エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Anniversary
昨年(2009年)は、メンデルゾーンの生誕200周年、ヘンデルの没後250周年、ハイドンの没後200周年くらいでしたが、今年は大物の作曲家が目白押しとなっています。主な音楽家たちを紹介していきますので、皆さんの演奏会計画にお役立て下さい。

まず、生誕300周年を迎えるペルゴレージ。ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージは、中部イタリアのイェージで生まれましたが、ナポリ楽派でもっとも重要な作曲家と言われています。幕間劇(インテルメッツォ)として書かれた「奥様女中」は、1時間足らずの短いオペラ・ブッファですが、この作品がバロックから古典派への橋渡しとなったと言われるほどの傑作として今も上演され続けています。「スタバト・マーテル」(悲しみの聖母)も非常に有名ですが、この作品の最後の小節を書くと同時に26歳の若さで夭逝してしまいました。

生誕200周年を迎える作曲家はたくさんいます。今から200年前の1810年といえば、ナポレオンが全盛期でしたが、ベートーヴェンが交響曲5番と6番を初演した2年後で、音楽の世界はちょうどロマン派に向かう直前でした。

まずはフレデリック・ショパン。ピアノの詩人と呼ばれる彼は、クラシックファン以外でも絶大なる人気を誇るワルシャワ生まれのポーランド人作曲家です。ワルツ、マズルカ、ノクターン、ポロネーズ、エチュード、プレリュード、即興曲、バラード、スケルツォ、ソナタなど数多くのピアノの独奏曲を書き、ピアノ協奏曲も2曲残しています。5年に1回開催されるショパン国際ピアノコンクールは、世界中のコンクールの中でも最も有名なものですが、ちょうと今年がその年に当たり、今年はクラシックシーンは、ショパン一色になることでしょう。

次にロベルト・シューマン。ドイツ東部のツィヴィッカウ生まれのロマン派を代表するドイツ人作曲家です。「子供の情景」を始めとするピアノ曲、「詩人の恋」などの声楽曲、4つの交響曲、ピアノ協奏曲など数多くの傑作を残しました。天才ピアニストとして有名なクララとの間には8人の子供が出来ましたが、死の3年前くらいから梅毒に侵され、精神に異常をきたし、不幸な晩年となってしまいました。作曲以外でも、若きブラームスを見出し、同い年のショパンを天才が現れたと評価し、メンデルスゾーンを助け、シューベルトの交響曲第8番(グレート)を発見し、バッハの全集発行を手伝うなど、音楽界への貢献は計り知れません。

それからオットー・ニコライ。このドイツ人作曲家は、最晩年に書いたオペラ「ウィンザーの陽気な女房たち」で知られていますが、この作品はドイツオペラ史上の金字塔と言われています。この作品はシェークスピアの同名の喜劇を元にかかれたものですが、ヴェルディの遺作「ファルスタッフ」も同じ原作を元にしています。そしてもう1つ彼で忘れてならないのは、ウィーンフィルの前身フィルハーモニー・アカデミーを立ち上げたことです。

作曲家ではありませんが、台本作家のフランチェスコ・マリア・ピアーヴェも生誕200周年です。ヴェルディとのコンビで「エルナーニ」「マクベス」「リゴレット」「トラヴィアータ」「シモン・ボッカネグラ」「運命の力」など傑作群を生み出しました。

生誕150周年を迎えるのはグスタフ・マーラーです。彼はオーストリア人の作曲家兼指揮者ですが、交響曲の作曲家として広く知られ、彼の残した11の交響曲は、世界中のオーケストラのレパートリーとなっています。しかし、彼が生きていた当時は、。ウィーン宮廷歌劇場の総監督を始め、世界一の売れっ子指揮者として多忙を極めていたため、彼の作曲活動は劇場の夏休みに限られていて、その限られた時間の中でこれだけの作品を残すとは本当に凄い人だったのでしょう。

もう1人フーゴ・ヴォルフも生誕150周年です。ドイツリート(歌曲)の作曲家として有名ですが、生前は評論家として、ワグナーを支持し、ブラームスを強烈に批判しました。

