二井原実 二井原実 Infomation

二井原実

■2008年5月9日-10日の
ソロライヴを収録した、
2枚組みCDがついに完成!

『MINORU NIIHARA LIVE!
"R&R GYPSY SHOW"@KAGURAZAKA DIMENSION (2008.05.09-10)』

通信販売&ライブ会場限定販売商品です。
定価¥3,000

CDの試聴、購入サイトへの
入り口はこちら
http://www.blasty.jp/niihara_cd/

〈収録曲〉
-DISC 1-
1.THIS LONELY HEART
2.FEVER
3.SOLDIER OF FORTUNE
4.THE NIGHT BEAST
5.SHUT UP AND BUY
6.DREAMS OF DUST
7.IN MY DREAMS
8.Tagawa Hiroaki Gtr solo
9.ASHES TO GLORY
10.1000 EYES
11.I'LL NEVER HIDE MY LOVE AGAIN
12.YOU CAN DO IT

-DISC2-
1.FAR AWAY
2.Funky Sueyoshi Dr solo ~
3.LET IT GO
4.Terasawa Koichi Bass solo ~ LET'S GET TOGETHER
5.STRIKE OF THE SWORD
6.ESPER
7.ROCK'N ROLL GYPSY
8.DREAM FANTASY
9.SO LONELY
10.TAKE ME HOME

Produced by Minoru Niihara

二井原実

二井原実
「Ashes to Glory」

¥3,000 (Tax in)
TKCA-72985
【徳間ジャパン】

この作品を買う Official site Music mall
天才ドラマー現れる!
昔の話ばかりもなんなので、LOUDNESS豆日記も付け足すことに
しました。
====LOUD日記=====
今年の1月のリハーサル以来LOUDNESSのメンバーとはメールが来るぐらい
で会っていませんわ。
でもみんな元気でやっていると思います。
先日タッカンからメールが来て、アメリカの大きなフェスティ
バルのオファーが来てるでぇ~と書いておりました。
バンド再結成以来、オファーは毎年いろんな国からいろんなツ
アーやらの打診はあるのですが、なかなか実現しないのが現状
です。(涙)
日本のロックフェスにしても最終的な段階でNGが出たりする
んだなぁ、僕には理由が良く分からないのですが・・。
僕個人的意見ですが、ロックフェスは参加することに意義があ
るわけで、例えメインステージでなくても、僕らのことを知ら
ない世代の人の前でどんどん演奏することに意義があると思い
ます。
今年は、何とかロックフェスがあるなら出来る限りLOUDNESS参
加したいなぁ~。
突然出演が決定するかもしれません、吉報を待ちましょう!
====================

*さて、LOUDNESS歴史物シリーズ開始した訳ですが、肝心のLOUDNESS
参加にまでにはまだまだ少々時間がかかりますなぁ・・・(笑

誰かが指摘してくれました、「その曲が存在しない時期にその
歌を歌っていたのですか??」のようなことは看過できないの
でそういう場合は調べ直して出来る限り訂正したと思います。
さすがに、今やっている話題が32年前の話なのでかなり記憶が
怪しいのも事実です。
とても印象に残っている事柄がDVDチャプター紹介のように
しか漠然と思い出せません。。。
例えば、「A君が脱退した後にB君が入ったが、実はB君が先
でA君が後に参加した」みたいなことは今後も沢山ありそうで
す。
仮に当時のことを知っている関係者がここを見ているとして、
細かなディーテールはこの際容赦してください。

今回こうして昔のことを思い出しながら書いているのですが、
ついつい微笑ましくて可愛くてニヤニヤしています。
自分のことながら今後の展開が楽しみですわ!!

*******************************


WILD BOAR学園祭のライブ当日が来た。
それぞれの教室で色んな企画イヴェントをやっている。
驚いたことに、そこそこの数の教室でバンド演奏をやっているようだ。
演奏する人は必ずしも本校の生徒である必要も無いようだった。
「結構バンドやってんなぁ~」WILD BOARのメンバーは色んなバンドの漏れてくる演奏の音を聞きながらつぶやいた。

とりあえず我々も準備を整え最終サウンドチェックをしていよいよ第一回目のライブをやった。
友達が応援で見に来てくれてはいるけれど教室内は閑散としていた。
「ほな、やろか?」
僕達は初ステージに立った。
当然、僕も始めてのライブ経験である。
残念ながら、初めての演奏の記憶はまったく無い・・・・。
うまく行ったのか、ダメだったのか、緊張していたのか、アクシデントはあったのか・・・全く思い出せない?
唯一、暗い照明の明かりだけは覚えているのだけれど。
級友は「ええぞ~~~!」見たいな事ぐらいは言ってくれたとは思う.

シャラと一緒に他の教室の偵察に行った。
他の教室のライブはなかなかの盛況振りであった。
照明もPAも楽器も演奏している人達のステージングや衣装も数段我々より良かった。
そんな教室の中でも特に人だかりが出来ている教室があった。
僕達は大盛況の人ごみをかぎ分けて何とか中に入って演奏を聴いた。
バンドはディープパープルをやっていた。
ギターもベースもキーボードもヴォーカルも完コピだと思わせるほどの凄い演奏であった。
特に、ドラマーが素晴らしかった。
そのドラマーのプレーに教室中の人間が度肝を抜き大喝采だった。
「す、凄いなぁ~~~!!あのドラマ~~~!!!」シャラと僕は唖然とした。
そのドラマーは大きなドラムセットに囲まれて姿が見えない・・・。
かなり小柄な人が叩いているようだ。
その小学生のようなドラマーをもっとよく見ようと一番前まで行った。
そのドラマーのテクニックは我々の次元を遥かに超えていた。
物凄いスピードのドラミング、あり得ないほどの速さのバスドラムの速さ、正確なリズム、パワー・・・・
「こんな奴がこの学校におったんか?」
「何年生やねん?」
「名前はなんや?」
このスーパードラマーにシャラも僕も言葉を失った、腰を抜かして茫然自失であった。

自分たちの教室に戻って来てからも、あの小学生のようなスーパードラマーの話題で持ちきりだった。
WILD BOARのメンバーの誰かが情報を聞き出してきた、
「あのドラムやってた奴ここの学校の奴ちゃうらしいで」
「俺らと同じ年らしいで」
「嘘や~~~!!!!」
世の中には凄い奴がいるものだと思った。

結局、そのドラマーはその時期のあらゆる学園祭に出まくり、大阪中で話題をさらっていた。
噂は瞬く間に広まった「高校1年の物凄い天才ドラマーがいる・・・・。」

そのドラマー、あだ名で「けじめ」と呼ばれ、本名は「菅沼孝三」と言った。
by loudness_ex | 2008-03-18 12:32
excite. MusicMall

ブログトップ | ログイン
誕生日おめでとうございま..
by ロック小僧 at 22:45
お誕生日おめでとうござい..
by さちを at 21:25
Happy Birthd..
by こまちゃん at 20:49
お誕生日おめでとうございます
by いなほ at 20:42
にぃちゃん、お誕生日おめ..
by はんぞう at 19:45
お誕生日おめでとうござい..
by ねこ at 18:47
お誕生日おめでとうござい..
by てるZ at 18:40
二井原さん、お誕生日おめ..
by 高知&大阪ではタイガース男 at 16:28
こんにちは。 誕生日おめ..
by PROGRESS 佐藤 at 15:23
お誕生日おめでとうござい..
by 1007 at 14:52
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。