Exciteホーム | エキサイト恋愛結婚トップ | Exciteサイトマップ
婚活お悩み相談ブログ
人にはなかなか相談できない婚活の悩みを解消する「婚活お悩み相談ブログ」。国内最大級の婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」の会員のリアルな悩み・相談と、恋愛のプロのアドバイスがぎっしり詰まっています。
相談受付(会員限定)
神原響子
神原 響子
サイトのバーチャルアドバイザー。恋愛全般、気軽にご相談くださいね。
略歴
エキサイトカウンセラー
カウンセラー
プロのカウンセラーが心をこめてお答えします。
エキサイトお悩み相談室
エキサイト占い師
プロ占い師
相手の気持ちや、あなたの未来もわかるかも?
エキサイト電話占い
響子さんの虎の巻
幸せな結婚★7つの法則
エキサイト恋愛結婚
タグ:デート ( 47 ) タグの人気記事


婚活における「相手から質問してもらうコツ」は?(30代 女性)_a0057510_15305648.gif「「質問攻め」されるとひいてしまう・・・」という女性の相談を読みましたが、彼女を「うらやましいな」と感じました(笑)。

私にとっては逆に、男性のほうから「どんどん質問してほしい」のですが、一つの質問さえ投げかけてこない男性のほうが圧倒的に多い、というのが、ここで数ヶ月間活動しての実感です。

そこで、男性のほうから質問をするようにしてもらうのには、どうすればいいのでしょうか?
プロフィールの書き方などによって"キャラ作り"をしたほうが良いのでしょうか。

「男性から質問して話を広げてください」と直接言うのはちょっと大人げないように思いますし、だからといって、女から積極的に会話や物事を進めるのは信念に反します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
婚活における「相手から質問してもらうコツ」は?(30代 女性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。

お気持ち、とてもよくわかります。
お相手から質問していただく方向へ持っていくほうが難易度が高いですから。

数ヶ月間活動されて、一つの質問さえ投げかけてこない男性のほうが圧倒的に多かったとのことですが、あなたがどのような対応をされていたかが気になります。

一番最初に話の口火を切るのは、やはりあなただったのでしょうか?

女性としての慎みを大事にされて、お相手への配慮やサービス精神もお持ちで、ご自身の価値観もしっかり把握されてらっしゃる聡明なあなたのことですから、沈黙が続いてはいけない・・・と、緊張しているであろうお相手の気持ちを考慮し、優しく質問を振ってさしあげたかもしれません。

初対面で、ずーっと黙っているのはかなりしんどいですよね。

たまたまあなたとお会いすることになった男性がみなさん、基本的におとなしくて、あるいは口ベタで、自分からはほとんど話しかけないタイプだったとしても、結婚を目的としての婚活の一環としてお会いしているわけですから、本当にまったく質問がないとは思えません。

ただ、おとなしい男性の場合、相手から質問されて会話が始まると、従来の慣れ親しんでいるパターンにあっさり取り込まれてしまい、相手から与えられたパターンに組み込まれたまま、自分から質問する意志を逸してしまう傾向も見受けられるようです。

あなたが、決して質問攻めにしたわけではないと思うのですが、初期行動というのは、得てしてパターンを決定してしまう場合が少なくありません。

本来でしたら、「いろいろ気を使って質問してくれて、優しい人だなあ」と感じるべきところなのに、ある種の力関係が発生してしまい、質問された側はあなたの優しい心遣いとは違う領域で、あなたに従属する精神のパターンを無意識のうちに感じてしまうという・・・。

ここまではっきりしたものではないかもしれませんが、よほど話好きな男性でない限り、女性に仕切られたらそちらへ従ってしまうという人も多いでしょう。基本的に面倒くさがりだし、女性の好きなように任せておいたほうがうまくいく、と思っている男性が多いのではないでしょうか。

あなたに試してみていただきたいのは、ご自分から質問しないこと。

えーっ、場がシラけたり、沈黙でクラくなったりしちゃいませんか?
とご心配ですよね。

ですから、ただニコニコしてらしてください。

手元だけ見つめてジトーッとしていてはいけません。
デート先のカフェでコーヒーが出てきたら、「あ、美味しい!」とか「最近、豆乳ラテにハマッてるんですよ~」とかおっしゃっていいのです。
楽しそうに、美味しそうに。

たまに彼の顔を見てさりげなく微笑む。
でも質問しない。

「何か聞けよ」「早く聞けよ」と念を送って、プレッシャーを与えないこと。

相手が話しかけやすい雰囲気作りというのは、かなり高度なテクニックかもしれません。
待ち構えているような態度でなく、「お天気良くてよかったですね~」とか、何か二人で共感できるような、共鳴できるような方向へと持っていっていただけませんか?
大したことじゃなくて全然いいのです。

「空がきれい」、「これ、美味しい」とか、何かを見て、「可愛い!」とか。
緊張しているかもしれない男性をくつろがせるには、まずあなたがリラックスすること。
肩の力を抜いて、気持ちを安らかに、言葉も柔らかく!

「やだ~、緊張しちゃって肩カチカチで~す」って言っちゃってもいいかもしれない。
ただし笑顔で!!

いろいろ質問するより、黙ってニコニコしていたほうが効果的な時間もあるのです。
自分の存在が許されている感じがないと、なかなか話しかけづらいものですから。
言葉より、笑顔のほうが威力があるはずです、特に初対面は。

言葉が力を発揮してくるのは、その人の人間性や存在感を認められてから。
たいていの人は、全体の雰囲気で判断していると思うのです、それこそ動物的直感で。
ですから、安心して落ち着いてニコニコしてらしてください。

言葉よりも語るものがあります。

具体的に何の話題も出てないし・・・と思うと、何のために会ったんだ!?
と、イライラなさってしまうでしょうか?

質問してその答えを確認することより、その前に二人にはもっと大切なことがあるでしょう。
どうか、そういう時間を受け容れることをご自分に許していただきたいと思います。

私は、女性がイニシアチブを執ることがいけないとは思いません。
自分の資質を生かし合えるならどちらのキャラでもかまわないし、男女が逆みたいなスタンスで幸せなカップルもいっぱい知っています。

でも、『「男性から質問して話を広げてください」と直接言うのはちょっと大人げないように思いますし、だからといって、女から積極的に会話や物事を進めるのは信念に反します』という確固たる信念をお持ちのあなただから、あえて申しあげるのです。
結婚しているお友達や先輩たちに聞くと、「女性がうまく操縦して男性を仕向けるのがコツよ」みたいなことをおっしゃる方がおられるかもしれません。
確かにそういう部分はなくはないでしょう。でも、作為的にお芝居する必要はないですよ。
あなたが本当に感じたことを表現なさればいい。
感動した言葉ほど人の心を動かすものはありませんから。

「あなたって、なんて素晴らしいの!」

「なんて男らしいの!さすがね!!」

「頼りにしてるからがんばって!」

「大好きよ!愛してるからね!!」

心から発せられる女性の言葉は、男性を励まし鼓舞し、天下国家にまで影響を与えてきたことは、歴史的にも明らかですよね。
そして、結婚して家庭でそういう展開がなされるのは本当に素敵なことだと思います。

まず信頼関係を作ることです。
この人なら聞いてくれる・・・と安心して話せる雰囲気を醸し出すことが大事。

あなたが知的できっちりしたタイプでしたら、もう少し雰囲気を柔らかく!
黒かグレーのパンツスーツが基本なら、白や淡い色のワンピースとかフレアスカートでふんわりした印象を演出したり、ヘアスタイルに少し巻きや盛りを取り入れて女性らしさをアピール。お似合いのパンツスーツは、どうぞ3回目以降のデートまで待ってください。
「私は黒しか着ません」という流儀でない限り、フレキシブルにチャレンジなさっていただきたいです。

女性らしさを意識しておられるあなたのことですから、そのあたりは万全だと思いますがイメージ戦略、つまり“キャラ作り”は、相手のため以上に、自分に勇気を与えてくれる武器。
ふんわりしたファッションだと、自然にリラックスした話題になりませんか?
お相手を楽しませると同時に、あなたご自身も楽しめる方向へ心を向けていってくださいな。

一緒にいるだけでニコニコ楽しそうにしている女性は、モテます。
ま、最初だけでいいんですけどね(笑)。
男性は臆病なところがあるから、最初が肝心な気がします。

少しずつご自身の演出がこなれていくうちに、必ずや相手からの質問が増えてきますよ。
そしたら、真面目に几帳面に答えるだけでなく、はっきりしないことについては「わかんな~い」とか「できな~い」とか、甘えるような答え方をなさっても、あなたの場合は素敵です。

完璧で近寄りにくい印象を気さくなモードにシフトできたら、質問どころか、知らないうちに手をつながれちゃってると思いますけどね。

あなたなら、できます!
心からご健闘を祈ります。

響子

アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2012-06-29 15:35 | 神原 響子の答え


デートで一度も一緒に食事をしてくれない恋人 (30代 女性)_a0057510_15562925.gif何度かお会いしてお付き合いする事になったのですが、一度も食事に行ったことがありません。

何度か提案したのですが、おしゃれな所が苦手とかなんとかいろいろ言い訳をされてしまい・・・。
普通の洋食屋さんなど価格帯もリーズナブルなお店を提案しているのですが反応がイマイチです。お茶に誘ってもスルーです。
さすがに苛立ちが出てきたのですが、そんな事で別れるのはあまりにも理解がないように思えて…

お付き合いを申込んできたのは彼なだけに腑に落ちない気分です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
デートで一度も一緒に食事をしてくれない恋人 (30代 女性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。

これは、なかなか難しく悩ましいレアなご相談だと思います。
彼の本意がどこにあるのかが特定しにくいのですから。

彼は、食べることがお嫌いなわけではないですよね?

