2014年 10月 07日 ( 1 )

富士山

富士山_a0258233_09166.jpg


富士山

久しぶりに、富士山を見ました。

電車の中からですが。

晴れていても、山々が見えるように澄んでいる空はなかなかない。

なかなかない中のその時が、今日でした。

遠くの山々のその後ろに・・・・・大きく現れる富士山。

そのお姿を拝すると、ホッとします。

富士山って~すごいな~(^-^)


これほどの癒し効果はそうはないでしょう~(*^_^*)

崇高であり、美しい。

力強く、優しく。

日本の象徴~不二。

神様が宿る、聖なるお山。


今・・・・・人々は、山という山へ入る。

昔々・・・・・山は神様が坐すところ。

滅多に入るべからず、と言い伝えられ入ることができる人は数少なかった。

村々では、その神様にお会いすることがかなわないので、
お山から「神様」をお迎えするための小さな「お社」が造られ、
春の苗の育成を願い、秋にはその収穫を感謝したという。

春に山から神様をお迎えし、秋に神様に感謝しお送りするという。
それが、稲荷の始まりと聞いたことがある。

稲荷・・・・稲の豊作を願うことから、稲となった。

だから、本当は「お狐さん」とは関係なかったのだ。

ではなぜ、お稲荷さんがお狐さんになったのか?

インドの神々様がやってきて、「ダキニ天様」がそこに据えられたらしい。

ダキニ天様の眷属が、狐さん。

そこからお稲荷さんに、狐さんがいることになったよう。


稲の育成と豊作を願ったのが、いつしか商売繁盛になっていき、
金、金、金・・・・もっと、もっと、もっと。

人間の「欲」が生み出した、その使いは今、さまよう。

その力は・・・・・恐ろしく、強い。

が・・・・・それは、止まることのない人間の「欲」の姿。

代が何代も変わるうち、忘れられたその信仰は、はぐれキツネを作ってしまった。

行き場のないキツネさんたち、彷徨い「餌」を探す。


どこぞに「欲張りもんはいないか~」と。

それは、お金だけのことではない。

スピリティアルも霊的なことも求めすぎれば、その餌食になる・・・・・・


キツネさんは、私たちの姿を映す「鏡」かもしれない。

心しよう、と、心底思う。

by mamashiningmoon | 2014-10-07 00:10 | Comments(0)