エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
5月2日(水)武蔵野音大オペラ「魔笛」
先月からせっかく真面目に書いていましたが、ミランがCLに続いてスクデットまで逃してしまい、また空白期間が続いてしまいました。また今日から心を入れ替えて書こうと思います。

ゴールデンウィークのことになりますが、武蔵野音大江古田校舎のベートーヴェンホールで「魔笛」が上演されました。Wキャストによる2公演ずつが行われましたが、私が行ったのはAキャストの2回目、5月2日の公演でした。

最初に申し上げますが、素晴らしい公演でした。「魔笛」は数限りないほど見ていますが、日本国内で上演された「魔笛」としては、新国や二期会よりも素晴らしく、今まで1番良かったと思います。

まず、パミーナの藤原歌劇団が誇るプリマドンナの砂川涼子。出産による1年くらいのブランクがありましたが、見事復活し、さらにヴァージョンアップした感じです。人並み外れた大きな声を持っている訳ではありませんが、透明感が非常に高く磨き抜かれた美声に素晴らしいフレージングのテクニックなどが合わさり、現在、日本最高のソプラノ歌手と言えるのではないでしょうか。パミーナというのは、なかなか評価されるのが難しい微妙な役どころなのですが、彼女の素晴らしい表現力によって、非常に魅力的な役となっていました。

夜の女王の佐藤美枝子。チャイコフスキーに優勝した後も活躍が続いていますが、そのコロラトゥーラのテクニックはいささかも衰えることなく、アジリタのテクニックは無敵です。2つの夜の女王のアリアを完璧にこなし、万雷の拍手を浴びていました。

パパゲーノは谷友博。飛び抜けた声を持っているわけではありませんが、安定感のある歌唱に卓越した演技力。パパゲーノ役はまさにはまり役です。

タミーノは樋口達哉。このブログでも何度も触れてきましたが、二期会のエース・テノールで、男声ユニット「ザ・ジェイド」等いろいろなジャンルで活躍しています。リッカルドやレンスキー、ピンカートン等々、素晴らしい役を数々見てきましたが、モーツァルトはあまり得意ではないようで、1幕冒頭、大蛇に追われて出てきた時に、「あれれ、調子が悪いのかな?」と思ったほどです。しかし、それなりにちゃんとまとめていて存在感は出せていました。

ザラストロは豊島雄一。公演前、彼のスケールの大きな良く通る声は非常に魅力的ですが、バリトンなのでバスの役は大丈夫かな?と思っていましたが、さすがにキチンと歌っていました。しかし、やはりAよりも下の声はやはり少し厳しく、ちゃんと出てはいますが、館内中に響かせるところまでいっていませんでした。

それに対して弁者の三戸大久。彼の声はバスバリトンだと思いますが、実に魅力的で良く響く中低音を持っています。ザラストロにバスがキャスティング出来ないのであれば、彼がザラストロをやれば良かったのではないでしょうか?いずれにしても上記のビッグネームたちに比べるとまだまだ名前が知られていませんが、これからの活躍が大いに期待されます。

パパゲーナの赤星啓子も良かったです。この類の役をやらせたら本当に上手い!終演後、本人に会いましたが、相変わらずお若くて学生時代と何も変わらない感じでした。

いずれにしても大学の後輩たちがこのような素晴らしいオペラを作り上げてくれるのは、本当に嬉しいことです。彼らのさらなる活躍に期待しています。

それ以外にも、山口道子、小畑朱実、森永朝子といった普段はどこのオペラでも主役級の歌手たちが3人の侍女をやるという豪華なキャスティングですから、素晴らしいに決まっています。
by hikari-kozuki | 2012-05-23 16:38 | Opera | Comments(0)
終戦
残り1節を残し、今朝のゲームでミランがデルビーでインテルに負け、ユーヴェが勝ったため、今シーズンのスクデットはユーヴェに決定してしまいました。終盤のユーヴェはスクデットに相応しいチームだったと思いますが、ミランが自滅してしまった感もあるので、残念でなりません。

今シーズンのミランがV2を逃してしまい、CLはベスト8、コッパイタリアがベスト4に留まってしまった原因を考えてみました。
やはり最大の原因は、怪我人があまりに多かったことでしょうか。パトを始めとして怪我人が続出してしまいました。シーズンを通してほぼフルに活躍できたのは、イブラとノチェリーノ、あとはロビーニョくらいでしょうか。パトはシーズンのほとんどを怪我で棒に振ってしまいました。ミラネッロにも問題がある気がします。カッサーノやガットゥーゾのように怪我ではなく、サッカーとは関係のない病気を発症してしまったのも痛かったです。そして何といっても1番痛かったのは、DFの要、チアゴ・シウバを大事な終盤に欠いてしまったことです。チアゴ・シウバの怪我とほぼ同時期にネスタが戻ってきましたが、やはり往年に比べると力の衰えは隠せません。CLカンプノウのバルサ戦、今朝のインテル戦、共に決勝ゴールは、ネスタが相手に与えてしまったPKによるものです。ピルロがユーヴェに誘っているという話もありますが、もう1年ミランで今年の雪辱を何とか果たしてほしいものです。

