。人類がこれら神の啓示によって与えられた秘術の知恵を完全に修復すれば、禁断の木の実の呪いはとかれ、再びエデンの園に入ることができると約束しました。」

エデンの園から追放されてしまった人間が、再びエデンの園へ戻ることができる!?
何という魅惑的な言葉!
単純な私はそれはすごい!と思ってしまったわけです。

b0213435_13503079.jpg


そして錬金術に埋もれている宝物探しが始まったのです(*^^)v

「薔薇十字団からの手紙」というものがあります。
これもまた不可思議で象徴的な言い方をしていますが、錬金術の寓意図の謎を解明するために助けになるといわれているものです。
b0213435_13524252.jpg

「誰しもが当然のことながら『金』や『銀』(叡智と魂)の宝物を獲得し、世の人々に偉大と思われることを欲する。神は人類に役立つものすべてを創り給うた。人間がそれらを支配することによって、神の比類なき善と無限の力をそこに認め、神の恩恵に対して感謝し、神を崇拝し、讃えることができるようにするためである。しかしこれらの宝物を捜し求める者はひとりもいない。人生を愚かに過ごすばかりである。 探求に先立つ労苦や危険なしに、人間はその『宝』を享受しようとする。 『神』が蔵した『場所』からその宝物を見つけ出そうともしない。神もまた人間がそれらを捜し求めることを期待しているのである。捜すものは与えられるであろう。・・・この『場所』も、そこに至る『道』も長いあいだ人々に知られることなく、世界中の大部分の人々に対し『秘密』にされてきた。この道と場所を発見することは、困難であり、労苦に満ちた業である。しかしそれでもなお、その場所は探求するに値する。」


この文章を人生の心の旅路について思いを馳せながら読むと、理解しやすいかもしれません。
私は宝を探し求めながら「錬金術の寓意図占い」までつくっちゃいました~♪

b0213435_13521045.gif

クリスマスに秘められているもの・・
それは希望と救いの光、そしてサンタクロースからのプレゼントの中に隠されているなのかもしれません!