戦争をおこすF神の目覚め

みなさん、こんにちわ。

「アセンション・デイ」の続きは次回にまわすことにして、今日は以前からお知らせする予定だった「古代マヤ文明と核戦争」について、UPしたいと思います。

東日本は巨大地震のあと多数の余震で揺れてましたが、今は原発の真実が報道されないまま、国民の心は不安に揺れ続けていますねー(-_-メ)

人間の「生」を重んじる常識から考えれば、地震があって2ヶ月(マヤ暦では20のデイサインが「3サイクル」)という時を廻ったのに、いまだ「生」が守られるという安堵感がないことは、異常にしか思えません。

5月15日、マヤ暦では「ジャガー・3」です。
マヤオラクルをみると「発心」が大事!と告げています。

 ★

マヤには「ブルク・チャブタン(Buluc Chabtan [god F])」という戦争の神がいます。
目の周りと頬にかけて引かれた黒い線でこの神だと分かります。
黒は死や凶運、災難や生贄を表わす色で、「死」の神(Yum Cimil)とも縁が深く、片手で家々に火を放ち、もう一方の手で人々を槍で突き刺す戦いの神として描かれます。

東関東大震災のあの日、マヤの神話は恐ろしいことを告げていました。
このF神の頭の上には「11」を表すグリフ文字が描かれ、マヤの20あるサインの7日目「マニク(=手)」を強く握り締めています。
b0213435_1849288.jpg


2011年3月11日 マヤ暦では「マニクの周期」でした。
「11」という数には、マヤの神々の恐ろしい神話と数秘の理が隠されています。
シカ(マニク)の周期に、地震、津波の災害と、核という黒い闇の兵器を操る「11」を表す文字と重なってしまい、「F神」なるものを呼び出してしまいました。

いま、世界中であらゆる情報を共有することのできる「知的生命体」の意識は、この2ヶ月で二極化しつつあります。
原子力や核保有の賛成派と反対派をはじめ、反政府・内閣、情報の二極化、隠蔽や隠密の暴露、闇の力推進派や楽観主義派・・・
数えればきりがありません。

日本だけの問題ではありませんよ!みなさん。

近い将来、世界に「核戦争」が起こります。
「核戦争」といっても、核を使って国家間が戦うのではありません。「核」と世界が地球の存続をかけて戦う戦争です。人類はブルク・チャブタンを目覚めさせてしまったからです。
ブルクチャブタンはその闇の存在を戦いによって、あるいは核によって、人類破滅、地球破壊の意識を世界につなげていってしまいます。
超次元レベルによる攻撃によって、核はもはや人間次元ではコントロールできない状態になりつつあります。福島もそのようになりつつあるかもしれません。

注意深く情報を分析されている方なら、ある程度は感づいているのではないかしら?

古代文明には様々な伝説があります。
エジプトのピラミッドやカッパドキアの地下遺跡、モヘンジョ・ダロ遺跡をはじめ、数多くの古代文明には、核戦争とのかかわりについて示唆するものがたくさんあります。

マヤ文明にもノアの箱舟現象に似たような洪水伝説があります。
核戦争によって引き起こされたかもしれない「大洪水」についてです。

「天が地に接近し、一日のうちにすべてのものが滅び去った。山もまた水の中に隠れた。・・・岩が地面のすべてを覆い、テトゾントリ(多孔性の溶岩)がものすごい音をたてて沸騰し、赤い色の山が舞い上がった・・・。」
(チマルポポーカ絵文書)

「大洪水が起こった。あたり一面が暗くなり、黒い色の雨が降り始めた。雨は昼も夜もどしゃぶりに降った・・・。」
(キチェ族の古文書『ポポル・ヴフ』)

黒い雨を降らせるこれら大洪水は、核爆発の影響で、地球は大洪水に襲われたか、あるいは核戦争の結果もたらされたものかもしれないのです。

古代、人類がブルクチャブタンと戦い、核のエネルギーを封じ込めるには、地球の「大地」かまたは「海」のふところに頼るしかありませんでした。
封印しておかねばならない「邪悪な黒い顔を持つ戦争の神」からその危険なエネルギーを奪い、パンドラの箱を授けられたときから、いつかそのエネルギーを封印するためには「清い大地の神、人類を救済する女神たち」を犠牲にするしかないことを、黒い邪悪な神々は知っており、そのことを企んでさえいたのです。

ソドムとゴモラの話や、古代バビロンの遺跡に描かれていた岩絵、インドの文献「マハーバーラタ」の叙事詩などのように、その証となるお話が多くの神話の中に残されています。

アトランティスもその犠牲になった島なのです。

核戦争が始まってしまうと、世界は地球のどこかに封印する場所を探さなければなりません。
もしも福島の第一原発が次なる爆発を起こし、日本中にあるいは近隣アジア諸国にも悪影響を与えることになってしまったら、日本を封印するしか方法はないのでしょうからね。
b0213435_1962446.jpg

そのとき、地球の海はあふれ、天地異変がおこり、地軸は変化し、大地は海底へと身を潜めてしまうことになってしまうのかもしれません。

Pray for Kinich Ahau(太陽神、唯一神)!