二井原実 二井原実 Infomation

二井原実

■2008年5月9日-10日の
ソロライヴを収録した、
2枚組みCDがついに完成!

『MINORU NIIHARA LIVE!
"R&R GYPSY SHOW"@KAGURAZAKA DIMENSION (2008.05.09-10)』

通信販売&ライブ会場限定販売商品です。
定価¥3,000

CDの試聴、購入サイトへの
入り口はこちら
http://www.blasty.jp/niihara_cd/

〈収録曲〉
-DISC 1-
1.THIS LONELY HEART
2.FEVER
3.SOLDIER OF FORTUNE
4.THE NIGHT BEAST
5.SHUT UP AND BUY
6.DREAMS OF DUST
7.IN MY DREAMS
8.Tagawa Hiroaki Gtr solo
9.ASHES TO GLORY
10.1000 EYES
11.I'LL NEVER HIDE MY LOVE AGAIN
12.YOU CAN DO IT

-DISC2-
1.FAR AWAY
2.Funky Sueyoshi Dr solo ~
3.LET IT GO
4.Terasawa Koichi Bass solo ~ LET'S GET TOGETHER
5.STRIKE OF THE SWORD
6.ESPER
7.ROCK'N ROLL GYPSY
8.DREAM FANTASY
9.SO LONELY
10.TAKE ME HOME

Produced by Minoru Niihara

二井原実

二井原実
「Ashes to Glory」

¥3,000 (Tax in)
TKCA-72985
【徳間ジャパン】

この作品を買う Official site Music mall
マンティス登場!
LOUDNES情報
僕のブログを読んでいる方からメールを頂きました。
その方が『ひぐっつぁさん!ファイト!!』を立ち上げたそうです

ありがとう!
---------------------------------------------

京都にいた頃、バンド活動以外はバイトをやっていた。
フルーツパーラー、マクドナルドの清掃、電話ボックスの清掃、ビル掃除、八百屋さん・・
その中でもミュージシャン仲間に一番人気のあったのが「大日本印刷太秦工場」だった。
佛大軽音の先輩が見つけてきて瞬く間にミュージシャンに広まった。
夜八時から朝8時までの夜勤だった。
簡単な肉体労働だった。
何が良かったって、なんてたって日払い9000円だった.
仕事中に食事休憩があって夜食定食を食べ、その上工場内には大浴場があって入りたければ仕事後早朝に朝風呂入って汗を流せた、すべて当然無料。
一方シャラはいつの間にかバハマで働くようになっていて、バハマの厨房に入ったり、バーで飲み物を出したり、バンドの面倒を見たりしていた。
なかなか音楽の収入では食べていけないのが現実だった、まぁー当然だけどね!

「次のバンドの登場で~す!九州は福岡から来たバンドです!どーぞ!」
ある晩、アマチュアバンドが出られる音楽番組「ハロヤン」を観ていた。
ド派手な衣装がいかにもエアロスミス大好きですと言わんばかりのバンドが登場した。
(うわー!派手なバンドが出てきたでぇ~!)
僕はテレビに一人で突っ込んでいた。

大阪でも派手なコスチュームのバンドは沢山いたので衣装にはそんなに驚かなかったけれど、このバンドの持つ雰囲気は大阪の格好だけのバンドとは違う大人びた本格的なバンドの貫禄があった。
(九州のバンド?この番組って大阪ローカルちゃうんかいな?)
また一人で突っ込んだ。

