エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧
4月18日メトロポリタン歌劇場「オリー伯爵」
このブログのタイトルはオペラ日記なのに、しばらくオペラのことを書いていなかったので、今日は先月のNYのMETで見たオリー伯爵を。G/Wのライブビューイングでも上演されたようなので、そちらを見た方もいらっしゃることでしょう。

「オリー伯爵」はロッシーニの作品ですが、オペラ創作の最晩年にパリで書いたフランス語のオペラです。世界的にも上演機会は少なく、METでも初演だったようです。ロッシーニの傑作オペラの1つ「ランスへの旅」はシャルル10世の戴冠式のために書かれたオペラだったので、初演後お蔵入りになっていました。しかし、その出来栄えに自信を持っていたロッシーニは、このままではあまりにもったいないと思い、音楽の一部をそのまま「オリー伯爵」に流用したのです。特に1幕では、半分くらいが「ランスへの旅」の音楽が使われている感じです。今となっては、「ランスへの旅」の方が遥かに上演回数も多いので、「オリー伯爵」は初めて見た私も聞きなれたメロディーやアンサンブルが多く、お馴染みのオペラのような不思議な感覚でした。

演出は、新進気鋭のバートレット・シェールでしたが、舞台上に芝居小屋を設置し、劇中劇のようなステージでした。歌手はテノールに人気沸騰中のファン・ディエゴ・フローレス、ソプラノにディアナ・ダムラウというコンビで、ベルカント・オペラのジャンルでは現在、世界最高の組み合わせと言えるでしょう。そしてメッツォ・ソプラノには、世界中で大活躍しているジョイス・ディドナートという最強の組み合わせ!これでオペラが素晴らしくないはずがありません。3人の歌はひたすらに素晴らしいものでしたが、私が感心したのは、フローレスの演技力です。もともと演技は達者な方でしたが、このオペラではインチキ占い師、伯爵、尼僧と七変化するのですが、聴衆を爆笑の渦に巻き込んでいました。
by hikari-kozuki | 2011-05-31 16:11 | Opera | Comments(0)
CL決勝
週末にチャンピオンズリーグの決勝が行われました。一昨年の決勝と同じバルサとマンUというカードでしたが、チーム力の差は一昨年よりも広がったように見えました。去年の準決勝でゴール前をガチガチに固めたモウリーニョのインテルに対して圧倒的に攻めながら負けてしまいましたが、今のバルサに真っ向勝負で勝てるチームは世界中探してもないでしょう。それくらい強く徹底的なパスサッカーは完成されています。

そしてメッシは3年連続CLの得点王となり、ペレ、マラドーナ、クライフ、ベッケンバウアー、ファンバステン、プラティニ、バッジョらと並ぶ伝説となりました。いえ、もしかしたらすでに過去のレジェンドの選手たちを超えてしまったのかも知れません。これで3年連続のバロンドールも確定でしょう。それにしてもメッシはまだ23歳。今後どうなってしまうのでしょうか?

来年のCLの構図は、バルサ対他のチームという形になるので、相当な包囲網が予想されますが、それでも連覇の可能性は十分にあるでしょう。もちろん我らがミランも黙っているはずがなく、前線の破壊力やDFラインは決して負けていませんので、バルサとの対戦が楽しみです。
by hikari-kozuki | 2011-05-30 13:10 | Football | Comments(0)
初音ミクコンサートツアー 2
1週間前にこのブログでも告知させて頂いた初音ミクのLAコンサートツアーです。先週の金曜日から募集を始めてたった1週間の募集期間しかなかったのに、おかげさまで約40名様の募集を頂きまして、ツアーの催行が決定致しました。

やはり初音ミクちゃんの人気は凄かったです。LAでのコンサートの方も7,000人の大きなホールなのに、すでにチケットは完売しているそうです。

お申し込みを頂いた方、ありがとうございます。ツアーが大成功するように頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

なお、このツアーはAMW(アスキーメディアワークス)さん、セガさんと一緒に催行をさせて頂きますが、AMWさんは5月下旬から順次、西新宿から飯田橋へと移転をされている最中なのです。弊社から歩いて5、6分の距離ですが、AMWさんにはいまでもたくさん友人たちがいるので、これから飯田橋で飲む機会も増えると楽しみにしています!
by hikari-kozuki | 2011-05-27 19:49 | Others | Comments(7)
結婚式
昨日は、麻野家、永野家の結婚式があり、列席させて頂きました。
実はこの結婚式、今年の3月に予定されていたのですが、3月11日の大震災の影響で延期になってしまっていたのです。平日の昼間と言う珍しい時間帯の結婚式でしたが、朝からあいにくの雨模様だったのに、披露宴が始まることにはすっかり雨もあがり、途中からはまぶしいくらいの陽光が差し込んできました。きっと、神様にも祝福された2人だったのでしょう。

新婦の永野瑞枝さんは私の大学の遥か後輩ですが、青山女声合唱団のヴォイストレーニングをやってもらっていて、私が海外でいない時などのレッスンもやって頂いている方なのです。音楽性も高く、とても素敵な方ですが、非常にまじめで団員の信頼も厚いようです。

新婦の麻野玄蔵君は、去年の12月のロイヤルチェンバーオーケストラの定期演奏会で、メンデルスゾーンの交響曲第2番「讃歌」をやった時に、トラとして手伝って頂きました。その時に永野さんからこの人が私の婚約者です、と紹介されましたが、イケメンでとても感じのよい好青年の印象でした。

2人とも歌手をやっているので、列席者の半分は歌手たちだったと思いますが、列席者からお祝いの歌は一切なし。逆に非常に新鮮な印象でした。代わりに新郎新婦が2人のご両親に「ふるさと」を2重唱でプレゼント。胸が熱くなりました。ドミンゴのリサイタルもサンコールでこの歌が歌われましたが、やはり名曲です。

永野さんが6年間の声楽を師事し、今は大学の名誉教授をされている及川先生ご夫妻が隣の席だったのですが、私も学生時代からお世話になった先生だったので、昔話に花が咲き、懐かしかったです。

玄蔵くん、瑞枝さん、いつまでもお幸せに!
by hikari-kozuki | 2011-05-25 10:49 | Others | Comments(0)
ありがとうアンドレア!
昨日、セリエAの全日程が終了し、すでに報告致しました通り、われらがACミランが7年ぶりのイタリア・チャンピオンに輝きました!最終戦のアウェイでのウディネーゼ戦のあと、グラウンドを去るアンドレア・ピルロが涙でスタンドのミラニスタたちに挨拶しているシーンは実に感動的でした。

ピルロはロベルト・バッジョが自分の後継者に指名するほどの逸材でしたが、ややフィジカルに弱い面もあって、毎年のように移籍を繰り返し伸び悩んでいました。しかし今から10年前、ミランに入団し、カルロ・アンチェロッティが就任すると、トップ下にはルイ・コスタがいたため、もう少し後ろのディフェンシブなミッドフィルダーのポジションで起用し、これが見事に当たり、アンタッチャブルなレギュラーとして10年間君臨しました。長短を織り交ぜた見事なパスは、相手チームの脅威となり続け、フリーキックの名手でもあり、無回転のシュートでミラクルなゴールも数多く挙げてくれました。

イタリアが優勝した2006年のドイツワールドカップでは、何度もマン・オブ・ザ・マッチに輝き、この年のマロンドールはピルロで決まりだと思っていましたが、その輝きはまさに絶頂でした。その後もミランでの活躍は続きましたが、イタリアが予選リーグ敗退した2010年の南アフリカワールドカップでは直前に怪我をしてしまい、ずっとベンチ要員となってしまいました。しかし、最終スロバキア戦戦の後半途中から怪我を押してピルロが出場すると、見事にパスが回り始め、イタリアはそれまでの不調が信じられないような別のチームに生まれ変わりました。この大会のイタリアが予選リーグで敗退した最大の原因はピルロの怪我だったのかも知れません。

そのピルロが今シーズン限りでミランを去ることになりました。今シーズンは前半に大きな怪我をしてしまい、ほとんど出場機会はありませんでしたが、すべてのミラニスタは彼のことを決して忘れません。移籍先は、ユヴェントゥスともウディネーゼとも言われていますが、昨日チェルシーを解任になったアンチェロッティがローマに行ったら、ローマ移籍もあるかも知れません。
by hikari-kozuki | 2011-05-24 11:18 | Football | Comments(0)
六男&イエール大学ジョイントコンサート 6.01
今日は1つ六男のコンサートの告知をさせて下さい。6月1日(水)19時開演、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)での六男とイェール大学とのジョイントコンサートがあります。イェール大学は申し上げるまでもなく、アメリカの超名門大学ですが、アーリーキャッツという世界的に有名なアカペラの男声合唱団を持っており、そのアーリーキャッツのメンバーが今週来日するのです。そして、いろいろなところで演奏会をするようですが、光栄にも我らの六男ともジョイントコンサートをやる予定になっています。六男も普段の100人を超える大編成の大合唱ではなく、このために結成した各パート4人ずつの小さなスペシャル編成でジョイントします。私もバリトンの1人として歌いますが、若者たちの声とおじさんたちの声がどんなハーモニーになるか、乞うご期待!入場料は3,000円とお手頃価格ですし、チケットはまだありますので、ぜひご来場下さい!
by hikari-kozuki | 2011-05-23 17:06 | Concert | Comments(0)
初音ミクコンサートツアー
皆さんいきなりですが、初音ミクってご存知ですか?

ヤマハのボーカロイドという音声合成システムによってクリプトン・フューチャー・メディア社が開発したバーチャル・アイドルのことです。実は私もつい先日まで知りませんでしたが、一部ではもの凄く人気があるそうです。

7月1日からロサンゼルスでアメリカ最大級のアニメ関連イヴェント「ANIME EXPO 2011」が開かれます。その主催者から初音ミクが特別ゲストとして招待され、7月2日の夜、ノキア・シアターでコンサートが開かれます。内容は、去年の3月9日に日本で行われた「ミクの日感謝祭39's Giving Day」をベースとして新しい曲と衣装を追加したスペシャルコンサートになります。

そのコンサートツアーを弊社で催行することになりました。このツアーにご参加頂いた方には1階中央部のベストシートと公式パンフレット、限定商品などを特典としてご用意していますので、どうぞよろしくお願い致します。

なにぶん昨日発表したばかりなのですが、6月30日出発であと40日しかありません。ご興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお早めに。5月27日が締め切りとなります。

http://www.lattesa.co.jp/opera-tour.php?id=70


普段このブログでクラシック関連の情報を楽しみにしていらっしゃった方は驚かれたかも知れませんが、どうぞお許しください(笑)!
by hikari-kozuki | 2011-05-20 11:57 | Concert | Comments(0)
Il Devu結成コンサート
二期会が男声4人組による新ユニットを作りました。

2年前になるでしょうか、二期会が誇るイケメン4人(黒田博、高野二郎、樋口達哉、成田博之)を集めて「ザ・ジェイド(The JADE)をデビューさせました。
http://thejade.jp/
明らかに一世を風靡したイル・ディーヴォ(Il Divo)を路線を狙ったものでしたが、オペラ歌手にマイクを持たせてポピュラーな曲を歌わせるのは、どうも私の好みではないので、デビューコンサート以来、1度も聞いていません。4人とも非常に優秀なオペラ歌手なのに、もったいないことです。しかし、まだ人気はあるらしく、今夜も19時から東京文化会館でコンサートがあるそうです。でも、ちゃんと告知しましたよ、樋口君!
http://www.t-bunka.jp/calendar/calview.html?ym=20115&d=24&m=small

さて今回の新ユニットは、その名もIl Devu(イル・デーヴ)。もちろんIl Divoをもじったもので、二期会が誇る(?)推定体重100kgクラスの太メンたちを集めたのです。メンバーは、テノールの望月哲也、大槻孝志、バリトンの青山貴、バスバリトンの山下浩司の4人。コンサートのサブタイトルにもあった~ふくよかなる響き~に偽りはなく、オペラ歌手たちによる素晴らしいハーモニーを聞かせてくれました。マイクを使わず、プログラムもクラシックの歌曲が中心だったのも非常に好感が持てました。オペラ歌手のアンサンブルとなると、1人1人の声質にも特徴があり、自分が自分がと前に出ていく人が多いので、なかなか美しいハーモニーを作るのは難しいものです。しかし、Il Devuは、それぞれが声をセーブして良くコントロールし、出すぎたりすることもなく、重厚で厚みのあるハーモニーを聞かせてくれました。きっと相当練習を重ねたことと思います。トークはおデブによる自虐ネタが中心ですが、こちらも楽しく、トークの途中で総重量500kgという話もありましたが、皆さん、汗を拭き拭き、頑張っていました。ますますの活躍に期待します。そうそう、ピアニストは、伴奏者としてはテクニックも体重も日本屈指の河原忠之さんでした。
http://www.nikikai21.net/blog/2011/05/_il_devu_debut.html

それから最後に、この二期会WEEKのスポンサーにもなっているスマート・コンフォートという会社の石鹸が全観客に配られていました。私はまだ使ったことがありませんが、オリーブの磨泡というとても良い石鹸らしいので、ご興味のある方はぜひ!!望月さんが自分のニックネームのモッチーとかけて、これで私のお肌もモッチモチ!と笑いを取っていました(笑)。
http://www.l-olive.jp/
by hikari-kozuki | 2011-05-19 12:21 | Concert | Comments(0)
二期会WEEK
毎年二期会が若手を中心に、趣向を凝らして1週間ぶっつづけで多種多様なコンサートを上演する二期会WEEK。今年は、5月15日から21日までサントリーホール・ブルーローズ(小ホール)で7日間続けて行われます。今年は特にヴァラエティー的なものが多く、たっぷり楽しめることでしょう。普段真面目な一面しか見ることがない歌手たちのいろいろな側面が見れるのも楽しいものです。しかし、どの歌手も歌に関しては全力投球で見ごたえたっぷりなことは保証します。

私は昨日、第3夜のIl Devuのコンサートに出かけてきました。
今日は時間切れなので、このコンサートの詳細はまた明日!
by hikari-kozuki | 2011-05-18 15:16 | Concert | Comments(0)
RCO特別演奏会モーツァルト「レクイエム」 9.11
昨日の投稿の青山女声合唱団の時にも触れましたが、今年の9月11日、ロイヤルチェンバーオーケストラの定期演奏会で、モーツァルトの「レクイエム」、通称「モツレク」を演奏します。

今年の9月11日は、NY同時テロからちょうど10年目の日にあたり、東北大震災の3月11日からちょうど半年目の年にあたります。犠牲者への追悼の念を込めまして、特別演奏会を開くことになったのです。

昨年12月のメンデルスゾーンの「交響曲第2番”讃歌”」の時には私が合唱団を組織して指導しましたが、今回は時間もないということで、大学の1年後輩にあたり、現在大活躍中の小屋敷真先生にお願いすることになりました。

合唱団員を広く募集中ですので、「モツレク」経験者を中心に、どうぞこの特別なコンサートに参加してみませんか!!
http://www.lattesa.co.jp/performance-tour.php?id=61

練習は6月1日から始まりますが、まだまだ募集中ですので、ご参加お待ちしています。
もちろん私も当日はバスの一員として歌うつもりです。
by hikari-kozuki | 2011-05-17 16:57 | Concert | Comments(0)






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム