Exciteホーム | エキサイト恋愛結婚トップ | Exciteサイトマップ
婚活お悩み相談ブログ
人にはなかなか相談できない婚活の悩みを解消する「婚活お悩み相談ブログ」。国内最大級の婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」の会員のリアルな悩み・相談と、恋愛のプロのアドバイスがぎっしり詰まっています。
相談受付(会員限定)
神原響子
神原 響子
サイトのバーチャルアドバイザー。恋愛全般、気軽にご相談くださいね。
略歴
エキサイトカウンセラー
カウンセラー
プロのカウンセラーが心をこめてお答えします。
エキサイトお悩み相談室
エキサイト占い師
プロ占い師
相手の気持ちや、あなたの未来もわかるかも?
エキサイト電話占い
響子さんの虎の巻
幸せな結婚★7つの法則
エキサイト恋愛結婚
タグ:プレッシャー ( 30 ) タグの人気記事


両親に結婚を急かされるのが辛い (30代 女性)_a0057510_18595317.gifこんにちは。

母親からの結婚への急かし方がキツくて、参ってしまっています。
結婚したいのはしたいけど、恋愛を楽しみたいし、
でも年齢的にも猶予はないし、
そのせいで恋愛が失敗している気にもなってしまいます。

急がば回れ、のように恋愛結婚をどっしり構えて考えたいのですが、
回りの雑音(主に母)がキツくて、自信がもてなくなりました。
できたら母親と仲良くもしたいのですが…。

結婚への焦りのある人は、急かす両親とどのような対話すればよいのでしょうか?
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
両親に結婚を急かされるのが辛い (30代 女性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。

これは非常に悩ましい問題ですよね。
自分を愛するがために言ってくれていること、と理解はしていても、過ぎると大事な本筋によくない影響を与えられ、本末転倒になってしまう場合があるかもしれません。

でも、「急がば回れ、のように恋愛結婚をどっしり構えて考えたい」とおっしゃりつつ、「できたら母親と仲良くもしたい」と願われるあなたは、バランス感覚に優れた良識ある優しい方ですね。

しかも、「結婚したいのはしたいけど、恋愛を楽しみたいし・・・」という感覚をお持ちとは、なんと人間らしく真っ当で自然なのでしょう!
そこが素晴らしくとても魅力的でいらっしゃると実感しました。
結婚を焦るあまり、基本中の基本である“恋愛を楽しむ”姿勢が不安定になってしまう方もおられるような気がしてなりません。

ただ結婚相手さえ見つければいいのではなく、好きになれる相手と出会えて恋愛を楽しんでほしい、結婚はその先にあるもの・・・というのが、私たちエキサイト恋愛結婚の感じている結婚観なのですから。

それでいて、「でも年齢的にも猶予はないし、そのせいで恋愛が失敗している気にもなってしまいます」というご意見からは、一般的な視線、世間的なとらえ方も理解していらっしゃる姿勢がうかがえて、常識と情熱がバランスされたあなたの聡明な価値観が感じられます。
猶予がない、というほどの年齢では全然ないと思いますけどね。
あなたのような方でしたら、感じるままに進まれていい、と強く思いますが、やはり問題はお母様のことですよね。

どんなに敬愛する母親であっても、様々な恋愛や結婚を経験済みであらゆるタイプの男性や結婚生活に長けているわけではないでしょう。
みんな、自分の体験したことしか実際にはよくわからないものです。


お母様があなたのお父様とどのような結婚をされていらっしゃるか、私にはわかりませんが、あなたの幸せを心から望んでいらっしゃることは間違いないとしても、一般論として、「早く結婚しなさいよ」とおっしゃっている場合もないとはいえません。

お母様が不幸な結婚をされていたら、そうはおっしゃらないかもしれません。
ご自分の経験をベースにアドバイスしてくださっているとは存じますが、可もなく不可もなく・・・といった場合にも、何気なく一般的な常道をお勧めになる場合が、ご両親というお立場の方には多々あるように思います。

不遜な言い方に聞こえたらお許しいただきたいのですが、私は常々、大人になったら、母親に対して子供の側からリエジュケイト(再教育)する必要があると感じています。再教育だなんて生意気過ぎますけれども、親子とはいえ、子供側の本当の気持ちを、子供の世代感覚をわかったうえで理解していただくのって、かなり難しいと思いませんか?

かといって、めんどくさい理論を持ち出す必要はありません。
あなたが、本当の気持ちを穏やかに話してさしあげればよいのです。

「早く結婚できたほうがいいには違いないけれど、焦ってよくわかり合えないうちにしてしまうのってどうかな。結婚してみたら、誰もが羨むような優しいサラリーマンなのに、実際はDV(家庭内暴力)だった、なんてケースがあるでしょう? あるいは、お金に細かくて、私は化粧品ひとつでも、夫に許可を得ないと買えなかったりして・・・。
または、結婚前は私のバッグまで持ってくれてた人が、結婚後はすごい男尊女卑だったことがわかって、私が先にお風呂に入ったぐらいで、彼のお義母さんにひどく怒られたりしたら・・・」

「もちろん、実際に結婚してみないとわからないこともたくさんあるよね。子供を何人作るとか、どういう教育方針で・・・なんてこと、プロポーズされる前にそうそう聞いたりできないし、でもそういうテーマが実は一番大事だったりするわけで・・・。お母さんだったら、そういう話題に関してプロポーズ前に、どういうふうに相手と話したらいいと思う?」

「私が仕事を続けることに理解のある人であってほしいけど、お母さんは、私が仕事より結婚を優先したほうがいいと思ってる?お母さんは結婚して本当に幸せ? どうして結婚しようと思ったの?」

というようなことを、お母様と話し合うチャンスがあるといいですね。いつも何でも話し合えている関係なら、必要ないかもしれませんが。

母娘であっても、女同士みたいな部分がフィーチャーされてくるであろう結婚という話題に関して、娘としては、母親の女っぽい面、生々しい面をあまり見たくない・・・という人も多いはず。
でも、お母様の存在があなたの恋愛の障壁となる部分があるなら、娘としても本腰を入れて、話し合う必要があるのではないでしょうか?


お母様からすれば、あなたが本気で結婚する気があるのかどうか・・・が、いまひとつわからない。
あなたも、日頃はマジな話題はつい避けてしまいがちになる。そうすると、お母様の心配は募ってしまうわけで、あなたの具体的な結婚観がよくわからないから、誰もが言いそうな「早くし結婚しなさいよ」という台詞に特化することで、お気持ちを代弁なさってしまう。

そんなループを感じるのですが、いかがでしょう?

通常から、あなたの恋愛観をよく話していらっしゃるなら別ですが。

「お母さん、私はね、恋愛を楽しむ中で相手の様々な面を知って、いいところもそうでないところも含めて、愛し合って、受けとめ合っていけるようになりたいの。結論を急いで相手を焦らせちゃうと、むしろ関係が壊れちゃうんじゃないかな。結婚を焦っている女だって足元を見られて、私本来の良さも相手に伝わらないと思うの。私も決して恋愛慣れしてるわけじゃないから、何が真実かはわからないけれど、自分らしくリラックスしておつきあいができないと、何も始まらないと思う」というようなことを、お母様におっしゃったことがありますか?

理屈じゃなくて、ご自分の夢見るイメージみたいなことでも、恋愛観、結婚観について、お母様と話してごらんになるといいと思います。

「早く結婚しなさい」とおっしゃるお母様は、たぶんあなたとのコミュニケーションがそんなには取れていらっしゃらないのでは?
お母様と仲良くしたいとおっしゃる優しいあなたなのですから、あなたからご両親とコミュニケーションを取ってさしあげてください。
結婚の悪い例をいろいろ出して懸念を抱かせるだけでなく、あなたが結婚に対していかにきちんと考えているかを冷静に説明しましょう。

どんなにご紹介者が立派なお見合い結婚であっても、いざ結婚してみたらとんでもないことがわかって・・・という事実はあるもの。
他者の意見は参考にはできるけれど、最終的に、自分で決めて舵を取っていくのが結婚です。

そして、何より楽しくなくちゃ結婚じゃない!


ご両親が勧めた相手だからといって、うまくいかない責任を親に押しつけることはできませんよね。
「だから、自分の五感を駆使して、おつきあいする時間を大事にしたい。時間を無駄にはしないから、ゆったりと見守っていてもらえないだろうか」
そんなニュアンスをお伝えできるといいな、と思います。

「お母さんがガンガン急かすから、私が結婚を迫るみたいな物欲しげな態度になっちゃって、相手にドン引きされて、いつもうまくいかないのよ!私が結婚できないでいるのは、実はお母さんのせいなんだからね!」
と、言ってしまいたくなる気持ちは重々わかりますが、それだと心配してくださっているご両親を傷つけてしまうかもしれません。

ご両親には、もし機会があったら、結婚するぐらいの年齢になるまでご自分を育てていただいた感謝をお伝えになるといいと思います。
「心配かけてごめんね。私、がんばるから応援しててね」と、素直に語りかけることも大事かもしれません。


「結婚して子供が生まれたのに、ダンナさんとうまくいかなくなって乳飲み子連れて出戻って来て、お母さんがあんなに早く結婚しろ、結婚しろって言わなかったら、私、こんな目に合わなかったわよ・・・なんて言いたくないから。お父さんにもお母さんにも、幸せな私を見て安心してほしいから。結婚て長い一生をかけて築くものでしょう。私は自分らしく慎重に進めたいので、どうか信頼して見ていてね」

そんなようなことをお話しになると、お母様の反応も変わってらっしゃるのではないでしょうか。

娘と母親というのは、辛辣なことを平気で言い合えてしまう場合も。
私が知っている女性の中には、「お母さんがこういう育て方をしたから、私がちゃんと恋愛できないのよ」、「結婚に失敗したお母さんに、結婚しろなんて言われたくない」、「お母さん、そんなだからお父さんに捨てられるのよ」という言葉を母親に投げつけた、という人がいました。

逆に、母親が娘を傷つけている場合も多々あるでしょう。

かと思えば、母親とあまりに仲が良すぎて、何でも話せる関係なので、ツーといえばカーという感じではないダンナ様には、なかなか本音が出せない、という女性の話を聞いたこともあります。

もしかして、今までご両親とあまり深い話をしたことがなかったとしても、結婚という人生のワンシーンから、深い人生論や経験談を拝聴する機会を得ることができるかもしれません。

できることなら、人生の先輩として、自分自身の大事なルーツとしても、ご両親とはいろいろ話しておきたいもの。
そういう習慣をつけておくとこれからの人生、さらに心豊かな実り多いものとなることでしょう。

あなたなら、ご両親と調和を持っていい関係を築けると信じます。
ご健闘を心からお祈りしています。

響子

アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2012-04-27 19:01 | 神原 響子の答え


自分が本当に結婚したいのかどうか分からない (30代 女性)_a0057510_15324934.gif結婚を本当にしたいと思っているのか、自分の気持ちがよくわかりません。
周りの友達も結婚し出して、焦っているだけかも…とも思います。

とりあえず、合いそうな方とメールを始めるのですが、実際に会った後はものす
ごい疲労感に襲われます。
一体私はどこへ向かいたいと思ってるんだろう…。
相手の方に気に入ってもらえたりすると、罪悪感も感じてしまいます。

こんな時はどのように自分の気持ちを整理したらよいのでしょうか?

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
自分が本当に結婚したいのかどうか分からない (30代 女性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。
お気持ち、ものすごくよくわかりますよ。

大好きな人とだったら疲れていても苦にならないようなことが、まだ未知数のお相手だと消耗の原因になってしまう・・・。

そして、本当に結婚したいかどうかすらわからなくなってしまう・・・。
かといって、一生独身でOKなどと達観できるかといったら全然違う・・・。
周りの影響で焦っていないと言えば嘘になるし・・・。
だって、みんな結婚して幸せになっているわけでしょう?
当然、私だって結婚したい!
でも今、結婚するためにいろいろしなくちゃいけないとなると・・・。


そういうふうにグルグルして、何が何だかわからなくなってしまいますよね。

ただ、方向性のマジックに陥ってしまうことがあると思うのです。
ちょっと問題を整理してみましょうか。

「①好きになる → ②恋愛 → ③結婚」という順序は同じなのですが、ネット婚活の場合、好きになる相手と出会うために、まず結婚を意識してその領域に踏み出していくので、③②①と逆流しているような気がする場合があるのですね。

それだと自然じゃない感じがして当然無理な気持ちになるでしょう。
まず心が疲れてしまいます。

お願いしたいのは、疲れそうなことはなさらないと決めること。
すべてはあなたが舵取りして進められる航海なのです、恋愛も結婚も!
自分で自分をいちばん大事になさらなかったら、次へは進めません。


あとは、恋するのって素敵~♪ という気持ちを持ち続けること。
それだけなんです。

基本はとてもシンプルです。

好きになると、不思議とエネルギーがわいて、普通だったら面倒くさいと敬遠するようなことでも、全然大丈夫になったりするものです。
そういう自分に気づけたら、それからがんばればいいのです。


おおっ、これは・・・と気になったらメールなさればいいですし、でも、会うのはちょっと・・・と思ったらお会いしないでいい。

自分の本当の気持ちを確認することは意外と難しいもの。
いつもご家族やお友達に決めていただくことに慣れていたりするとなかなかできなかったりします。私、本当はどうしたいの? と。

自分の心と常に対話する習慣を持っていらっしゃいますか?

そのうえで余裕があったら周りの人をどんどん助けてあげてください。
でも、まず自分が無理し過ぎない。
がんばって疲れ過ぎると、他に原因を見つけたくなったり
具合を悪くして周りに心配をかけたりしてしまうかもしれません。

第一、楽しいはずの恋愛感情に対する気持ちが変質してしまいます。

逆に、恋愛マジックにかかって、生きてるって楽しい~と思える方向へ持っていきましょうよ。あなたなら絶対できますから!
好きな人がいると免疫力も上がるそうですよ。

ご自身で意識し直すだけでいいのです。

私たちのチームで共有している感覚ですが、エキサイト恋愛結婚の目的は「ベストパートナーを見つけてもらうこと」。
真面目な出会いを応援していますし、もちろんその先に結婚を見越しているとは思うのですが、「結婚するために出会う」のではなく、「結婚したいと思える人に出会ってほしい」。
そんな思いで、私たちは日々、みなさまに向き合っています。


ちょっと宣伝みたいになってしまいましたが、単なる仕事としてただ出会いの場を提供するだけ・・・という感覚ではまったくありません。

あなたがここをひとつのステップにして、一生涯、心豊かな心潤う日々を楽しんで送っていただきたい。
そんな気持ちでいっぱいなのです。


気になるお相手ができたなら、楽しくデートできるように自分から一歩踏み出す勇気を持つことも必要でしょう。
数打ちゃ当たる・・・とばかりに行動することが苦にならない方もいらっしゃる。

でも、あなたはご自分の本心をガン見しながら、ご自身の感性を磨いて、それを信じて、それに従って行動なさっていただきたいと強く念じます。そして、そういう方のほうが直感が導いて結実するものが大きいと信じます。

どうぞ今から、楽しんでしまいましょうよ。
これから出会いがあって素晴らしい関係が生まれるのですよ。
あなたのとびっきりの笑顔が周りをめちゃくちゃ明るくしちゃうはずです。
ご健闘を心からお祈りしております。

響子

アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2012-02-01 15:35 | 神原 響子の答え


ネットでの出会いを周囲に正直に言える自信がありません(30代 女性)_a0057510_12282337.gifお付き合いをすることになったり、結婚をすることになったとき、周囲に、知り合ったきっかけを正直に言える自信がありません。
ネットで婚活をしておきながら、また、エキサイト恋愛結婚は本当に誠実な方が多く信頼もしているのですが、田舎の、古い考えの両親や、自然に知り合って結婚している友人たちに正直にきっかけを言うことに抵抗があります。
かといって隠すのも卑怯な気がしますし、お相手に対しても隠したいと言いだすことは失礼な気がします。
そんなことを想像すると、活動もつい消極的になります。

時代の自然な流れと言い聞かせ、幸せになっている方の体験談を読んでも、なかなか矛盾が解決しません。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ネットでの出会いを周囲に正直に言える自信がありません(30代 女性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。

お気持ち、とてもよくわかります。

ネット婚活はポュピラーになってきており、 元会員カップルから結婚式への出席依頼をいただいたり、また会員さんから「結婚披露宴で、私たちがエキサイト恋愛結婚で知り合ったことを発表しました」という体験談も多数いただいておりますが、もちろん、そういう方々ばかりとは限りません。

でも、あなたは何も心配なさる必要はありませんよ。
ましてや活動が消極的になってしまうなんて、もったいない!


乱暴な言い方に聞こえたら大変申し訳ありませんが、結論から申しあげると、出会いなんて何だっていいのではないでしょうか、結婚することになったのでしたら。

不思議なもので、結婚する二人というのは、もう完璧な共犯関係なのですね。
誰さんの紹介であったとか、キューピッドが誰それさんで・・・というようなことが実際にはあったとしても、それを結婚する二人、あるいは結婚した二人に言及すると、たいていちょっとムッとしたような迷惑そうな表情を浮かべるものです。

それは、確かにそういうプロセスはあったかもしれないけれど、もはや誰よりも仲良くなってしまった二人にとっては、そう言われてもピンとこないわけですね。

傍から見ればみんなが知っているプロセスだったとしても、「私たち二人は出遭うべくして出会った運命共同体」という意識が強いからなのでしょう。それは別に、彼らが恩知らずということではなく、恋愛のなせる科学反応。
私はとても微笑ましいと思います。

何を関係ない話を延々と・・・と思われるかもしれませんが、いい意味で共犯関係ができあがっている結婚相手とは、知り合ったきっかけなんてもうどうでもよくなっちゃっている、ということなのです。

現時点でそういう状況にいらっしゃらないと、それこそピンとこないかもしれませんが、恋愛の科学反応の前後はそれだけ違うということをぜひ想像してみていただきたいと思います。

少なくとも、隠すのは卑怯・・・などという気持ちはなくなっていると保証します。

何を申しあげたいかというと、お二人で共同戦線を張ればよろしいということ。
二人の気持ちは結婚ということで一致しているのですから、あとは周囲へできる限り心を配って、ご両親や親戚、友人たちを安心させてあげてください。


お二人が親しくなっておつきあいを始め、結婚に至るには、必ずや共通する趣味や価値観のようなものがあったはず。
そこから知り合ったきっかけに結びつけられませんか?

マニアックなことじゃなくていいのです。
映画でもサッカーでも俳句でもウォーキングでもガーデニングでも。

好きな共通する世界があって、それでつきあい始めて・・・というのでしたら全然嘘じゃないでしょう?
結婚式で出合い方を説明する機会をわざわざ作る必要はないですし、ご両親へは、趣味の集まりのようなもので知り合ったという延長線の説明がもっともふさわしいかと思います。

それをお二人が互いに納得されていることが大事。
それなら、何も隠していることにはならないと思います。


そして、それ以前に何より大切なのは、ネット婚活だろうが同窓会での再会だろうが合コンで知り合おうが、結婚相手と出遭えたことが、つまり人生で一番、愛し愛される相手と出会えたことがもっとも大切なことであって、その前には何も重要なことはない、と肝に銘じていただきたいということ。


そして、結婚してしまうと、ますます気にならなくなりますよ、知り合い方がどうだったかなんて。結婚して何年かすると、自然に、実はね・・・と話せる時が来るかもしれません。でも、話さなくて全然かまわないと思います。
それは、将来生まれるかもしれないお子さんに対してもそう。

だからこそ、延々と精神論的なことを先に述べさせていただきました。
どういう気持ちでいらっしゃるか、がもっとも大事だからです。

隠しごとだとか嘘だとかと、とらえないでいただきたい。
そうとらえることのほうが違うと思います。
まずその意識を変えていただきたくて、いろいろ申しあげております。


あなた方お二人は誰にも迷惑をかけていないし、それどころかあなた方お二人が幸せになることで、ご両親も周囲の方たちも幸せになります。
とてもいいことをなさっているのです。

極端なことを言えば、結婚する二人がOKなら家庭の中では何だってアリ。
素っ裸で暮らそうが、赤ちゃん言葉で話そうが何でもアリなんです。
そういう二人がどうやって知り合ったか、を気にするほうがおかしい。

かりに、かなり格式ばった結婚式をなさる場合でも、そこまで堅苦しくすべてを明白に語る必要はまったくないと思います。私の友人などは、都内で一番人気のある神社で挙式を行った後の披露宴で、ご主人が二人の履歴と出会いを簡単に説明する場面で、奥さんの年齢がやや高めだったのを気にしてか、「〇〇〇子、1900ホニャラホニャラ年、東京生まれ・・・」と、紹介していました(笑)。

そのぐらいの融通を利かせていいのです、出会いに関しても。

要は、結婚することになる相手ができたなら、二人でいろいろ話し合ってお互いがなるべくいい気分で過ごせるよう二人で実践していけばいいのです。


「エキサイトなんて言っても、実家の両親はチンプンカンプンだと思うよ」
「ネット婚活って一言でも口にしたら、理解できないものだから、私が何かとんでもないことに手を染めてるみたいな目で見るんじゃないかな」
「親戚に顔向けできないって泣かれちゃったりして・・・」
「何度も見合いを勧めてきた、とんでもなく頭の古い伯母がいてね・・・」

などという話を、結婚相手とはどんどんなさってみてください。
ご両親に無理して理解していただく必要はまったくありません。
ご両親にはとにかく安心して喜んでいただくことがベスト。
そうできるようお二人で力を合わせてほしいのです。

結婚とは、二人でまず最初にする仕事が、そういうプロデュースなのですよ。
ご自分たち、そして周囲をも幸せにするために、楽しんでなさっていただきたいです。
それは、結婚後も一生続くハッピーエンディングな映画の1stシーンなのです。


とはいえ、あなたが結婚なさって、お子さんがおできになる頃には、さらにネット婚活がポピュラーになっていて、なかなか結婚しないあなたのお従兄弟さんに対して、あなたのご両親が、「エキサイト恋愛結婚を紹介してあげたら」と、あなたに頼んでくる状況になっているかもしれません。

現在は、まだ誰とも出会われていらっしゃらないのでしたら、ずいぶんお門違いな濃い話を聞いちゃったな~、と呆然となさるかもしれませんが、恋に落ちればご理解いただけると信じます。

もちろん、ホレタハレタだけではすまない様々なご事情がおありでしょう。
でも、出会いの前から、ネット婚活に引け目を感じながら活動すると、ご自身が疲れてしまいますよ。心の状態に体は確実に反応しますから。しかも全然引け目を感じる必要がないことなのに、それでは本当にもったいないです。

人を好きになるって素敵ですよ!
ネット婚活を、どうぞ思う存分楽しんでください。

響子


アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2011-06-21 12:49 | 神原 響子の答え


両親と離れて住めない私・・・結婚はあきらめるべき?  (30代 女性)_a0057510_12432984.gif私は一人っ子で、昔からずっと両親と同居しています。

結婚したいと思っていても、結婚して両親から離れたところに住むのが難しいです。
さびしい思いをさせたくないですし、両親には持病があり、同居は無理でも、スープの冷めない距離がいいと思っています。

そうなると、近くの方で探すしかありませんが、メールをいただいて、良いなと思える相手は車で3時間以上という地域の方ばかり。知らない土地で暮らすことにも不安はあります。

結婚を諦めるか、両親と離れた地域でもいいと割り切っていくか、まだ交際相手すら見つけてない私ですが、悩んでしまいます。
何かアドバイスをいただければと思います。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
両親と離れて住めない私・・・結婚はあきらめるべき?  (30代 女性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。

あなたの親孝行なお気持ちは大変素晴らしいと思います。
ただ、ご両親様はあなたの将来についてどう思っていらっしゃるのでしょう。

あなたの幸せを一番願っておられるであろうご両親が、あなたが結婚なさらず、ずっとご両親と一緒にいることを望んでいらっしゃるのですか?
それはたぶん違うでしょう。

意地悪な言い方に聞こえたらごめんなさい。
私には、あなたがご両親の持病や寂しい気持ちを言い訳にして、ご自分の恋愛に対する臆病な気持ちや、慣れ親しんだ環境や生活が変化することへの懼れを隠しているように思えてなりません。

ご両親との生活は日だまりのように温かく穏やかで楽しいでしょうね。
それを失うのが寂しいのは、ご両親以上にあなたなのではないでしょうか。

もちろんご両親様は、あなたが旅するとなれば心配し、寂しいから早く帰って来てちょうだいとおっしゃるかもしれません。その気持ちを汲んで、なるべく早く帰って来よう、なるべく家を空けないようにしよう、ときっとあなたは思われるはず。

優しく親思いのあなたはご両親のご自慢だと思いますし、あなたも彼らの期待にずっと応えていらして、これからも応えていきたいと思っていらっしゃるでしょう。
あなたが心からそうしたい、本当は結婚なんかしたくない、と心底思っておられるなら、そういう生き方もアリだと思わないわけではありません。

でも、ご両親様はあなたの結婚を望んでらっしゃるのではないですか?

『お嫁に行っちゃうのは寂しいけれど、あなたに幸せになってほしい・・・』というお気持ちなのではないかと想像しております。


あなたは恋をしたことがありますか??

人を好きになったら、あなたの大概の心配は根底から崩れてしまうはず。
今から知らない土地で暮らすことを心配なさらなくていいのです。

今、あなたは人を好きになることが不安ですよね。
好きにならないための理由はいくらでも見つけられますもの。
実際は、おつきあいしていけるかどうかが心配で、特に自分からアプローチなさることを考えると心臓がバクバクしちゃうのではないですか。

大丈夫ですよ。
そのための当サイトなのです。

まず出会っていただきたい、と心からお願いいたします。
良いなと思える方と会ってみていただけませんか?


その方が、車で3時間以上のその地域で生涯を終えると決まっているわけではありませんし、もし最初はそこで生活しても、お子さんが生まれたらあなたの実家でご両親と同居する可能性が出てくるかもしれません。

近くの方と出会っても、しばらくしてからお相手が転勤するかもしれないし、先のことは事前にいろいろ考えていても、意外な展開が待っているかもしれず、だからといって、「結婚を諦めるか、両親と離れた地域でもいいと割り切っていくか」とおっしゃるほど、懸念して案ずるばかりでは先へ進めないと思います。


ご自分の幸せについて、一度ゆっくり感じてみてください。
あなたが幸せになることは、ご両親が不幸になることではありません。
あなたはもっともっと幸せになっていいのですよ。


ご両親より、20~30年以上長い人生が待っているのです。
本当に愛する人と出会えたら、ご両親よりその人と一緒に暮らしたいと思うかもしれません。逆にいえば、そのぐらい好きな人でなかったら結婚しなくていいかもしれません。
それはあなたが感じてお決めになることです。

むしろ、あなたが好きになった相手に、ご自分の両親に対する気持ちをどうやって伝えて、あなたが望むような結婚生活を二人で作っていくか、が命題だと思います。

そういう話し合いができる相手を選ぶ以上に、あなたが相手のことも思いやったうえで、ご自分の気持ちをわかってもらえるよう誠意を持ってどう表現していくか・・・が重要なのではないでしょうか。

遠くの人だからと、好きになるかどうかわからないうちから「同居は無理でも、スープの冷めない距離」をあきらめてしまってはもったいないです。
遠くの人と会ったりとかいろいろトライしたりする気持ちの余裕がない、とおっしゃるかもしれませんね。

でも、あなたも本当はわかっていらっしゃるはず。
結婚できたらいいな、できたら誰かと分かち合える人生を送りたいな、と。


どうぞご自分のことを、本当の意味で大事になさってください。

結婚しても親孝行はできます。
というより、あなたが幸せでいることが真の親孝行になるでしょう。
そして夫婦で親孝行できたら、ご両親はもっと喜んでくださるでしょう。


もしかりにどんなに遠くで暮らすことになったとしても、ご両親は「お前の幸せが一番」と許してくださるのではないでしょうか。

ご両親様の持病がどんな容態かも知らず、様々なご事情も知らないまま勝手なことを申しあげていたら申し訳ありません。ただ、あなたには、もう一歩を踏み出す勇気をお持ちになっていただきたいと強く感じました。

良いなと思える相手は遠い地域の人ばかり・・・の中でも一番気になる方に、どうぞアプローチなさってください。そのことを恐がらないでください。

良いなと思える相手がいるって素晴らしいではありませんか。
その気持ちをもっともっと楽しんでいただきたいです。


大事なことはいつも非常にシンプルです。

恋をしてください。
そして結婚して、もっと親孝行なさってください。


あなたの幸福を心からお祈りしております。

アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2010-08-25 12:46 | 神原 響子の答え


既婚の友人からの言葉に、傷ついてしまいます・・・  (30代 女性)_a0057510_19215057.gifエキサイトさんに登録し、婚活をはじめてまもなく1年です。

30代半ばになると、周囲の既婚の友達から、
「早く(結婚)しないとやばいよ!」
「高望みなんじゃないの?」
「子供って本当にかわいいよー、早く産んじゃいなよ」
・・・と、いろいろいわれることが増えてきました。


私だって、早く素敵な人に出会い、幸せな家庭を築き、子供もほしいと思い、仕事も婚活も頑張っています。

でも、簡単にそれらを手に入れた(ように見える)人たちには、努力しても簡単に叶わないこともあるって、わからないのでしょうね。

彼女たちとはずっと仲良くしてきましたし、私を心配しているから、そういう遠慮のない言葉をかけてくるのはわかるのですが、そういう話を何度もされると、やはり傷つきます。
もう、笑って受け流せなくなりそうな自分がいます。
どうすればよいでしょうか?

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
既婚の友人からの言葉に、傷ついてしまいます・・・  (30代 女性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。
お気持ち痛いほどわかりますよ!!!

悪気がないのはわかっているけれど、相手の立場や気持ちを思いやっているかといえばあまりにも無神経な、でも気にしていてくれてないわけでもない無邪気さと、自分の置かれた安穏な場所からの、本人は意識していない“上から目線”。

自分たちは結婚して子供を持ち、誰からも批判されない正しい生き方をしている、多数派である、という安全領域にいるからこそ自然に発せられる言葉で、悪気がないからこそかえって傷つきますよね。

「心配してるんだから」・・・といわれてしまえばなかなか反論できないもの。
そこで、「心配してあげている」という優越感に酔ってるんじゃないか、友達を思っている振りをして自分の優位を示そうとしているんじゃないか、などと意地悪な見方を増殖させても意味がありません。

彼女たちだって、本来は決して無神経な人たちではないはず。
もともと嫌な友達ならつきあわなければいいだけですけれど、あなたは彼女たちとおつきあいを続けていきたいのですよね。

今度その話題が出たら、こういうニュアンスで対応してみていただけませんか?

「心配してくれるのはすごく嬉しいんだけど、今、婚活努力中だから、それ言われちゃうると、どうしてもプレッシャー感じちゃうんだよね。ごめんね、私ったら小さくて・・・」

「ごめんね」という時に、手を合わせて拝むポーズをしてもいいかもしれません。
あなたのキャラにないのであれば無理しないでいいです。
ただ、ちょっとおどけた言い方で明るめに発言するのがポイント。

そのうえで「がんばってるんだけどなかなか難しいから、誰かいい人いたら紹介して~」という方向へ持っていくのもいいでしょう。

彼女たちは、もちろんあなたが婚活中であることをご存じだとは思いますが、あえてあなたの口から確認することで、ハッと気づくと思います。
自分がプレッシャーをかけていたかもしれない・・・、ということに。


何でそこまでしなくちゃいけないのよ、と思われますか?
“なあなあ”になりがちな友人関係(友人なのに無神経なことを言えてしまうような関係)に、いい意味で“活”を入れましょう。

テンションが変わることで、友人関係も変わります。
このままだとどうなっちゃうの? という関係も新鮮な空気で活性化します。

彼女たちだって、何も悩みがないわけではないと思いますよ。

子供が1人の人は、2~3人いる人から「何で早く2人目を作らないの?一人っ子じゃかわいそうだよ」と言われたらカチーンとくるかもしれません。
「何よ、かわいそうってどういうことよ。何でも1人占めできて恵まれてるし、私は1人でもういっぱいいっぱいなんだから、これ以上プレッシャーかけないで」と。

「生まれる前から保育園を確保しとかないと間に合わないって聞くけど、大丈夫なの?」などと言われようものなら、キレちゃうかも。

子供の教育方針を巡って、ご主人のご両親と意見が対立してるかもしれないし、本当は仕事にもどりたいのに、ご主人が育児にあまり協力的ではなく、彼女は自分の時間がまったくとれないでたまにパニックになっているかも。

だけれど、結婚前のあなたに対しては「結婚して子供がいるのっていいよ」という部分に特化してしまうわけです。

本当は生き方はまったく人それぞれであって、結婚しない生き方も、子供を持たない生き方も、子供だけ持つ生き方もアリですし、自由です。
でも人間って、『多数派』に属すると、そのことを忘れてしまう人が多いもの。

もちろんあなたは独身でいたくていらっしゃるわけではないのですから、そこまで私から言われると、引いてしまうかもしれませんが。


人にはそれぞれ季節があって、それはと同い年でもまったく違います。
結婚する時期も出産する時期も違えば、同じ体験をしていても感じ方は微妙に違う。

人は同じ季節にいる者同士、仲良くしやすいものですが、彼女たちとはたまたま今、違う季節にいるんだな~と思ってあげてくださいませんか。
そうでないと、自分に対して無神経な発言を繰り返す友人たちを許せなくなって、必要以上に距離を取りたくなってしまいますから。

彼女たちとはずっと友達でいたいと思っていらっしゃるでしょう?
でしたら、
「結婚したいのにできないでいる私に対して、よくもそんなことが言えるわね」
「結婚してることがそんなに偉いの?」
「子供を持ったら恐いものナシ? どうせ私は負け犬よ!」

・・・などといった言い方はなさらないことです。

テーブルをひっくり返したくなるような気持ちになることがあるかもしれませんが、それをしちゃうとあなたは自分自身が嫌いになってしまうでしょう。

そして、せっかくよき体験者の友人たちがいるのですから、「誰か紹介して」と頼んでみるのと同時に、
「本当に結婚したいと思ってるんで、何か具体的なアドバイスをしてくれない?」
とお願いしてみてください。
「私の性格、ファッション、話し方、何についてでもいいからアドバイスして」
と。

育児中であっても、あなたと会ってお茶したりしてくださってるわけでしょう。あなたに対してもっと親身な話題で会話が進めばいいなと思うのです。
あなたが、自分は独身で話題に加われないから・・・と尻込みしていては、彼女たちのペースに飲み込まれてしまいます。それでなくても育児中の女性はものすごくパワフルですから。

友達なのだから、そのぐらいは甘えていいと思いますよ。
あなたがムカッとなさるのは、彼女たちが実はそんなに親身ではないのに、安易に「高望みなんじゃないの」とかその類のことを言うからでしょう。

もし真剣に心配して親身で、独身男性の友人を次々とリストアップしてくれたり、しょっちゅう紹介の労を取ってくれたりしていたら、あなたはここまで傷ついてはいないと思うのです。言葉だけで何よ!って感じですよね。
(あまり世話を焼かれても今度は別の意味でしんどいかもしれませんが)

友達を敵に回さないで、仲良く味方につけてしまいましょう。

あなたが彼女たちにおどけた口調でプレッシャーを嘆いて見せ、自分も努力するからと真剣に協力を頼む、そういう積極的な姿勢を取ることで、これからの様々な季節、時にはがっちりと組み合いながら、時には少し距離を取って傍観しながら、ともに仲良く歩んでいけると思います。

「セックス・アンド・ザ・シティ」ではないけれど、本音で語り合える友達、一生つきあえる友達は、人生の伴侶と同様、とてもとても大切です。あなたが本音を出さなければ、彼女たちも出しません。

今、すごくムカついていたら少し時間を空けてもいいのです。
ぜひ彼女たちと、さらに良い関係を築いてください。
あなたがずっと友人でいたいと思っている方たちなのですから、あなたの本音を知れば、絶対理解してくださると信じています。

さあ、どうぞリラックスして、新たな一歩を踏み出してください!

アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2010-08-06 19:22 | 神原 響子の答え


結婚したいけど、自分は結婚に向いてない?  (30代 女性)_a0057510_124110100.gif婚活して5年目です。これまで積極的に活動してきたと思います。その間お付き合いした方も何人かいましたが、結婚には繋がりませんでした。
一人は寂しいですし、幸せそうな既婚の友人に会ったりすると、家庭を持ちたいと感じます。

婚活が長くなると、相手に出会えないのは活動の仕方が間違っているのか、とか、自分は結婚に向いていないのではないか、と思うことがあります。

結婚に向いていないというのは、人のペースに合わせるのが苦手で、頑固で、感受性が強く、相手にNOと言いにくいため、人付き合いで疲れやすい、という部分があるからです。

友人には恵まれてますが、異性と長くお付き合いをしたり、他人と一緒に暮らすのはまた別かなと感じることもあります。
たとえ好きになった人でも、一緒に暮らすことでストレスを強く感じるなら、一人の方が幸せかもしれない、と感じることもあります。

今年は結婚につながる恋愛がしたいという気持ちはあるのですが、どんな方を選んだらよいのか等、アドバイスをお願いします。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
結婚したいけど、自分は結婚に向いてない?  (30代 女性)_a0057510_1214483.gifご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。

婚活が長くなってくると、いろいろなことを考えてしまうものですよね。
達成感のないゲームを続けているような気持ちになり、自分のどこかに問題があるのか、などと思い始めてしまうこともあるかもしれません。

でも、あなたは5年間、積極的に活動していらっしゃいました。
結果が出てませんよ、とおっしゃるかもしれないけれど、私は何とがんばってらして素晴らしいのだろうと涙が出ました。

たぶん、気になる方々ときちんとメールをやりとりし、会う時には誠意を込めて臨み、お礼おやねぎらいや思いやり深い言葉をたくさんしたため、ひとつひとつ丁寧に相対されてきたのだろうなと思うのです。

そんな素敵なあなたを、あなたご自身は評価してらっしゃいますか?

人のペースに合わせるのが得意な人のほうが少ないと思いますし、頑固さはご自分の生き方を持っていらっしゃるということですし、感受性が弱い人のほうがつまらないし、相手に対してNOばかり言ってる人が愛されるとは思えず、人付き合いで疲れやすいのは普通ですよ。

アラフォーが近づいてくると、たとえ好きになった人でも、一緒に暮らすことによってストレスを強く感じてしまうなら一人でいた方が幸せなのかもしれない、と感じることがあるのは当然です。

自分の行き方やライフスタイル、大事なものが自分でわかってくるのは実に素晴らしいことだと思います。
年を取ることの良さのひとつです。生き方に自然と無駄がなくなり、自分にも相手にも心地よさを与えていけるようになれるからです。


そんな自分にふさわしいお相手と出会えばいいのです。

ストレスを感じることに対しても、実際に結婚してみないとわからなかった20代の頃よりは、はるかに的確に微妙なニュアンスをキャッチし、争ったり周囲まで巻き込んだりせずに自分らしく対応できる可能性が増えてくるはずです。


そこで伺いたいのですが、あなたは結婚にどんなイメージを持っていますか?

一人じゃ寂しいから?
幸せそうな既婚の友人に会ったりすると、家庭を持ちたいと感じるから?
では、不幸そうな既婚者に会うと反対の考えになる?
みんなしていることで、それが普通だから?

あなたはあなたらしく生きる可能性を100パーセント持っていらっしゃいます。無理に誰かに合わせる必要もないし、気にそまないことはしなくていい。

既婚者として扱われたい、という世間体よりも望むことがおありでしょう?

結婚するなら、仕事のことでも秘密の趣味でも何でも話せて、お互いにほとんどすべてを受けとめ合って常に進化していけるような生活を送りたいのか、議論したりはしなくていいからとにかく一緒にいて楽な人としたいのか、価値観さえ合っていればお互いに自由に好きなことをしていける関係がベストなのか、わりと何でも一緒にベッタリ共有していきたいか・・・、もっともっと十人十色だと思いますが、どんなイメージをお持ちでしょうか?

そして、結婚してあなたはどんな自分でいたいですか?

今とあまり変わりたくない?
結婚しても独身と間違われるようなお洒落な人?
尊敬できるダンナ様でいていただくために、一生懸命夫を立てる?
母として子供にはきちんと教育を与えたい?

そのような断片的なイメージを心に念じてみていただきたいのです。
自由に!

さあ、どんな情景が浮かんできますか?

独身の方は、結婚という確固たる世界がどこかにドーンとあって、それが自分に近づいてくるのか否か、または恋愛という甘くてキラキラしたラブラブモードの世界がどこかに存在していて、そこに自分が向って行くか行かないのか・・・というイメージを感じてしまうやもしれません。

でも、違う。
それはこれから自分で作る世界なんですよ。

そして、まさかと思われるかもしれませんが、自分のイメージが間違いなく反映されていくのです。

ロマンティックなものを求めていればその方向に行くし、マイホームが欲しいとか、母親であることに一番自分のアイデンティティを感じるとかなど、まさに人それぞれ。煎じ詰めれば潜在意識のレベルまで行ってしまうことですけれども。

人付き合いで疲れやすいなら、一緒にいて疲れない人を選ぶこと。
さらに言うなら、あなたが合わせたくなる人。


一人が楽である以上に、この人を喜ばせたいな・・・と思える相手と出会えると幸せです。
いつもいつもでなくてもいいけれど、合わせてあげたいと思える人。



たとえば、こんなイメージです。
彼が趣味で会社の野球部に所属していて、週末、早朝からの試合にお弁当を持って応援に行くことに・・・。早起きは辛いし弁当なんて面倒臭いし、日焼けするかもしれないのに炎天下で何時間も試合の応援?
あり得ない・・・と思ったら、そのお相手はやめましょう。

4時起きでもOK! 彼の好みの食べものはチェック済みで前日から準備万端。着ていく服も野球場に合うカラフルなキャミソールやショートパンツを楽しく選び、チアリーダー張りにポンポンも用意しちゃおうかな、香水はフルーティーな香りにしよう・・・などと思えたら、そういう気持ちになれる人と結婚なさるといいでしょう。

人間はみんな、自分が一番可愛くてあたりまえです。

たとえば、「自分が頑張って仕事して妻子を養っていきたい」という家庭生活を思い描いている男性からすれば、もし相手の女性を嫌いになってしまったら、「なんで俺、こんな女を食わせるためにあくせく働かなきゃなんないんだ!」と思うことでしょう。
贅沢は望まないけれど、信頼し合って仲の良い結婚生活を送りたいと思っている女性だったら、彼が仕事中心であまり会話がないと非常に寂しくなってしまうかもしれません。

頭ではわかっていても、いざとなると思いやりを相手に示し続けるのは難しい。
優しくしてくれる人には優しくできても、逆は無理になってしまう。
誰だってそうなのです。



あなたご自身がまず、ご自身の楽しい結婚生活を思い描いてください。
まさかこんな人を好きになるとは・・・という可能性は常にありますが、たとえ自分で忘れていても、インプットしたものがアウトプットされてきます。

そのうえで、どんな自分でありたいか。
たぶん、相手選びより、そちらの優先順位が先です。


5年間がんばっていらしたあなたは、必ずその経験を生かせますよ。
そのためにはご自身がリラックスなさって、ご自分の好きな自分でいること。もっともっとご自分を褒めてあげていいのです。

心からご健闘を祈ります。

アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2010-06-10 13:01 | 神原 響子の答え


彼の好意や優しさが負担で、逃げ出したくなります・・・ (20代 女性)_a0057510_1216347.gif「エキサイト恋愛結婚」に登録して約1ヶ月か過ぎました。

何人かの方とメールしていますが、その中のお一人から「近々会いたいね」と言われるようになりました。

彼はとても優しくて、私のペースに合わせて連絡をくれたり、親身にアドバイスしてくれたりと、とても大切にしてくれているんですが、その優しさが最近、負担に感じるようになってきてしまいました。

昔から追われる恋を“こわい”と感じていて、今まで好きになった人は友達としていつもそこにいて、もっと2人でいたいと感じて‥って流れだったこともあり、今みたいに好意を持って積極的に優しくされると、恋愛感情以前に逃げ出したくてたまりません。

結婚という長い道のりを歩むなら、“好きって気持ち“にこだわらず、こういったの方のほうが良いのかな、と思う半面、やはり“こわい”という感情が消えず悩んでいます。

ネット恋愛自体が私には向いていない?とも考えています。アドバイスお願いします。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
彼の好意や優しさが負担で、逃げ出したくなります・・・ (20代 女性)_a0057510_12162573.jpgはじめまして。
エキサイトお悩み相談室
カウンセラーの舞原 惠美と申します。
ご相談ありがとうございます。

登録されて何人かの方とメールをやりとりしている中で、お一人からアプローチを受け、戸惑い、逃げたいようなお気持ちになっていらっしゃるのですね。もちろん男性とお付き合いをしたいというお気持ちがあって登録されたのでしょうから、それと相反する「こわい」という気持ちに悩んでいらっしゃるのですね。

結婚という長い道のりを歩むなら、“好きって気持ち“にこだわらずこういった方のほうが良いのかな、と思う半面、やはり“こわい”という感情が消えず悩んでいます。

・・・と書いていらっしゃいましたが、「こういった方」というのは、「好意を持って積極的に優しくしてくださる方」ということでしょうか。

ただ、ここで注意していただきたいのは、その方にはそういう一面があるということ以外、あなたは彼について実はまだほとんど知らないということ、そして、人はまだ知らないものに対しては「不安」が生まれ、「こわい」と感じるようです。

ですから、その“こわい”と感じられることは、とても自然だと思うのです。
(“好きって気持ち”も大切にしていただきたいと思うのですが、それは後述いたします)

では、その「こわい」という感情がどこから来て、どんな意味をもつのか、一緒に見ていきましょう。そうすると、その「こわさ」と案外、楽しく付き合っていけるかもしれませんよ。


お相手は、あなたにペースを合わせてくれ、親身で優しく、大切にしてくれると感じていらっしゃるとのことですから、決して嫌な感じを持たれているわけではないようですね。
けれどそれを「負担」と感じるようになられたこと、そして、昔から「追われる恋」を「こわい」と感じ逃げたくなること、それはなぜでしょうか。


1、まだよく知らない人が距離を縮めてこようとする。
→ 何が起こるかわからないこわさ。

2、お相手の期待に添えず、失望させてしまうかもしれないこわさ。

3、大切にしてもらっているのと同じくらい返せないので、そんなアンバランスは許されない、借りが増えてしまうように感じるこわさ。

4、過去の体験で受けた傷の痛みを、また感じるかもしれないこわさ。


・・・などが考えられますが、いかがですか?


■1について

前述のとおり、よく知らない人が接近してくれば警戒するのは生物として自然な反応で、誰も多かれ少なかれ「不安と恐れ」を感じるものと思います。人はそれを抱えながら、それでも人とのつながりを求め近づいていくのか、それとも離れていくのか、またはつかず離れずでいるのか、距離感を決めていきます。

どう決めようと間違いではありません。
ただ、少しでも「近づいてみる価値があるかもしれない」と思った場合は、勇気を出してちょっとずつ、恐る恐るでもいいので一歩踏み出してみると、思いもよらぬ新しい楽しい世界が開ける可能性も大いにあります。

パートナーを見つけたいという気持ちがあるのであれば、できる範囲でいいので、ちょっと冒険してみるのは大事かもしれませんね。何かにチャレンジしたときは、どんな結果になろうとも具体的な学びや気づきがあるものですから。

いずれにせよ、自分が選んでいるのだ、という意識を持っていることは、後悔しないために大切なポイントです。


■2について

ひょっとしたら「まだ私のことをよく知らないのに、どこが気に入って付き合いたいのだろう。もっと知り合ったら、私の嫌なところもばれてダメになっちゃうかも」と、自信のなさから臆病になって逃げたくなる、ということもあるかもしれません。

反対に、もしお付き合いを始めたとしても、お相手のことを好きと思えず、思いに答えられずに傷つけるかもしれないという「おそれ」を感じて、負担に思われるのかもしれません。
どちらにしても、まだ起こっていないことに対して不安を感じ心配になってしまうわけです。

ヒトは危険だらけの原始時代から「いざというとき」「最悪の場合」に対処できるよう、悪い結果を想定し心配するようDNAの中に組み込まれているという説がありますから、これだって普遍的な自然なこととも言えます。

ただ、これに従って、心配に捕らわれ踏み出さないことを続けていれば、安全は確保できるかもしれませんが、いつまでも目的にはたどりつけないことになってしまいます。

責任感の強い方ほど、うまくいかなかった場合を想定して引いてしまわれることも多いようですが、まだ起こっていないことへの心配のためにチャンスを逃がしているとしたら、もったいないことではありますよね。


■3について

これも人類共通のようですが、よほど厚かましいのでない限り、人は「してもらったら、して返したい」という報恩の法則とでも言うべき傾向があるようです。

ここで混同するとマズイのは、人として大切にすることと、「特定のパートナーとして大切にすること。

お会いもしていないのですから、人として大切にしてくれるマナーのきちんとした方だととらえ、自分も人としてのマナーをわきまえれば、それ以上の期待(彼女として付き合うなど)を想定してそれに答える義務も責任も、今のところ全くないと思います。

そう思えば、「負担」に感じる心も少し軽くなってきませんか?


■4について

これは普遍的な傾向というより、『個人的な事柄』になります。

好意を持って積極的に優しくされると、恋愛感情以前に逃げ出したくてたまりません


・・・と書いていらっしゃるのですが、ひょっとしたら過去に同じような状況でいやな目にあったりひどく傷ついた体験があって、「気をつけろ!」と過去からのメッセージが届いて「こわく」なってしまうのかもしれません。

もしそうなら、そのメッセージを丁寧に聞いてあげて欲しいと思うのです。
それは、あなたを守ろうとして発せられているからです。

そして、もしあなたがずっと過去に留まるのではなく、経験則に捕らわれない「今」を生き、新しい可能性を開きたいと願うのならば、あなたの中のその「警告を発してくれている部分」に「今までありがとう」と感謝しつつ別れを告げ、「こわさ」の中に入っていくしかありません。

その「こわさ」の中にこそ、新しい可能性があるからです。

言い換えれば、こわいことがやってくるというのは、よりよい人生へのステージアップの『チャンス』だということです。

ここで、是非こころに留めていただきたいことがあります。
「親密になるこわさを知っている」ということは、あなたが、「真剣に愛する体験をすでに知っている」ことではないでしょうか。

純粋に無防備に愛して傷ついた体験がなければ、こわさも感じませんから。
つまり、あなたの中に、「愛する力がある」ということです。


どうぞ、ご自分の「愛する力」を信じてください。
その力は、恐ろしいドラゴンに立ち向かってゆく勇者が持つ剣のようにおそれを振り払っていってくれることでしょう。
そして、飛び込んでみれば、恐ろしく見えたドラゴンは、実は可愛いカンガルーの影にすぎなかった、なんてことが分かるかもしれません。

誰かがあなたを愛するのを許してみてください。
その先に、本当に愛する人との一体感を感じるために、今までその「こわさ」が必要だったのだと分かる体験が待っているかもしれません。

と言っても、今まで親しんできた感覚を手放すのは難しいですし、不可能に思えるかもしれませんね。

例えば、初心者に10mのバンジージャンプをしろ、なんて無茶です。
じゃあ、60センチの段を飛び降りろ、というのは? 
全く平気とはいかなくても、気をつければ大丈夫、と思えるのではないでしょうか。


同じように、ちょっとこわいけれども安心できる範囲から始めてみる、と言うことをやってみられることをオススメします。今回のご相談の場合で言えば、

今まで好きになった人は友達としていつもそこにいて、もっと2人でいたいと感じて‥って流れだったこともあり、

・・・と書いていらっしゃるように、友達として付き合う期間があり、お互いを知り、それで安心できる関係ができてから好きになっていらしたのですね。
ですから普通の出会いと同じく、まずはお会いすると言っても何か深刻な責任があることではなく、『お互いを知り合う期間を始めるのだ』と思って会われてはいかがでしょうか。


エキサイト恋愛結婚のよい点は、出会いの機会が増えることであって、サイトを利用したからといって初めから接近のハードルを下げなければと感じる必要はないのです。

あなたのペースでお友達から始めてだんだんと知り合っていけば、お互いパートナーとしてふさわしいかどうか分かる時期がおのずとやってくるものだと思います。


ただ、相手を気遣うあまり、自分の気持ちが置き去りにされ流されることのないよう、それだけは注意してくださいね。
違うと思ったときはきちんと伝える誠実さがあれば、多くの人と出会うことは、あなたが結婚に何を求めているのかを明確にする助けになるでしょう。

ご自分の気持ちに正直に、「今はこれ以上近づかないで」という安全基準をしっかり持って伝えれば、本当に大切に思ってくれる方なら、あなたのペースを尊重してくれるはずです。その点は信頼すると言う冒険をしてみてもいいのではないでしょうか。


最後に。

結婚という長い道のりを歩むからこそ、“好きって気持ち”を大切にして欲しいなと思います。長い道のり、それこそ“好き”って気持ちがなければ乗り越えられない局面もあるかもしれません。

何に重きを置くかは人それぞれだと思いますが、ご相談からは、あなたの心が「お互い好きあい、一緒にいて安心できる人」を求めていらっしゃるように感じました。

まずは勇気を出して、最初はこわいという気持ちを抱えながらも一歩踏み出し、出会いのチャンスを生かしてみられてはいかがでしょうか。引き返そうと思えばいつでもできます。

そして、あなたのペースでだんだんと知り合って、親密さを増すごとに「こわさ」が消えてゆき、信頼し安心できるパートナーとの出会いをつかまれますように願っています!

ご相談ありがとうございました。


アドバイザー: 舞原 惠美

by kekkon_sodan | 2010-03-17 12:24 | カウンセラーの答え


自分は楽しくメールしてるのに、相手に伝わらない・・・?  (30代 男性)_a0057510_20513519.gif最近メールをやり取りしている方々から、「無理してメールを書いてもらってるようなので、これ以上は続けても仕方ない」という旨で、メール交換を断られることが立て続けにありました。

こちらは全くそのような気は無く、意中の方と特に楽しくメールしているつもりだったので、とてショックを受けました。

メールには細心の注意をし、誤字脱字、失礼な言い回しが無いかチェックしていたつもりですし、お相手の話題への回答や、お相手への問いかけ等も欠かさないようにし、また分量もお相手のメールに同等に合わせる等の努力はしていたつもりです。

そんなこともあってメール恐怖症に近い状態で、気になる女性にメールすることも出来なくなってしまいました。

お相手に「楽しんでいない」とは思わせないメールの書き方をご教授いただけないでしょうか。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
自分は楽しくメールしてるのに、相手に伝わらない・・・?  (30代 男性)_a0057510_1214483.gifご相談を拝見いたしました。

意中の方と楽しくメールのやり取りをしていらっしゃるつもりが、断られることになってしまうなんて、さぞ不本意だったことでしょうね。

しかも、メールには細心の注意をし、誤字脱字、失礼な言い回しが無いかチェックして、お相手の話題への回答やの問いかけなども欠かさないよう留意し、また分量もお相手のメールに同等に合わせるなどの努力をされていたなら、なおのこととお察しいたします。

これだけで、メールのやり取りに関する立派な模範解答のようで何の問題もないどころか、みなさんにお勧めしたいぐらいです。

あなたが誠実で心配りのできるお人柄であることが伝わってきて好感を持てるのですが、あえて申しあげるなら、これらはあくまで基本。やり取りを続けるうちには、プラスアルファの要素が必要です。

意中の人、つまり好きな相手に対するメールの場合は、その人にだけ向けられている・・・、とお相手が感じ取れる親しみ、つまり、自分にだけ向けられているスペシャルな感情がこもっていないと、女性は物足りなさを感じてしまうのです。

もちろん、最初のうちからグイグイ飛ばして、愛の言葉や強気の発言でガンガン迫れば、たいていの良識ある女性は引いてしまうでしょう。

でも、メールのやり取りを数回続けていて、この感じで進展させていきたいと思える相手に対してなら、ただ礼儀正しいだけではあなたの気持ちは伝わらないかもしれません。

たとえば、かりに年賀状の場合であったとしても、どんなに心を込めて「今年もよろしくお願いします」と書かれているのだとしても、「今年はもっと会いたいな」とか「今度こそ、絶対飲もうね」というメッセージのほうが、自分に対してスペシャルな感じがしませんか?

人間関係、恋愛関係に礼儀正しさは大切な要素ですが、それが伝わったら次は、さらにあなたらしい個性や魅力をぜひ伝えてさしあげてください。

真面目なあなたのことですから、以下の虎の巻はきっと熟読してくださっていると思いますが、ご参考までにご紹介しておきますね。

響子の虎の巻 ~メール編~


さて、ここからは女心のレッスンになります。

あなたの気持ちをあなたらしく伝えるスペシャルな言葉を磨いてください。

試しに、男女を逆にして、お相手からのメールが次のような場合を比較し、あなたの感受性にどう訴えるか感じてみていただけませんか。

「メールをどうもありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い申しあげます」というメールをいただくのと、「先週末はメールがなくて寂しかったけど、今日いただいて“ヤッター!”って心の中で叫んじゃいました。すごく嬉しかったの」というメールと、どちらがあなたの心に響きますか?

前者でも嬉しいけれど・・・、と思われるかもしれませんが、後者のほうがお相手の嬉しさや楽しさが伝わってきませんか。

意中の女性にメールをするなら、あなたの生の感情表現を伝えることが必須なのですよ。

男性は女性よりも自分の感情を表現することが苦手なのではないでしょうか。
でも、女性というものは自分に向けられた、相手の感情の動きを知るのが大好きなのです。

たとえば男性間では、実際に会って話している時は感情をぶつけることもあるかもしれませんが、メールなどでは冷静に平易な言葉を選びますよね。

女性が「会いたい」「寂しい」「可愛い」「嬉しい」といった素直な気持ちを書きやすいのに対して、男性は「そんなキャピキャピしたこと、書けるか」という気持ちが根底にはある。何となく男らしくないような気がするのかもしれません。
でも、女性からそういうことを言われるのは嫌いではなく、自分からはしないだけ・・・、という感じなのではないでしょうか。

でも、「最近、あまりお会いしておりませんので、そろそろお会いするのはいかがでしょうか」というメールより、「会えなくて寂しい。早く会いたい」というメールをいただいたほうが、会ってあげたくなりませんか。

女性はいいけれど、男がそういうのってどうなんだろう、と思われますか?
自分の気持ちを表現することは、決して男らしくない行為ではありませんよ。

いつでもどこでも「しんどい、やってられない、やんなっちゃった」などと周囲に甘えたり、誰かのせいにしたりすれば男らしくないでしょうけれど、好きな相手に『感情』を伝えなければ、恋愛は始まらないと思います。

ただの人間関係ではない。恋愛というスペシャルな関係なのです。
相手の心にあなたの愛情が響かなかったら意味がありません。


「いや、相手に愛情は十分感じているけれど、それは実際に会ってスキンシップしたりする関係性を得たら、ちゃんと表現するつもりです」と、あなたはおっしゃるかもしれません。

でも、あなたがお相手を意中の人と意識した時点から『表現』したほうがいい。

日本の男性に共通する傾向として、気持ちはあるのに表現しない、あるいは表現が相手に伝わらない、ということが挙げられると思います。

せっかく、お相手の話題への回答を考えたり、お相手への問いかけなども相手の身になって言葉を選ぶ心遣いができるあなたなのですから(それは本当に素晴らしいと心から敬服いたします)、あなたのよさがちゃんと伝わって、メールのやり取りが続くように、そして、意中の人と楽しい恋愛関係に入れるようになっていただきたいです。

「仕事でちょっとへこんでたんで、メールもらって嬉しかったです」とか、
「元気?って聞いてくれる君の一言で、すごく元気出たよ」とか、
「もらったメールが胸に染みました。待ち遠しかった」とか、
それらを応用してあなたの心にある気持ちを素直に彼女に表現してみてください。

具体的なことを申しますと、「です、ます」調だけじゃないほうがいい。
「嬉しかった」「楽しいなあ」「○○だよ」とか、親しげな語尾を混ぜてください。全文じゃなくていいですから。

内容も含めてそういうところに、女性はあなたらしい魅力や人間性を感じて、あなたを身近に感じるようになるのです。
その親近感がいつまでたっても得られなかったので、これまでのお相手は残念ながら、あなたを誤解してしまったのではないでしょうか。

あなたにとっては寝耳に水、だと思いますが、お相手の女性はたぶん寂しかったと思います。

決して、女性に美辞麗句やきれい事を述べよ、というのではないのです。
あなたの心の中の素直な気持ちを、あなたご自身が感じて、まずそれを自覚なさってください。

「こんなことを言ってくれるなんて、可愛いな」
「心配してくれて、ありがたいな」

と思ったら、それを飾り過ぎないあなたらしい言葉で一言、二言、これからのメールに加えてみてください。

それは、相手を楽しませてくつろがせるのと同時に、あなた自身が生きることをも楽しく生き生きとさせるでしょう。

相手の身になって考えられるあなたなら、必ずできますよ。
ご健闘を祈ります。


アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2009-12-18 20:51 | 神原 響子の答え


仕事の話をするとき、難しさを感じます・・・ (30代 男性)_a0057510_1065010.gifいつもありがとうございます。おかげ様で数人の方からメッセージをいただけたりお会いできて、自分を見つめ、成長してる実感をつかみつつあります。

本題に入ります。
お相手とメール交換をするとき、仕事の話になります。
私は比較的堅いイメージの仕事ですが、「具体的にどんな業務ですか?」と聞かれて説明すると、「頑張る姿を見ると、自分と比較して辛くなる」と言われます。

お互い頑張っている姿を見て刺激を受けたり、同業の方なら相談しあえると思うのですが・・・
仕事内容の嘘を言うわけではありませんが、ぼかした言い方ではお相手の信頼を受けられないでしょうし、かといって仕事に対して理解は求めたいですし。
仕事の話というのは、どの程度まで話したらよいのでしょうか。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
仕事の話をするとき、難しさを感じます・・・ (30代 男性)_a0057510_11303578.jpgこんにちは。エキサイトお悩み相談室 カウンセラーの三吉野と申します。
ご相談ありがとうございます。

文面からお察しすると、パートナー候補の方々との出会いは順調なようですね。きっとお話が弾んで、好感触を得られているのではないでしょうか。あなたがサイトでの出会いを誠実に受け取っていらっしゃる様子からもわかります。

今回のお悩みは、出会ってからその後のお話ですよね。
あなたは成長意欲が旺盛で正直なのでしょう。相手に対して正直で誠実でいたいとか、お互いに成長し合いたいと願う姿そのものを、私はとても清々しく感じます。でも関係が浅い間柄では難易度の高いコミュニケーションかもしれません。

一概に言い切ることは避けたいのですが、できれば無用な心の揺らぎ(不安や悲しみや劣等感などの葛藤を含む)を感じたくないのが人間です。特に日本人はそうですね。
ハッキリ物を言うのは無粋だとか、相手を真正面から見据えるのは失礼だとか、直接的に問題を指摘したり声高に議論したりするのはみっともないだとか。機転を利かせて人情の機微がわかる(つまり空気を読む)のが人格者だとか。

