エレニン彗星とマヤ暦との関連性

気にとめてはほしいが、気にしすぎてはいけないオピニオン♪

みなさん、こんにちわ。
私にとって3・11以降一番大きく変わったこと・・それはテレビをあまり見なくなったこと。

テレビを見るなら「製作されたもの」・・ドラマや音楽、映画がいいですね。もとから「創造されたもの」と認識しているほうが見ていて気持ちが楽です。
ドキュメンタリーやニュースはどこまで本当のことを言っているかわからないから。です♪

さて今日は上に記したように、気にとめてほしいけれど、気にしすぎてはほしくないということを前提に、エレニン彗星とマヤ暦との関係について書いてみようと思います。
予言でも何でもありませんよ。
マヤ占い師の戯言とでも思って、さらりと読まれてくださいね。(でも準備しておくにこしたことはありませんが^^;)

前回にも似たようなことを書きました。

・予言少女9naniaの警告メッセージ
・時の王が君臨する新しい時代が始まる

○NASAの警告声明

これから起きる非常事態や災害にそなえて、充分な備えが必要だということを勧告し、十分な食料や、水、医薬品などの備蓄を行ってください。という内容のものです。

こちらは必要なものとして提供しているリストの一部です。
b0213435_2211028.jpg

b0213435_22112846.jpg

b0213435_22114632.jpg

(NASAの声明サイトからPDFがDLできます)
なぜこの時期に(日本にとっては国難の時だし!)、NASAがこのような声明を発表しているのか正式にはわかりません。

ただ少なくとも「何か危険」と思われる災害か天災の可能性があるため、NASAは人々に備えるようにと緊急声明を出していることは間違いなさそうです。
普通に「災害に備えましょう♪」くらいでNASAが緊急に声明を発表するとも思えないからです。

そこで考えてしまうのはやはり「C/2010 X1 (Elenin)」というエレニン彗星です。
つい先日、米国海洋大気局が太陽活動活発化にともなう太陽風発生によって、地球上に様々な気象異変や災害が発生していると警告したようです。
そのこともふまえて、エレニンの接近と巨大地震発生の因果関係は次のように推測されています。

彗星が太陽に最接近すると太陽バースト(太陽の電波が一時的に強度を増す現象)が起き、その磁気エネルギーが地球内部に取り込まれ地震を引き起こすというもの。また、太陽フレアが活発になることで、ライフラインとなる電気や電波、電話等が機能しなくなる時期が発生するかもしれないというものです。

米国の研究者たちのなかには、「エレニン」は彗星は小さな星くずの集まりのようなものではなく、太陽系全体の引力バランスに重大な影響を与える可能性のあるような質量をもつ大きな「惑星」ではないか?!と考える人たちもいるようです。

それがもし不思議な謎の第六惑星について、ミルク・ヒル・ミステリーサークルが本当は伝えたかった次なる惑星かもしれないとしたら。。。などと考えると「なぜ今?!」という気がして、やっぱり何かありそうです。

関連記事:
アセンション・デイ(1)
アセンション・デイ(2)
地球の磁場が逆転したら・・・!

★エレニン彗星の動き

エレニン彗星と地球との距離、太陽との位置関係をマヤの暦が示す「時の主」と重ね合わせてみてみました。

◆8月1日 エレニン彗星が地球の軌道上にのります。
「2011年8月1日までに、何が来るか皆が知るでしょう。」とNASAは意味深なことをいっています。その時では遅くないのか?!みたいなww
マヤ暦 道(エブ)・3の日(イヌのトレセーナ)
b0213435_22185315.jpg


◆8月15日 金星が外合。惑星直列 金星-太陽-水星-地球
マヤ暦 死(キミ)・4の日(夜のトレセーナ)
b0213435_2220780.jpg

◆9月11日 この日、エレニン彗星は太陽に最も接近します。危険!その距離は0.482AUです(AUとは、太陽と地球の平均距離を1とした天文学の距離の単位で約1億4959万7870キロ)。
同時にエレニンは水星の軌道上にのることになりますので、太陽との距離が水星とほぼ同じとなります。
マヤ暦 コーン(ベン)・5の日(水のトレセーナ)
b0213435_22212210.jpg


◆9月21~22日 直列が起こります 金星-エレニン-地球
マヤ暦 夜(アクバル)・2の日(風のトレセーナ)
b0213435_22222484.jpg


◆9月26日 直列 水星-太陽-エレニン-地球
マヤ暦 ウサギ(ラマト)・7の日(風のトレセーナ)
b0213435_2223341.jpg


◆10月2~3日 金星の軌道上にエレニンが位置します。
マヤ暦 ジャガー(イシュ)・13の日(風のトレセーナ)

◆10月16~19日 17日にエレニン彗星が地球に最も接近します。その距離は0.232AUです。どう考えても近すぎです! そして地球とエレニンが大接近しているこのとき、太陽の向こう側では惑星が直列 太陽-水星-金星
マヤ暦 水(ムルク)・2の日(17日)(ウサギのトレセーナ)
b0213435_2226365.jpg


◆10月28日
マヤ暦 祖先(アハウ)・13 マヤツォルキン暦で260日サイクルの最後の日です。次の29日「ワニ・1」から新しい260日が始まりますが、2012年12月21日「祖先・4」の日にはマヤ長期暦5125年が終わります。

今後の気になる動きとマヤとの関係については、全部は書ききれなかったので次回につづく。です。
ふぅ~~(・_・;)