他にはスペインの作曲家イサーク・アルベニス、フランスの作曲家ギュスターヴ・シャルパンティエも生誕150年を迎え、スペイン人作曲家ロルフ・リーバーマンとアメリカ人作曲家サミュエル・バーバーが生誕100周年です。
by hikari-kozuki | 2010-01-21 18:13 | Others | Comments(0)
1月12日歌舞伎座「初春大歌舞伎」
いよいよ歌舞伎座も今年の5月からの大修復工事を目前にして、今はさよなら公演と銘打った新春公演をやっています。私は1月12日の夜の部へ行ってきました。
演目は次の4つでした。
*春の寿
*菅原伝授手習鑑 車引
*京鹿子娘道成寺 道行から押戻しまで
*与話情浮名横櫛 木更津海外見染の場 源氏店妾宅の場

どの演目も分かりやすくエンターテイメント性が高いものだったので、歌舞伎にはあまり詳しくない私でも充分に楽しむことができました。特に菅原伝授手習鑑は、芝翫、幸四郎、吉右衛門、富十郎というビッグネームの競演で見所たっぷりでした。この作品は「仮名手本忠臣蔵」「義経千本桜」と並んで3大名作といわれているそうです。京鹿子娘道成寺の勘三郎の舞は素晴らしかったのですが、私はどうしても美しい白拍子には見えず、出来たら女形はあまりやって欲しくないのですが。。。。。「愛陀姫(アイーダ)」のアムネリス役の時も同じことを思いました。最後の余話情浮名横櫛は、有名なお富与三郎の話なのですが、染五郎の与三郎は、匂いたつような若旦那振りが印象的でした。
by hikari-kozuki | 2010-01-20 16:32 | Others | Comments(0)
1月11日(月)彩の国さいたま芸術劇場大ホール「魔笛」
このオペラは、埼玉オペラ協会の本公演で10日、11日の両日にダブルキャストにて上演されたが、私は11日の方のみを見に行きました。主役クラスの5~6人の歌手たちは、それぞれに良く健闘していて穴がなく、アンサンブルという点でも練習に裏打ちされた安定感がありました。指揮の北原幸男も東京ニューシティー管を良く統率し、全体の水準は高かったと思います。唯一あまり感心できなかったのは演出でした。なるほどと思うところも何箇所かありましたが、意味が分からないところ、取ってつけたようなところ、変な風にセリフを換えたところが多く、一言で言えば中途半端な舞台でした。

例えば冒頭、タミーノが大蛇に襲われ気を失っているところを侍女3人が助けるというシーンでは、実際には大蛇は出て来ず、大蛇の幻覚に悩まされているタミーノを3人の侍女が注射を打って落ち着かせるという演出でした。麻薬が世界的に蔓延している今日、注射やドラッグを登場させるという演出は非常にありがちでヨーロッパではもはや使い古された手法という印象です。初対面の寝ている王子に注射を打つなんてことがあり得ますか?もしかしたら予算の都合上大蛇まで経費が廻らなかっただけなのかも知れませんが、それでももっとやりようはあったと思います。
また、パパゲーナを狂言回しの役とし、オペラの前半から何度も登場させましたが、どれも取ってつけたような凡庸なセリフばかりで、ほとんど意味をなしていませんでした。パパゲーノに冒頭からパパゲーナに会いたい会いたいと連呼させるのも、本来のストーリー的にはあり得ません。これらは普段あまりオペラに触れる機会の無いお客さんたちに分かりやすくするための手法なのかも知れませんが、あまりに子供だましです。まあもっともっと酷く不愉快な「魔笛」の演出もたくさん見てきましたので、これ以上言いませんが、非常に中途半端な印象でした。

