Exciteホーム | エキサイト恋愛結婚トップ | Exciteサイトマップ
婚活お悩み相談ブログ
人にはなかなか相談できない婚活の悩みを解消する「婚活お悩み相談ブログ」。国内最大級の婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」の会員のリアルな悩み・相談と、恋愛のプロのアドバイスがぎっしり詰まっています。
相談受付(会員限定)
神原響子
神原 響子
サイトのバーチャルアドバイザー。恋愛全般、気軽にご相談くださいね。
略歴
エキサイトカウンセラー
カウンセラー
プロのカウンセラーが心をこめてお答えします。
エキサイトお悩み相談室
エキサイト占い師
プロ占い師
相手の気持ちや、あなたの未来もわかるかも?
エキサイト電話占い
響子さんの虎の巻
幸せな結婚★7つの法則
エキサイト恋愛結婚
タグ:結婚観 ( 65 ) タグの人気記事


こんな気持ちから婚活を始めてもいいのでしょか・・・?(20代 女性)_a0057510_16583379.gif最近登録して、何人かの方とメール交換を新鮮な気持ちで楽しんでいます。
ですが実は婚活を始めたきっかけが仕事で悩みが増えて、早く退職したいからという安易なものなのです。悩み自体も正直なところ、自分に甘いクセが露呈して職場の信用を無くしてしまい…という、非常に身勝手なものです。

こんな風に考えてしまう自分が本当は自分の問題から逃げているだけだともわかっていますし、今メールをしている方々にも大変失礼なことです。趣味の話など楽しいのですが、どこか後ろ暗い気持ちがあるのも事実で、こんな気持ちのまま結婚など考えてはいけないような気がします。

今のまま私は婚活を続けていいのでしょうか。
とても身勝手な話ですが、どうかアドバイスを下さい。よろしくお願い致します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
こんな気持ちから婚活を始めてもいいのでしょか・・・?(20代 女性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。

婚活を始めるきっかけは、人それぞれでいろいろな理由があると思います。

たとえば、結婚を考えていた相手と別れた失恋の痛みからだったり、養子にきてくれる人がいいという条件が絞れる選択のためだったり、再婚希望で、子どもにお母さん、お父さんをつくってあげたい、だったり・・・。
その理由に対して、どこか後ろめたさをもっている人もいるかもしれません。

また、両親や周囲が早く結婚しろとうるさいから、ということもあれば、一人でいるのに疲れてしまって、などということもあるでしょう。
その理由のほうが後ろめたくないとは、一概に言えないと思うのです。

さあ、すべての環境が万全に整ったから、いつでも結婚、ドスコ~イ!
みたいな人のほうがもしかしたら少ないのではないでしょうか。
婚活を始めたのに忙しい部署に異動になってしまったとか、同居している両親の体調に問題が出てきてしまったとか、結婚もしたいが仕事で独立することになりそう・・・などなど、
人生という旅のシーンは刻々と変化していき、また私たちの心の状態も決してずーっと同じではなかったりしますよね。
誰かへの思いを引きずったまま、必死に前を向こうとしている場合だってあるでしょうし、心機一転、新しい自分になりたいとポジティブに活動し始める人もいるかもしれない。

私は、あなたがご自身の現状を冷静に見据えていらっしゃることに敬服いたします。

「実は婚活を始めたきっかけが仕事で悩みが増えて、早く退職したいからという安易なもの」で、「悩み自体も正直なところ、自分に甘いクセが露呈して職場の信用を無くしてしまい・・・という、非常に身勝手なもの」と自己分析していらっしゃるところに、驚いてしまうと同時に、逆にあなたの聡明さを感じるのです。

実際にどんな仕事上の悩みで、あなたがどうご自分に甘いのかは存じません。
それを聞いたら、「それはまずいよ。結婚どころじゃないでしょ。仕事をやり直したら・・・」と言いたくなるようなとんでもないことをなさったのか、かなり謙遜が含まれているのかもわかりません。
ただ、その言葉通りにはどうしても受け取れないような気がするのです。

「何人かの方とメール交換を新鮮な気持ちで楽しんで」いらっしゃるなら、「趣味の話など楽しい」のなら、その気持ちを信じてみてはいかがですか?

今のありのままのご自分を、ご自身で認めてあげてほしいです。

本当に楽しいのか、単にしんどい仕事から離れた世界が楽なだけなのか、しばらくおつきあいを続ければ、あなたには間違いなくわかるはず。

婚活のきっかけというのは、実は何でもいいと思うのです。
ただ、お相手への気持ちが自分にとって大切なものであるかどうか。
お相手への愛おしさが本物かどうかを、じっくり自分に問いかけてください。

確かに、恋愛や結婚が何かの引き換えになってはいけないとは思います。
後でトラブルが起こった時に、「だって仕事がしんどかったから結婚に逃げただけであなたのことなんて、好きでも何でもなかったんだもん」というのは大人として避けたい。

“優雅な生活が最高の復讐である”とばかりに、失恋した相手を見返してやりたいとか、不倫を清算するために、今すぐ誰でもいいから結婚したい、というような極端なものでない限り、恋愛、そして結婚は、人間の心身を満たし、幸福感を味わわせてくれると思います。

もし、あなたが、「こんな風に考えてしまう自分が本当は自分の問題から逃げているだけだともわかっていますし、今メールをしている方々にも大変失礼なことです」という思いが余りに強く、本当は結婚なんて全然望んでいないというなら、デートしててもあまり楽しくないと思うのですけれど。

婚活をすることで別な世界が広がり、2人の世界に閉じこもれることで、逆に見えてくるものが必ずあります。

酸欠状態に陥っていたかもしれない職場で、少し余裕を持てるかもしれません。
あなたご自身が感じていた甘さを、もし改めなければいけないとしても、恋愛を楽しみながらなさってはいかがでしょう。

“立つ鳥、あとを濁さず”と言いますが、もし寿退社(昭和な言い方ですが・・・)するとしても、最後まできちんと仕事の責任を果たそうとすることはできるのではないでしょうか。
信頼を完全に復活させることは難しいことだと思いますが、努力する姿勢は持てるはず。
いろいろ問題はあったけど、最後はがんばったよね、と言ってもらえるように。

自分のことを知らないと、なかなか結婚は難しい。
結婚はゴールのように見えてスタートですから
そして、結婚は仕事と同様、いえ、さらに総合力です。
仕事に対する姿勢も魅力ある人間性も女性としての輝きも含めて。

職場では果たせなかったかもしれない様々なプロジェクトを、結婚生活で生かすことは十分に可能です。
もしかしたら自信をつけて、また仕事に戻りたくなるかもしれませんね。

あなたの感じるように生きていいのです。

結婚に逃げた、と思われるかもしれないって?
どう思われても気にしないで。
結婚という大事業を引き受けていけばいいでしょう。

たぶん、仕事上でいろいろしなくてはいけないことが出てくるかもしれません。
でも、ひとつひとつ新たな気持ちで丁寧に誠意を示していけば、いい方向へシフトできるのではないでしょうか?あなたが今、一番気にかけているのは、職場の人間関係ですよね。
その解決の糸口に向けて、そっと肩を押してくれるのが恋愛のような気がします。

すぐに結果を出そうと焦る必要はありません。
一度貼られたレッテルというか、人間関係はすぐには変化しませんが、意識を変えれば必ず変わります。

明るく挨拶をして、表面を取りつくろうような会話はやめて、本当に思っていることをピュアなまま、愛情に裏打ちさせて語るようにしてみていただけませんか?誰に対しても!

恋愛しながら、反省とともに自分の問題を考える。
それがあなたらしい進み方のように感じます。

どうか楽しみながらがんばってください。
応援していますよ!

響子

★神原響子への婚活の悩み相談はエキサイト恋愛結婚から!(会員限定)

アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2012-07-27 17:00 | 神原 響子の答え


自分が本当に結婚したいのかどうか分からない (30代 女性)_a0057510_15324934.gif結婚を本当にしたいと思っているのか、自分の気持ちがよくわかりません。
周りの友達も結婚し出して、焦っているだけかも…とも思います。

とりあえず、合いそうな方とメールを始めるのですが、実際に会った後はものす
ごい疲労感に襲われます。
一体私はどこへ向かいたいと思ってるんだろう…。
相手の方に気に入ってもらえたりすると、罪悪感も感じてしまいます。

こんな時はどのように自分の気持ちを整理したらよいのでしょうか?

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
自分が本当に結婚したいのかどうか分からない (30代 女性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。
お気持ち、ものすごくよくわかりますよ。

大好きな人とだったら疲れていても苦にならないようなことが、まだ未知数のお相手だと消耗の原因になってしまう・・・。

そして、本当に結婚したいかどうかすらわからなくなってしまう・・・。
かといって、一生独身でOKなどと達観できるかといったら全然違う・・・。
周りの影響で焦っていないと言えば嘘になるし・・・。
だって、みんな結婚して幸せになっているわけでしょう?
当然、私だって結婚したい!
でも今、結婚するためにいろいろしなくちゃいけないとなると・・・。


そういうふうにグルグルして、何が何だかわからなくなってしまいますよね。

ただ、方向性のマジックに陥ってしまうことがあると思うのです。
ちょっと問題を整理してみましょうか。

「①好きになる → ②恋愛 → ③結婚」という順序は同じなのですが、ネット婚活の場合、好きになる相手と出会うために、まず結婚を意識してその領域に踏み出していくので、③②①と逆流しているような気がする場合があるのですね。

それだと自然じゃない感じがして当然無理な気持ちになるでしょう。
まず心が疲れてしまいます。

お願いしたいのは、疲れそうなことはなさらないと決めること。
すべてはあなたが舵取りして進められる航海なのです、恋愛も結婚も!
自分で自分をいちばん大事になさらなかったら、次へは進めません。


あとは、恋するのって素敵~♪ という気持ちを持ち続けること。
それだけなんです。

基本はとてもシンプルです。

好きになると、不思議とエネルギーがわいて、普通だったら面倒くさいと敬遠するようなことでも、全然大丈夫になったりするものです。
そういう自分に気づけたら、それからがんばればいいのです。


おおっ、これは・・・と気になったらメールなさればいいですし、でも、会うのはちょっと・・・と思ったらお会いしないでいい。

自分の本当の気持ちを確認することは意外と難しいもの。
いつもご家族やお友達に決めていただくことに慣れていたりするとなかなかできなかったりします。私、本当はどうしたいの? と。

自分の心と常に対話する習慣を持っていらっしゃいますか?

そのうえで余裕があったら周りの人をどんどん助けてあげてください。
でも、まず自分が無理し過ぎない。
がんばって疲れ過ぎると、他に原因を見つけたくなったり
具合を悪くして周りに心配をかけたりしてしまうかもしれません。

第一、楽しいはずの恋愛感情に対する気持ちが変質してしまいます。

逆に、恋愛マジックにかかって、生きてるって楽しい~と思える方向へ持っていきましょうよ。あなたなら絶対できますから!
好きな人がいると免疫力も上がるそうですよ。

ご自身で意識し直すだけでいいのです。

私たちのチームで共有している感覚ですが、エキサイト恋愛結婚の目的は「ベストパートナーを見つけてもらうこと」。
真面目な出会いを応援していますし、もちろんその先に結婚を見越しているとは思うのですが、「結婚するために出会う」のではなく、「結婚したいと思える人に出会ってほしい」。
そんな思いで、私たちは日々、みなさまに向き合っています。


ちょっと宣伝みたいになってしまいましたが、単なる仕事としてただ出会いの場を提供するだけ・・・という感覚ではまったくありません。

あなたがここをひとつのステップにして、一生涯、心豊かな心潤う日々を楽しんで送っていただきたい。
そんな気持ちでいっぱいなのです。


気になるお相手ができたなら、楽しくデートできるように自分から一歩踏み出す勇気を持つことも必要でしょう。
数打ちゃ当たる・・・とばかりに行動することが苦にならない方もいらっしゃる。

でも、あなたはご自分の本心をガン見しながら、ご自身の感性を磨いて、それを信じて、それに従って行動なさっていただきたいと強く念じます。そして、そういう方のほうが直感が導いて結実するものが大きいと信じます。

どうぞ今から、楽しんでしまいましょうよ。
これから出会いがあって素晴らしい関係が生まれるのですよ。
あなたのとびっきりの笑顔が周りをめちゃくちゃ明るくしちゃうはずです。
ご健闘を心からお祈りしております。

響子

アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2012-02-01 15:35 | 神原 響子の答え


男性は女性に学歴や収入を求めている? (20代 女性)_a0057510_20133052.gif私が住んでいる地域のかたはお申し込みがほとんどなく、私自身も何が何でも地元の方を…と思っているわけではないので、気が合いそうな方とメールをすることにしました。
楽しくメールさせていただいているのですが、お申し込みしてくださる方のほとんどが、大卒なんです。
私はさえない女子高の出身です。事情があり高校しか出ていません。

私は学歴のせいで結婚話がだめになったことがあり、できるだけ同じような学歴のかたを望んでいるのですが、うまくいきません。

もちろん男性のほうが気にしないと思ってくださっているのであればそれに越したことはないのですが、一般論として男性は女性にそれほど学歴や収入を求めていないのでしょうか。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

男性は女性に学歴や収入を求めている? (20代 女性)_a0057510_175728100.jpg初めまして。エキサイトお悩み相談室カウンセラーの佐藤栄子です。ご相談を承りました。