人前で食べるところを見せるのが嫌なのか、それともご本人がおっしゃっているようにお洒落なお店が苦手なだけなのか、もしかして食べること自体が嫌いなのか・・・。
いろいろ空想を巡らせてしまいます。

「口の中で小さなカエルを育ててまして、話すのはOKですが、食事はNGなんですよ」
なんて想像を絶するような突飛なケースではないと思うのですが、食事をともにするのはおつきあいの基本というか、第一歩のような気がするので、これが一筋縄ではいかないとなると、あなたが苛立ちをお感じになるのは当然です。

結婚を視野に入れたおつきあいなのに、不思議ですよね。
結婚して食事を一緒にしないで生活することはほとんど不可能ではないでしょうか?
むしろ食事をともにすることが喜びのひとつであるはず。
何が原因なのか少しずつでも特定していけるとよいのですが・・・。

かつて女性に、「あなたの食べ方って最低ね。結婚する、しない以前の問題よ」と言われてフラれたことがあるとか、ご両親から「お前は食べ方が汚いから、デートの時に食事だけは一緒にするな」と念を押されているとか・・・。

また、拒食症であるとか、ボクシングの試合を控えて過激なダイエット中(つい極端な例ばかり挙げてしまって申し訳ありません)とかでない限り、食べ方の問題か、あとは彼ご自身が理由として挙げておられるように、女性好みの小洒落たお店が苦手ということではないかと推測いたします。

もしかしたら以前、気取ったお店で何か嫌な経験をされたのかもしれません。

ワインについてウンチクを傾ける隣のテーブルの男性にうっとりする女性にうんざりしたとか、偉そうなお店の人の態度に辟易したとか、誕生日とかクリスマスにお洒落なレストランで食事しないなんて、何てドン臭い男なの、という目で見下した女性を恨んでいるとか・・・。

「流行のフレンチやイタリアンにデートで行けないんだったら、つきあう意味なんてないわ」と思われる女性も少なくないかもしれません。でも、あなたは、「そんな事で別れるのはあまりにも理解がないように思えて・・・」とおっしゃる、寛大で優しさに満ちたお方。
私個人としても、素晴らしい女性だなあと感嘆する気持ちでいっぱいです。

あなたが今まで、いろいろ提案してさしあげているご尽力には本当に頭が下がるのですが、その結果が残念ながらこうなってしまっているのですから、そこで、私から提案です。

ここはひとつ、彼のペースに乗ってみてはいかがでしょう?

好きな食べものについて会話したことはありますか?
おつきあいを始めたばかりの二人にとって、好きな食べものというのはとても自然で初歩的な話題。
この段階で、彼が食べることにまったく興味を示さなかったら困ってしまうのですが、その場合はそれこそ拒食症であるとか、心身の健康に抵触してくる専門的な問題かもしれないのでここでは触れるのを遠慮いたしますね。

あくまで、洒落たお店が苦手らしい場合に関してお話しさせていただきたいと思います。

彼との会話の中で、どういう食べものが好きかわかってきたら、たとえば、ラーメンなのかうなぎなのか、おフクロの味っぽいお惣菜なのか、ソバなら毎日でもいいぐらいなのか、ラーメンでもつけ麺派なのかどうかなどなど、いろいろわかってきたら今後の対策が練りやすいですよね。

「あなたの好きなお店に連れて行ってください」とお願いすればいいのですから。
あるいは、「居酒屋さんに連れて行ってくれませんか?」とか「ラーメン食べたいなあ」と言ってみるとか。

もし食べものの話題がスルーされてしまったら、なるべく遅めの時間帯にデートしましょう。

これまで、どういう時間帯にデートされていたのか存じませんが、夕方過ぎればお腹が空いてきますよね。
そうなる前にお帰りになっていたのかもしれませんが、なるべく会話を引っぱって引っぱって、駅前のガード下の焼き鳥屋さんか居酒屋さんの前で、「ちょっと寄って行かない?」とニッコリしてみるとか、ラーメン屋さんの前で立ち止まってみるとか。

今までのパターンだと、彼もどこに誘われるのかと、ちょっと構えてしまっていると思うのです。
ですから、隙をついて突然言ってみる。

とはいえ、一番いいのは、彼の好きなお店に誘ってもらうことです。

あなたがイニシアチブをとってしまわないで、彼に好きな食べものや好きなお店について語っていただいて、それに盛んに興味を示して、「いいなあ、美味しそう。私も連れて行ってほしいなあ」というモードに持ち込むこと。「私も行きたい」ではなく、「連れて行って」とお願いするのがミソです。

そういう話題が出なかったら、自分からはもう一切提案せずに、別れ際に手作りのおにぎりを渡してみるとか。「一緒に食事できなくて残念ですけど、よかったら食べてください」と言って。
ただ、「あなたの好きなお店に誘ってください」と言って、じーっと待っているより、そういうかたちで好意を示せたら、あなたの優しい気持ちはきっと彼に通じると思うのですが。

彼からアプローチしてきたのですから、このままではいけないと、どこかで彼も感じていると思うのです。このままではあなたを失ってしまいそう、という危機感がまったくないとは思えないのですが、ここまでの策を試しても、まったく変化が見られないようなら、最後の手段として、「結婚しても食事はしないのですか?」と聞いてしまってもいいと思います。

その返事次第ですが、そこまで言っても彼がうだうだしている状態でしたら、お断りしてもあなたに理解がないなどということは一切ないと思いますよ。むしろ理解に理解を重ねたうえでここまで到達できた、ということになるのではないでしょうか。

もちろん、あなたが生涯、居酒屋と牛丼とラーメン屋だけというデートは嫌、ということなら結論はもっと早いわけですが。

周囲に迎合しないで独自の生き方を貫く彼には、魅力的な部分もあるのではないですか?
それをわかってくれるあなたは、彼には得がたい存在であるはず。
また、それを理解してあげられるあなた自身、とても魅力的だと思います。

あなたなら、彼のちょっぴりゆがんだ部分をも優しく包み込んで、少しずつ時間をかけて自然なかたちに戻してさしあげることができるのではないかと信じます。

心からご健闘をお祈りします。

響子

アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2012-06-13 16:01 | 神原 響子の答え


どこに行きたい?と聞かれるのが苦手… (30代 女性)_a0057510_11293923.gif初めて相談いたします。

サイトでの出会いはなかなか難しく、直接お会いしてもなかなか先には進んでいきません。

私はどちらかと言うと、男性に引っ張っていってもらいたい方だなと自分では思っています。
でも最近は、いわゆる草食系の男性が多いことも承知してますし。
初めてお会いして、また会ってみたいと思う男性には自分から次の約束もとるように心がけています。

どこにデートに行きたいかというお話になると、いつもあなたの行きたい所でいいですよ!という男性とは、続かない傾向にあります。
おそらく、いつも決めるのは私…と思ってしまって、きっと疲れてしまうから続かないのかなと思っています。
私は一緒に決めたり、連れて行ってもらいたい方なんだと自己分析してるのですが、これはワガママなのでしょうか?

最近では、どこに行きたい?と聞かれると悩んでしまう自分がいます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
どこに行きたい?と聞かれるのが苦手… (30代 女性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。

あなたは全然ワガママじゃないですよ!

お相手への配慮をされたうえで、ご自分の好みや価値観をおつきあいに反映させようしていらっしゃるご姿勢が、とても素晴らしいと思います。

まだあまり親しくない者同士のデート場所選択は、なかなか難しいものがありますよね。みなさん、自分を出し過ぎないよう、なるべくお相手に合わせて・・・と考えておられると思うのですが、合わせ過ぎて自分がまったく楽しめないと、おつきあい自体もつまらなくなってしまいそうですし、かといっていきなり自分の趣味につき合わせ過ぎるのも不安がある。

それ以前に、デート自体にはそんなに重きを置いていないというか、会えれば本当にどこでもいい・・・と思っている男性が非常に多いのではないかと思うのです。

親しくなってくればともかく、最初のうちは特に、女性のご機嫌を損じないよう、たとえ自分にはまったく興味のない場所であったとしても、お相手の女性が望むなら、それに合わせたいと思ってしまうものなのではないでしょうか?

