エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
3月27日(土)第2回高松国際ピアノコンクール・ファイナル 第1回
2006年3月に第1回高松国際ピアノコンクール(以下TIPC)が行われてから早4年。先日第2回のTIPCが開かれました。4年前には、このブログでもコンクールの模様をレポートしたことを思い出します。またパヴェル・ギントフとの出会いもこのコンクールでした。

TIPCの特徴は幾つかありますが、まず民間主導であること。香川県や高松市の方々が中心となり、大勢のボランティアや企業のサポートによって成り立っています。そして賞金の金額はさほど大きくないのの、副賞が大変魅力的で、日本と欧州にてオーケストラとの共演(ピアノ協奏曲)、そしてソロリサイタルも用意されているのです。他には年齢制限が緩やかで40歳まで参加可能であること、課題曲として高松に関する委嘱曲を演奏することなどが特徴です。

今年はテープ(CD)審査によって選ばれた精鋭40名によって3月17日(水)から第2回TIPCが始まりました。まず第1次審査は合計20分内で3曲を弾かなければなりません。バッハの平均律から1曲、ショパン、リストらのエチュードから1曲、そしてハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンらのソナタから第1楽章、というもので、ここから20名に絞られます。そして第2次審査は持ち時間が40分となりやはり3曲を弾きます、まず、第1次審査で弾いた古典派のソナタの2楽章以降、そしてシューマン、メンデルスゾーン、ブラームスらロマン派の作品、そしてドビュッシー、フォーレ、ラヴェル、アルベニス、グラナドス、デ・ファリャという印象派、近代スペインの作曲家の作品、というものです。さらにここから10人に絞られ、第3次審査は10名で行われます。
第3次審査はTIPCの委嘱作品で、藤満健の「栗林の四季~庭園にて」という曲。そしてモーツァルトのピアノ協奏曲で11番から14番の中から1曲弾きます。

そして、この激闘を勝ち抜いた6名だけがファイナリストとして本選に進みました。本選はピアノ協奏曲で、ベートーヴェンの1~5番やショパンの1、2番、シューマン、リストの1、2番ら合計17曲の中か選びます。今回はチャイコフスキーの第1番を3人、ラフマニノフの2番を1人、そしてベートーヴェンの4番を1人集中してしまいましたが、マエストロやオーケストラのメンバーにとっては良かったかも知れません(笑)。

また残念ながら今回はファイナルしか聞くことが出来なかったので、ファイナリスト6名の演奏しか聞いていません。

ファイナルに残ったのは演奏順に以下の6名でした。
マリアンナ・プリヴァルスカヤ スペインの27歳の女性 ラフマニノフの2番
ダニイル・ツベトコフ ロシアの25歳の男性 チャイコフスキーの1番
ゲオルギー・ボイロチビコフ ロシアの25歳の男性 チャイコフスキーの1番
アレクサンドル・ヤコブレフ ロシアの29歳の男性 べ-トーヴェンの4番
リー・ユン-ヤン 台湾の27歳の男性 チャイコフスキーの1番
石村純 日本の21歳の女性 ラフマニノフの2番


ファイナルの激闘の模様はまた明日。
by hikari-kozuki | 2010-03-31 11:57 | Others | Comments(0)
3月13日(土)銀座十字屋ホール「マリオ・マリオーネ・ナポレターナ」
ナポリが誇るカンツォーネ・ナポレターナ歌手、マリオ・マリオーネが来日し、「ナポレターナの世界」というコンサートを行いました。彼は伝説のナポレターナ歌手、ロベルト・ムーロロの後継者と言われ、正統派ナポレターナ歌手として世界中で活躍しています。カンツォーネ・ナポレターナとは、ナポリっ子たちがナポリの方言を使い、愛をテーマとしたものを独特の旋律で歌い上げる曲ですが、彼の歌には本当のイタリアの香りがします。甘く切なく柔らかで美しい節回しは、幾ら日本のイタリア語が得意なオペラ歌手たちが真似しようと思っても決して出来るものではなく、これはもうDNAの問題なのかも知れません。

また当日ピアノの伴奏をしたのが同じナポリ生まれのエンツォ・ディアマリオ。祖父がナポリ音楽院の学長という音楽一家に育った彼もやはりマリオーネと同じ血が流れているのです。確かなクラシックのテクニックに裏づけされたタッチは、アップテンポなものでもスローな愛の歌でも、自由自在にナポレターナの世界を造り出します。当夜もマリオーネの歌と一体となり、ナポリの風を呼び起こしました。

カンツォーネ・ナポレターナと言えば、「オー・ソレ・ミオ」「帰れソレントへ」「サンタ・ルチア」「フニクラ・フニクラ」などが圧倒的に有名です。しかし、当日歌われたのは、「帰れソレントへ」以外はほとんど有名な曲はなく、いかにもナポレターナらしい曲ばかりで、私は非常に楽しませてもらいました。

日本を代表するナポレターナ歌手、松本淳子も賛助出演として歌ってくれましたが、彼女とマリオーネの2重唱も2人の息がピッタリで素晴らしかったと思います。

また、当日観客としてきていた人たちの大多数はカンツォーネを勉強している人たちらしく、アンコールの「オー・ソレ・ミオ」では、「皆さんもご一緒に!」の声を待っていたかのように、会場は大合唱となりました。日本にこんなにカンツォーネファンがいたかと思うと、思わず微笑まずにはいられませんでした。私はもちろん歌いませんでしたが(笑)。

それにしても当夜、1つどうしても分からなかったことがあります。
マリオーネはまるで口に触れているのではないかと思うくらいマイクを口に近づけて歌うのですが、かなりフォルテ(f)で歌うようなところでも決して音が割れたりせず、破裂音も拾わず、息が漏れる音も一切聞こえないのです。マイク自体が非常にスペシャルなものなのか?、アンプやスピーカーの問題なのか?、もしかしたら息の量やスピードはほとんど変えずにピアノ(p)やフォルテ(f)を使い分けられるのか?テクノロジーの進化は間違いないでしょうが、今度ぜひマイク無しで彼の歌を聞いてみたいものです。
by hikari-kozuki | 2010-03-26 12:58 | Concert | Comments(0)
3月12日(金)第一生命ホール「ロイヤルチェンバーオーケストラ」定期演奏会
ロイヤルチェンバーオーケストラ(以下RCO)の第73回定期演奏会。第一生命ホールでのコンサートシリーズも今回で8回目となりました。当夜のプログラムは、音楽監督兼指揮者、堤俊作のもっとも得意とするジャンルで、ハイドンの交響曲第53番「帝国」、ハイドンのチェロ協奏曲第2番、ベートーヴェンの交響曲第8番というものでした。

ハイドンの53番「帝国」は、当時の聴衆の好みを知る上で貴重な存在で、特に第2楽章は、非常に人気が高かった楽章で、非常に親しみやすい旋律を持つハイドンらしい楽章。そして、3つのヴァージョンが存在する第4楽章は、ヴァージョンBというもっともスタンダードなものが演奏されました。古典派の交響曲はマエストロ同様、RCOにとっても得意とするカテゴリーなので、軽快な中に迫力もある好演でした。

コンチェルトは同じくハイドンのチェロ協奏曲の第2番。ドヴォルザークのチェロコンなどと並んでチェロ協奏曲の名曲として有名ですが、ソリストの岩崎洸は、名手ぶりをいかんなく発揮、上野製薬が所有するストラディヴァリウスも良く鳴っていました。

ベートーヴェンの8番、通称ベトハチは、堤マエストロのベートーヴェンが実際に書いたテンポ記号へのこだわりから、一般的なテンポよりは速めでしたが、この曲に相応しい明るさを失わず、軽快でディナミークのメリハリのついた演奏だったと思います。

なお、このコンサートのプログラムノーツも私が書きました。


話はまったく変わってACミランのことです。、CLでマンチェスターに手痛い敗戦を喫してから初めてのセリエAの試合が今朝ありました。今年健闘を見せるキエーヴォをホームに迎えての一戦でしたが、幾つかの決定機を決められず、非常にストレスの溜まるゲームでしたが、後半ロスタイムに途中出場のセードルフがペナルティーエリアの少し外から見事なミドルシュートを決めてくれ、ミラニスタが狂喜乱舞するような非常に感動的な結末なりました。モウリーニョを欠くインテルは、森本のカターニャに負けましたので、これで勝ち点差は1となり、来週にも逆転出来るかも知れません。しかし、試合途中でベッカムがアキレス腱断裂という大怪我を負ってしまい、W-Cup出場も絶望的になってしまいました。
by hikari-kozuki | 2010-03-15 14:18 | Concert | Comments(0)
残念ながら完敗で終戦
昨日投稿した我らがACミランとマンチェスターユナイテッドとのビッグマッチですが、残念ながら4-0の完敗に終わり、2試合合計7-2という大差で決勝リーグトーナメント1回戦敗退となってしまいました。さすがにマンUは強いチームでした。

原因はたくさん考えられるでしょう。最大のものは、パトとネスタが怪我で欠場になってしまったこと。他にはボネーラのポジショニングの甘さ、ローマ戦と合わせ2試合連続無得点に終わってしまったFW勢、戦術面でも明らかにマンUの方が統制が取れていました。レオナルドの采配も批判されても仕方ありません。

しかし、1番の敗因はモチベーションの低さにあったような気がします。開始早々ルーニーにゴールを決められ、多くの選手の顔からは諦めの色が見えました。ゲームの最後まで闘志満々でスタジアムを駆け回っていたのは残念ながらフラミニ1人だけという感じでした。また各個々人の球際の強さ、執着心もマンUの方が遥かに上だったでしょう。その意味ではガットゥーゾの不調が悔やまれます。本来であれば個々のテクニックは互角だと思うので、ぜひ来シーズンのCLでリヴェンジを期待しましょう。

インテルが来週のチェルシー戦がどうなるか分かりませんが、これで今年の目標はスクデット(セリエA)1本になりました。ぜひこの悔しさをぶつけて欲しいものです。
by hikari-kozuki | 2010-03-11 17:01 | Football | Comments(0)
オールドトラッフォードのマンU戦
ちょっと油断するとまた演奏会が溜まってしまいました。なるべく早くレポートします。

さて、ACミランは、日本時間の明日早朝、チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦で敵地オールドトラッフォードへ乗り込みマンチェスター・ユナイテッドと対戦します。このトーナメントはホーム&アウェイ方式で、先月のサンシーロでは、2-3で負けてしまったため、明日の戦いは非常に厳しいものとなります。0-1や1-2での勝利では、アウェイゴールの差で負けてしまうのです。最低でも0-2が必要です。あのオールドトラッフォードで0-2の完封勝利を挙げるのは何が必要でしょうか?パトやセードルフら怪我組が間に合えば良いのですが、いずれにしても今出られるメンバーで何とかしないとなりません。先週末のオリンピコでのローマ戦は結果こそ0-0でしたが、前半の中盤からはかなり押し込んでいて、良いサッカーが出来ていると思いますので、今の勢いは大切にしたいところです。

サンシーロの2-3の時はルーニー1人にやられた形になってしまいました。あの試合では、ボネーラのマークが甘いのが気になりました。マンチェスターたるもの、ルーニー1人を抑えても、決して勝てるものではありませんが、全試合、中盤はミランの方が優勢だったと思います。ロナウジーニョ、ボリエッロ、フンテラールら前線の選手たちも概ね好調です。

また、ベッカムが数年ぶりに同スタジアムに立つことになりますが、一体マンチェスターのティフォージたちはどのようにして彼を迎えることでしょうか。興味はつきません。今からドキドキしています。
by hikari-kozuki | 2010-03-10 12:19 | Football | Comments(0)






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム