ホーム | ブログトップ | サイトマップ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
動画を見たい
by 城山荘 at 15:52
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 15:33
また、やるんですかね?
by ブッフォン at 11:47
本当にお疲れ様でした。 ..
by デルピエロ at 19:01
レオナルドさん、お疲れ様..
by paola77 at 17:45
ダ・ビンチさん、ジャッポ..
by toni at 16:08
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 21:16
いいです
by mesou at 16:21
九州は雨ですが、気をつけ..
by MAX at 11:28
ダ・ヴィンチさん、忍者な..
by happymango at 11:58
もしかしたら・・・と思っ..
by sunflower2000t at 11:07
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 12:35
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 12:34
ガソリンスタンドで、ダ・..
by paola77 at 18:04
家の近所で「ダ・ヴィンチ..
by david_2980 at 13:24
最新のトラックバック
SCIENCE・ART
from カミケン 広告とかメディアア..
ダビンチの旅日記
from ねこブログ
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
レオナルド・ダ・ヴィンチの旅日記(3)
驚嘆の出発式


e0124180_205827.jpg


La sera precedente la mia partenza c’e’ stato un piccolo banchetto.

Come prima cosa abbiamo brindato al Giappone con un liquore fatto con il riso, bevanda forte ma dal sapore piacevole.

Poi e’ stato servito del pesce crudo chiamato “Sashimi” tagliato e disposto ordinatamente sul tavolo. Somiglia al carpaccio che si mangia da noi in Italia, ma senza olio d’oliva. Si mangia invece intingendolo in un liquido scuro e salato chiamato “salsa di soia” al quale e’ viene mescolato una pasta verde chiamata “Wasabi”.
Osservando quello che facevano gli altri invitati, ne ho mangiato allo stesso modo una fetta anche io.

Uno strano pizzicore mi e’ salito fino al naso.
Avevo messo troppo Wasabi.
Ha un sapore piccante molto forte, ma completamente diverso da quello del peperoncino.

La cosa che piu’ mi ha sorpreso di questo banchetto e’ un utensile chiamato “Hashi”.
Si tratta di una coppia bacchette di legno che vengono usate come prolungamento delle dita della mano per prendere il cibo al momento del pasto.
Per usarle c’e’ bisogno di molta manualita’ e molto esercizio.
Al giorno d’oggi in Giappone sono molte le attivita’ che richiedono un rapido utilizzo delle dita. La gente di qua ha ormai aquisito nel tempo una grande manualita’ grazie all’uso quotidiano di queste bacchette, e quindi tutte queste altre operazioni che richiederebbero un lungo allenamento risultano invece molto semplici.


出発を3日後に控え、ささやかな宴が開かれた。

まず、グラスにジャッポーネを代表する酒「ライスワイン」が注がれる。
大地のチカラを閉じこめたかのような味が、口の中に広がる。

そして、テーブルには「刺身」という生魚がテーブルに並ぶ。
祖国のカルパッチョに似ているがオリーブオイルはかかっていない。
なんでも、醤油という黒くてしょっぱい液体と、
ワサビという緑のペーストを混ぜ合わせたものを付けて食するらしい。
早速、見よう見まねでひと切れ口に入れてみた。

鼻の奥底を刺激する強烈な痛み。
ワサビを入れすぎてしまったようである。
ぺペロンチーノとはまた違った強烈な刺激に、
しばし涙を流したのである。

また、宴の席でとりわけ感心したのは「箸」。
2本の筆のような棒を使い、手先を起用に動かすことは、
前頭葉を鍛錬することにつながるのではないか。
その事実に、私は驚嘆した。
ジャッポーネでは、昨今脳を鍛えることがブームであるという話を聞いたが、
はるか昔からこのようにトレーニングしているとは。
ジャッポーネの人々は、やはり勤勉な民族なのだと確信した瞬間であった。
by leonardo-da-vinci | 2007-06-08 20:07 | 旅日記