九州と言えば僕の大好きな井上陽水やチューリップがいる。
所謂博多(めんたい)フォークのイメージが強かったけれど、このバンドは完璧にハードロックバンドだとコスチュームで分かった。
そのバンドのメンバーの中に背の小さな男がいた。
その背の小さな彼の衣装、顔のメーク、大きな口や唇、髪型、まるで小さくした和製スティーブンタイラーだった。
背は小さいけれど、この男の持つオーラはいかにも「この俺がこのバンドの顔だぜ!」と言わんばかりの輝きがあった。
「俺はロックスターだぜ」自信満々の彼のそのふてぶてしい態度に度肝を抜いた。
(恐らくこのスティーブンタイラーみたいな奴がヴォーカルなんやろな。こんな自信満々なヴォーカリストは大阪ではあまり見ないなぁ・・)
このバンドの演奏が始まった、僕はテレビに釘付けになった。
思った通り彼はヴォーカリストだった。
歌い方、マイクスタンド、動き、すべてがスティーブンタイラー丸出しであった。
(うわ~こいつ凄いなぁ!)
僕は心の中で歓声をあげた。
そして声も良く出ていて、彼はとても歌のうまいヴォーカリストだと思った。
(格好だけや無くて歌も無茶うまいやんけ!)
バンドのルックスは超ド派手だったけれど、演奏は堅実だったし、あまりハードでは無かったけれどとてもよく出来たキャッチーな曲にも好感を持った。
僕は一発でこのヴォーカリストの大ファンになった。
当時、大阪にはロックヴォーカリストで凄い存在感のある人が本当に少なかった。
唯一僕が凄いなと思ったのは神戸のプログレバンド「シェラザード」のヴォーカリスト五十嵐さんぐらいだった。
当時、五十嵐さんはポッキーと呼ばれていて彼の綺麗な高音はロックバンド仲間でも評判だった。
そしてポッキーさんはとても美しくて、少女マンガに出てくるような王子様ヴォーカリストだった。

そのバンドの演奏が終わった。
司会「いや~格好いいねぇ~!!!ではバンドの紹介をしてください」
メンバー「どーも今晩は!博多から来ました!マンティスで~す!よろしく!」
(うわ~こいつ博多弁でなまってるやん!)と大阪弁でなまっている僕はつぶやいた。
司会「メンバー自己紹介してください!」
メンバー「どーも、ベースの甲斐です。」
(なんやこいつ見た目は怖いけどシャイな喋り方やな・・)
メンバー「どーも、ヴォーカルのマーシーです!!」
(おぉ、マーシーっつうんか!)
マーシー「本格的にバンド活動するために九州から京都に出てきました!!これからがんばります!!マンティスをよろしく!!!!」

(あぁ~成る程、博多から出てきて今京都におるんか・・・要するに京都のバンドやな)
僕はこのバンドがハロヤンに出てきた理由が理解できた。
(そやけどなんで京都やねん・・・普通は本格的に活動するんやったら東京やろ・・・なんで京都やねん、変わったバンドやなぁ・・)
僕は多少疑問を持ったがこのバンドが好きになった。
厳密に言うとこのバンドのシンガーが好きになった、早くライブを観たいと思った。

数日後、バハマで働くシャラから電話があった。
「ニーちゃん、こんどなバハマでな目茶ええバンド出るで!!今度の日曜バハマおいでーや!!マンティス言う京都のバンドや!」
「マンティス???おぉ!!知ってるがな!!この前テレビで観たがな!!マーシーとか言うヴォーカルのおるバンドやろ?ヴォーカル目茶うまーて格好ええやろ??おぉ、絶対に観に行くわ!!」
by loudness_ex | 2008-05-07 12:09
excite. MusicMall

ブログトップ | ログイン
誕生日おめでとうございま..
by ロック小僧 at 22:45
お誕生日おめでとうござい..
by さちを at 21:25
Happy Birthd..
by こまちゃん at 20:49
お誕生日おめでとうございます
by いなほ at 20:42
にぃちゃん、お誕生日おめ..
by はんぞう at 19:45
お誕生日おめでとうござい..
by ねこ at 18:47
お誕生日おめでとうござい..
by てるZ at 18:40
二井原さん、お誕生日おめ..
by 高知&大阪ではタイガース男 at 16:28
こんにちは。 誕生日おめ..
by PROGRESS 佐藤 at 15:23
お誕生日おめでとうござい..
by 1007 at 14:52
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。