あとは序盤のスタートダッシュでやや躓いてしまったこと。レフェリーの笛にも恵まれませんでした。ユーヴェ戦のブッフォンが掻きだしたムンタリの幻のゴール、前述のバルサ2回戦のネスタのPKも納得出来ません。他にも笛に恵まれないシーンがたくさんありました。スクデットに関しては、CLでバルサに負けてから急にモチベーションが落ちてしまった気がします。本来であれば、CL敗退後はスクデット1本に絞れるので、体力的にも楽になるはずなのですが。

アッレグリの采配は概ね良かったと思います。
ほぼ得点王獲得のイブラヒモビッチは、シーズンを通して活躍をしてくれましたが、ここ1番の大事な試合で決め切れなかった印象もあります。ノチェリーノ、エルシャーラウィーはここまでやってくれるとは思いませんでした。ボネーラも昨年までは本当にダメダメな選手でしたが、飛躍的な進化を遂げてくれました。ボアテンクは出た時は素晴らしいのですが、やや怪我が多すぎます。アバーテにはもう一皮剥けて欲しいと思います。

今から9月まで寂しいですが、EURO2012ポーランド・ウクライナ大会で、ノチェリーノ、カッサーノ、アバーテらがアッズーリに招集されるでしょうから、イタリア代表を応援します。あとはロンドンオリンピックで日本代表も応援しなければなりませんね。

いずれにしても、9月の新生ミランに期待しています。
by hikari-kozuki | 2012-05-07 13:33 | Football | Comments(0)
弊社オペラツアー
今日は、弊社主催のオペラツアーの告知をさせて頂きます。

弊社では、約半年ぶりにオペラツアーの企画を致しました。6月~8月にかけて全部で3コース、いずれも興味深い演目が満載の内容となっております。
ここでは、簡単に紹介させて頂きます。

Aコース 6月18日(月)~27日(水) ヨーロッパ4大歌劇場豪華周遊 528,000円
 ロンドン、パリ、ミラノ、ウィーン 8泊10日間
*ロンドンのコヴェントガーデン、パリのオペラ座(ガルニエ)とバスティーユ歌劇場、ミラノのスカラ座、ウィーン国立歌劇場を1つのツアーですべてご覧頂くと言う豪華なコースです。特にロンドンのアラーニャ&ゲオルギューの「ボエーム」、パリのフレミングらによる「アラベッラ」、ミラノのデッセイの「マノン」とアルヴァレス、ヌッチの「ルイザ・ミラー」、ウィーンのダムラウ&ベツァーラの「ルチア」は見逃せません。

Bコース 7月4日(水)~13日(金) 初夏の北イタリア周遊ハイライト 458,000円
 ミラノ、ヴェローナ、ミラノ 8泊10日間
*ミラノ・スカラ座、ヴェネツィア・フェニーチェ劇場というイタリアを代表するオペラハウスとヴェローナ音楽祭を組み合わせたコースです。各都市3泊を基本として滞在型のコースですので、ゆったりと珠玉のオペラの数々をご堪能頂けます。

Cコース 8月8日(水)~17日(金) ヴェローナ野外音楽祭とザルツブルク音楽祭ハイライト  
 518,000円
 ヴェローナ、ザルツブルク 8泊10日間
*ヨーロッパの夏の音楽祭と言えば、やはりザルツブルクとヴェローナです。ヴェローナでは、もっともスペクタクルな舞台効果が栄える「アイーダ」と「カルメン」。質、量ともに世界一のザルツブルク音楽祭では、今年のハイライトと言われている演目をすべて網羅する贅沢な内容となっています。特にネトレプコ&ベツァーラの「ボエーム」、コジェナー&カウフマンの「カルメン」、ドミンゴの「タメルラーノ」、モーツァルト歌手たちに豪華な「魔笛」、そして「魔笛」の後日談、ヴィンター作曲の「迷宮」という興味深いものです。


Aコースはすでに催行が決定しております。
また、全コース私が添乗員として同行させて頂きますので、ご参加をお待ち致しております。

詳細は弊社HPにもアップされておりますので、ぜひご覧ください。
http://www.lattesa.co.jp/opera-tours.php
by hikari-kozuki | 2012-05-01 12:13 | Others | Comments(0)






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム