メイド・イン・カッシーナ展 公式ブログ
blog.excite.co.jp/madeincassina
ブログトップ | ログイン
about blog
カッシーナ社の家具100点を、1000㎡もの会場に一堂にそろえ、技術とデザインが融合した歴史的な名作を、一気に鑑賞できるのがこの
Concierge
本間美紀
デザインジャーナリスト
インテリア、デザイン、キッチン、暮らし関係のフリーエディター&ライターとして活動。
松浦明
ライフスタイルジャーナリスト/
エディター
デザイン、建築、旅、食などをテーマに、ライフスタイルを幅広くカバー。雑誌・ウェブなどを中心に執筆活動中。
長山智美
インテリアスタイリスト
「Casa BRUTUS」「Pen」などのインテリアやプロダクトページのスタイリングなど。
宮沢洋
「日経アーキテクチュア」副編集長
日経アーキテクチュアにて「建築巡礼/ポストモダン編」を連載中。建築一筋。
下野康史
自動車ジャーナリスト
自動車評論を中心に幅広く活躍中。親しみやすくわかりやすい文章が支持を集めている。自転車好き。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
へーリットT.リートフェ..
from 50歳からの楽しみ
ウィンク・チェアーのデザ..
from 50歳からの楽しみ
ウィンク・チェアーのデザ..
from 50歳からの楽しみ
MiChiとスキマとカッ..
from 時計仕掛けの眠る犬
帝国ホテル「ライト館」(..
from フォトブログwdbear
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
当日入館券を見せると、なんと1800円オフ??
 「メイド・イン・カッシーナ」展に行こう! と企画中の方にちょっと朗報。本展では、事前に知っておくとかなりおトクなオリジナルコラボ企画が、あちらこちらに用意されているのです。開催エリアは六本木ヒルズ界隈を中心に、青山246通りに至るまで。既に行ってしまったという方もこれからという方もまずはご一読を。

 今回ご紹介するのは、グランド ハイアット 東京 ロビーフロアのイタリアンカフェ「フィオレンティーナ」。こちらで約1年前くらいから定番メニューとして人気の「ピアチェーレ」のおトクな情報です。
当日入館券を見せると、なんと1800円オフ??_b0166527_1334979.jpg
ピアチェーレ ¥2,300(サービス料別) ※コーヒー 紅茶、またはハーブティ付き


 「ピアチェーレ」は、シェフが提案するオリジナルのアフタヌーンティーセット。大きめのワンプレートに、2種の日替りアンティパスト、フィンガーサンドイッチ、ピッコロフィオレンティーナバーガーなどの小腹を満たしてくれるフード類と、季節のフルーツ、スコーン2個(クロテットクリームとフレッシュフルーツジャムが添えられる)、同ホテルペストリーシェフによるオリジナルドルチェ3種が盛り込まれるという、かなりゴージャス盛りな一品。

 同店アシスタントマネージャー中原さんのお話では、「お昼を14時半まで我慢して、わざわざこれを食べにこられる方もいらっしゃいます」という、同店の人気メニューのひとつなのです。

 何がおトクかというと、コレです!
当日入館券を見せると、なんと1800円オフ??_b0166527_13345349.jpg
 実はこのメニューを注文する際に「メイド・イン・カッシーナ」の当日入館券を提示すると、同店厳選のスプマンテが、なんと1杯「無料」でいただけるのです。

 イタリア、コンタディ・カスタルディ社のフランチャコルタ「STILE(スティーレ)」。通常グランドメニューではグラス1800円の高品質スプマンテがフリー。「て本当?」と聞き返したくなるお話ですよね? 先ほどの中原さんにお聞きしたところ、このスプマンテは「最近リリースされたばかりで、シャンパーニュ顔負けの厳しい認定をクリアしたクオリティ。お客様にも大変好評な一品です」とのこと。

 いただいてみたのですが、たしかに「美味!」。泡がとても繊細で口当たりがやわらか。料理の味を邪魔しないミディアムドライで、程よい華やかさを持ちながらきちんと芯のあるお味。午後のピアチェーレがさらに優雅なものになることうけあい。

 さて、そのピアチェーレはというと? どこから手をつけるか、プレート目前にかなり迷いますが、まずは塩気のあるものから。手前にあるフィンガーサンドイッチはスモークサーモン&キューカンバー。おとなりは本日のアンティパスト、手打ちパスタのラザーニアとバジル風味リゾットのミニクロケット。いずれも間違いなく美味。こまったことに、これが泡とよく合うのです(笑)
当日入館券を見せると、なんと1800円オフ??_b0166527_13354877.jpg
 塩系で特におすすめが下の写真手前左の「ピッコロフィオレンティーナバーガー」。グランドメニューで提供されているバーガーのピッコロサイズなのですが、隣りで一緒に食していたKさんも思わず「うっ、旨い。でかいサイズでも食いて~」と悶絶の様子。
当日入館券を見せると、なんと1800円オフ??_b0166527_1336362.jpg
 シェフ自らがこねているという厳選牛肉100%パテは焼き具合も抜群で、見た目によらず食べ応えもしっかりあります。既に大満足気味なのですが、つづけてスコーン2個、オリジナルドルチェ3種、季節のフルーツ、と別腹で見事完食。ワンプレートなれど、侮ることなかれのボリュームに大満足です。

 「ピアチェーレ」は平日14:30~17:00まで、土日祝15:00~17:00まで注文可能。ちなみに、このおトク関係は逆コースもありで、「ピアチェーレ」を食した後、そのレシートを「メイド・イン・カッシーナ」展のチケットカウンターで提示すると、入館料が300円オフになるそうです(でも間違いなく「観賞後コース」の方がおトクですよね?)。

 おすすめなのは、比較的空いている午前中からエキシビションをゆっくり楽しんで、午後は「フィオレンティーナ」でゆるりと泡付きの優雅なブランチ。「当日入館券フル活用でおトク」な情報はまだまだつづきます!

お問い合わせ:グランド ハイアット 東京 03-4333-8780

取材/松浦明

その他のイベント&キャンペーンはこちら
by madeincassina | 2009-05-12 13:34 | 松浦明
<< ケーキまでメイド・イン・カッシーナ? エスクァイア編集部によるレポート >>