男性が婚活するに際し、女性に高学歴や収入を求めるものかとのご質問についてですが、私は一般的には「男性が女性に求めるもの」の中の優先順位としては低いと思います。
結婚となれば、生活を共にするわけですから「一緒にいて安らげる」女性であるかどうかのほうが重要なポイントとなるのではないでしょうか。

もちろん、高学歴(いわゆる世間的に名の通った学校卒)の女性を求める男性もいないわけではないでしょう。
しかし、そういった外的条件を優先するような男性であれば、自ずと結婚生活も「外から見える部分」を大切にするでしょうから、それを良しとする価値観を持った女性でないとうまくいかないですよね。

あなたはきっと、そういうタイプの女性ではなく、男性の内面的な部分を重視していらっしゃるのではないかと思います。
もしそうであるなら、あなたが幸せになるためには、そのような外的条件優先の男性に無理に選ばれる必要もないわけです。

収入についてですが、学歴にかかわらず女性は結婚したら「出産、育児」という可能性があり、その時期は仕事や収入面に少なからず影響を及ぼしますよね。
ですから、「家事は自分がすべて担当してもいいから、妻にバリバリ働いてほしい」という考えの男性でなければ、さほど女性の収入を重視していないと私は思います。

これは男女限らずですが、結婚を考えるなら、その人が過去何をしてきたか(学歴)よりも、今何ができるか、今後どのように生きていこうと考えているかのほうがずっと大切になると思います。

お住まいの地域によっては、まだまだ女性や学歴に対する偏見が根強いところもあるかもしれません。
でも、あなたにアプローチしている男性達は、純粋にあなたという女性の魅力、内面の豊かさに惹かれてお付き合いを求めていらっしゃるのだと思います。

様々な価値観を持った男性と、エリアを超えて幅広く出会えることがネット婚活の利点でもあります。どうぞ自信を持って、幸せな結婚へと踏み出していってください。応援しています。

アドバイザー: 佐藤 栄子
by kekkon_sodan | 2011-09-15 20:13 | カウンセラーの答え


「好きになるのに時間がかかる」と言われた (40代 男性)_a0057510_19543917.gif彼女とはハトメで一ヶ月やり取りしてから実際に会いました。
2度目のデートでは手も繋いで、
彼女も私といると安心して自分を出せると言ってくれました。

3度目のデートで思いを打ち明けて告白したのですが、
『私は好きになるのに時間がかかる』と言われてしまいました。

個人差もありますが、最初よりメールも遅くなりました。

ですが、今後のデートに関してはもっといろいろ行きたいねと言ってくれています。
私は『友達を探してるわけではないので将来に繋がる付き合いを考えて欲しい』
と伝えましたが、彼女はどう考えているのでしょう?


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「好きになるのに時間がかかる」と言われた (40代 男性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。

結婚したいと思える女性と出会えてよかったですね!
おめでとうございます。

だからこそのお気持ち、痛いほどわかります。
ただ、「友達を探してるわけではないので将来に繋がる付き合いを考えて欲しい」とのことですが、考えているからこそ彼女はそういう態度なのではないでしょうか。

1ヵ月メールのやりとりをして、2度目のデートで手を繋ぎ、3度目のデートで告白。ものすごく順調ですよね。
でも、逆に言えば、本当にそれだけで人生の一大事とも言える結婚を決めてしまっていいのでしょうか?

「今後のデートに関してはもっといろいろ行きたいね」と言っているというお相手の反応のほうが、私には自然で賢明なように思えます。
デートしたい気持ちはあるのですから、あなたに好意を持っていることは間違いないでしょうし、あなたと結婚したいかどうか、そのプロセスでじっくり考えたいという姿勢なのだと思います。

あなたは、なぜ彼女と結婚したいのですか?

メールで気心は知れていたし、会ってみたらいい人で、これは結婚するしかないと、何の迷いもなく思えてしまえたのでしょうか?
もしかして、理想の女性そのものだったのですか?
3回会っただけで、それに気づけたと?

もちろん、一瞬で恋に落ちることや、あっと言う間に燃え上がる恋愛、出会ったその日にプロポーズ・・・といった速い展開を否定するつもりは毛頭ありません。けれども、当サイトでネット婚活されている方たちは、そういうドラマティックな展開が視野にないとは申しませんが、もっと堅実で着実な幸せへの道を想定されているのではないでしょうか。

友達ではなく結婚相手を探しているからこそ、あなたがそんなに早く彼女でOK・・・を出してしまえたことのほうに驚きを感じています。

意地悪っぽいことを言ってごめんなさい。
きっととても素敵な女性なのでしょうね。

お相手の態度はちっとも不思議ではない、ということを申しあげたいのです。
むしろ、あなたのペースで彼女が「はい、はい」と進んでしまうほうが、そんなに早く結婚しなくてはいけない何かがあるのかな、とうがった見方をしてしまいたくなるぐらいです。

好きになったなら、早く結婚したいのは当然だろう・・・とあなたはおっしゃるかもしれませんね。それは当然です。でも、もっといろいろなデートをして、様々なシチュエーションで相手をより深く知りたいと思う気持ちも、またすごく自然で、当然と言える感じ方ではないでしょうか。

結婚観、結婚というものをどれだけ大切に考えているか、人間性や性格、個人的な趣味や価値観によって、結婚への感じ方はそれこそ千差万別です。

「私は好きになるのに時間がかかる」という彼女の言葉は、トントン拍子に進めようとされているあなたへ、ちょっとブレーキをかけたかったのでしょう。


彼女が、あなた以外の男性ともメールのやりとりをしたり会ったりしているかどうか、私にはわかりません。また、あなたが彼女以外の女性とどうかということも、存じません。

まだ、この段階ではお互いに自由ですよね。

一人ずつとメールをやりとりし、一人ずつと会っておつきあいをして、ひとつずつ結果を出していく方もいれば、何人かと同時にメールをやりとりしたり会ったりしている方もいて、婚活スタイルも人様々です。

もし、彼女が他の男性とも会っていれば、それぞれとデートを重ねるなかで、自分にふさわしい結婚相手を探そうとするのは当然のこと。

まだ気持ちが固まらないうちに、急かされたり束縛されたりしたら、本来はそういう相手ではないかもしれないのに、うざいと思ってしまうかもしれませんね。それではとてもとても残念です。

ここから、あなたに具体的なアドヴァイスをさせてください。

次にデートした時、決して結婚をほのめかさないこと。
純粋にデートとして、彼女との時間を楽しく過ごすことに賭けてみていただけませんか。その楽しさを味わい尽くしてほしいのです。