たとえ、“俺について来い”タイプの男性であっても、今の時代、いきなりそれではまずいだろう、と懸念があるでしょうから、出会った最初から自分のキャラを全開にすることは、なかなかできにくいと思うのです。

ちゃんと相手に合わせたり、空気を読んだりできる常識を持っていますよ、という部分さえ、お互いに納得して信頼関係が生まれれば、後はいかようにも個性を表現していけると思うのですが、最初の頃が一番肝心だし難しい。
みなさん、そこで苦労されていらっしゃるとお察しいたします。


下手すると“変なヤツ”“不思議ちゃん”に思われてしまうかもしれない。
でも、親しくなってからだったら、それは逆に魅力だったりもするわけで・・・。
自分にしか開けない相手の扉の鍵を持っているほど、恋愛の密度は濃くなるわけですけれど、そこにどうしたら到達できるか、ですよね。

私としては、ネット婚活の場合は、どれだけ早い時期に自分の個性を相手に対して表現できるか、がひとつのキーポイントだと思っています。

いつまでも遠慮し合い、当たり障りなく様子を探り合っているというのが一番もったいないと思うのです。かといって、性格の問題もありますから、個性が強いからといってそれをバンバン表現できるとは限らないし、そんなに個性的でない方でも、好き嫌いには曲げられないものがあったり、いつも我慢してしまうので悩んでいる方もいらっしゃると思うのです。

自分らしさが発揮できて、それが相手からも好ましく受け容れられ、お互いにくつろげる相手と結婚できるといいなとは思うのですが、自分がちょっと我慢してでもこの人と結婚したいと思ったり、この人と一緒になることで自分を変えたいと思っていたり、潜在意識の部分も含めて様々な思惑が交錯してくるのが結婚ですから、一概には申しあげられませんが、お互いの性格や資質、個性はある程度、早いうちに分かったほうが、いろんな意味でいいでしょう。

私は、デートのお話が出るようになったら、趣味や好みを少しずつでも表現していらっしゃることを、ぜひお勧めしたいです。
あなたの場合、お相手からデートの場所はどこでもいいと言われたら、「そういうのを一緒に考えられたら楽しいだろうなって思ってるんですけど、面倒臭いですか?」と返信してみてはいかがでしょう?


「あなたの気持ちもぜひ伺ってみたいです」
「どこで会ったら、二人とも楽しめるでしようね」
「あなたがお好きなことを、私も知りたいと思っているんですけど・・・」
「どこでもいいと言うけど、甘味屋さんとか女性のお洋服屋さんだと困っちゃうでしょう?」
「水族館とか動物園、本当に行きたいですか?」
「猫カフェ、一度行ってみたかったんです」


などなど、何か意志表示をなさってみていただきたいのです。
あなたがご自身をチラッとでも表現なさらない限り、相手にはまったくわかりません。男性はみんな、相手の女性に合わせてあげればとりあえずは問題ないだろう・・・と思い込んでしまっていますから。

それに、男性に引っぱって行ってほしいと思っていらっしゃるあなたでも、
「それでは早朝3時、築地市場の場外で待ち合わせられますか?仲買人の知人が、特別にマグロの解体を個人的に試させてくれるって言うんで、ちょっと寒いけどご一緒しましょう。ゴム長と手袋を忘れないでくださいね。汚れて魚臭くなるので、きれいな格好してきちゃだめですよ」
と誘われたらどうでしょう。


お魚好きであったとしても、ゴム長、買いますか? 

または、「秋葉原をご案内しますね。僕、友人たちからはAKB博士って呼ばれてまして。あ、決してAKB48のファンってわけじゃないですよ。もちろん、嫌いじゃないけど(笑)。あなたはタイプでいうと、誰に一番似てるって言われますか? いやいや~、冗談ですよ、冗談。じゃお昼に〇〇電気本店前で。その後、フィギュア専門店、ゲーセンと回りましょうか。家電も強いんで、欲しいものあったら安く買えるところ紹介できますよ」

と言われて、「じゃ、ナノミスト美顔器探してるんで、よろしくお願いします」って、答えたりなさいますか?

いいえ、これはそういう誘い方をしてくださる男性を否定しているわけでは全然ありません。このぐらい誘ってくれたらむしろアッパレなぐらいです。

ただ、いざお相手がやや強引さを見せてくれたとしても、それに自分が気持ちよく合わせられるかどうかが、難しかったりするかもしれません。
何が申しあげたいかというと、もしあなたにもお好みがあるのなら、いくつかのデート場所を決めておいてはいかがですか? ということ。


長時間、黙っている時間が存在してしまう映画は、親しくならないうちは私はあまりお勧めしませんけれど、映画がお好きならそれもいいと思います。あくまでご自身の好み次第なのです。もしも映画が好きで、これからも二人で共有する時間として大事にしていきたいと思うなら、最初から映画に誘いましょう。あなたという人を相手に知ってもらうためにも。

その時の相手の反応で、あなたご自身にもいろんな情報が提供されます。
相手が必ずしも、映画好きでなくてもいいのです。ただ、映画が好きというあなたに対して、否定的ではないか、彼の好きなタイプの映画でなかったとしても、楽しんでいるあなたを見て喜んでくれるような包容力や思いやりがあるかどうか、そのあたりを観察できるのも自分の趣味の分野を共有しているからこそです。

二人とも好きなスポーツ観戦の時間を共有していたら、もしかしたら気づけないことが、違う趣味の分野でわかることもあります。

最終的には二人で楽しめるように意識しているかどうか、がポイントになってくると思うのです。デートの目的って、決してどこに行くかだけが目的ではないですよね。

もちろん、二人とも好きな美術展やライブコンサートに行くのなら間違いなく楽しいでしょう。いや、もしかしたら、逆に意見が決裂してケンカになってしまうようなことがあるかもかもしれない。
でも、そのことでより深く相手がわかりますよね。

それとは別に、むしろどこでデートしても、相手の人間性や性格は伝わってくるもの。
とりあえず一度行ってみる、ということが主眼ですから、デート先を決めることに、どうかそんなに疲れてしまわないでください。

ご自分が楽しめそうなデートのテーマを考えてみること。
大好きな人との夢のデート、理想のデートコースを思い浮かべて、そこから少しずつマイナーチェンジしながらアイディアをふくらませていってみていただけませんか?

デートは楽しくてワクワクするもの。

その感じ方が違ってきてしまっては残念です。
「女性はデートで綺麗になれる」というのが私の持論です。


または、前述したように、一緒に考えてもらうようお願いしてみる。
それに対して無反応だったり、イマイチの返答だったら、それこそ、そのお相手とはそういうご縁だったと思えばいい。
あなたが無理してさらにお疲れになってはいけません。

あなたが疲れないで楽しめる方向へと舵取りしていってください。
そうすることで恋愛関係のベクトルが変わりますから、きっとあなたにふさわしいお相手が登場してくると信じます。


あなたご自身が、まず自分を偽らないで表現すること。
それが一番大事だと思います。
男性に引っぱっていってもらいたいと思うあなたであっても、その恋愛の主人公はあなたなのですから。

ご健闘を心から祈ります。

響子


アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2011-12-16 11:34 | 神原 響子の答え


歳の差のある恋愛の発展は難しい? (50代 男性)_a0057510_15344338.gif友達以上の関係には発展しないのは…年齢差があるからでしょうか。
私は50歳のバツ1、彼女は30代。

度々食事に行ったり、カラオケや居酒屋で朝まで一緒に飲んだり、そんな付き合いを一年していますが…手を繋ぐ事がやっと。
本人に直接聞く勇気も無く…。

彼女と一緒に居ると落ち着くので、アプローチして失う事が怖いです。

一般庶民では大年齢差は大問題なんでしょうか?
告白し諦めるしかないのでしょうか?

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
歳の差のある恋愛の発展は難しい? (50代 男性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。

彼女にアプローチして失う事が恐いとおっしゃるせつないお気持ちが痛いほど伝わってきます。

ただ不思議に思ったのは、度々食事に行ったり、カラオケや居酒屋で朝まで一緒に飲んだり、そんな付き合いを一年していらっしゃるとのこと。
それって完全にデートですよね。
しかも、手を繋ぐという段階には至っていらっしゃる。
この場合、ただの友達ではないでしょう。

お相手が、そういうデートに毎回来てくださっているのですから、あなたに対して好意がないとはどうしても思えません。

職場の上司と部下ではないのです。
年齢が近ければ、気が合って友達づきあいということもあるかもしれません。
しかし、当サイトはあくまで恋愛結婚という目的がはっきりしていますよね。

たまたま趣味が同じだからたまには会いましょうか・・・という関係には、まったくないとは言いませんが、なりにくいでしょう。

ましてやお相手の女性からすれば、時間も労力も無駄にはしたくないはず。

彼女があなた以外の会員さんとも、メールのやりとりをしたりデートしたりしているのか否か、私にはわかりませんけれども、もしかりにそうだとしても、あなたと一年間、お付き合いを続けていらっしゃるわけです。
あなたとの年齢差が気になるなら、とっくに「ごめんなさい」してらっしゃるのではないでしょうか?