さて当日のキャストには昔からの友人がたくさん出演していました。まずパパゲーノの笹倉直也。大学1年からの親友ですが、大病を2度までも煩い、2度の大手術をして、これが復活のステージとなりました。すっかり
痩せてしまったので、最後まで体力が持つか心配しましたが、動きの激しいパパゲーノであったにも関わらず見事にやり遂げ、見ている方がジーンときてしまいました。弁者と武士の竹野宏一も大学からの友人ですが、彼も相変わらず良く鳴る力強い声を聞かせてくれました。タミーノの山本義人さんは、去年のプラハのモーツァルトのレクイエムのツアーでも大変お世話になりましたが、素晴らしい美声の持ち主で、ファンの方たちが大挙して応援に来ていました。また、この埼玉オペラ協会の会長の池本和憲は、大学の門下も同じ親友で、今回は歌いませんでしたが、素晴らしいテノールです。会長としてこの公演の成功のためにさぞ苦労をしたことと思いますが、公演の成功おめでとうございます。
by hikari-kozuki | 2010-01-19 18:08 | Opera | Comments(0)
1月10日(日)サントリーホール小ホール「見果てぬ夢コンサート」
このコンサートは、六男のテノール-1で弁護士の松尾翼先生が企画されたプライヴェートのコンサートで、すべてのお客様を松尾先生がご招待するというものでした。しかも三枝成彰先生のプロデュースと作曲、編曲、大友直人先生の指揮、釜洞裕子さんの歌、日本を代表するチェリストたち12名が伴奏をするという豪華なもので、当然のことながら素晴らしいコンサートとなりました。

プログラムは「荒城の月」に始まり、「ずいずいずっこおろばし」「こんぴらふねふね」「てぃんさぐぬ花」「おぼろ月夜」「宵待草」というお馴染みの日本歌曲の名曲に三枝成彰作曲のオペラ「忠臣蔵」のお艶のアリア、「レクイエム」の3番から「死は優しかった」というもの。さらにアンコールで「冬の夜」「ふるさと」が演奏されました。釜洞裕子さんの日本歌曲は相変わらず素晴らしく、情感たっぷりに歌い上げてくれましたが、日本歌曲というジャンルでは彼女以上の歌手を私は知りません。特に「レクイエム」は、六男が2003年に初めての海外公演旅行でウィーン、グラーツ、ベルリンへ行った際、当時ドイツに住んでいた釜洞裕子さんにソロを歌ってもらった思い出の曲で、非常に懐かしかったです。また、チェリストたち12人とのアンサンブルと彼女の声は相性が抜群で、大友先生の見事なタクトさばきとホールの音響とが相まって、奇跡的な空間を作り上げていました。ともかく、まったくのクローズコンサートであったのがもったいないほどでしたが、逆に言うとこのコンサートに招待された人たちは本当に幸せなことだったと思います。

コンサートの後には場所を全日空ホテルのバンケットルームに移して、パーティーが行われ、松尾先生が懇意にされている方たちが一同に介しました。各界の著名人、VIPの方たちが大勢いらっしゃり、改めて松尾先生の人脈の広さを知りましたが、このパーティーでの松尾先生のスピーチも非常に感動的なものでした。

松尾先生には公私ともに大変お世話になっておりますが、日頃より親しくさせて頂いており、このコンサートに関しましても何度か相談を受けておりました。松尾先生にとって今年は節目の年で、弁護士生活50周年、そして最愛の冨貴子夫人との結婚生活50周年の金婚式の年にあたります。いつまでもお元気で、そしてお幸せに。本当にありがとうございました。
by hikari-kozuki | 2010-01-18 13:25 | Concert | Comments(0)
1月3日(日)兵庫県立芸術文化センター「小川響子コンサート」
昨年の秋、冬のオペラ、演奏会もまだレポートしていないものがたくさんありますが、時間的な順番を考えていたらいつまでも書けないままになってしまうので、とりあえず今年は今年ということで、年が明けてからのものを報告して行こうと思います。

世の中はまだ屠蘇気分が抜けていない1月3日(日)、今年最初の演奏会は関西でした。
兵庫県立芸術文化センターというのは一昨年の佐渡裕の「メリー・ウィドー」でも行ったところですが、当日は、神戸女学院という名前が付けられた小ホールで、ここもとても良いホールでした。

