エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
7月24日(日)第一生命ホール「ロイヤルチェンバーオーケストラ定期演奏会」
当日のコンサートは、第79回の定期演奏会でしたが、編成は小さめでちょっと渋めのプログラムによる定期演奏会になりました。そしてゲストはチェロの林峰男。堤マエストロの桐朋の同級生で、今もとても親しくされているようですが、スイスに住んでいらっしゃって主にヨーロッパで活躍していらっしゃいます。

さて当日のプログラムは、
シュターミッツ作曲「シンフォニア・パストラーレ ニ長調」作品4-2
クープラン作曲「チェロと弦楽合奏のための演奏会用小品集」
ハイドン「チェロ協奏曲第1番 ハ長調」
シューベルト作曲「交響曲第5番」
というなかなか玄人好みするような渋いプログラムになりました。

演奏は林さんのソロはもちろんのこと、まとまりのある好演だったと思います。また、マエストロが得意とするハイドンとその近辺の作曲家が多かったために、メンバーたちも手慣れたもので、安定感がありました。
また、この日のプログラムのプログラムノーツも私が書きました。

さて次はいよいよ9月11日(日)のモーツァルトの「レクイエム」です。NYの同時テロからちょうど10年の日にモーツァルトのレクイエム」とは意義深いコンサートになりそうです。昨年秋にメンデルスゾーンの「讃歌」を歌った時の合唱団のメンバーを中心に、RCO(ロイヤルチェンバーオーケストラ)合唱団を組織し、この日のために練習を重ねてまいりました。興味のある方は、晴海の第一生命ホールで15時開演ですので、ぜひ足をお運びください!私もバスパートの1員として合唱を歌う予定です。また、「レクイエム」の前プロで、三枝成彰の「震災のためのRequiem」も演奏する予定です。
# by hikari-kozuki | 2011-07-28 17:31 | Concert | Comments(1)
7月23日(土)津田ホール「夢遊病の女」
津田ホールでオペラ?最初に聞いた時に驚きましたが、演奏会形式で伴奏はピアノと聞き、納得しました。舞台の後方に30名ちょっとで2列の合唱団、上手奥にピアノ、上手手前に指揮者、そして、舞台前方に6名のソリストたちと譜面台という並びでした。そして驚いたのは、舞台後方の反響板の中央部に映し出された字幕です。スクリーンなどはまったくなく、普通の備え付けの反響板に見えるところに字幕が映し出されるのですが、非常に読みやすく、クリアーでキレイなのです。プロジェクターから投影されていると思いますが、あんなにキレイならスクリーンは要らないかも知れません。

さて「夢遊病の女」ですが、ベッリーニの作品の中では圧倒的に「ノルマ」が有名で上演回数も多いでしょう。「カプレーティとモンテッキ」「清教徒」「テンダのベアトリーチェ」などと並び時々上演される、というのがこの「夢遊病の女」です。ストーリーは主役の夢遊病の娘が眠ったまま細い橋を渡るという荒唐無稽にもほどがある内容ですが、スイスを舞台とした牧歌劇です。音楽は素晴らしいのですが、アミーナとリーザという2人の卓越した技術を持つコロラトゥーラ・ソプラノが必要なのと、エルヴィーノというハイCの上の超高音が必要となるテノールがいないとオペラにならないので、なかなか上演回数に恵まれないのでしょう。しかし、アリアや合唱などの旋律の美しさはベッリーニのオペラの中でも特筆すべきオペラと言えます。
私もこのオペラを見るのは2003年のウィーン国立歌劇場以来のような気がします。この時はとにかくステファニア・ボンファデッリが全盛期で、完璧なテクニックに容姿の美しさで1人で観客を魅了していました。最近はまったく彼女の話を聞かなくなってしまいましたが、どうしたのでしょうか。音声障害になってしまったのは知っていますが、そのあと復活したはずだったのですが。やはりコロラトゥーラは難しいのですね。グルベローヴァやデヴィアは特別の中の特別なのでしょう。

さて、話がすっかり横に逸れてしまいました。当日のキャストは、主役のアミーナに平井香織、ライヴァルのリーザに村瀬美和、エルヴィーノの青柳明、ロドルフォにバリトンの折河宏治というメンバー。不勉強で申し訳ありませんが、ほとんど見たことがないメンバーながら、まず平井香織さんは素晴らしいソプラノでした。コロラトゥーラにしては少し太く当てすぎかな?という箇所もありましたが、アジリタのテクニック、高音から中低音域までムラのない声、音量的にも申し分ない立派な声でした。プログラムのプロフィールを見るとR.シュトラウスやワグナーを多く歌っているようですが、ベルカント・オペラも十分に行ける感じでしたが。今度はもう少し大きなホールでコンサート形式ではないちゃんとした演技付きのオペラを見てみたいものです。
テノールの青柳明さんはある意味で驚愕させられました。まず良い面は、とにかく上が強く、ハイCよりも上の音でもさほどムリなく出すことが出来ます。レッジェーロのテノールにしては音量も十分で、最後の方でもまだまだ大丈夫そうでしたので、発声も悪くないのかも知れません。しかし、あまりに棒声で、抑揚がなく、浅いポジションでアペルトに当たりすぎている感じです。あと、曲の最初のフレーズのところの音程が悪く、いつもふらついてしまうのはなぜでしょうか?きっと持っている素質は大きいのだと思いますが、あの歌い方では素人にも素人くさく見えてしまうと思います。
# by hikari-kozuki | 2011-07-26 17:45 | Opera | Comments(0)
なでしこジャパンW-Cup優勝おめでとう!
日本時間の月曜日の早朝にW-Cupドイツ大会の決勝が行われ、日本が1度も勝ったことのないアメリカにPK戦で勝ち、みごと優勝を飾りました。あらゆるマスコミがこれ一色なので、もう知らない人はいないでしょう。

私もライブ中継で見ていましたが、2度先行されながら追いつき、勝った瞬間は歓喜の雄たけびをあげました!そして、キャプテンの沢選手が大会NVPと得点王に輝き、名前を永久のものにしました。

まさに歴史的な快挙で、口を挟む余地のないあっぱれな勝利と選手たちのパフォーマンスでした。ただ、単純に男子のW-Cupと比べることはできませんし、ましてや他のスポーツと比べるのもナンセンスです。この大勝利を単純に喜びましょう!

それから、女子サッカーをサポートしている企業も今は良いでしょうが、これからも継続的に応援、サポートして欲しいものです。マスコミもすぐに飽きてしまうのが日本のマスコミの特徴なので、これからもずっと女子サッカーを取り上げて欲しいものです。

それにしても女子サッカー。20年前、10年前と比べて、考えられないくらいの進歩をしています。ほんの10年くらい前は見ていて恥ずかしいくらい下手で、戦略も稚拙でしたが、今は男子も見習う必要があるのでは、と思うほどです。また、それは日本代表だけでなく、他の国も本当に上手く、強くなりました!

これからも頑張って下さい、なでしこジャパン!!
# by hikari-kozuki | 2011-07-19 16:33 | Football | Comments(0)
7月10日杉並区民オペラ杉並公民館「愛の妙薬」続き
昨日の投稿がなぜか文章の途中で切れてしまって、最後の方が見れなくなっていましたので、続きを書きます。

ただ私は、オペラというものは基本的にはその国の言語でやるべき、というのが持論なので、イタリア語で上演し、そして字幕をつけた方が良かったのではないでしょうか?日本語訳はなかなか上手いと思いましたが、言葉の特性上、どうしても台本通りにするのは難しいですし、歌手が歌いづらそうなところも何箇所か見受けられました。特にイタリア語の場合、言語自体が非常に美しく、作曲家もそれに合わせて作曲をしていますので、外国の言語を無理に当て嵌めると、音楽自体に影響を及ぼしてしまいます。

また、若い歌手たちがこれから海外へ渡っていったり、大きな舞台に立つ場合、必ず原語でということになりますが、日本語で勉強したオペラはほとんど役に立ちません。同じオペラでも、日本語訳のものと原語のものでは、2度勉強をしなければならないことになってしまいます。

チェコ語とかロシア語とか日本語で上演するのが困難な言語であれば、また状況は変わってきますが、少なくともイタリア語のオペラの場合、言語で上演して字幕を流す、というのが良いと思われます。

それから合唱団です。おそらくトラの方たちが入られていたと思いますが(特に男声)、とても良かったと思います。声も良く出ていましたし、アンサンブルも悪くありませんでした。アマチュアの方々も、それぞれに演技を楽しんで舞台に立っているという感じが良く伝わってきました。

最後に当日は六男の仲間も大勢応援に駆けつけていましたが、武蔵野音大の卒業生が多く出ていたこともあって、武蔵野音大の関係者の方とも何名かお会いしました。その中でもテノールの菊池英美先生は学生時代も親しくさせて頂いた方ですが、スピリチュアルの江原啓之さんと一緒に来ていらっしゃいました。菊池先生はアディーナの西本さんの先生ですが、そういえば江原さんも菊池門下だったことを思い出しました。実は江原さんは六男の古いメンバーで、最近はお忙しいのかほとんどお会いしていませんでしたが、久々にお会いしてとてもお元気そうでした。「幽霊メンバーですみません」とおっしゃっていたので、まだ六男のメンバーのつもりでいてくれているようです。江原さんとは六男の横浜のインターコンチネンタルホテルのディナーショーの打ち上げ2次会の時に、彼に歌ってもらうことになり、私が急遽楽譜もないのにピアノで伴奏したことを覚えています。確か「セヴィリアの理髪師」のフィガロのアリア「私は町の何でも屋」ではなかったでしょうか。
# by hikari-kozuki | 2011-07-15 12:04 | Opera | Comments(0)
7月9日(土)杉並公会堂杉並区民オペラ「愛の妙薬」
ドニゼッティの傑作ブッファ「愛の妙薬」は、何十回も見てきた超スタンダードナンバーですが、いろいろな思い出がたくさんあります。その中でも、ネモリーノに関するだけでも、パヴァロッティが歌えなくなる直前にナポリのサン・カルロ劇場で椅子に寄り掛りながら「人知れぬ涙」を2回歌ってくれたことや、その直後にピッツァ・マルゲリータ発祥の店「ブランディ」で食事をしていたらパヴァロッティが仲間に両側から支えられてようやく店に入ってきたこと。ベルリン国立歌劇場でまだまったく無名だったローランド・ヴィラゾンを見て、彼は絶対にこれから出てくる歌手だと思ったこと。ウィーン国立歌劇場で見た故山路芳久さんの素晴らしいネモリーノ。先日亡くなってしまったヴィンチェンツォ・ラ・スコラのスカラ座での名演等々。テノーレ・レッジェーロにとっては絶対にはずすことができないのがこのネモリーノ役と言えるでしょう。

前置きが長くなってしまいましが、六男のバリトンのパートリーダーで東浩市さんがベルコーレ役で出演するとあって応援に行ったのです。出演者には東さんの他にも何人か知っている人がいましたが、1人1人がとても良く、大満足のオペラとなりました。

まず最大のサプライズはアディーナ役の西本真子さん。おそらく私は彼女の声を少なくとも主役では聞いたことがなかったと思いますが、素晴らしいソプラノでした。低音から高音まで非常に安定感があり、喉に無理のないベルカントな発声法、フレージングやブレッシングも実に上手く、アジリタも軽々こなしていましたので、コロラトゥーラの役もできるでしょう。声の伸びやヴィブラートのかかり方もまったく問題がありません。次はぜひもうちょっと大きなホールで、別の役を聞いてみたいものです。

ネモリーノは青地英幸さん。実にネモリーノらしい輝かしく繊細なレッジェーロです。1幕のフィナーレの方で少し疲れ気味な感じがありましたが、2幕は見事に立て直してくれました。この西本、青地のお2人で私の後輩なので、ますますの活躍を期待しています。

ドゥルカマーラは岡元敦司さん。六男がイタリアで「Jr.バタフライ」の合唱を歌った時に、トラとして手伝ってもらったことがありますが、朗々たる美声の持ち主です。彼もとても良かったですし、演技もとても上手でした。しかし、2幕のフィナーレはちょっと疲れてしまったでしょうか?

そして我らが東さん。普段は六男のバリトンパートを後ろかから支えてくれているので、あまりソロを聞かせて頂く機会はありませんが、さすがでした。フレーズの作り方が上手く、喉も良く鳴っていたと思います。演技も生真面目なベルコーレがとても合っていました。

最後に字幕と上演言語について。当日は日本語上演でさらに日本語の字幕付きという新国のように非常に親切な舞台となっていました。ただよくよく聞いてみると、日本語上演というのは主催者の方針で、オペラを分かりやすく紹介するため、とのこと。そして本来は字幕を入れたくないが、ホールが響きすぎて言葉が聞きづらいということなので、初めて導入したとのことです。
ただ、今回の公演に関していえば、字幕はまったく要らなかったと思います。まず歌手たちの日本語がとてもはっきり聞き取りやすいものだったということ。次に愛の妙薬と言うオペラはちょっと言葉が聞き取れなかったとしても、ストーリーが分からなくなってしまうことは決して無いでしょう。

ただ私は、オペラというものは基本的にはその国の言語でやるべき、というのが持論なので、イタリア語で上演し、そして字幕をつけた方が良かったのではないでしょうか?日本語訳はなかなか上手いと思いましたが
# by hikari-kozuki | 2011-07-14 16:43 | Opera | Comments(0)
初音ミクコンサートツアー 3
本日の早朝、羽田空港に到着しました。ミクさんのコンサートは、7月2日(土)の20:30からLAでも屈指のNOKIAホールで行われ、大成功でした。日本でもTVのNEWSなどで取り上げられているそうですが、盛り上がり方は凄かったです。普段、オペラやクラシックのコンサートしか行くことのない私としては、すべてが未体験である種のカルチャーショックでしたが、世界的なミクさん人気にはただただ驚くばかりでした。

舞台正面に据えられた透明のパネルの中を駆け回るミクさんは、非常に立体的で、その迫力は3Dの映像を見ているような感じでした。その周りを取り囲んで演奏するギター、ベース、ドラム、キーボード、そして弦合奏と1つになって、とてもヴァーチャルな世界とは思えないほどの臨場感。

そもそも今回のこのコンサートは、7/4までLAで開催されたANIME EXPOのメイン・イヴェントとしてミクさんが呼ばれたわけですが、このANIME EXPO、凄い人の出でした。入場者の半分くらいが思い思いのキャラクターのコスプレに身を包み、写真を撮り合ったり、ふざけ合ったり。

1番驚いたのは、日本のアニメがこれほど世界的に人気があり知られているということ。私でも知らないようなキャラクターをアメリカ人のハイティーンたちが当たり前に知っているのです。そして、入場者にアジア系の女の子たちが多いのにも目を引かれました。

弊社のツアーにご参加頂きました方々、本当にありがとうございました!
# by hikari-kozuki | 2011-07-05 11:50 | Concert | Comments(0)
日生劇場ファミリーフェスティヴァル2011
2013年に開場50周年を迎える日生劇場ですが、50年前から積極的に独自の活動を続けており、日本におけるオペラ普及の一翼を担ってきました。

1963年のベルリン・ドイツ・オペラの「フィデリオ」の来日公演は、オペラ史の金字塔となりました。その後も三木稔作品等の日本オペラの普及にも大きく寄与し、自主公演でもありきたりのメジャーな演目でなく、滅多に上演されないような作品も意欲的に取り上げてきました。青少年向けの日生劇場オペラ教室や、舞台関係者の裏方として普段陽の当らないところで活躍されて方々向けの日生バックステージ賞など、オペラを始めとする舞台芸術への貢献は非常に大きいものです。

さてその日生劇場ですが、毎年夏休みにファミリーフェスティヴァルという子供も一緒に楽しめるようなプログラムを用意してくれています。子供も楽しめる良質な演奏会を探していらっしゃる方には最適です。今年のプログラムは下記の通りです。

*ミュージカル「三銃士」 7月21日、22日、23日、24日
人気急上昇中の颯太や体操のお兄さんとして有名な佐藤弘道など、非常に楽しみなキャストが組まれています。

*クラシックコンサート「アリスのおんがく旅行」 7月30日、31日
2007年以来毎年続けられているシリーズで今年のテーマは「音楽史」。構成と進行役のウサギはバリトンの宮本益光、アリス役のソプラノの鵜木絵里との掛け合いも絶妙です。

*ミュージカル人形劇「しゃぼんだまのくびかざり」 8月6日、7日
寺村輝夫作の「ぼくは王さま」シリーズのミュージカル人形劇です。

*バレエ「コッペリア」 8月26日、27日、28日
「コッペリア」じゃ有名なバレエで、東京シティバレエ団の人気作品です。


私もぜひ娘たちを連れて行こうと思っています。

詳細は以下のURLで。
http://www.nissaytheatre.or.jp/
# by hikari-kozuki | 2011-06-27 13:23 | Concert | Comments(0)
6月22日(水)サントリーホール「六本木男声合唱団」定期演奏会
六男は、毎年サントリーホールで定期演奏会を行っていますが、昨日の定期演奏会は、ちょうど第10回と節目の演奏会となりました。ちょうど2年前の2009年6月22日は我らが副団長、眞木準さんが亡くなってしまった日なので、眞木さんへの追悼の思いも込め、一生懸命歌いました。

昨夜のプログラムは、三枝成彰作曲の「最後の手紙」。
第二次世界大戦で亡くなった人たちが残した手紙の数々を集めたものです。手紙を書いたのはフランス、日本、アメリカ、ブルガリア、ポーランド、イタリア、中国、イギリス、朝鮮(韓国)、ソビエト、ドイツ、トルコと世界中の方々。故郷で待つ家族や恋人に宛てた手紙の数々のリアリティは現代の我々の心を激しく揺さぶり、戦争の悲惨さ、平和の素晴らしさを同時に訴えかけてきます。

この曲は昨年のサントリーホールの定期演奏会でも歌いましたが、昨年はコンサートの何日か前に楽譜が上がってきた曲もあったので、今年の方が完成度が格段に上がりました。それに最近入団して来る方たちは、若い方が多く、合唱経験者が多いので、実力自体も上がっているのは間違いありません。それにしても、六男もこんなに難しい曲を歌えるようになったと思うと感慨深いものがありました。

三枝作品の中でも間違いなく最高傑作の1つであることは、作曲者本人が自信を持って言っていましたが、私も曲の完成度は、「レクイエム」や「天涯」よりも上だと思います。しかし、ひたすらに戦争の悲惨さを13曲も歌い上げ、しかも1時間半という演奏時間は歌っている本人たちもかなりの苦行となります(笑)。昨日もリハ、GP、本番と一体何時間立っていたことでしょう。私よりも年齢が上の諸先輩方もさぞ大変だった思います。

指揮の大友直人先生、コーラスマスターの初谷敬史先生、ピアニストの岩井美貴さんと三枝ゆにさん、パートリーダーの皆さん、ひたすらわがままな団員を支えてくれた事務局のあいちゃん、道面さん、若葉ちゃん、オケの東京交響楽団の皆さん、ナレーションの露木茂さん、演出の辰巳琢郎さん、すべての方々に感謝しています。それからプログラムの広告にご協力いただいたオーストリア航空さんとオーストリア造幣局さん、本当にありがとうございました。

さあ、次の大きな本番は、11月末のスイス・ジュネーヴ公演です。赤十字の大会期間中にヴィクトリアホールでスイス・ロマンド管弦楽団との共演が予定されています。この大きな目標に向かって私も頑張らなければなりません。
# by hikari-kozuki | 2011-06-23 16:40 | Concert | Comments(0)
6月18(土)大田区民アプリコ小ホール ゴッターニ コンサート8 
週末の土曜日蒲田の大田区民ホールアプリコ小ホールのコンサートへ行ってきました。Gottani(ゴッターニ)というアマチュアのおじさまたちのグループのリサイタルです。

ゴッターニというのは、おそらくごった煮をイタリア語風に言ったものでしょう。本来、Gottaというのはイタリア語で痛風のことですが、まさか、痛風の集まりなんて名前はありえないでしょうから(笑)。男性4名と女性1名の計5名が、田中先生という芸大出身のバスの方に歌を習い、その発表会がこのコンサートなのです。全員が古希以上というのに元気に人前で歌を歌われる姿には感動を覚えました。皆さんまだまだお元気で、歌い回しなどパヴァロッティばりのところもありました。ご本人たちはいたって真剣で、歌う曲は、カンツォーネにオペラのアリア等、堂々の直球勝負で、プロのオペラ歌手でもなかなか歌わないような難曲にも挑戦していました。

バスの松延さん、テノールの籠浦さん、野末さんの3名様は、弊社の弊社のオペラツアーにご参加頂き、イタリアを周遊して以来のお付き合いで、時々楽しいお酒も飲んだりしています。ヴェネツィアのゴンドラに乗りながら、自分たちでカンツォーネを絶唱していらっしゃったことを今でも良く覚えています。もう1人の男性の藤田さんはバリトンで、1度お酒をご一緒したことがありますが、なかなかダンディな方です。紅1点の堀内さんは最近ご病気をされたとのことですが、まだまだお若く、これからも歌い続けて下さい。

歌の先生は田中一正さんという方で、3曲ほど歌って頂きましたが、まだまだ立派な声でとても古希とは思えない張りのある声でした。ただ、ちょっとMCの時の話が長すぎます(笑)。ピアノ伴奏の鈴木先生は唯一とても若い女性の方でしたが、皆さんの歌を優しくサポートをして下さり、微笑ましかったです。男声4部で黒人霊歌を何曲か披露して頂きましたが、全部ピアノで伴奏を入れていたので、次回はぜひアカペラで男声の渋いハーモニーを聞かせて下さい!


METやスカラの話をしたと思えば、このように非常にローカルな演奏会も紹介したりして、それがこのブログの良いところかも知れませんね。
# by hikari-kozuki | 2011-06-20 12:33 | Concert | Comments(0)
スカラ座オープニング「ドン・ジョヴァンニ」2011.12.7
世の中に本当にスペシャルなコンサート、オペラというものは数ありますが、その最高峰はずばりミラノ・スカラ座のシーズン・オープニングのプレミエ公演でしょう。

世界中の王侯・貴族、政治家、映画俳優、大企業の社長、歌手、スポーツ選手たち、要するにセレブたちが一堂に会し、オペラを楽しむのです。開演前や休憩のホワイエは、私でも知っている欧米の有名人たちがあちこちで会話を楽しんでいて、まさに別世界。

この日は毎年12月7日と決まっていますが、これはミラノの守護聖人サンタンブロージョのお祭りの日で、ミラノの祝日なのです。スカラ座の前は、マスコミ、警官、野次馬で人が溢れ、車は特別な車以外、かなり遠くで降ろされて歩かなければなりません。入口には赤の絨毯が敷き詰められ、さながらアカデミー賞の授賞式のようです。その絨毯の上をきらびやかに着飾った紳士淑女がオペラハウスに入って行くのです。昔は一部の特権階級に抗議する過激な連中が卵を投げつけるなんてこともあったそうですが、今は、警官や警備が非常に厳しいので、近づくこともできません。

もちろんチケットも超プラチナチケットです。一応、売りには出ますが、普通に買うことはまったく不可能です。ウィーンの1月1日のニューイヤーコンサート、バイロイト音楽祭のリングなど、入手困難なチケットは他にもありますが、その中でも1番難しいのがこのスカラ座のオープニングと言われています。

昨日、ガランチャの時にも少しだけ申し上げましたが、スカラ座の2011年-2012年シーズンのオープニングは、2011年12月7日の「ドン・ジョヴァンニ」なのです。もちろんキャストも超一流です。指揮はもちろん首席指揮者のダニエル・バレンボイム。ドン・ジョヴァンニにペーター・マッテイ、ドンナ・アンナにアンナ・ネトレプコ、レポレッロにブリン・ターフェル、オッターヴィオにジュゼッペ・フィリアノーティ、等々。ここにエルヴィラにガランチャという予定だったのですが、残念ながら妊娠によるキャンセルでまだ代役は発表されていません。しかし、エルヴィラの裏のキャストがバルバラ・フリットリなので、彼女が歌ってくれるのではないでしょうか?

ムーティの時代には弊社(ラテーザ)でも何度もこのスカラ座オープニングのツアーを催行していましたが、今年は久々に「ドン・ジョヴァンニ」のツアーを催行するつもりです。ご興味のある方はぜひご参加下さい!
# by hikari-kozuki | 2011-06-17 10:51 | Opera | Comments(0)






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム