ホーム | ブログトップ | サイトマップ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
動画を見たい
by 城山荘 at 15:52
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 15:33
また、やるんですかね?
by ブッフォン at 11:47
本当にお疲れ様でした。 ..
by デルピエロ at 19:01
レオナルドさん、お疲れ様..
by paola77 at 17:45
ダ・ビンチさん、ジャッポ..
by toni at 16:08
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 21:16
いいです
by mesou at 16:21
九州は雨ですが、気をつけ..
by MAX at 11:28
ダ・ヴィンチさん、忍者な..
by happymango at 11:58
もしかしたら・・・と思っ..
by sunflower2000t at 11:07
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 12:35
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 12:34
ガソリンスタンドで、ダ・..
by paola77 at 18:04
家の近所で「ダ・ヴィンチ..
by david_2980 at 13:24
最新のトラックバック
SCIENCE・ART
from カミケン 広告とかメディアア..
ダビンチの旅日記
from ねこブログ
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
レオナルド・ダ・ヴィンチの旅日記(13)
故郷の香りを感じる
 
e0124180_15493034.jpg

Oggi e’ bel tempo.
Concludendo la mia seconda opera, mi sono fermato in un posto chiamato “Citta’ Napoli” a Chitahantou, nella prefettura di Aichi.
Il cielo e il mare di uno splendido azzurro hanno reso suggestiva la mia visita a questo luogo. E oggi, passeggiando con questa bella vista come sfondo, mi e’ caduto lo sguardo su di un edificio chiamato “Museo della Cinquecento”. All’interno di quella che pensavo al principio essere una locanda, erano allineate, in uno spazio ristretto, tante piccole scatole di ferro chiamate “Fiat 500”. Anche se non avevo mai visto prima niente di simile, ho potuto sentire chiaramente in quelle piccole scatole di ferro il profumo del mio paese.
Anche se da quando ho iniziato insieme alla mia guida queste composizioni, due settimane fa, ho notato che il mio fisico e’ leggermente cambiato. Credo sia la conseguenza della particolare cucina giapponese, sebbene forse anche il venire a contatto con la cultura di questo paese ha fatto la sua parte. Non c’e’ niente da fare...
Comunque, per la mia terza opera ho deciso di utilizzare come tela la regione chiamata “Kyushu”. Sembra che questa regione del Giappone venga chiamata “Terra del fuoco”. Sono curioso di vedere con i miei occhi il perche’ di questo particolare nome.

今日は晴れ。
2作目のアートを完成させ、感慨にふけっていた私は、
暫し愛知県の知多半島にある「チッタ・ナポリ」という場所で数日間を過ごした。
青い空と青い海が印象的なこの地は、創造力を膨らませるのに絶好の場所であった。

そして今日、この絶景の中を歩いていると、
「チンクエチェント博物館」というムゼオに目が留まった。
一見バールを思わせるその建物の中を見学すると、
そこには「ダ・ヴィンチ号」の遠い先祖といえる「FIAT 500」という
とても小さな鉄の箱が、所狭しと並べられていた。
その雰囲気は「ダ・ヴィンチ号」とはまったく異なるというのに、
どちらも祖国の香りを感じさせるのだから、面白いものだ。

異なるといえば、私と画伊土(ガイド)氏の体型が、
アートの創作をはじめた2週間前と少々変わってきたように感じている。
このジャッポーネ、特に食に魅せられた結果であろう。
これも、ジャッポーネの文化を知るためである。いたしかたない。

それはそうと、第3作目は「九州」という地域をキャンバスにすることにした。
なんでもこの地域は「火の国」と、呼ばれているらしい。
「火の国」とは、一体何を意味するのか。
その理由を、この目でしっかりと確かめてみたいと思っている。
by leonardo-da-vinci | 2007-06-27 15:52 | 旅日記