2013年 10月 24日 ( 1 )

乙事諏訪神社~前宮

乙事諏訪神社~前宮


乙事諏訪神社~前宮_a0258233_10503813.jpg



おっこと諏訪神社、って・・・・・もののけ姫の乙事主?みたい。
長野にはデイタラボッチもあるし、烏帽子もあるし、きになりますね~。

乙事諏訪神社~前宮_a0258233_10505553.jpg



念願叶って~伺えました。
乙事諏訪神社。
しかし、聞いてはいましたが・・・・・本殿がないのです。

桃山建築の素晴らしい「門」があるだけ。
でも、調べてみると、そうではなく、本殿はあるらしいのです。
私にとっては、それは大したことではなく、
建物よりもこの地を守り続ける「この地の神」が重要ですから。

乙事諏訪神社~前宮_a0258233_10514937.jpg



とはいうものの・・・・・入る前からなんとも荘厳な気が漂う。
戸隠神社がよぎります。
巨木がスックと高く高く、立つその姿。

そして石灯篭の存在感のあること!
岩を積み重ねたような、そのままの形を積み上げたような。

摂社?の石造りにも存在感が。

乙事諏訪神社~前宮_a0258233_10521777.jpg



本殿がある、ないにかかわらず・・・・・
いらっしゃいます。
凄い気を感じます、私のような鈍でも・・・・・・

好きですね~この空気、今まで感じたことがない空気かも、ですね。
凛としていて、品格が高く威厳を感じます。
この地の神ですね・・・・・力を誇示するではなく、ただ・・・・・・静かに、坐す。

はじめて男神を感じました。
猛々しくはなく、すべてを超えた威厳と品格・・・・・・見守るような優しさ。

考えてみれば、今までこれ程、男神を感じたことはなかった。
諏訪大社でも、私は女神の女性性を強く感じています。
タケミナカタ神はいづこ?と。

その、いづこ?が、わかってきたようにおもうこの頃ですが。
妃神の八坂刀売神についても、今ひとつピンとこない・・・・
何でしょう。
八坂といえば、スサノオ命。
その辺も気になりますが、名を隠されたある女神を感じます。

何といっても、諏訪湖から天竜川が流れるのですから。
天竜ですよ。
水、ですよ。
そして、ふわっと風に運ばれるあの、甘い香り。
言わずと知れた・・・・・でしょ。

そこに気付いた時は、まだよくわからなくて、結びつかない、と思ったのですが、
今は確信できますね。

タケミナカタ神が入る、ず~と前の神でしょうね。
あるいは、先の宮の先住の女神こそ、その女神なのかもしれない。

以前伺った松原湖も、素晴らしい地だった。
タケミナカタ神がお気に召したのが、理解できる。
静けさと落ち着き、そして何か不思議な空気がある。
でも、乙事諏訪神社の空気とはまた、ちがう。
が、似た空気感があるような。

タケミナカタ神には、青年のような若さを感じます。
乙事諏訪神社の神は、もっと年輪を感じます。
長老のような・・・・・・

あ~こんなふうに感じるのは、久しぶりですね。
あの不思議感・・・・・久々、嬉しくなります。

この雨もきっと、必要があって降り続けているような。
雨が見せてくれている、そんな気がします。
晴れていたら、この素晴らしさに気づけなかったかもしれません。

面白いですね~その地のその時のその存在で、シチュレーションが違うのですね。
色々なご挨拶の場をいただくことに、改めて感謝のおもいです。

後でわかったのですが、宮崎駿氏の別荘がこの近くにあるそうな?
やっぱり、もののけ姫だ~。

って、それはず~と以前に感じていたことですがね~笑。

離れがたい思いを後に、諏訪大社本宮から神長館、そして前宮へ。
いやいや、本降りですわ~(;_;)
上着が雨を吸いこみ溜まっています~絞れます~(>_<)

本宮では「本日から発売です」に釣られて買ってしまいましたよ。
でもこれはよく作ったな!と言えるものでしたのでね、スルーできなかった。
「薙勾玉」のお守りで、父神様と母神様も入っています。
「薙」は諏訪神様の象徴でもありますしね。

乙事諏訪神社~前宮_a0258233_10534733.jpg


神長館は「ミシャグチ様」が祀られています。
私にとって、諏訪神様と同じくらい大切な、そしてご縁の深い神様です。
大きなカヤの木が後ろにあり、カヤの実がたくさん落ちていました。

さて、大好きな「前宮」へ~
初めて前宮の前まで車で行きました。
本来なら、歩いて伺いたいところですがね、雨には負けましたね。

水眼の水は山土を含んで濁流と化していて、いつもの澄んだ水ではなかったのですが、
少しだけ、頂いたお守りを水に当て清めました。
水眼はまさに「龍」、そのもの。
凄い勢いで、くねるその流れ・・・・・荒れ狂う姿。

それを見せたかったのか?!

まだまだ・・・・・続くのでしょうね。
一時も早く、収まるよう願わずにはいられませんね。

ご縁のお蔭様で~こうして伺えました、感謝です。

ありがとうございました。

by mamashiningmoon | 2013-10-24 11:04 | Comments(0)