メイド・イン・カッシーナ展 公式ブログ
blog.excite.co.jp/madeincassina
ブログトップ | ログイン
about blog
カッシーナ社の家具100点を、1000㎡もの会場に一堂にそろえ、技術とデザインが融合した歴史的な名作を、一気に鑑賞できるのがこの
Concierge
本間美紀
デザインジャーナリスト
インテリア、デザイン、キッチン、暮らし関係のフリーエディター&ライターとして活動。
松浦明
ライフスタイルジャーナリスト/
エディター
デザイン、建築、旅、食などをテーマに、ライフスタイルを幅広くカバー。雑誌・ウェブなどを中心に執筆活動中。
長山智美
インテリアスタイリスト
「Casa BRUTUS」「Pen」などのインテリアやプロダクトページのスタイリングなど。
宮沢洋
「日経アーキテクチュア」副編集長
日経アーキテクチュアにて「建築巡礼/ポストモダン編」を連載中。建築一筋。
下野康史
自動車ジャーナリスト
自動車評論を中心に幅広く活躍中。親しみやすくわかりやすい文章が支持を集めている。自転車好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
へーリットT.リートフェ..
from 50歳からの楽しみ
ウィンク・チェアーのデザ..
from 50歳からの楽しみ
ウィンク・チェアーのデザ..
from 50歳からの楽しみ
MiChiとスキマとカッ..
from 時計仕掛けの眠る犬
帝国ホテル「ライト館」(..
from フォトブログwdbear
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
建築好きのための展覧会ガイド(3)ポンティ、ペッシェ、ベリーニ
 第3回となる今回は、カッシーナの本拠地であるイタリア生まれの巨匠3人を紹介する。

 ジオ・ポンティは、今日のカッシーナの発展を築いた立役者とも言える重要人物だ。1891年、ミラノ生まれ。食器から家具、インテリア、建築まで、暮らしにかかわるありとあらゆるものをデザインしてしまう万能型デザイナーだった。現在まで続くイタリアのデザイン雑誌「ドムス」も、1928年にジオ・ポンティが創刊した。

 普通、こういう何にでも手を出す人は「器用貧乏」と言われ、そこそこの評価で終わってしまうものだが、ジオ・ポンティの業績はどれをとっても一流。そしてどれをとっても“オシャレ感”に満ちている。
建築好きのための展覧会ガイド(3)ポンティ、ペッシェ、ベリーニ_b0166527_20203566.jpg
 ジオ・ポンティとカッシーナのコラボレーションで特に有名なのは「スーパーレジェーラ」だ。日本語に訳せば「超軽量」。今展の入り口に飾られている白い椅子がそれだ。
建築好きのための展覧会ガイド(3)ポンティ、ペッシェ、ベリーニ_b0166527_20225020.jpg
 会場内に並ぶ超個性的な椅子たちに比べると地味な印象を抱くかもしれないが、じっくり見れば実にオシャレ。背もたれや足の微妙な折れ曲がり具合が、ジオ・ポンティの“やりすぎない”バランス感覚を象徴している。

 1957年に発売されたこの椅子は、軽くてオシャレで飽きのこない椅子として大ヒットした。(スーパーレジェーラについてもっと詳しく知りたい方は本間美紀さんのエントリーを参照)

 建築家としてのジオ・ポンティの代表作は、ミラノ駅前に立つ超高層ビル「ピレリ・ビル」(1956年)だ。筆者は実際にこの建物を見たことがあるが、このビルもなんとも言えずオシャレ。超高層特有の威圧感を感じさせず、空に描いた絵のようなのである。おそらくその理由は、ダイヤを押しつぶしたような形の平面形状にある(イラスト参照)。それぞれの壁の微妙な角度を見ると、スーパーレジェーラの背もたれや足を連想してしまうのは筆者だけだろうか。

 ガエターノ・ペッシェは1939年、イタリア・スペツィア生まれ。前述のジオ・ポンティが万人に愛されるオシャレなデザインを究めた巨匠だとしたら、ペッシェはその対極に位置する前衛の巨匠だ。
建築好きのための展覧会ガイド(3)ポンティ、ペッシェ、ベリーニ_b0166527_20233042.jpg
 ガエターノ・ペッシェが基本設計を担当した大阪のオフィスビル、「オーガニックビルディング」(1993年)を初めて見たときにはあ然とした。オレンジ色の外壁から100以上のオレンジの鉢が突き出し、そこに植物が植えられている。例えは悪いかもしれないが、「突然変異で巨大化したニンジン」を想像した。しかし、悪趣味というわけではない。イタリアのデザイナーらしく、細部は妥協のないすっきりとしたディテールでまとめられている。誰もが最初はあ然とするが、見続けていると、その類まれなセンスに引き込まれてしまう。

 ガエターノ・ペッシェがデザインした家具にも同じ反応を示す人が多いだろう。熱で溶けたような「ダリラ」チェアしかり、摩天楼に沈む夕日風の「トラモント・ア・ニューヨーク」しかり。「何これ?」「でも気になる…」。好き嫌いは分かれるだろうが、一度気になったら虜になってしまう麻薬的なデザインだ。

 マリオ・ベリーニは1935年、ミラノ生まれ。現代イタリア建築界を代表する一人で、日本でも「横浜ビジネスパーク」(1991年)、「東京デザインセンター」(1992年)などの設計にかかわっている。ジオ・ポンティと同様、家具からオーディオまで何でもデザインしてしまう万能タイプだ。ちなみにベリーニは、ポンティが創刊した「ドムス」の編集長を1986年から1991年まで務めた。
建築好きのための展覧会ガイド(3)ポンティ、ペッシェ、ベリーニ_b0166527_2023595.jpg
 マリオ・ベリーニの椅子で特に有名なのは「キャブ」だ。普通、革張りの椅子というと、もっこり・ふっくらしたものを思い浮かべるが、キャブは革張りなのに薄い。金属のフレームに革をかぶせただけの、贅肉のないつくりだ。四隅を引っ張られた革の表面は、あたかも生きているかのような光沢を放つ。(キャブについても、詳しく知りたい方は本間美紀さんのエントリーを参照)

 ベリーニの椅子を見て「建築家らしい」と感じるのは、いずれも仕上げ面の独特の質感が、表面の操作ではなく「骨格」を見直すことから生まれていることだ。キャブの金属フレームもそうだし、モールドポリウレタン製の巨大ソフトクリームを思わせるアームチェア「テネリーデ」や、シーソーのような構造の寝椅子「ブルッコ」も、骨格自体が革新的だ。

 ポンティ、ペッシェ、ベリーニ──。イタリアの3人の巨匠は、デザインの方向性は三者三様だ。だが、彼らがデザインしたどの家具を見ても、他国のデザイナーとは違う“イタリアらしさ”を感じてしまうのはなぜなのか。もちろん、単に「赤やオレンジが多い」という理由だけではないだろう。あなたも会場に足を運んで、その理由を考えてみてほしい。

取材/宮沢洋=日経アーキテクチュア副編集長
by madeincassina | 2009-05-02 20:24 | 宮沢洋
<< 美しさを深化させることこそ、高... ワタクシ的マストにまず、まっしぐら >>