エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
カンプノウの激闘
日本時間の今日の早朝、ついに今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)が始まりました。わがミランは、グループHで、何とバルセロナと同じ組になってしまいました。

バルサは、現時点で誰もが認める世界一のクラブチームです。2年連続世界最優秀選手のメッシだけでなく、W-Cupに優勝したスペインのイニエスタ、シャビらの素晴らしい選手たちが縦横無尽にパスを繋ぐポゼッション・サッカーは誰が見ても楽しいですし、本当に強いです。昨年のチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦も圧勝し、名将ファーガソン監督も脱帽せざるを得ませんでした。今年のCLも注目点は、バルサが下馬評通り連覇をするか、もし止めるチームがあるとすれば一体どこなのか?という構図です。

そのバルサといきなりグループリーグの初戦で対戦することになり、しかも敵地カンプノウということで、なんとかドローに持ち込めれば!と思っていましたが、見事2-2の引き分けに持ち込むことができました。

KO直後の24秒、高めのセンターバック2人をスピードで置き去りにしたパトが見事なゴールで先制!昨シーズンのデルビーのゴールを思い出しました。しかし、パトに厳しいマークがつき始めるとペースは徐々にバルサのものになり、それからの90分はほぼミラン陣内でバルサに自由自在にパスを回されるということになってしまいました。しかし、そんな中でもメッシの個人技とスピードでペドロが合わせただけのゴールとビジャのFKによる2点だけに抑え、反撃の機会を待っていました。するとロスタイム2分が過ぎ、もう1プレイか、というところでミランがCKの機会を得、セードルフのキックにチアゴ・シルヴァが頭で合わせ、同点に追いついたのです!!私も熱狂しました!!!DFの選手だけでなく、MFの選手も粘り強くバルサも攻撃を凌いだ苦労を神様が見てくれていたのでしょう。特にネスタが久々に素晴らしい読みと身体能力を発揮してくれました。アバーテも凄く良かったと思います。

まあ常識的にはグループHはミランとバルサの2強の勝ちぬけで決まりでしょうが、バルサに勝つためには、という一筋の光明が見えた気がします。しかも、今日はエースのイブラヒモビッチにロビーニョ、インザーギまで欠いたメンバーだったのですから、限りなく勝ちに等しいドローだったと言えるでしょう!

次は今週末のナポリ戦です。これも厳しいアウェイ戦ですが、やってくれると思います!!
by hikari-kozuki | 2011-09-14 14:08 | Football | Comments(0)
9月11日(日)第一生命ホールロイヤルチェンバーオーケストラ第80回定期演奏会
9月11日はNYの同時テロからちょうど10年に当たる日でした。そして、今年の3月11日の東日本大震災からはちょうど半年でもあります。ロイヤルチェンバーオーケストラ(以下RCO)では、この第80回定期演奏会をチャリティーコンサートとして、開催しました。

プログラムは三枝成彰の”震災のためのREQUIEM”とモーツァルトの「レクイエム」K626。
三枝さんの方は、1995年の阪神淡路大震災のために書かれた作品で、1998年の「1,000人のチェロコンサート」で初演されました。それは弦合奏曲に編曲したもので、祈りを捧げるような静かな曲です。チェロやヴァイオリンが奏でる物悲しくも美しい旋律は、いつまでも耳に残るような素晴らしいものです。

そしてモーツァルトの「レクイエム」。ご存知の方も多いでしょうが、モーツァルトが書いた最後の作品です。この曲中の「ラクリモーザ」の8小節まで書いたところで、モーツァルトは天に召されてしまいました。RCOでは、この公演に当たりRCO専属の合唱団を立ち上げて、質の良い演奏をしようということになりました。そこで、昨年12月のメンデルスゾーンの”讃歌”の時のスペシャル合唱団で歌って頂いた方を中心にRCO合唱団を結成し、半年前から練習を重ねてきたのです。合唱団の指導は、大学の1年後輩の小屋敷真先生にお願いをし、団員も弊社の合唱団の海外ツアーのリピーターの方たち、私の高校時代の合唱団の仲間、弊社のオペラツアーのリピーター、そして私が教えている青山女声合唱団まで、ごくごく親しい方たちに集まってもらいました。この場を借りてお礼申し上げます、ありがとうございました!!

指揮はもちろん音楽監督の堤俊作氏。合唱団だけの練習にも何度も足を運んで頂き、かなり気合の入ったコンサートとなりました。彼独特の解釈で、テンポはかなり速めで、最初は面喰っている団員も多かったようですが、最後はモーツァルトの素晴らしい音楽を満喫できたようです。当日のお客様の入りもほぼ満席で、終演後は万雷の拍手を頂きました。ご来場頂きましたお客様も本当にありがとうございました!
by hikari-kozuki | 2011-09-13 13:17 | Concert | Comments(0)
8月31日(水)震災復興支援 日伊レジェンドマッチin仙台
チャリティーマッチのためにACミラン・グローリエが来日しました。ACミラン・グローリエとは、2003年に創設された栄光のミランOBたちによるチームで、今までも恵まれない子供たちや難病と闘う人々、震災の被害者のための組織「ミラン財団」の付属機関です。そのグローリエが、東日本大震災のために来日して、チャリティーマッチを仙台で行ったのです。対戦相手は、元Jリーガーによって今回組織されたJエスペランサ。主にドーハ組、フランスW-Cup組の日本代表、そしてベガルタ仙台OB組によって豪華なメンバーが集まりました。

さて、今回のミラン・グロリエのメンバーです。
主なところだけ挙げておきます。まずキャプテンは不滅の永久欠番6、永遠のカピターノ、フランコ・バレージ。バレージと一緒にミランとアッズーリで黄金のディフェンスラインを形成した、アレッサンドロ・コスタクルタ。昨年まで現役だったGKのブラジル人ジダ。抜群の運動量を誇ったステーファノ・エラーニオ。悲劇のレフティ、ジャンルイージ・レンティーニ。ザッケローニの下で活躍したフェデリコ・ジュンティ。左サイドスペシャリスト、元ブラジル代表のセルジーニョ。エスパルスでも活躍したFWのダニエレ・マッサーロ。元フランス代表でバロンドールも獲得したジャン・ピエール・パパン等々。

他にも懐かしい選手はたくさんいましたが、やはり最初に感動したのはバレージが6番のユニフォームでピッチに現れた時です!しかし、今回のメンバーの中でも最年長なので、5分くらいで膝に手をついてハーハー言っていましたので、きっと運動不足なのでしょう。前半の途中で早々に退いてしまいました。でも、ラインを統率する姿は昔のままで、涙が出そうになりました。ビリー(コスタクルタ)の抜群の読みによるナイスカヴァーもジーンときました。マッサーロも頑張っていましたが、1人だけちょっとお腹が出ていて、足はついていかないようでした。そんな中で動きが1人だけ別次元に素晴らしかったのがセルジーニョ。3年前まで現役だったので、当然なのかも知れませんが、まだまだ現役で出来る感じでした。見事なFKも決めてくれました。パパンも何度か切れ味鋭いドリブルを披露、あわやというシュートも放ってくれました。GKのジダは後半の途中で退いたのですが、何と残り5分くらいのところでユニフォームを着替え、フィールドプレイヤーとして、前線でボールを追い始め、万雷の拍手を浴びていました。ジダはハーフタイムの時にフィールドでリフティングをしていたのですが、これがまた素晴らしいのです。やはり規格外の選手だったのでしょうね。

Jの方では、元ベガルタで岩本輝雄や千葉直樹、平瀬智行らが張り切っていましたが、やはり1人だけ動きが違ったのが、当夜1人だけ現役選手として出場したカズです。拍手も1番大きかったと思います。また、シュートを決めたのが福田正博、北沢豪というカズと同じドーハ組というのも、彼らのスター性なのでしょうか。

両チームのキャプテンはカズとバレージだったのですが、カズがイタリアに渡ってジェノアのプレイヤーとして1年だけプレイしましたが、その最初のゲームの開幕戦でミランと対戦してゴール前で激突して鼻骨を骨折させられた相手がバレージ。この2人が握手を交わすシーンには思わずニンマリでした。また元エスパルスの同僚であったマッサーロと澤登正朗はひときわ熱い抱擁を交わしていましたし、他にも各選手の現役時代の動きそのままのところもあったりして、大満足の一夜となりました。

さて今夜は、セリエAの開幕戦です。ストライキで2節を流してしまったので、正確には第3節からの開始になるのですが、ミランは難敵ラツィオです。Forza Milan!!!


b0047854_1555429.jpg

by hikari-kozuki | 2011-09-09 15:56 | Football | Comments(0)
Addio, Salvatore!!
先月末、テノール歌手のサルヴァトーレ・リチートラがシチリア島にてスクーターで交通事故に遭い重体という第一報に接し、非常に心配しておりましたが、今朝、脳死判定を受け、臓器提供というショッキングなNEWSが入ってきました。彼は1968年8月10日生まれなので43歳になったばかり。今月のボローニャ歌劇場の来日公演では、「エルナーニ」のタイトルロールを歌う予定でした。最近は、まさに脂が乗り切った感じでしたので、残念でなりません。

スイス生まれですがシチリア人の両親を持ち、パルマで声楽の勉強し、カルロ・ベルゴンツィに師事し、1998年パルマ・レッジョ劇場の「仮面舞踏会」のリッカルド役でデビュー。同年のヴェローナ野外音楽祭で急遽同役の代役のオファーがあり、大成功。2000年にはムーティ指揮の「トスカ」のカヴァラドッシ役でスカラ座にデビュー、12月7日には「トロヴァトーレ」のマンリーコ役にも大抜擢されました。METではパヴァロッティのドタキャンを受け、カヴァラドッシ役でセンセーショナルな成功を収め、その後も順調にキャリアを重ねてきました。声は本格的なテノーレ・スピントで、ポスト3大テノールの最右翼とも言われました。アクートが強く、中低音から高音まで安定感があり、繊細な表現も出来る非常に貴重な歌手でした。

素顔の彼は、大スターであるのにまったくおごることがなく、イタリア人にしては無口で多くを語らず、しかし人懐っこい笑顔が魅力的なナイスガイでした。2年前にミラノで食事をした時も、イタリアとスイスの国境近くの実家からバイクで来ていて、しかも数年前にもバイクで大きな事故を起こしていたので、くれぐれも気をつけて運転して下さいね!と言っていたのに。

このブログでも彼のことは何度も書いてきました。良いことも悪いことも。今朝からずっと彼のCDを聞いていますが、本当に残念です。心から冥福を祈っています。

b0047854_1214480.jpg

by hikari-kozuki | 2011-09-06 12:16 | Opera | Comments(0)






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム