メイド・イン・カッシーナ展 公式ブログ
blog.excite.co.jp/madeincassina
ブログトップ | ログイン
about blog
カッシーナ社の家具100点を、1000㎡もの会場に一堂にそろえ、技術とデザインが融合した歴史的な名作を、一気に鑑賞できるのがこの
Concierge
本間美紀
デザインジャーナリスト
インテリア、デザイン、キッチン、暮らし関係のフリーエディター&ライターとして活動。
松浦明
ライフスタイルジャーナリスト/
エディター
デザイン、建築、旅、食などをテーマに、ライフスタイルを幅広くカバー。雑誌・ウェブなどを中心に執筆活動中。
長山智美
インテリアスタイリスト
「Casa BRUTUS」「Pen」などのインテリアやプロダクトページのスタイリングなど。
宮沢洋
「日経アーキテクチュア」副編集長
日経アーキテクチュアにて「建築巡礼/ポストモダン編」を連載中。建築一筋。
下野康史
自動車ジャーナリスト
自動車評論を中心に幅広く活躍中。親しみやすくわかりやすい文章が支持を集めている。自転車好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ケーキまでメイド・イン・カッシーナ?
 第2弾は、「メイド・イン・カッシーナ」展オリジナルケーキのお話。そうなんです。ケーキまでカッシーナ製。でも家具職人さんではなく、ちゃんとパティシエさんがつくっていますのでご安心を。

 食せる場所は展覧会場がある森タワー52Fの同じフロア内にあるミュージアムカフェ「MADO LOUNGE(マドラウンジ)」。お天気の良い昼間には東京の街がぐぐっと一望できるし、夜はすばらしくロマンティックな夜景がたのしめる、あそこです。

 こちらが注目の一品。
ケーキまでメイド・イン・カッシーナ?_b0166527_1820369.jpg
 カッシーナ・イクスシーと「マドラウンジ」パティシエのコラボで実現したこちらのケーキ。完成に至るまで何度も試作を重ねてようやくこの形、色、風味にたどりついたのだとか。

 特に大変だったのが、カッシーナの赤をイメージしたこのチョコレートスプレー。パントンカラーの色チップをもとに、この色に行き着くまで想像以上の試行錯誤が重ねられたそうです。赤色を再現するって、結構大変なんですね!

 中身(フィリング)はこんな感じ。
ケーキまでメイド・イン・カッシーナ?_b0166527_1821738.jpg
 イタリアの国旗をイメージした緑、赤、白で構成されています。一番下の緑色部分はグラッパを染み込ませたピスタチオ風味のアーモンドビスキュイ(グラッパは香る程度なのでお酒が苦手でもだいじょうぶ)。

 真ん中の赤い部分はフレッシュストロベリーのペースト(ぷちぷち、新鮮な歯ごたえがよい感じです)。まわりの白い部分はマスカルポーネのムース(ふわっとした口溶け感。でもマスカルポーネなのでほどよくまったりしています)。

 外側は前述のとおり、カッシーナをイメージした赤いチョコレートスプレーのデコレーション。「カッシーナの高級感をベルベット状の質感で表現したい」というリクエストに応えて仕上げられたのだそうです。サイズは普通のケーキよりやや小ぶりですが、目で舌で楽しみながらいただくと結構食べ応えありですよ。

 このケーキ、実は「メイド・イン・カッシーナ」展の開催期間中のみ、マドラウンジのカフェドリンク類とセットで「ジャスト1000円」でいただけちゃうのです。(数量限定)ドリンクもホット、アイス合わせて10種類ほどの選択肢からセレクトできてかなりお得。
ケーキまでメイド・イン・カッシーナ?_b0166527_18214649.jpg
ケーキセット(ドリンク付き) ¥1,000 (数量限定)

 このロケーションで、メイド・イン・カッシーナのケーキを食べながら展覧会の余韻に浸れるのって、今のところ世界で唯一ここでしかできない体験! ちなみに、このケーキセットは入館券の提示無しでも普通に注文できるので、既に観終えちゃったという人もぜひ食べに行ってみてください。

お問い合わせ:ミュージアムカフェ マドラウンジ Tel. 03-3470-0052
 Open. 日~木11:00~17:00、18:00~25:00 (日・祝 24:00まで)、金・土11:00~17:00 (ディナーはイベントの為休業)

取材/松浦明

その他のイベント&キャンペーンはこちら
by madeincassina | 2009-05-13 18:23 | 松浦明
<< 当日入館券提示で「カフェ・コレ... 当日入館券を見せると、なんと1... >>