それ以前に、好意のない男性と二人だけでの“朝まで飲み”は正直しんどいです。
それを一年間も! 彼女にそんなことをする必要がどこにあるでしょうか?

一年間付き合っていらっしゃるのですから、年齢差が障害になっているとは考えにくいです。
一般論はこの際、関係ないでしょう。
あえて言うなら、世間で話題なのは30歳差ぐらいの場合で、あなたと彼女では10数歳差ですよね?社会問題を招くような大年齢差とは思えません。


最近、周囲に多いのは、女性が年上でその年齢差の場合の恋愛ですが、世間の目を気にするなら、そのほうが気になると思いますよ。
男性が上の場合のほうが目立たないと思います。
男友達から多少妬まれたりはするかもしれませんが・・・。

それにネット婚活では、年齢という制限に縛られず、年齢差のある方と大恋愛をする可能性は、普段の生活の出会いの場よりも高いように思えます。

仕事関係とか社会的な制約とは違った環境のポジションで出会えるからで、それはとても素敵なことだと思います。形骸的なことをとっぱらって、純粋に恋愛対象の男女として向かい合いやすいわけですから。

「友達以上の関係には発展しないのは…年齢差があるからでしょうか」とのことですが、発展しないのではなく、あなたが発展させてないのではないでしょうか?
あなたは彼女と結婚したいと思ってらっしゃいますよね?
失いたくないけれど、自分が結婚したい気持ちに発展しないのはなぜだろう・・・
というお悩みではないですよね?

それとも、彼女に発展させてほしいのですか?
女性から、しかもかなり年上の男性にプロポーズするほうが、はるかに難易度が高いと思いますよ。それを待っているのだとしたら、それこそあり得ないです。

あなたから発展させてください!

年齢的なことと離婚体験があるということで、消極的になっていらっしゃるのではないでしょうか? きつい言い方に聞こえたら謝りますが、それで、誘えば会ってもらえる現状維持に甘んじていらっしゃるように思えます。

お相手の身になって考えてごらんになったことがありますか?
ずーっと待たされっぱなしなのですよ。

それなのにあなたは、肝心な話からは逃げていらっしゃる。
私はお相手の女性が非常にかわいそうだと思いました。

ぜひ勇気を出して告白なさってください!

と、力を込めて申しあげたいところですが、たぶんあなたには、そうできない彼女からの独特のオーラというか、何か空気を感じていらっしゃる部分があるのかもしれませんね。

これまで、彼女にご自分の気持ちをどこまで伝えてらっしゃるのか・・・、
たとえば、一緒にいて落ち着くとかホッとするとか、今日も会えて楽しかったとか
こんな気持ちになれるのは君だけだ、とかおっしゃったことがおありでしょうか?

または彼女から、一緒にいると楽なんだよね~とか、しばらく会わないと落ち着かないとか、そんな言葉を聞いたことはないでしょうか。

一年経つうちに、会員同士というより、前々から知っていた友達のような気分になって、わざわざ好きだ嫌いだという表現をするような感じじゃなくなっているかもしれませんが、でもそれは表面上のこと。彼女だって、この関係がどうなるのか、薄氷を渡るような気持ちを忘れたことはないはずです。

そしてあなたも、思い続けているけれども言えないせつなさを抱えている。
それでしたら、あなたのその思いを、そのまま彼女に伝えてみてはいかがでしょうか?

「ずっと告白したいと思ってきたけど、告白したら断られて君を失うんじゃないかと思って、怖くてどうしても言えなくてね。ずっと年上だしバツイチだし、あなたにはふさわしくないと思うと、勇気が出なくて・・・。僕はあなたといると一番落ち着くんだ。楽しくて時間を忘れてしまうぐらい。でも、こういうかたちであなたを束縛してきて本当に申し訳ないと思っている。勇気がなくて本当にごめんね。僕のこと、さぞ不甲斐ないやつだと思っているでしょう・・・」

というようなことを、ブツブツつぶやいてみていただきたいのです。

モロ告白して、即レスを待つにはリスクを感じるなら、プロポーズじゃなくても、告白しようとしている佇まいを感じさせることで、告白した場合にかなり近いお相手のリアクションを確かめることができます。

それにこの一年、あなたとお付き合いする中で、あなたがそんなに行動的なタイプでないことは、お相手も感じてらっしゃるでしょうから、あなたがこんなふうに具体的な話題を振ってきたこと自体に、変化を感じて耳をそばだててくれるはず。

その時の彼女の反応が、期待に満ちて目をキラキラさせていたらガツンと告白に持っていらしてください。

私としては、あなたが全部はっきりとはおっしゃらなくても、彼女のほうから、「わかった、わかった」とか「それってコクってるの?」とか何か反応を示してくださるような気がしますが・・・。

最悪、彼女が全然気乗りのしないつまらなさそうな反応だったとしても、そのままムニャムニャとうやむやにしてしまえばよろしいのです。
「俺って情けないよね~。よく会ってくれてるよね~」などと言いながら。

表面上は何も変わらず、現状のまま関係続行が可能だと思います。
でも、彼女の中には、あなたの気持ちが砂金のように残るはず。
それによって、次第に自然に発展していくかもしれません。

今のままでも楽しいでしょうけれど、ちょっと苦しみもありますよね。

結婚したらもっと楽しいし、ぐっと安心できると思いますよ。

彼女を失うことが一番怖いであろうあなたのお気持ちに沿って回答いたしました。
本来でしたら、バシッと背中を押したいところです。
ご健闘をお祈りしております。

響子

アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2011-11-16 16:03 | 神原 響子の答え


極度の人見知りの私。婚活が不安です・・・ (20代 女性)_a0057510_1893151.gif私は極度の人見知りで、お会いした方とも何を話したらよいのか分からず、固まってしまいます。

その上「綺麗だ」とは言われるのですが、笑顔もほとんどないし、話さないとかなりとっつきにくいようです。これからの婚活に不安をおぼえます。

どうしたらよいでしょう?
どうかご相談にのっていただきたいです。よろしくお願いします。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
極度の人見知りの私。婚活が不安です・・・ (20代 女性)_a0057510_13413763.jpgこんにちは。ご相談ありがとうございます。
エキサイトお悩み相談室
カウンセラーの杉元 信代と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

エキサイト恋愛結婚で婚活をがんばっていらっしゃるのですね。
そして、実際にメールをやり取りして「逢いましょうか」というところまでは、何度かチャンスを得ている・・・という理解でよろしいでしょうか?

けれど、人見知りな部分もあって、実際逢ったときに、何を話したらよいかわからないで固まってしまうことがある、ということなのですね。緊張すると顔もこわばりますし、笑顔になるのも難しいですよね。

そんな経験が、婚活するなかで何度かあった、ということでしょうか?
それとも、エキサイト恋愛結婚の活動のなかではまだそのようなことはないけれど、今までの経験から、「そうなるかもしれない」という心配があり、なかなか実際に逢うという決断ができない・・・ということでしょうか?

いずれにしても、「初めての方とお会いする」ことのハードルが、かなり高いものに感じられて不安になっていらっしゃる、ということがよく伝わってまいりました。

けれど「話さないととっつきにくいと思われる」とお書きになっているとおり、時間を経過していけば、素の自分も徐々に出していけるということですね?

とにかく「最初」のハードルさえなんとかクリアして、徐々に慣れていけば大丈夫なのではないか?という印象を受けました。


となると、まずは、「実際に逢うまでのハードル」を下げていくところから始めてみませんか?

「実は、とても人見知りで、最初は緊張してしまい、なにを話したらいいのかわからなくなることがあります」
「とっつきにくいと思われることもあります」


・・・ということを、メールのやり取りの段階でお相手にお知らせしておくことは、とても重要なことだと思われます。

そんなことを書いていいのかしら?・・・と不安になるかもしれません。
ですが、あらかじめ「お伝え」しておくことは、とっても大切なことです。

誰でも、最初に逢う時には緊張するもの。
前もって率直に伝えておくほうが、お相手にもきっと好感を持たれると思います。


次に、実際に逢うときのことですね。
まずは、御自身のなかで、デートに対するハードルをあげてしまわないことです。

おそらく、「デートとはこうあるべき」「初対面の人ともこのぐらいは打ち解けるべき」というご自身の縛りがかなりあると思うのです。そこのところは、可能な限り低めに設定しておくと、ずいぶんと気楽になります。

そして、この「緊張してる」「どうしようと不安になってしまう」気持ちを、そのまま言葉に乗せてしまいましょう。

「実は、今日こうやって実際にお会いすると決まってから、すごく緊張してしまって・・・」
・・・こんな風にです。

これを「気持ちの実況中継」と呼んでいます。
漫画でも、たまに主人公が心の声で「やばい!!オレ、緊張してる!!」みたいなセリフがありますが、あれを実際に口に出してしまおう!!というものです。

これを実際にしてみますと、一瞬とても楽になります。

多くの人のいる場所で突然指名されて話さないといけなくなったとき、あるいは結婚式のスピーチを頼まれたりしたときにも、最初に「実はかなり緊張しておりまして・・心臓が飛び出てしまいそうです」というようなことを話すと、ちょっと楽になる、ということがあります。
これを「一対一」のシーンでもやる、ということですね。

実は緊張してしまって、とっつきにくいと思われるかもしれないけれど、『本当は逢えて嬉しいんです』というところまで言えればパーフェクト!!ですが、難しかったらこれは後の『メール』で伝えてもOKということにしておきましょう。


御自身で「極度の人見知り」とおっしゃりながらも、エキサイト恋愛結婚で「がんばろう!!」と前向きに活動していこうというお気持ち、とてもとてもステキなことだと思います。

誰とでもすぐに打ち解けるようなタイプになりたい、と思われるかもしれません。
けれど性格をなんとかしようというのはなかなか難しいものですし、そちらの方向で努力するよりも、今のご自身のままで、「着実にできること」からはじめていきましょう。

貴方のこれからの活動を、心より応援しております。
ご相談ありがとうございました。

アドバイザー: 杉元 信代

by kekkon_sodan | 2011-04-15 18:14 | カウンセラーの答え


デートの会計がいつも割り勘なのが気になる (30代 女性)_a0057510_18134482.gif昨年サイトに入会し、会った方も何人かいます。
先日お会いした方で、気になったことが。。。

お相手からお誘いがあり、会社帰りに食事しました。メール交換のときと同じように楽しく話せて好印象だったのに、会計できっちり「割り勘」にされました。

プロフィールにある彼の年収は私の2倍で、私より4つ年上で、彼のほうが明らかにたくさん食べて飲んでいました。なので、ケチな人なのか、私を気に入らなかったのかな?とちょっとがっかりしました。

でも、帰宅したその日の晩に次のデートのお誘いが。。。
次の食事は2人で約8000円でしたが、またきっちり割り勘にされました。

いつも全部ご馳走して欲しいなんて思いませんが、もし好意をもってくれてるなら、少しくらい多く払ってくれてもいいのに、と思う私がいけないのでしょうか???

ちなみに私は1人暮らしで、毎回4000円近い食事代を出すのは正直きついです。それをもし彼に言ったら、おごりを迫るようでそれもどうかと。
次回会うのをちょっと躊躇しています。。。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
デートの会計がいつも割り勘なのが気になる (30代 女性)_a0057510_133034100.jpgはじめまして。
エキサイトお悩み相談室
カウンセラーの伊吹 知子と申します。
ご相談メールをいただき、ありがとうございます。

ご相談いただいた内容によると、「1つのこと」を除いては、相手の印象は良かったようですね。お互いが相手に対して好感も持っていることも伝わってきました。だからこそ「1つのこと」が強調され気になるのかもしれませんね。

あなたが今、気になっている「1つのこと」というのは具体的に、「相手がデート中の食事代をきっちり割り勘にすること」ですね・・・

彼に誘われて行ったデートの食事代をきっちり割り勘にするという、相手の気持ち・考え方・価値観が理解できない、納得いかないために、彼から誘いがあってもデートを躊躇してしまうのですね。


ここで1つ覚えておいてほしいのは・・・
人は誰しも、それぞれの価値観・期待・考え方を持っているということです。

あなたは「1つのこと」を巡り、自分自身の考え方・期待・価値観と、相手の考え方・期待・価値観の違い、ズレを感じ、相手と一緒にいることに違和感を覚えるようになったのではないでしょうか・・・

しかし、お金のことで、自分から細かいことを相手に言うのは、気持ちがいいものではないし、言い難いことの1つでもありますね。

その為、そのことを正直に相手に伝えることが出来ずモヤモヤ・・・
自分の本当の気持ちや考え・価値観も相手に伝わらないイライラ・・・

そんな気持ちを抱えたあなたは、相手の本当の気持ちや考え、価値観に耳を傾ける余裕がなくなってしまったのではないでしょうか・・・

興味がある相手だったり、好意を持っている相手なら、どんな気持ちや考えで、どんな価値観を持っているのか知りたいと思うし、理解したいと思います。

また、言い難いことを言うリスクを背負ってまで相手を知りたいとは思わない、理解したいとは思わないという場合もあるでしょう。その場合は、それまでの関係だったと言えるのかもしれませんね・・・


しかし、せっかくの出会いを「1つのこと」が気になる今の様な状態のまま終わらせてしまうのは、私はもったいないと思います。
あなたはどう思いますか?

あなたが一歩を踏み出し、出会った人との関係に悩んでいるこの時が、また一歩新たに前進出来るチャンスの時ということかもしれません。

人と人は何故出会い、何のためにお付き合いをするのでしょう・・・
そんな視点で自分自身の気持ちや考え、価値観とゆっくり向き合ってみるのもいいかもしれません。よろしかったら一度考えてみてください。

言い難いことだからこそ、自分の気持ちや考え・価値観と、相手の気持ちや考え・価値観をより深く知れるチャンスでもあるのです。

まずは、自分がどんな気持ちや考えを持ってお金を払っていたのか・・・
相手は、どのような気持ちや考えで割り勘にしていたのか・・・

自分の価値観・期待・考え方を理解した上で相手に伝え、相手がどのような価値観・期待・考え方を持っているのかを聴くことが出来れば、対象となる相手とのこれから先の道が開けていくのではないでしょうか。

言い難い事、聴いたことがない事、を相手に伝える上で、私が日頃、役に立てているコミュニケーション方法を以下に記します。よろしかったら参考にしてみてください。


心理学では、自分も他人も大切にする自己表現のことを「アサーション」と言います。自分の気持ちや意見・考え方を、正直に率直に相手が受け取りやすいように伝えることです。
また、相手がそのように表現してきたときは、誠実な態度で対応することも含みます。

これを踏まえて、今回のご相談内容を例に伝え方を考えてみましょう。
例えば・・・

「私はあなたがデートに誘ってくれることを嬉しく思っています。だから私にとってとても言い難いことなのですが・・・デート中にかかる食事代のことが気になっています。
私は今一人暮らしで、毎回4000円近い食事代を出すことが正直きついのです。私はあなたと、お金のことを気にせずに楽しくデートをしたいと思っているので、その辺を一緒に考えていただけると助かります。
よろしければ、デート代についてあなたの気持ちや考えを聴かせてください。」


上記はあくまで例文です。ご参考までにお伝えします。

大切なのは、あなた自身の心からの言葉を相手に伝えることです。

出来るか出来ないかは問題ではありません。
自分も相手も大切にする、という意識を持つことが重要なのです。

そこには、お互いを知り理解へ導く様々な道や答えが隠されているかもしれません^^

意識を変えることで、相手とよりよい関係が築けるかもしれません。あるいは自分や相手の価値観を知って違いを理解した上で、合う合わないが明確になるかもしれません。

たとえその相手とうまくいかなくても、今回のように悩みを自分自身の力で解決していく一連のプロセスが、今後のあなた自身の糧になっていくと私は信じています。

是非、今回の経験を生かして、より良い人間関係を築いていってください。
心から応援しています。

ご相談いただき、ありがとうございました☆


アドバイザー: 伊吹 知子

by kekkon_sodan | 2011-03-25 18:21 | カウンセラーの答え


理想の相手に限って、フラれてしまいます・・・  (30代 女性)_a0057510_11454396.gifエキサイト恋愛結婚に登録し、10人以上の方とお会いしましたが、いまだ「お付き合い」まで至る方に出会えません。

毎回、服装などにも気をつかい、できるだけ楽しく時間を過ごせるようにしているのですが。。
自分が「いい感じだな」と思った方にはフラれてしまい、「違うなぁ」という方には好感も持って頂くことが多いです。

自分の理想は自分に合っていないものなのかなぁ・・・と悲しくなります。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
理想の相手に限って、フラれてしまいます・・・  (30代 女性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。
ご指名をありがとうございます。

毎回、服装などにも気をつかって、できるだけ楽しく時間を過ごせるようにしていらっしゃるのに、ご自分が「いい感じだな」と思った方にはフラれてしまい、「違うなぁ」という方には好感も持って頂くことが多いという状態が続くと、どうしたらいいのだろう・・・と途方に暮れてしまいますよね。

