ホーム | ブログトップ | サイトマップ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
動画を見たい
by 城山荘 at 15:52
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 15:33
また、やるんですかね?
by ブッフォン at 11:47
本当にお疲れ様でした。 ..
by デルピエロ at 19:01
レオナルドさん、お疲れ様..
by paola77 at 17:45
ダ・ビンチさん、ジャッポ..
by toni at 16:08
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 21:16
いいです
by mesou at 16:21
九州は雨ですが、気をつけ..
by MAX at 11:28
ダ・ヴィンチさん、忍者な..
by happymango at 11:58
もしかしたら・・・と思っ..
by sunflower2000t at 11:07
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 12:35
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 12:34
ガソリンスタンドで、ダ・..
by paola77 at 18:04
家の近所で「ダ・ヴィンチ..
by david_2980 at 13:24
最新のトラックバック
SCIENCE・ART
from カミケン 広告とかメディアア..
ダビンチの旅日記
from ねこブログ
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
レオナルド・ダ・ヴィンチの旅日記(14)
伝統美との遭遇
 
e0124180_15145841.jpg

Oggi il cielo e’ plumbeo.
“Sei venuto fin qui in Giappone: non puoi non visitare questo luogo” con questa raccomandazione della mia guida eccomi qui nella storica citta’ di Kyoto.
Mille e duecento anni fa e’ stata la capitale del Giappone, un luogo pieno di storia, dove sorgono molti templi ed antichi edifici.
Se si pensa all’Italia, puo’ forse essere paragonata a Firenze...
Ad ogni modo, una meravigliosa atmosfera si respira in ogni angolo di questa citta’, senza dubbio unica in tutto il Giappone.
La sera, su richiesta della mia guida, siamo stati in un luogo chiamato “Ochaya” ovvero una tipica casa da the, e abbiamo provato l’ “Ozashiki Asobi”, il tipico intrattenimento che viene fatto in questi luoghi.
Il mio interesse, e’ stato subito catturato, non tanto dalla bellezza delle Maiko o delle Geigo, ma dal particolare ventaglio chiamato “Sensu” che viene usato nel gioco del “Tosenkyo”. Nonostante la struttura straordinariamente compatta la cosa che mi ha colpito di piu’ e’ stato il suo stile e la sua raffinatezza, proprie di una pittura.
“In Giappone la bellezza della natura e’ talmente ammirata e rispettata che viene utilizzata anche per decorare i piccoli oggetti”, mi ha spegato la mia guida.
Imparare dalla natura e apprezzarla essendone parte. Anche io comincio a realizzare quanto profondo sia il pensiero giapponese.
Ormai e’ parecchio tempo che viaggio insieme alla mia guida e pensavo di avere imparato a conoscerlo bene, ma non lo avevo mai visto cosi’ emozionato, ma al tempo stesso preso e divertito come invece e’ successo mentre eravamo nella casa da the.


今日の空は一面の鈍色である。
「ジャッポーネに来て、この地を訪れないなんて」という
画伊土(ガイド)氏の強い勧めによって、私は京都という古の都を訪れた。

1200年以上前に都であったという歴史ある場所だけあって、
立派な寺院や建造物が数多く立ち並んでいる。
祖国にたとえるならば、フィレンツェに近いだろうか。
とにかく、その雰囲気は荘厳というにふさわしい街並みであった。
ジャッポネーゼにとっても特別な場所であるということも、頷ける。

その夜、画伊土氏の要望で「お茶屋」という場所へ行き、
「お座敷遊び」なる体験をした。
そこで、私にとって最も興味深かったのが、
絢爛豪華な衣装に身を包んだ舞妓さんや芸妓さんではなく、
「投扇興(とうせんきょう)」という遊びで用いた「扇子」という名の扇である。
携帯に優れたその構造もさることながら、
何より絵画のようなデザインに私の目はすぐに釘付けとなったのだ。
そんな私に「ジャッポーネでは自然の美しさを“花鳥風月”と表現し、
さまざまな工芸品に取り入れている」と、画伊土氏が教えてくれた。
自然から学び、自然と寄り添うという考え方に、
私はますますジャッポーネの奥深さを感じたのである。

それはさておき、私と画伊土氏は気心知れた仲である。
しかし「お座敷遊び」で見せたような、彼の羽目の外し方を私は見たことがなかった。
冷静であることを自負している私も、彼の意外な一面には少々困惑した。
by leonardo-da-vinci | 2007-06-29 15:15 | 旅日記