さて、小川響子という若いソプラノ歌手は、まったく知らなかったのですが、演奏会はとても良かったと思います。透明感の高い美声の持ち主で、テクニックもあり、表現力も充分に持っています。高音には伸びがあり、中低音も安定しています。プログラムの前半はシューベルトやフォーレ、ラフマニノフなどいろいろな言語によるリート。そして後半はミュージカルのナンバーで、「サウンド・オブ・ミュージック」「マイ・フェア・レディー」などの名曲を並べたものでした。
彼女は高校時代にリヴァプールに留学し、大阪音大に入学、現在はNYのマンハッタン音楽院で勉強する国際派ですが、一般的なクラシックの声楽の世界では珍しいルートと言えるでしょう。プログラムから考えると、本人はミュージカルやコンサートを活動の中心としていくつもりなのかも知れません。しかし、私はオペラ歌手としても充分に素質があると思いますので、まだまだ若いのですからいろいろな世界にトライして欲しいと思います。

実はこのコンサート、伴奏がパヴェル・ギントフだったのです。彼はこのブログでも何度も書きましたが2006年の第1回高松国際ピアノコンクールで優勝し、その後NYへ渡り、現在はマンハッタン音楽院の博士課程で勉強している超有望なピアニストです。パヴェルのNYでの演奏会を聞いた小川嬢から、ぜひ自分の日本でのリサイタルの伴奏をして欲しいと頼まれ、同行することになったそうです。そして私は彼からこの演奏会のために来日するという連絡を受け、正月にも関わらず、西宮まで日帰りで行ってきたのです。

彼のピアノは今まで何度も聞いてきていますが、実は声楽の伴奏をするのはこの日が初めてでした。しかし、私の予想を遥かに上回るほど素晴らしいものでした。一言で言うと完璧です。非常に速いパッセージも多く、かなり難しい編曲の曲もありましたが、私の聞いた範囲ではミスタッチや歌とずれた箇所は1つも無かったのではないでしょうか。時に激しく時に優しく、歌と一体化し、凄まじい存在感を示しながらも決して小川嬢の歌を邪魔しないというのは、なかなか出来ることではありません。昨年ザルツブルク音楽祭でアンナ・ネトレプコのリサイタルの伴奏をしたダニエル・バレンボイムの名人芸を思い出しました。私も何かの機会にぜひ1度伴奏をしてもらいたいと本気で思いました(笑)。

今年の3月に第2回高松国際ピアノコンクールが開かれますが、その時に再来日をしてもらい、3月20日(土)には高松のサンポートにてリサイタルをする予定です。その前後に東京でもぜひ1度弾いてもらいたいと思っていますので、現在検討中です。

この1月3日は早朝に家を出て、帰ってきたのは夜中になってしまいましたが、西宮では弊社オペラツアーの関西方面のVIPのお客様たちと楽しく食事をしたり、演奏会の後はロイヤルチェンバーオーケストラの永武氏とパヴェルのコンサートの打合せをしたりして、年始早々とても充実した日になりました。
by hikari-kozuki | 2010-01-14 14:33 | Concert | Comments(0)
謹賀新年
あけましておめでとうございます。
2009年もあっという間に終わってしまい、2010年に突入してしまいましたが、年を重ねるごとに時間が加速していくような気がします。ここ数年はウィーンで年末を過ごすことが多かったので、久々に日本での年末年始を味わうことが出来ました。

今年はロマン派を代表する大作曲家、フレデリック・ショパンとロベルト・シューマンの生誕200周年の年に当たります。前年の1809年にはメンデルスゾーンが生まれ、翌年1811年にはリストが生まれ、さらに1813年にはオペラ史上の2大巨頭、ヴェルディとワグナーが生まれた年なのです。このあたりがヨーロッパの音楽史上でももっとも充実していた時期なのでしょう。

また、今年はショパンの200周年ですが、10月には5年に1度のショパンコンクールも開催されるとあって、まさにショパンイヤーになると思われます。3月には私も関わっている第2回高松国際ピアノコンクールも開催され、今年は何だかピアノとの付き合いが多くなりそうです。

どうぞ本年もよろしくお願い致します。
by hikari-kozuki | 2010-01-08 17:17 | Others | Comments(0)






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム