ホーリーマンダラ

ホーリーマンダラ(聖なる曼陀羅)

4本の枝が重なり、それがまた二重に重なると8本となり、
その中心は陰陽が交わり「中性」となる。

その中心からは、高いエネルギーが発生します。

それは、五芒星と六芒星の「統合」でもあり、
「鶴と亀がすべった(統べる)」、
という次のステップとなるのが「八芒星」という。

「八」という無限や宇宙に繋がる数は、八百万の神々でもいわれます。
八百万の神々は、日本にしか存在しない神々。
自然界の全ての存在に「神が宿る」と敬っていた古代日本だからこそ、
数えきれないほどの神々がいた。


その中心から八方向へ伸びるエネルギー
それぞれの方角とその意味。
そこに意識して、「糸」をかけていく。

ヒマラヤマンダラがあったからこその、意味深いマンダラになりました。

八方向の「それぞれの意味」をお伝えしながら、思いを込めて、
一方向づつ、丁寧に糸をかけていきます。

特に気になる意味を持つ方角には、ある「印」をつけましょう。

枝は、自然界に落ちた枝を拾い集めたものを使います。
糸は、ご自分が特に使いたい!と思う糸があれば、お持ちください。
こちらでも用意しています。

中心には「在るもの」を使い、高いエネルギーの発生を促すようにします。

暫くヒマラヤマンダラワークを控えていましたが、
作りたいというお声を頂き、そろそろワークをしようと考えていたとき、
今回の素晴らしい「情報」が降りてきました。

今、「八」から「九」へ向かおうとする準備期間だと思います。
「九」の段階へ向かう前に、「八」としっかり繋がることが必要かと思います。

私は、二ヶ月ほど前でしたか、八を統べり九に着地したところです、笑。
それもあって、このように作ることになったのかも知れません。

今月中にワークを予定していますが、場所と日にちはまだ未定です。

今月から来月を予定していますので、
5人ほどお集まり頂けるところには伺うことも可能です。

現在、パソコンの調子がよくありませんので、
Facebookの方でメッセージを頂けると嬉しいです❤

Facebookも、ママシャイニングムーンで見つかります。

by mamashiningmoon | 2015-11-05 12:34 | Comments(0)