私はこれらを「察して文化(自分を表現せずして相手に理解やいたわりを求める文化)」と密かにに呼んだりしています。
カウンセラーという私の立場では、「察して文化」がもたらす心の病もあるのではと思うので、自己開示をしたり自分の意見を伝えたりといった、相手との関係を積極的に作ることも推奨しています。

相手との対決を避けて言いたいことを言わないとか、聞くに聞けないことで悶々とするのは、昔から日本人の特徴のようなので、自己表現をすることで問題解決をすることも大事というスタンスです。それでもデリケートな日本人に、傷つかない距離でのコミュニケーションは無くならないと思います。

良心的なサイトでの出会いは、微妙な心の距離感を上手に保ちながら、誠実で建設的な人間関係を構築できるようにセットされているはず。
そこで生じたあなたの悩みは、もっと積極的なところにあるような気がします。

つまり、あなた自身が大切にされている人間関係の本質とも呼べる部分のお悩みだろう、ということです。

私は生粋の日本人ですが、西洋で発展したカウンセリングを学んだ後から、結婚生活における本当の人間関係の難しさを痛感しています。
例えば私は白黒つけたい場面でイニシアチブを取ろうとすると、年上で純粋な日本人の夫からは「情緒がない」と敬遠される。私は感情や考えを公開して自由でいたくても、「何でも正直に言えばいいってもんじゃない」とたしなめられ戸惑うといった具合です。

まったくチグハグというか、笑ってしまうくらい考え方が違うのです。
これはどちらがいいというわけではなく、本当にコミュニケーションを行う上での初期設定が違うのだと思うのです。
そのあたりからすり合わせていくことを考えると、「結婚ってえらいたいへんなことだな」と思うこともあります。


さてあなたのお話に戻しましょう。
きっとあなたは、ご自身を清明に表現する術や効果も、自分を高めることの心地よさも知っている方だと思います。ですから正々堂々と清廉潔白に自分の価値を自覚し、それを資源として大いに活かしたいという気持ちや、常に成長し続けたいという気持ちを相手の方と共有したい思いがおありなのでは?

・自分自身を認めている
・自分を活かして生きる
・互いに成長しあう
・互いの違いをみとめあう
・互いに精神的に自立している


ざっと挙げましたが、あなたが求めている女性像は、上記のように精神的に自立し「私もOK、あなたもOK」という相互尊重ができる人なのでは?

恋愛や結婚は、人と人との距離がぐっと近い関係性なので、見栄を張ったり誤魔化したり無関心でいたりというコミュニケーションではとうてい成り立ちません。

あなたのおっしゃるように、いずれ互いに成長し刺激を与え合う存在になったり、相手に敬意を払いながらも対等でいたり、ということが可能でしょう。
特にあなたが建設的な人間関係を強く望んでいらっしゃるので、その関係性は実現できると思います。

それでも新しい人間関係のはじめは、相手が受け取れる範囲の好意や自己開示をすることが必要でしょうね。

そういった面倒な不明瞭なようにも見える手順・時間が必要な理由として、人は他人を通して自分の至らない点や優れた点を知って成長していくことが挙げられます。

1人なら感じなかったコンプレックスや優越感も、誰かと一緒にいると見え隠れします。
その心の揺れに適応する時間が必要なのです。


それは関係が深まるときに必ず起こることであり、逆にそれなしに理解しあうことは難しいと思います。

結論として、どうか相手の方にも時間をあげてほしいのです。

あなたが自分の情報を清明に公表するのがポリシーならば、それを貫くのも素敵だと思います。ただ、お相手が情報や新しい状況を咀嚼する時間を考慮してあげてください。

お相手の女性が、「彼は彼の魅力があり、私には私の魅力がある」というスタンスを取れるまで根気強く付き合うことも大事ですね。

もう1つ、これは推測ですが、「常に一生懸命努力せねばならない」「完璧で正しくなくてはならない」という無言のメッセージが相手に伝わってる場合、そのことでお相手が窮屈に思うことがあります。つまりあなたが自分に厳しく人にも厳しすぎる方ならば、ということですが、これは文面からはあまり感じられないので参考程度にお読みください。

この場合、これまで頑張ってきたご自身を認めねぎらった上で、自分と違う人間と共に歩む歩幅を探りあてる努力が大事でしょう。自分と違う相手の魅力を積極的に認めてあげるとか、お相手のどんな部分を尊敬してるのかを伝えてあげると良いのではないでしょうか。

ここまでお読みいただいて、いかがでしょうか。
人と心の距離を縮めるのに近道や王道があればよいのですが、あなたのように誠実に1つ1つの相手の反応を受け止め、そして自分の気持ちを相手に返していくことなしに信頼のある人間関係は成り立たないように思います。

少し近づいたら、また少し自分のことを知ってもらう。そして相手のことも教えてもらう。
その繰り返しで、世界でたった1人のパートナー築きを続けてみてくださいね。
応援しています。


アドバイザー: 三吉野 愛子

by kekkon_sodan | 2009-10-14 10:10 | カウンセラーの答え


年上の女性との出会いに迷います  (30代 男性)_a0057510_10324098.gifメール交換をして何人かの女性にお会いしたなかで、1人の女性と話や趣味があい、次回のデートの約束もしました。

が、1つどうしても気になることがあります。
彼女が年上で今年36歳になるんです。


最初は彼女からメールをもらい、正直年齢が気になりつつも、会ってみたら、きれいで優しく気配りのできる方でした。

自分としてはすぐ結婚したいという考えはあまり無く、まずはじっくり付き合ってからと思うので、彼女の年齢を考えると早く答えを出さないといけないようで、正直プレッシャーです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
年上の女性との出会いに迷います  (30代 男性)_a0057510_1214483.gifご相談を拝見いたしました。

年齢的なことというは、非常に微妙で個人差が大きい意識です。
あなたが彼女の年齢を配慮してさしあげる優しさは大事なことですが、それをプレッシャーに感じるというのでしたら、一概にはそうでないと申しあげざるを得ません。

年齢が上だからといって、必ずしも結婚を急いでいるとは限らないし、もしお相手の女性が今すぐ結婚したいと思っていたとしても、それは、じっくりお付き合いしないで結婚してもいい、と思っているということにはならないでしょう。

彼女自身の気持ちは私にはわかりませんけれど、30代半ばまで自分自身と向き合って生きてきた女性なら、好みやライフスタイルなどを含む結婚のビジョンにおいて、ある程度自分というものを知っているだろうと推測できます。

だから、結婚を焦って本末転倒になってはいけない・・・、本当に自分にふさわしい人と恋愛して結婚したい・・・、という気持ちも、彼女は十分に持っているでしょう。

まだ知り合ったばかりなのですから、しかも年齢が気になりつつも会ってみたら、きれいで優しく気配りのできる方だったのですから、その『出会いの素敵さ』をもう少し味わってみてはいかがでしょう?

実際に会って、あなたが彼女に対してそういう気持ちを感じた、ということが一番大切なことなのではないかと思います。

ただ、あなたが、もともと年齢的なことがすごく気になるタチで、本人の魅力と関係なく、年下でないと結婚相手として意識できないとか、いつになっても年齢差を引きずってしまうという価値観をお持ちなら、それは根本的な問題として、お付き合いしないほうがいいと思います。

でも、あなたの場合は、年齢差から予想されるプレッシャーがあるのなら、それはちょっと・・・、というご相談ですよね。

というのは、会うたびに結婚に対する意思表示を求められるような気分にさせられたり、自分の気持ちが決まらないのに、せっつかれるような視線で見つめられたりするとうざったいよなあ・・・、ということでしょう。

実際に付き合ってしまうと杞憂に終わることでも、観念の世界で一般論でだけとらえていると、そんなふうに思ってしまうかもしれません。

それでしたら、もう一度お会いした時に、
「僕はじっくり時間をかけてお付き合いしてからでないと答えが出せないタイプなのですが、そういうお付き合いだとあなたに失礼になってしまうといけないので、もしまずかったらこの時点で言っていただけませんか?」
・・・という感じで、彼女に聞いてみてはいかがでしょう。
彼女が、即結婚を望んでいたら、それで答えがわかります。

ただ私が想像するに、お相手の女性は年齢的なことは考慮されていると思いますよ。あなたにメールした時点で、年下の男性にプレッシャーをかけたくない、と意識していると推察します。だから、あなたも彼女の優しさや気配りを感じたのでしょうし。

あなたから見れば年上でも、彼女の若さや美しさを尊ぶ男性も多いと思います。
そういう気配りのできる女性ですから、あなたにプレッシャーをかけることなく、いなくなる時はスーッといなくなってしまうかもしれません。

問題は、あなたが彼女と付き合いたいか否か。
プレッシャーがありそうなら付き合わないし、なさそうなら付き合うのか。
それをご自分で見極めることです。


4~5歳の年齢差なんて、いざ結婚すると全然気にならないということは、結婚してみないとわからないこと。

魅力的な女性と出会えることの素晴らしさが、人生にそうそうあるものではない、ということも。

そのお相手が、あなたとじっくり付き合ってくださる方であることを祈ります。


アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2009-02-10 10:33 | 神原 響子の答え