そういう姿勢から彼女に伝わるものが絶対あります。
そういう空気感が醸し出す心地よさに女性は敏感だからです。

キスしたいですよね、次回は!
でも、彼女がよっぽどそれを望んでいるような素振りをしない限り、次のデートでそれはお勧めできません。

あなたは実直で真っ直ぐな男らしい方なのでしょうね。
ご自分から率先的に行動してらして実に素晴らしいと思います。

ただ、せっかくのアクティブな男らしさが、焦ってガツガツしているように見えてしまってはもったいない。あなたのお気持ちを既に知っているお相手からすると、あなたの望んでいることはだいたい読まれているわけです。

ですから、むしろ余裕を示してしまいませんか?
手も繋いだり繋がなかったり、でも誠意ある言葉と態度はキープして、別れ際もキスしようとせず、「ありがとう。またね」ぐらいで、サッと爽やかに。


こういう感じのデートを2~3回続けると、彼女のほうが「アレッ」となるはず。
「この人、私を好きだからもっとガンガン迫って来るかと思ってたけど・・・」
とちょっと心配になったりして。

女性ってそういうものです。
でも、余裕を見せ過ぎて他でモテた自慢話などをするのはNG。
男性はそういう時、ライバル出現となると闘志が沸くかもしれませんが、女性の場合は冷めてしまうんですよ。

そのあたりのバランスは微妙ですが、彼女の態度を観察しながら彼女の心に寄り添うことを心がけて接していると、必ず見えて来るものがあると思います。
そして、それは取りも直さず、あなたの結婚に対するビジョンをも、よりクリアにしてくれるものと信じます。


ご健闘を心からお祈りしております。

響子


アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2011-08-29 19:58 | 神原 響子の答え


ネット婚活で狭い範囲での出会いを探すのはムリ? (30代 女性)_a0057510_11352021.gif初めまして。

私はプロフィールに市内の方希望と書いています。
最初数人の方がメールくれましたがほとんど市外、県外の方ばかり。
この方達ともし結婚となった時には相手の所へ行くことになるんだろうと思い、市外の方にお断りしたら新規のメールが来なくなってしまいました。
市内にこだわるのは環境を大きく変えたくないから。
子供の頃遠距離の転校を経験してなかなかなじめず苦労しました。
また人見知りな性格から新たな土地での生活でやっていけるだろうかといった不安もあり、どうしても躊躇していまいます。

ネットで狭い範囲での出会いを探すのはムリですか?

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
ネット婚活で狭い範囲での出会いを探すのはムリ? (30代 女性)_a0057510_175728100.jpg初めまして。エキサイトお悩み相談室 カウンセラーの佐藤栄子です。ご相談を承りました。

婚活の一つの手段として利用したネットで、同じ居住地の方を希望したら、条件に合う方があまりいらっしゃらなかったとのことですね。
そしてあなたは子供時代にお引っ越しをして、その時新しい土地になかなかなじめなかった経験などから、結婚後、今のお住まいよりあまり遠い場所に移り住むのは避けたいと思っていらっしゃるのですね。

結婚すること自体、生活が大きく変わる出来事なのに、まして慣れない土地、知り合いも全くいない状態でとなると、とても不安になるお気持ちは理解できます。

確かにネットでの婚活は、自分の生活範囲よりももっと広くパートナー探しができるというメリットがあります。しかし、範囲が広がるということはそれだけ選択肢も増えるわけですから、自分がこだわる条件を持つ人を探し出すのもまた大変になる面もありますね。

結婚に際し、「これだけは譲れない条件」としてあなたは、「結婚後も同じ市内に住むこと」を望んでいらっしゃるということですから、「居住地」以外の条件(年齢や職業など)を少しだけ緩和してみてもいいと思います。
エキサイト恋愛結婚は全国ネットのサイトですから、新規入会者も随時多数いらっしゃいますし、また新たにあなたのプロフィールを見つけてアプローチしてくる方も出てくるのではないでしょうか。

一方、人生に変化はつきものです。あなたの結婚相手のお仕事がかなり地場に密着したものでない限り、結婚当初は同じ市内に住めたとしても、転勤などで違う土地に住むことになる可能性はゼロではありません。そのような事態に備える意味でも、まずは日帰りできそうな近場の町に出かけて生活圏をチェックしてみたりして、あなたの行動範囲や人見知りしてしまう気持ちの「壁」も少しずつ広げてみましょう。

また、条件に合わない男性がアプローチしてきたとしても、色々な男性とコミュニケートすることは、あなた自身が居住地以外に男性に望むものをより明確にさせるための手段となりますので、あまり身構えずに応じてみることもいいと思います。「やはりどうも違う、ピンとこない」と感じれば、そのときに連絡することをやめてもいいのですから。

このように、婚活があなた自身の視野を広げ、心を成長させるステップとなれば、さらに有意義になりますね。
ネットも上手に活用すれば、狭い範囲での出会いのチャンスを最大限に広げることが可能だと思います。
あなたに良い出会いが早く訪れますように祈っています。


アドバイザー: 佐藤 栄子

by kekkon_sodan | 2011-07-04 11:36 | カウンセラーの答え


離婚経験者の方とはどのように交際を進めれば良い? (30代 男性)_a0057510_2133149.gifこんばんわ。離婚して約一年、再婚活動をしてます。

独身のように恋愛を楽しもうとしていたのですが、離婚していることと、子供が別居中でいますと伝
え真面目に婚カツをしています。
私は正直に子供が大好きなので相手にその話もしています。
今は相手の女性の心情もやはり気になり離婚経験者とか子供と同居されてる女性にアタックさせていただいてますが、私もお相手とどう付き合おうと迷ってしまい踏み出せません。
離婚経験者でお子さんがいるとお子さんにもどう説明、接し付き合っていくか、又付き合い始めるきっかけをどうするか先に進めません。どこか誘うのにもお子さんにも始めにコンタクトしなければならないですし。

離婚経験者の方と交際を進める術をご教授お願いいたします。
何卒よろしくお願いいたします。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
離婚経験者の方とはどのように交際を進めれば良い? (30代 男性)_a0057510_1235336.jpgはじめまして。
エキサイト電話占い
所属の占い師、紗璃(さり)と申します。
ご相談をお受けいたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

現在のあなたのご様子を拝見したところ、同じように離婚を経験された方へのアプローチの仕方がわからないというような具体的な事柄もですが、それ以前に、初婚の場合との「根本的な違い」に戸惑われているようです。

では、あなたを戸惑わせているその「根本的な違い」とはどんなものでしょうか。

それは、そこにかつてお相手が築きかけた「家庭生活」が見え隠れしているにもかかわらず、その実情が見えにくい、ということのようです。

たとえば、過去に家庭を持ち、子供がいるというような事実はわかっていても、その家庭において、どんな思いで日々を過ごされてきたかというのは、お相手様から伺わないかぎり知りえない、想像がつかない事柄でしょう。

パターンや形式はいろいろとあっても、結婚しようと決める気持ちの所以にそれほどの違いはありませんが、離婚に至る過程や気持ちの理由は千差万別。
同じ離婚経験をしていようとも比べようがないというか、想像がおよばなくても、ある意味当然です。


