メイド・イン・カッシーナ展 公式ブログ
blog.excite.co.jp/madeincassina
ブログトップ | ログイン
about blog
カッシーナ社の家具100点を、1000㎡もの会場に一堂にそろえ、技術とデザインが融合した歴史的な名作を、一気に鑑賞できるのがこの
Concierge
本間美紀
デザインジャーナリスト
インテリア、デザイン、キッチン、暮らし関係のフリーエディター&ライターとして活動。
松浦明
ライフスタイルジャーナリスト/
エディター
デザイン、建築、旅、食などをテーマに、ライフスタイルを幅広くカバー。雑誌・ウェブなどを中心に執筆活動中。
長山智美
インテリアスタイリスト
「Casa BRUTUS」「Pen」などのインテリアやプロダクトページのスタイリングなど。
宮沢洋
「日経アーキテクチュア」副編集長
日経アーキテクチュアにて「建築巡礼/ポストモダン編」を連載中。建築一筋。
下野康史
自動車ジャーナリスト
自動車評論を中心に幅広く活躍中。親しみやすくわかりやすい文章が支持を集めている。自転車好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
へーリットT.リートフェ..
from 50歳からの楽しみ
ウィンク・チェアーのデザ..
from 50歳からの楽しみ
ウィンク・チェアーのデザ..
from 50歳からの楽しみ
MiChiとスキマとカッ..
from 時計仕掛けの眠る犬
帝国ホテル「ライト館」(..
from フォトブログwdbear
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いわば「家具のフェラーリ」である
 東京ほどフェラーリをよく見かける街はない。ミラノだってパリだってロンドンだってフランクフルトだって、こんなに頻繁には遭遇しないものである。つまり、東京は世界でも最もフェラーリ密度の高い街なのだが、それでもフェラーリって、走っていれば絶対見てしまう。理屈でもなんでもなく、思わず目を奪われる。それが“跳ね馬”のオーラというものなのだろう。

 新型のフェラーリをデザインしてくれというオファーが来て、喜ばないカーデザイナーはいないはずである。年間400万台以上の生産規模を持たないと自動車メーカーは生き残れない、なんていうアナリストもいる時代に、フェラーリは1年かけて4000台しかつくらない。逆に言うと、それだけ1台1台に時間と手間をかける。だからこそフェラーリでいつづけられる。そんなクルマをデザインできるとしたら、それこそデザイナー冥利に尽きるというものだろう。

 カッシーナも、デザイナーとの関係において、おそらくそうしたブランドなのだと思う。カッシーナに憧れるデザイナーがいると思えば、カッシーナがみそめたデザイナーもいる。その中核にあるのは、カッシーナという家具メーカーの妥協を許さないモノづくりだ。いわば「家具のフェラーリ」である。

 カッシーナ展を見ていて、個人的に思わず目を奪われた作品ナンバーワンは、アンドレア・ブランジの椅子である。
いわば「家具のフェラーリ」である_b0166527_2342866.jpg
 円形座面のシンプルなスツールに、木製のこれまたシンプルな背もたれを取り付けた美しいチェアだ。しつこいようだが、本当にシンプルに見える。だがそれは、弦楽器の名演奏家が、あまりにも効率的な運指や無駄のないボウイングをするあまり、演奏があたかもカンタンであるかのように見せてしまうような、そういうシンプルさなのだと思う。生半可な素人に、やれったってできっこない境地である。

 シンプルに見えた背もたれを、よくよく観察して驚いた。幅5〜6cmほどの長い板を見事に曲げて、上体を支える輪のカタチにしている。三次元カーブを描くその曲がり方は、あたかもメビウスの輪を彷彿させる。いったいどうやってつくったのだろうか。座ったときの背中の感触はどんなだろうか。大いに想像力をかきたてられるシンプルで小さな椅子である。フェラーリでいえば、さながらエンツォ・フェラーリが夭折した息子のためにつくったリトル・フェラーリ“ディーノ”だろうか。

文/下野康史
# by madeincassina | 2009-06-05 20:00 | 下野康史