でも、がんばっていらっしゃるご姿勢が、素晴らしいと心から思います。

あなたの誠実で真摯な生きる姿勢であれば、必ずやいい方向に向えると信じますが、自分一人の頭の中だけで考えていると、発想が限られてしまって煮詰まりやすいもの。
もし何か問題があるなら、解決にはいくつかの要素があると思われますので、それをひとつずつ考えてまいりましょう。


まず外見的な部分に関すること。

服装には気をつかっていらっしゃると思いますが、あなたのお気に入りの服装が必ずしもあなたを一番美しく見せているとは限らないかもしれません。
もっとはっきり言って、一般的に男性に好感度を与えているかどうか。


もちろん、あなたの好みを無視して、男ウケだけを考えてほしいわけではありません。
ただ、『初対面』というのはある種、非日常ともいえるお互いにとっての導入部です。

初対面から自分を全身で主張せずにはおれない方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、恋愛や結婚という、アカの他人からそうでない関係へ、非日常から日常的な親密さへと自然に移行していく関係性においては、「これが私(俺)、他の余地ナシ」ではなく、『すり合わせていける余地』を残しておく態度が重要なのが、初デートのお約束です。
自分らしさを表現しつつも押し付けないという感じでしょうか。

服装に気をつかってらっしゃるとおっしゃるあなたは、当然そのあたりを考慮したうえで服やバッグや靴を選ばれていることと思います。

仮に、普段は真冬でもローライズのジーンズを履いて腹出しで歩いているとしても、コンサバ志向の男性を意識してスカートを選んでらっしゃるでしょうし、ダホッとしたブーツではなく、寒いのを我慢して華奢なパンプスを履いたりなさっているかもしれません。

というか、初デートの時の服装って何となく決めていませんか?

もし、スラリと見せたくて全身黒ずくめが多いとしたら、ボトムだけでも白いスカートに、あるいは、もし可能でしたら白いワンピースをあなたのファーストデート用ワードローブに加えてみませんか?

実際に会って話す場所というのは、カフェとかレストランが多いですよね。
まずメインに視線を受けるのは上半身です。その部分が黒だけというよりは、白いブラウスや淡いピンクのセーター、そしてタートルネックよりは胸開きのあるVネックなど、女性らしさを感じさせる露出の加わった上物を選んでみてはいかがでしょう。

席を立った時にハッとさせられるミニスカートもいいですし、淡い色調の小花プリントのワンピースもいいし、アンゴラのセーターならノースリーブもいいですね。

過剰でない自然な女性らしさと、あなたらしい清楚な優しさが引き立つ服装なら何でもいいと思いますが、色味は意外と大事です。


またはメイクを変えてみる。
普段が地味めならもう少し華やかに、あるいはその逆。

コスメオタクの友人にアドバイスしてもらったり、実際に化粧品売り場で美容部員さんやメイクアップアーティストにメイクしてもらって、慣れてしまっている自分の手順や美意識、価値観に軽くジャブを与えてもらうのもお勧めです。

「私の場合、ここはこうでなきゃ・・・」と思っている部分が、他者からは何も気にされていなかったり、あるいは睫毛エクステやアイラインを駆使して目力を主張しないほうが、あなたの優しさが強調されて好感度があがるかも。

それ以前に美肌になるための、そして何より健康であるための食事、スタイルをよくするためのエクササイズ、姿勢のよさをキープするための日頃のストレッチなどといったベーシックな部分で見直せることはありませんか?

エステに行ったりスポーツクラブに入ったりという特別なことをするのでなくても、日々、日常的に自分でできることがすごくたくさんあるはずです。


それから、あなたはご自分の笑顔を知っていますか?
もちろん、楽しかったら自然に大笑いしてしまっていいのですが、自分が美しく見える笑顔の状態を自分で知っておくといろんなシーンで便利ですよ。


次に内面的なことで、お相手との会話。
これが一番重要かもしれません。

「いい感じだな」と思える相手が、あなたのことを好きになってくれるような仕掛けをさりげなく、でも積極的に仕掛けるには、会話がもっとも効果的だと思います。

メールのやりとりで、お相手の趣味や好きなものについて少しは情報を得ていらっしゃるでしょう? 彼の関心ある世界に対して、あたたかな関心を示すことが大切です。

さらに言うなら、他の女性たちよりもっと突っ込んだ関心を示すこと。
まったく趣味の違う人とはなかなか接点が持ちにくいでしょうから、会う段階にまでいけているということは、共有できる話題があると思うのです。

とはいえ、メールの段階ではものすごくコアな部分にまでは言及されていないはず。
男性側は、自分のもっともコアな部分を女性とぜひ共有したいと思っている人と、あるいは、結婚相手とは必ずしも共有できなくても仕方ない、自分が家庭生活に支障をきたさない程度に楽しめればいい、と思っている人とがいます。

それを否定されると辛いから黙っているかもしれませんが、理解してもらえたら、あるいは一緒に楽しむことができたらすごく嬉しいと思うのです。やや専門的に突っ込んだ内容の話や質問ができるかどうかがポイントです。

そういう意味では、ややオタクっぽいこだわりのあるお相手に対してのほうが、こちらも事前に調べたりなど対応の仕方がしやすいかもしれませんね。

たとえば、お相手がスキーを好きだとしましょう。
モーグルを得意とする彼だったら、クロスカントリーの話をしても一般的な話題で終わってしまうかもしれませんが、「ストック、かなり短めですよね」とか、「いちばん恐かったコブって覚えてますか?」とか、そんな質問から入ってみる。

写真が趣味だというお相手なら、「東京都写真美術館のスナップショット展は、もういらっしゃいましたか? 」と聞いてみてもいいですが、愛用の機種を聞きだして細かい部品のスペック比較を教えてもらうとか、あるいはトイカメラの世界観を深く愛しているというお相手なら、あなたも作品を撮って彼に見せてみるなど、同じ写真好きでも様々な対応が考えられると思うのです。

特に趣味とかがないというお相手でしたら、「今、何かハマってるものってありますか?」と率直に聞いてみてもいいと思います。

「少し前だけど、マイケル・サンデル教授の『白熱教室』にはちょっとハマったかなあ。リバタリアンていうのが・・・」と話し始めた彼に、「えっ、リバタリアンてオバタリアンの一種ですか」と言ってしまったらいきなり無視されちゃうかもしれませんが、「君っておもしろいね!」となるかもしれません。

会話のキャッチボールを展開して、彼への関心があることをアピールするのは、もっとも正統的かつ効果的な方法だと思います。

ただ、たとえば、たまたまあなたのほうが専門知識を持っていて、それを開陳し過ぎてしまったり(すごく喜んでくれて興味を持たれる場合もあるかもしれませんが、多くはもう二度とそれについて彼からは触れてこなくなるかも・・・)、会話が彼という人間から離れて、その関心空間にだけフォーカスしてしまっては元も子もありません。

あくまで彼の話を拝聴する、という姿勢は忘れないほうがいいでしょう。
もちろん、彼とはいつもそういう感じで話しましょうということではなく、彼の守備範囲について話す場合は・・・ということです。彼のプライドのために。

「僕が一番関心あるのはルベーグ関数なんですよ」
「歴史が好きなんですけど、特にアケメネス王朝ですかね」
「在野ですが、エゾジカの研究をしています」
といった、どう反応していいかすぐにはわからないようなことを言われたとしても、「ああ、そうですか」で話を終わりにしないこと。

「おもしろそうですね」
「どういうものなのですか?」
「なぜそれに惹かれるんですか?」
・・・と、ぜひ話を繋いでください。

そういうところにあなたの人間性の寛容さ、包容力、優しさを感じて、お相手は「この女性とはまた会いたい」「もっと話したい!」と思うのではないでしょうか。

もちろん、知ったかぶりをする必要はないし、興味がないのに無理に話を合わせる必要もありません。あなたが彼ともっと話していたいなと思ったら、自然にそういう聞き上手な才能が発揮されるといいなと思うのです。
私は、婚活上手は名インタビュアーだとつくづく思いますから。


会話以外に、あなたの『価値観』の見直しも必要かもしれません。

あなたが理想としている人は、本当にその条件でないとダメなのか?
ひとつも譲れないのでしょうか? 

また、「違うなぁ」という方が本当にそんなに違うのか?ということを、もう一度見極めるのも大切ではないでしょうか。

心からご健闘をお祈りします。


アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2011-01-14 12:00 | 神原 響子の答え


初デートの待ち合わせに遅刻する人 (30代 男性)_a0057510_12294399.gifこのサイトを通じて何人かの方とお会いしていますが、待ち合わせ時間よりも遅れてくる人が多いです。

ひどい人は30分以上遅刻してきて、遅刻を謝ることもなく「今着きました!」と平然としている人もいます。そういう人に限って、食事をしても自分のお金を払うそぶりすら見せません。
私は「散々待たされたあげく、会計までこちら持ちか・・・」と思ってしまいます。

私自身は、待ち合わせより10分ほど早く着いていることが多く、遅刻されるとかなり待つことになり、気持ちも盛り上がらず、イライラを表に出してしまい、結局うまくいきません。

初対面なら特に、遅刻しないように来るべき、という私の考え方は甘いでしょうか?
そのような場合でも、笑って奢ってあげるぐらいの度量の広さが必要なのでしょうか?


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
初デートの待ち合わせに遅刻する人 (30代 男性)_a0057510_13413763.jpgこんにちは。ご相談ありがとうございます。
エキサイトお悩み相談室
カウンセラーの杉元 信代と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

これまで、エキサイトで知り合った女性に、なんどか実際にお会いになっていらっしゃるのですね。
そんなお相手のなかに、遅刻をして、しかもそれについて謝ることもないということが何度かあって、とても気になっていらっしゃるのですね。

メールで知り合ってから初めて会うという緊張も伴う大切なシーンで、遅刻をしてきて、それを謝ることもなく、その後も平気な顔でいるということは、こちらとしては、自分のことをないがしろにされたような不愉快な気持ちになるのは、当然ではないでしょうか。
しかも、その後の食事でお金を払うそぶりさえ見せないのは、がっかりもしてしまいますよね。

お付き合いを続けていく中で、「時間の感覚」と「お金の感覚」というのは、とても大切な要素だと思います。
これらに関する「考え方」というのは、人により実に幅があるからなのです。

待ち合わせに遅れないように早めに到着するのが「ごく当たり前」と考えている人と、「少しぐらい遅れても平気」な人との時間に関する感覚は、かなりの隔たりがあると思われます。
もちろん、待ち合わせの時間に遅れることはよくないことですが、その許容の幅は人によってずいぶん違います。そして、その感覚は相手に強要したところで、どうしようもないものなのです。

ということは、お付き合いを始めるごく早い段階で、「根本的な考え方の違い」がわかってよかったな、とお考えになるのが一番ではないかと思います。

デートのときの食事代を誰がもつのか、という問題についての感覚も同じです。
イライラしながら、あるいは不愉快に感じたのに、お食事代をもたれるということは、どこかに「初めてのデートなのだから、男が払って当然」という感覚が、御自身のどこかにあるのかもしれませんね。

時間に遅れられてがっかりしたのであれば、お相手にそれをきちんと伝えなければわからないでしょうし、払いたくないのであれば、「今日は割り勘にしましょう」といえば済む事なのです。(もちろん、お相手の女性は不満な顔をするかもしれません)

それをせずに黙ってしぶしぶ払うということは、御自身のなかに「男がこれぐらいのことで怒るのはみっともない」「これぐらいのことでお金を払いたくないというのはみっともない」というお気持ちがあるのかもしれません。

これから婚活をされていくなかで、メールのやり取りのなかで、これらの感覚の違いがわかれば一番いいですね。
そして、御自身のなかにある、「こうあるべき」であるとか「常識」を再確認されるのがいいと思います。

もちろん、御自身の「感覚」は大切になさってください。
ですが、世の中には本当にさまざまな感覚をもった方がいます。
「常識」も「正義」も人の数だけある、といっても過言ではないのです。

人と人とは、「言葉」でつながっています。
どうかご自身の「気持ち」を言葉に出して、お相手に伝えてみてください。


これからの活動を心より応援しております。
ご相談ありがとうございました。


アドバイザー: 杉元 信代

by kekkon_sodan | 2011-01-07 12:32 | カウンセラーの答え


デート後、「価値観があわない」と断られるのは?  (30代 男性)_a0057510_12584376.gifこのサイトを通して何度か、そこそこいいところ(毎日メールして複数回デートする)まで行くのですが、いつも「価値観が合わないので、今後お付き合いできない」といった言葉で断られてしまいます。

しかし、サイトで知り合ってそんなに間はないので、まだお互いを知る段階です。なので、お互いの価値観にまで言及するような会話はした覚えがないのが正直なところです。

多分、私を傷つけまいと考えたお相手の配慮だと思うのですが、この断り文句が続いているので、まんざら全てが全てそうでもないのでは?と考えるようになりました。

そこでお聞きしたいのですが、付き合って(出会って)日が浅い異性と『価値観が合わない』時とはどんな時でしょうか?

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
デート後、「価値観があわない」と断られるのは?  (30代 男性)_a0057510_1924094.gifご相談を拝見いたしました。

毎日メールのやりとりをして、複数回デートにまでこぎつけてらっしゃるのに、価値観を理由に、続けて断られてしまうというのは非常に残念ですね。

あなたがおっしゃるように、知り合って間がなく、まだお互いを知り合う段階なのですから、「結婚したらもちろんお仕事はやめますよね」とか、「子供は2人は欲しいんですよ。親にも早く早くと言われてまして・・・」とか、「親の面倒は子供が見るのが当然ですよね。介護は嫁の仕事でしょう」などと、あなたがおっしゃっているはずもないでしょう。

ましてや、ショートヘアの女性に、「なぜショートなんですか。女性は髪が長いほうが、僕は断然好きだなあ。そのほうが女性らしいじゃないですか」とか、パンツスタイルのお相手に、「スカートはかないんですか? 男と間違えられたことないですか?」などと発言してらっしゃるとはとても思えません。

さらに、キャリア志向の女性に、「将来は田舎に帰って農業やりたいんですよ。やっぱりこれからは有機農法ですよね」とか、スポーツに興味のない女性に、「野球はジャイアンツに決まってます」とか、あるいは、「息子が生まれたら東大に入れて、医者か弁護士にしたいなあ」などと、ご自分の思いを押し付けたりは絶対なさってないはずです。

でも“価値観”とは、いわゆる「あなたの価値観とは?」と聞かれて出てくる答えのようなものだけとは限らない、と思うのです。

普通に生活している中でのちょっとした言動にも生きる姿勢は表れますし、あえて価値観に対して言及していなかったとしても、数回デートするだけであなたの服装、言動、行動はたっぷりお相手に伝わっているはずです。
何気ない一言、体のクセ、衛生観念、ちょっとした美意識のようなものから・・・。


お相手の女性からすれば、“価値観”という言い方でひっくるめたくなることは、とてもたくさんあるように思います。

たとえば、服装ひとつとってもそう。もちろんあなたは、家にいる時と同じジャージ姿でデートしてはいらっしゃらないでしょう。
『私を傷つけまいと考えたお相手の配慮』に気づくことのできる優しさとデリカシーにあふれたあなたのことですから、清潔感のある服装を心がけていらっしゃることと推測いたします。

不潔な感じがしたら、女性は複数回も会わないと思いますから。
食べ方があまりに汚くガツガツしていて一緒に食事するのが辛い、恥ずかしい、といった場合も複数回のデートは無いでしょうから。
また、貧乏ゆすりとか、指をパキパキならすとか、やたら舌なめずりするとか、病気でもないのに1分ごとに鼻をすするクセがあるといった場合も同様です。

デートの時のお店選びも、3回続けて居酒屋か焼肉・・・ということもたぶんないでしょう。自分の行きつけや同僚たちとよく行く馴染みのお店で、肉や魚を焼く煙がムンムンし、破れたビニールにソースが飛んでいるような丸椅子に、真っ白いレースのワンピース姿の彼女を座らせるようなことはなさってないでしょう。

あるいは、そんなカジュアルなお店なのにもかかわらず、一円単位まできっちりと割り勘を要求したりはしてらっしゃらないですよね。

相手の女性がどうしても割り勘にして欲しい、と言うのでない限り、1回ぐらいはご馳走してさしあげましたか?
お酒を飲むことに関して、あまり強くない相手に「もう飲めないんですか?」とか、またはよく飲む女性に「そんなに飲むんですか」とか、おっしゃってないですか?

友人だったら何てことはない一言も、まだよく知らない相手からの言葉は、その人の“価値観”としてつきささることがあるものです。
男女関係なく、相づちのように繰り出される何気ない一言って意外に相手の印象に残ってしまうのではないでしょうか。


「そういうの嫌いなんだ・・・」
「女(男)の人ってそうだよね」
「男(女)ってこういう生き物ですよ」

・・・みたいな一言も、その人の“価値観”から出ているのですよね。

もちろん、何かを限定するような言い方をしないほうがいい、と言っているわけではありません。初対面で、相手に合わせて好きじゃないコーヒーを無理して飲む必要はないし、好きな歌手の歌がかかっているのに無視する必要もないし、食べたくもないウナギを注文する必要もありません。

ご自分の好き嫌いは自然に出してかまわないのです。
というか、そういうことからお互いを知ることができるのですし、それによって発展する関係性のほうがもっともっと重要です。

ただ、自分の好き嫌い、いわゆる価値観と他人から思われるであろう分野に関して、ご自身でのその扱い方、表現の仕方が問題なのだと思われます。
大事なのは、自分に酔ったり、押し付けになったりしていないか、です。


「俺ってこうだから・・・」
「これが僕の生き方なんだよね」

・・・といった言葉が登場するようなシーンは、笑いを取るために冗談めかしてテレビドラマ風に使うことはあっても、まだそんなに親しくないうちに発すると、相手にやんわりとプレシャーのようなものを感じさせてしまうことがあります。

もちろん、『俺についてこい』タイプの男性が好きな女性もいますが。

たとえば、どこかで食事をしようとなった時、あなたがウナギが大好物だとして、「僕はウナギが好物なんですが、女性はあんまり好きじゃないって人、多いと思うんですよ。いかがですか? 確かにちょっとアブラっこいですよね」みたいに話していらっしゃるかどうか。
そして、その前に、「よかったら食事しませんか? 何がお好きなものがありませんか?」と、まず相手の意向を聞いてさしあげていらっしゃるでしょうか?

そして、彼女が「何でもいいです」とか「お任せします」と言ってきたら、「僕はウナギが・・・」と続けるわけです。その前に「嫌いなものないですか?」と一言、尋ねるのをお忘れなく。

要は、普通に人間としての優しさ、思いやりの部分です。
どういう人間性であるかが試される部分でもあります。


それから、最低限のマナーが意外と実行されていない昨今です。
女性が重そうなものを持っていたら持ってあげるとか、車道側を男性が歩くとか、エレベーターや電車から我先にと降りないでお年寄り、子供、女性を先に行かせてあげるとか、レストランで食事して帰る時にクロークからコートを受け取ったら、女性に先に着せかけてあげるとか。
女性が「いいです。自分でします」と言ったら、もちろんそれでかまいません。

お店の人に無意識に横柄な態度を取っていませんか?
いつもタメ口でいい、行きつけの焼き鳥屋さんや居酒屋さんは別ですよ。
ちゃんと『です、ます』で話しているかどうか。
「水、持ってこいよ」ではなく、「お水、お願いします」と。

居酒屋さんが悪いのではないのです。居酒屋が大好きな女性もたくさんいます。
まずお相手の女性に伺ってみてください。最初はイタリアンかフレンチでも、つきあってあげてください。「何で女ってイタメシが好きなんスかね。気取ってるんじゃないかな」なんておっしゃらないで!

あと、お店の悪口や噂をつい口にしていたり。
「シェフが変わってから味が落ちたな~」
「こんなワインが3000円!?」
「コースに6000円も出せるかって感じ」
etc.

もし、味が塩辛すぎるとか本当におかしかったら、きちんと「これ、ちょっとしょっぱいと思うんですけど、食べてみてください。できたら変えていただけませんか?」とお店の人に言いましょう。注文が違っていた時なども同様です。

あなたがワイン通で、開けたコルクを鼻に近づけた時、もし強いカビ臭を感じたら、正々堂々と取り替えを要求していいのです。

ただ、文句を言ったり、後でぐちゃぐちゃ言わない。
正しいと思うことを喧嘩腰でなく穏やかに発言し、それが受け入れられなかったら、あっさりとあきらめる。その後もに普通にしていらっしゃればいいのです。

女性の前だからとつい強気の発言をすると、本来のあなたではないのにすぐキレる人・・・と思われてしまう可能性がなきにしもあらず。

『あんな店だと思わなかった。二度と行かねぇぞ!』と心の中だけで思って、実際に行かなければいいのです。
お相手の女性に対しては、「以前一度行って、美味しい印象があったのですが、味が変わってたみたいです。せっかくお誘いしたのにごめんなさい」とおっしゃるほうがスマートだと思います。

様々な瞬間瞬間で、あなたの何気ない対応にあなたが出ます。
それが価値観なのではないでしょうか。


怒っちゃダメだとか、喜怒哀楽を出すな、というのではありません。
そこを含めての人間性であり、生き方であり、価値観だと思います。
面と向って「自分の価値観は・・・」と語られること以上に、如実に出てしまうもの。

今まで申しあげた中に、何か参考になることがあればよいのですが。
ご健闘を祈ります。


アドバイザー: 神原 響子

by kekkon_sodan | 2010-12-02 13:10 | 神原 響子の答え


会う話がないまま、1ヶ月以上メールするのは・・・ (20代 女性)_a0057510_12484799.gif「会おう」という話が出ないまま1ヶ月以上、会ったこともない人とメールのやりとりをすることに、疑問を感じてしまいます。

だらだらとメールのやりとりをする男性に対して、「男らしくない」と感じてしまうのです。

でも、男性から誘わないといけないという決まりもないので、そういう風に感じてしまうのはおかしいのでしょうか?

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
会う話がないまま、1ヶ月以上メールするのは・・・ (20代 女性)_a0057510_12512172.jpgこんにちは。
エキサイトお悩み相談室 カウンセラーの国広 宜子と申します。
ご相談を拝見しました。

メールの交換をしていて、1ヶ月が過ぎても「会おう」という話にならない男性に対して、男らしくないと感じてしまうのですね。

男性から誘わなければならない決まりがないことはわかっていても、疑問を感じてしまうというあなたのお気持ちは、誘ってくれないもどかしさだったり、相手の気持ちがわからない不安だったりするのでしょうか。


1ヶ月メール交換が続いているということは、話がはずんだり、手ごたえもあるということだと思います。
だからこそ、あなたは次のステップに進まずにメール交換が続く状態を、「だらだら」と感じるのでしょう。

知り合って、メール交換が始まり、その後は直接会ってお互いをより知っていく、というのが考えられる自然なステップですね。メール交換の次のステップとして「会う」がある訳です。

でも、メール交換からなかなか次に進まない。
「会おう」というアプローチがない。
そう感じる時点で、あなたの心は次のステップへ進む準備が出来ているのですね。


ところで、お相手の方はどう思っているのだろう?と想像してみました。

☆直接会いたいと思うまでには気持ちが進んでいない。
★会いたいけれど誘うことを躊躇している。


・・・お相手の男性が感じている気持ちの可能性はこんな感じでしょうか。

最初の「☆直接会いたいと思うまでには気持ちが進んでいない」場合は、もう少し待ってみるというのも一つの選択肢ですね。
また、あなたから働きかけてみるのもいいでしょうし、あと○回メールして、会う話が出てこなかったら違う方を探してみる、という選択もあるでしょう。

二番目の「★会いたいけれど誘うことを躊躇している」という場合は、お相手の男性が、一歩踏み出す事を怖がっている場合ですね。

怖がっているなんて言うと、「男らしくない」気もしますが、アプローチしてみて、上手くいかなかったらどうしようと思うのは、実は男性も女性も同じです。

せっかく今、盛り上がってるからこそ、不用意に踏み込んで今の関係を台無しにしたくない。そう思っているのは、二人の関係を大事に思っているからなのではないでしょうか。

また、具体的な誘い方がわからずに彼が困っているパターンも考えられますね。


男性からはっきりと誘って欲しい。
リードしてほしい。
そう思う女性は多いかもしれません。


でも、最近流行の「草食系男子」なんて言葉もあるように、男性も行動力あふれる方ばかりではないのも事実なようです。

あなたのパートナー選びの条件に、「男らしく行動力あふれる人」というのが必須条件なら話は別でしょうが、一歩踏み出せない男性にも、たくさんの魅力や誠実さが隠れているのも確かなこと。

だとしたら、そんな男性が一歩を上手く踏み出せるようなアプローチを、あなたの側からサポートしてあげるのも一案だと思います。

「紅葉のシーズンですね。ドライブにでも行きたい気分」とメールが来たら、「良ければ一緒に出かけませんか?」と男性も誘いやすかったりするでしょう。
同じように「話題のあの映画、すごく観たいと思ってるんです」のメールには、「一緒に観に行きませんか?」と返信がしやすいですね。

積極的に自分から誘うが苦手なのは、実は男性も女性も同じだったりします。
誰だって、トライして失敗するのは怖いですから。

でも、どちらかがトライしなければ、関係が深まっていかないのも事実。
だとしたら、お互いに「相手の出方待ち」しているのはもったいないですね。

お付き合いが始まると、お互いの得意分野や苦手分野が見えてきたりします。お互いが助け合ってサポートし合うことは、二人で人生を歩んでいくという、もっと先のステップにもつながっていくこと。

最初の一歩も、お互いに補い合いながら進めていくと考えてみませんか?

いつも、どちらかが誘うばかり、片方からアプローチがあるだけの関係は長続きしにくいものです。お互いの傾向やタイミングを知って、両方から手を差し伸べあえる関係が作れるといいですね。

アドバイザー: 国広 宜子

by kekkon_sodan | 2010-11-19 12:51 | カウンセラーの答え