離婚を経て目の前にいるお相手が、離婚により痛みをともなったであろうことは想像できても、痛みの度合い、傷の深さまでは計り知れないでしょうし、
また、時には、過去にあった苦い経験だけでなく、その前にあったであろう幸せの時間にさえも想像がおよんでしまうこともあるかもしれません。

つまりあなたは、そういった相手とどういう「間合い」をとっていくかが掴めず、戸惑われているように思われます。

その解決方法としては、とにかく言葉にして、感じていることを形にして伝えていくこと。
二人でよく話し合うことです。
直接お会いする時間がとりにくければ、メールを活用されてはいかがでしょうか。

負ってしまった傷だけでなく、幸福であったことさえも言葉にしてお互い伝えていくことができたら、そして触れてはいけない過去でさえも背負い合うことができれば、それが幸せへの道につながっていくはずです。

まずは、相手を「好きである」「付き合いたい」ということより、自分のことをお相手に伝えるよう心がけてみましょう。
お子さま好きであることはお伝え済みのようですが、もっともっと様々なことをお相手に知ってもらいましょう。

それが、お相手に対して「心を開いている」証となります。

さらに、お相手とそのお子さまの過去も今の時間も受け入れる準備があることも伝え、お相手にたずねたいことはたずねましょう。

そして、心して欲しいのは、ご自身でおっしゃっているように恋愛活動ではなく、お子様を含めての婚活であるということ。

お互いの違いを知り、分かりあうことは家庭を築いていくのにとても大切な作業です。
気になるお相手とは、お付き合いをはじめてからではなく、気になったその時から、互いを分かち合い、知ろうとする姿勢で臨むことで、その結果、お付き合いや結婚へと繋がっていくのではないでしょうか。

お二人の話題が、思い出話から現在、未来の話題へ変わっていく過程で、補え合えるもの、支えあえることを見つけていきましょう。
見つける都度に、お二人の距離は縮まります。
また、お二人の距離が縮まれば、お子さまのことは後からついてきます。

結婚も家庭も、社会常識の範囲の中にはあるけれど、答えは一つではないはずです。

でも、あなたはその生真面目さゆえに、正しい答えは一つだとお思いになられがちな面があるようです。
再度、家庭を築こうとしている今、正しいやり方を探してその方法をどうしようと躊躇してしまわれているのかもしれません。

とはいえ、人生は様々な答えを見つけていく、追求していく過程です。

二人でたくさん話し合って、それぞれの経験だけでなく二人の経験から新しい答えを見つけながら、家庭が紡がれていくイメージをお持ちになってみてください。

離婚された方が「一度、結婚には失敗しまして・・・」と発言されるのを時々耳にしますが、より良い人生を送るためのスタートラインに立っているご自身を、もっともっと頼もしく感じ、表現できるといいのにな、と感じています。

以上お伝えしたことに関しては、「すべき」ではなく「してみよう」の気持ちで臨まれることを大切に。

具体的なアドバイスというより、「心の持ち方」といった回答になってしまいましたが、タロットカードは、意識の方向性を間違えないでと伝えています。

~~しなければならない、という手順や術はありません、

ということだと思います。
家庭の数だけ、そこに至るまでの形があるのですから。

以上、参考にしていただければ幸いです。

アドバイザー: 紗璃(さり)
by kekkon_sodan | 2011-06-24 21:49 | 占い師の答え


ネットでの出会いを周囲に正直に言える自信がありません(30代 女性)_a0057510_12282337.gifお付き合いをすることになったり、結婚をすることになったとき、周囲に、知り合ったきっかけを正直に言える自信がありません。
ネットで婚活をしておきながら、また、エキサイト恋愛結婚は本当に誠実な方が多く信頼もしているのですが、田舎の、古い考えの両親や、自然に知り合って結婚している友人たちに正直にきっかけを言うことに抵抗があります。
かといって隠すのも卑怯な気がしますし、お相手に対しても隠したいと言いだすことは失礼な気がします。
そんなことを想像すると、活動もつい消極的になります。

時代の自然な流れと言い聞かせ、幸せになっている方の体験談を読んでも、なかなか矛盾が解決しません。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ネットでの出会いを周囲に正直に言える自信がありません(30代 女性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。

お気持ち、とてもよくわかります。

ネット婚活はポュピラーになってきており、 元会員カップルから結婚式への出席依頼をいただいたり、また会員さんから「結婚披露宴で、私たちがエキサイト恋愛結婚で知り合ったことを発表しました」という体験談も多数いただいておりますが、もちろん、そういう方々ばかりとは限りません。

でも、あなたは何も心配なさる必要はありませんよ。
ましてや活動が消極的になってしまうなんて、もったいない!


乱暴な言い方に聞こえたら大変申し訳ありませんが、結論から申しあげると、出会いなんて何だっていいのではないでしょうか、結婚することになったのでしたら。

不思議なもので、結婚する二人というのは、もう完璧な共犯関係なのですね。
誰さんの紹介であったとか、キューピッドが誰それさんで・・・というようなことが実際にはあったとしても、それを結婚する二人、あるいは結婚した二人に言及すると、たいていちょっとムッとしたような迷惑そうな表情を浮かべるものです。

それは、確かにそういうプロセスはあったかもしれないけれど、もはや誰よりも仲良くなってしまった二人にとっては、そう言われてもピンとこないわけですね。

傍から見ればみんなが知っているプロセスだったとしても、「私たち二人は出遭うべくして出会った運命共同体」という意識が強いからなのでしょう。それは別に、彼らが恩知らずということではなく、恋愛のなせる科学反応。
私はとても微笑ましいと思います。

何を関係ない話を延々と・・・と思われるかもしれませんが、いい意味で共犯関係ができあがっている結婚相手とは、知り合ったきっかけなんてもうどうでもよくなっちゃっている、ということなのです。

現時点でそういう状況にいらっしゃらないと、それこそピンとこないかもしれませんが、恋愛の科学反応の前後はそれだけ違うということをぜひ想像してみていただきたいと思います。

少なくとも、隠すのは卑怯・・・などという気持ちはなくなっていると保証します。

何を申しあげたいかというと、お二人で共同戦線を張ればよろしいということ。
二人の気持ちは結婚ということで一致しているのですから、あとは周囲へできる限り心を配って、ご両親や親戚、友人たちを安心させてあげてください。


お二人が親しくなっておつきあいを始め、結婚に至るには、必ずや共通する趣味や価値観のようなものがあったはず。
そこから知り合ったきっかけに結びつけられませんか?

マニアックなことじゃなくていいのです。
映画でもサッカーでも俳句でもウォーキングでもガーデニングでも。

好きな共通する世界があって、それでつきあい始めて・・・というのでしたら全然嘘じゃないでしょう?
結婚式で出合い方を説明する機会をわざわざ作る必要はないですし、ご両親へは、趣味の集まりのようなもので知り合ったという延長線の説明がもっともふさわしいかと思います。

それをお二人が互いに納得されていることが大事。
それなら、何も隠していることにはならないと思います。


そして、それ以前に何より大切なのは、ネット婚活だろうが同窓会での再会だろうが合コンで知り合おうが、結婚相手と出遭えたことが、つまり人生で一番、愛し愛される相手と出会えたことがもっとも大切なことであって、その前には何も重要なことはない、と肝に銘じていただきたいということ。


そして、結婚してしまうと、ますます気にならなくなりますよ、知り合い方がどうだったかなんて。結婚して何年かすると、自然に、実はね・・・と話せる時が来るかもしれません。でも、話さなくて全然かまわないと思います。
それは、将来生まれるかもしれないお子さんに対してもそう。

だからこそ、延々と精神論的なことを先に述べさせていただきました。
どういう気持ちでいらっしゃるか、がもっとも大事だからです。

隠しごとだとか嘘だとかと、とらえないでいただきたい。
そうとらえることのほうが違うと思います。
まずその意識を変えていただきたくて、いろいろ申しあげております。


あなた方お二人は誰にも迷惑をかけていないし、それどころかあなた方お二人が幸せになることで、ご両親も周囲の方たちも幸せになります。
とてもいいことをなさっているのです。

極端なことを言えば、結婚する二人がOKなら家庭の中では何だってアリ。
素っ裸で暮らそうが、赤ちゃん言葉で話そうが何でもアリなんです。
そういう二人がどうやって知り合ったか、を気にするほうがおかしい。

かりに、かなり格式ばった結婚式をなさる場合でも、そこまで堅苦しくすべてを明白に語る必要はまったくないと思います。私の友人などは、都内で一番人気のある神社で挙式を行った後の披露宴で、ご主人が二人の履歴と出会いを簡単に説明する場面で、奥さんの年齢がやや高めだったのを気にしてか、「〇〇〇子、1900ホニャラホニャラ年、東京生まれ・・・」と、紹介していました(笑)。

そのぐらいの融通を利かせていいのです、出会いに関しても。

要は、結婚することになる相手ができたなら、二人でいろいろ話し合ってお互いがなるべくいい気分で過ごせるよう二人で実践していけばいいのです。


「エキサイトなんて言っても、実家の両親はチンプンカンプンだと思うよ」
「ネット婚活って一言でも口にしたら、理解できないものだから、私が何かとんでもないことに手を染めてるみたいな目で見るんじゃないかな」
「親戚に顔向けできないって泣かれちゃったりして・・・」
「何度も見合いを勧めてきた、とんでもなく頭の古い伯母がいてね・・・」

などという話を、結婚相手とはどんどんなさってみてください。
ご両親に無理して理解していただく必要はまったくありません。
ご両親にはとにかく安心して喜んでいただくことがベスト。
そうできるようお二人で力を合わせてほしいのです。

結婚とは、二人でまず最初にする仕事が、そういうプロデュースなのですよ。
ご自分たち、そして周囲をも幸せにするために、楽しんでなさっていただきたいです。
それは、結婚後も一生続くハッピーエンディングな映画の1stシーンなのです。


とはいえ、あなたが結婚なさって、お子さんがおできになる頃には、さらにネット婚活がポピュラーになっていて、なかなか結婚しないあなたのお従兄弟さんに対して、あなたのご両親が、「エキサイト恋愛結婚を紹介してあげたら」と、あなたに頼んでくる状況になっているかもしれません。

現在は、まだ誰とも出会われていらっしゃらないのでしたら、ずいぶんお門違いな濃い話を聞いちゃったな~、と呆然となさるかもしれませんが、恋に落ちればご理解いただけると信じます。

もちろん、ホレタハレタだけではすまない様々なご事情がおありでしょう。
でも、出会いの前から、ネット婚活に引け目を感じながら活動すると、ご自身が疲れてしまいますよ。心の状態に体は確実に反応しますから。しかも全然引け目を感じる必要がないことなのに、それでは本当にもったいないです。

人を好きになるって素敵ですよ!
ネット婚活を、どうぞ思う存分楽しんでください。

響子


アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2011-06-21 12:49 | 神原 響子の答え


婚活で出会った相手との、絆の作り方が分かりません (30代 女性)_a0057510_17532667.gifよろしくお願いします。
ご相談したいのは、付き合い始めた後の絆の作り方についてです。

婚活を初めて5、6年たちます。
今までお付き合いする人は時々出てくるのですが、うまくいかずに3ヶ月くらいで終わってしまいます。
昔は普段の生活の中で出会い、助けたり助けられたりして絆を深め、何年もお付き合いが続きました。

でも、婚活で出会うと、ご飯を一緒に食べに行ったり、遊びに行ったりしながらお付き合いが始まりますが、遊びに行くだけでは、お互いは知れても絆は作れません。
ましてや、お互い30も超えて十分大人なので、助け合うようなチャンスも、そう無いので、どうやって絆を作っていけばよいのかわかりません。
どうやって絆を深めたらよいのでしょうか?

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

婚活で出会った相手との、絆の作り方が分かりません (30代 女性)_a0057510_13413763.jpgこんにちは。ご相談ありがとうございます。エキサイトお悩み相談室カウンセラーの杉元 信代です。

「エキサイト恋愛結婚」で婚活を始めてから5~6年、その間実際にお付き合いをされるところまでは何度かいったのだけれど、どれも3ヶ月ぐらいで長くは続いてこなかったということですね。
過去の恋愛のように、普段の生活の延長上の出会いということではない「メールからのお付き合い」という特殊さもあって、今までのような関係が作りにくいようなお気持ちでいらっしゃるということでよろしいでしょうか。
年齢的にも大人になっているので、20代のときのような「お互いを助け合うようなチャンス」も減ってきている・・とお感じになっているようですね。
そんな中、二人の絆を作っていくにはどうすればいいのか?というご質問ですね。

さて、お付き合いの中での「絆」ですが。お付き合いを始めて3ヶ月ぐらいでは、出会い方がなんであれ、少し難しいかもしれません。
おっしゃっているように、なにか特別な「出来事」(二人にとっての大きな事件)があれば違うかもしれません。ですが、そんな特別なシーンはそうそうあるものではありません。まして、あらかじめ実際に出会う前にメールのやり取りがあったり、その前にも条件的な絞込みがなされている状況なのですから、そんなに初期の状況で「大きな出来事」があるほうがおかしいぐらいなのです。そこは、お相手がどんな方であれ「そうなのだ」と念頭においておく必要があるでしょう。


「絆」というものは、少しづつ、少しずつ、二人で積み重ねていくものです。見えないのですから。
ですから、あまり早期の段階での「絆」にこだわるのは、すこしもったいないように思います。あせらず、じっくりと二人の関係を育てていきましょう。



さて、次に「今まで出会う人、お付き合いをする方はいたけれど、長続きしなかった」ことに着目してみましょう。
今までのことを想い返してみてください。どうして長続きしなかったのでしょうか。
お付き合いをしていく中で、どこか「物足りなさ」を感じ、こちらから離れていくことになったのでしょうか?
あるいは、こちらとしては続けていきたい関係ではあったけれど、次第にお相手のほうから連絡がこなくなって・・・という形であったのでしょうか。

「婚活」という出会いのシーンは、すこし特別なものです。それぞれが「目的」をもって集う場所なのです。
「結婚相手(条件に見合う)を探している人」もいれば、「今の生活の中で自分の周囲では出会えないような新たな出会い」を求めて集っている方もいらっしゃいます。年齢的なものも含め、時間的制限がある方もいらっしゃるかもしれませんね。
まずは、御自身の「婚活」の方向性をきちんと示しておくことが必要ではないでしょうか。

ですので、「この人」と思う人が現れたら、きちんと自分から意思表示をしておくことが大切です。
積極的に前に進みたいのであれば、「貴方のことをもっと知りたい」ということを貴女からお伝えせねばなりません。待っていてはなにも変わりません。
貴女が数人の候補男性からその方を「チョイス」したように、貴女もそうされているということを忘れないでくださいね。「候補」の中から貴女が一歩抜けるためには、それなりの態度・行動が必要になってくるのです。

これからの婚姻活動を、心より応援しています。ご相談ありがとうございました。


アドバイザー: 杉元 信代

by kekkon_sodan | 2011-06-13 17:50 | カウンセラーの答え


子供を理由にいつも断られてしまいます・・・  (40代 女性)_a0057510_18491065.gifはじめまして。

エキサイト恋愛結婚に登録して、いいなぁと思う方へ積極的にハートメールしてきましたが、どなたも「子供がいたら気になる」でした。

でも、子どもは私にとってかけがえのないもの・・・男性の方々はそういう思いを持って婚活していることを望んでいないのが悲しいですし、返信のお断りは全て子どもに関することです。

本当にどうしたらいいのか・・・と悩んでしまいました。
何かアドバイスしていただけたらと思います。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
子供を理由にいつも断られてしまいます・・・  (40代 女性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。
最愛のお子さんを理由にお断りされてしまうのはとてもせつないですね。

でも、それはあなたという方とおつきあいする以前の、あくまで条件的な部分でのこと。気にするなと申しあげても難しいかもしれませんが、ご自身を否定されたように思わないでいただきたい、と心からお願いいたします。

愛すべき子供に恵まれているのはものすごく幸せなこと!
あなたも日々それを実感していらっしゃるはずです。

ただそのことと、あなたがこれから婚活を続けて幸せな恋愛結婚へと進んでいくことは、別な問題ということを、まずとらえ直していただけませんか?

もちろん、お子さんのいらっしゃるあなたも、これから恋愛をするあなたも同人物ではありますが、恋愛の場合、相手の身になって考える必要があります。

あなたも最初の結婚をなさる前は、子供のいる人とおつきあいするという選択肢については、そんなに考えてらっしゃらなかったのではありませんか?
独身時代のその気持ちをあらためて思い出してみていただきたいのです。

あなたにとっては、これから誰かを好きになって愛し合って結婚することは、気持ちのうえで何のさしさわりもなく自然なことだと思うのです。かつて一度、そのプロセスを経験していらっしゃるとしても、初恋のようにドキドキして女子中学生みたいにときめきを感じて、ピュアな恋心がほとばしることでしょう。

でも、初めてそのプロセスを経験しようとしている人からすると、一度そのプロセスを体験している人は、どうしても先輩に見えてしまうもの。あなたのお立場やお子さんを思う気持ちを理解してもらうことを強く望み過ぎると、あなたのほうが欲求不満になってしまいます。

子供はかけがいのないもの・・・という感じ方は、自分で育児を通して実感できていくものではないでしょうか? 独身の時は想像するだけで精一杯だと思うのです、特に男性にとっては。

あなたはたまたま、小説でいうなら第二章の頁を開けていらっしゃる。まだ第一章を読んでいる人には、想像もつかない展開があるかもしれないのです。
いや、もしかしたらそんなに違ってはいないのかもしれない。でも、第二章をまだ読んでいない人にとっては、ものすごいことに思えてしまうかもしれませんよね。実際に体験しているより、想像するほうがすごいことに思えたりするでょう?

たとえば結婚前は、セックスって特別なこととしか思えなかったのが、結婚すると日常的になる部分があるということにびっくりしませんでしたか?

何を申しあげたいかというと、その温度差をあなたが理解なさったうえで、実際にお相手と会う段階にまで持っていく策を考えるべきだと思うからです。相手の身になって思いやったり想像したりしないと、恋はできませんよね。

普段は子供思いの優しいお母様でいらしていただきたいですが、婚活に臨む時は、母親の顔のままでいらしては違うと思うのです。
それは決して両立できないことではありません。お相手の男性と同じモードでスタートすればいいのです。

恋をする時は、母親の顔をしなくていい。
まずその意識をあなたがしっかり確立なさらないといけません。
お子さんと接する時それをはっきり分けていただけませんか?


もちろん子供がいない振りをしなさいというのではありませんよ。隠したり嘘をついたりする必要はないのです。

子供の父親にふさわしい人を探すのではなく、まずあなたが愛せる人を求めるなら、あなたご自身が、恋愛に臨むご自分をもっともっとセルフプロデュースすべきです。その男性がお子さんにふさわしいかどうかは、その後ゆっくり検証なさってください。

とはいえ、自分が愛せるかどうかということと、子供を可愛がってくれそうな人かどうかということは、なかなか分けて考えられないものですよね、母親としては。

でも、子供のことを考えてご自分が我慢なさってはいけません。
まず、ご自身が愛せるかどうかが一番大事なことです。

ただ、独身男性が尻込みしてしまう条件が子供であるなら、バツイチ男性や高めの年齢層にも視野を広げてほしいです。そのうえで、いいなぁと思う男性に積極的にハートメールできる素敵なあなたなのですから、「子供がいますけれど、一度だけ会ってみていただけませんか?」と、さらにアピールしていただきたいと思うのです。

実際に会うまでに持っていけたら、そこからがあなたの本領発揮です。あなたの魅力は、会えば実感してお相手が考え方を変えるはずだと思うので。

そのための努力を惜しまないでください。
お忙しいとは存じますが、その努力をどうぞ楽しんでください。
母親とはとても思えない若々しさやキュートさをキープしていなければ、この作戦は実を結びませんから。

母親ならではの慈愛に満ちた包容力の魅力は、おつきあいを始めてしばらくして小出しにしていけば、恋愛にとっては恐いものナシだと思います。女性に母なる優しさを求めない男性は一人もいませんから。

メールでも、母親っぽさを感じさせない、素のあなたらしいトークを展開させること。あなたがいいなぁと思う男性のハートをワシづかみするような内容とリズム感で、丁寧に彼の心のひだにしっかりと舞い降りてほしいのです。

男性としての彼の気持ちやライフスタイルに寄り添ってみること。
母親である自分を意識して押しつけないようにしてください。

親しくなって相手があなたの魅力の虜になれば、誰もあなたが母親であることを必要以上に意識しなくなるはず。その段階に持っていきましょうよ。

あなたが、「子供がいる私を受けとめられない限り、結婚する気はないわね」という意識を強く持っていると、相手の心をなかなか開けないかもしれません。

「子供というかけがいのない愛の対象を持てた私だからこそ、愛する男性がさらに彼らしく輝けるように優しく包み込んであげられる」という気持ちであなたのほうからお相手に寄り添っていらっしゃるようにすると、少しずつ、でも確実に状況は変わってくると思いますよ。


基本的に、最初のうちは聞かれない限り、子供の話題を出す必要はありません。
子供とは全然違う話題からスタートしてみていただけませんか?

私の友人で、学術系雑誌の編集長(46歳)ですが、大の子供好きで恋愛も結婚もしたいと思いながら、多忙なあまり独身のままきてしまった男性がいますが、もし結婚できるなら子供のいる女性が最高だと常々言っています。当サイトの会員でないのが残念ですが。

また、30歳の時に、一回り年上で高校生の子供のいる女性と結婚して大変幸せになっている男性も知っています。彼が奥さんとお子さんを説教している場面に遭遇して、それがあまりに自然なので驚き、そして感動し、世の中には本当にいろいろな人がいるなあと実感したものです。


当サイトにも本当に様々な会員さんがいらっしゃいます。
ほとんどの男性は自分の血を分けた子供を欲するでしょうし、それが自然です。

もしかしたら、あなたは再婚相手のお子さんを出産されるかもしれませんが、もしお相手が初婚であるなら、母親である前に『男と女』として恋人同士になれるよう、恋する乙女になる準備をなさっていただきたいです。

イメージとしては、母親としてドーンと構えるよりも、謙虚で恥じらいを持って初々しく!

「そうしようにも、断られてしまうから相談しているのです」とおっしゃりたいと思いますが、自由に恋愛を楽しもうというという意識を強く持つことが先決だと思うのです。母親であることだけにエネルギーをとられてしまってはもったいない。

かつての結婚で苦しんだこと、辛かったことをすべて貴重な参考書にして、次の恋愛で活かせたら、こんなに素晴らしいことはありません。人生に無駄なことはひとつもないのです。

あなたが今後、恋愛して結婚なさって、生き生きと楽しく生きていらっしゃることがお子さんをも必ず幸せにすると信じます。本当に愛し愛されるお相手と出会われることを心からお祈りします。


アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2011-05-19 18:48 | 神原 響子の答え


「結婚」ではなく、「誰か」がそばにいる人生 (40代 女性)_a0057510_15254021.gif本当に結婚したいのか、そうでないのか…考えることが面倒と言うか、答えが出せずに疲労して、途中で考えるのを拒否してしまいます。

このままでは独居老人の孤独死で、骨になるまで発見されない…なんて考えが浮かぶと、それが恐ろしくて…

結婚と言う形式に拘らず、血縁者とまでは行かなくても、ある程度信頼のおける「誰か」が近くにいる事はとても望んでいます。

でも、どう考えても私は恋愛体質ではないし、自分の持つ力や時間をパートナーの為に大量には使えない(使いたくない)気持ちがあるのが正直なところです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「結婚」ではなく、「誰か」がそばにいる人生 (40代 女性)_a0057510_175728100.jpgこんにちは。エキサイトお悩み相談室 カウンセラーの佐藤栄子と申します。
ご相談をお受けいたしました。

あなたは現在の生活にさほどの不満や不足を感じてはいらっしゃらないけれど、将来のことを考えると、このまま結婚せずに、今の生活を続けていってもいいのかという、漠然とした不安をお持ちなのですね。

まして先日、誰も想像していなかった大きな災害が起こり、ますます一人でいることが心配になってしまったのではないでしょうか。

かといって、結婚するためにご自身のパワーの大部分を割いて恋愛したりという気にはなれない、というのが悩みどころですよね。

国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集」のデータを見ても、男女とも非婚化が年々進んでいます。
そのため私は、今の40代が老人世代になる頃には、現在以上に単身世帯が増えると考えていますので、一人で生活している方同士が男女問わずコミュニケートできる生活の場が、時代の要請もあって増えているだろうと思います。

今は大丈夫であっても、年を重ねれば誰しも体力は衰えてきますし、ずっと一人だけでいることに不安を感じるようになるでしょうから、おのずと人との触れ合い、助け合いをお互い求めるようになるのではないでしょうか。

ですから、あなたが他人との交流を自ら絶ってしまうようなことがない限り、今から孤独死の心配をなさらなくても、私は大丈夫だと思うのです。


とはいっても、その年代まで一人でいるのも寂しいから結婚を考える・・・、一般論であれば、「寂しさを回避するために結婚するのはおかしい」と言われますよね。

でも私は、人生の方向性がある程度見えてきた年齢の方であれば、そういう選択もあっていいと考えます。

まだ人生経験の少ない、例えば20代の方であれば、恋愛を通じて他人と深くかかわりあい、理解することで個人の成長が望めますし、一つの未来を二人で協力して築いていくことができるでしょう。

しかし、色々な経験を経てきた40代であれば、相手に振り回されることも振り回すこともなく、お互いの持つ知恵を出し合い、二つの未来を結合させて、より充実したものにしていくことができると思うのです。

『結婚』という形に限らずとも、あなたが真剣に「人生を共に歩めるパートナー」が欲しいと考えるのであれば、まずすべきは恋愛ではなく、自分は今後の人生に何を望むか、それを満たすために他人とどういう関わりが必要か、どんな人が必要かを考えてみることだ、と私は思います。

「条件優先なんて邪道だ」などと思うことはありません。

自分が本当に望んでいることが何か見極めることができる年代であるからこそ、自分にとってベストな関係、ベストな相手を的確に選ぶことがで きるのですから。

いずれにしても、あなた自身が望まない限り、「一人ぼっちの寂しい老後」にはならないと思います。燃えるような恋愛をしなくても、穏やかなパートナーシップを築くことも可能です。

焦ることなく、あなたの心の声に耳を傾けてみてくださいね。


アドバイザー: 佐藤 栄子

タグ:
by kekkon_sodan | 2011-04-22 15:28 | カウンセラーの答え