エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
日生劇場2題
日生劇場開場45周年記念、国際ファミリークラブフェスティヴァル2008から2題

7月20日(日)ミュージカル人形劇「リトル・ドンキー」
 オランダのシアター・テラという劇団を招いての公演でした。このミュージカル人形劇というのは人間と同じくらい大きさの人形が、人間と一緒に歌ったり踊ったりするもので、従来の人形劇よりも大きくて単純に分かりやすいのと、よりダイナミックな動きが可能になって人形劇の世界に新しい可能性を吹き込んだと言えるでしょう。主人公のちびろば君を通してみんなが友情の大切さを知るというストーリーも子供たちには分かりやすくて良かったと思います。

7月28日(月)親子で愉しむ歌舞伎「櫓のお七」「馬盗人」
 歌舞伎はオペラと同じく約400年前に日本で生まれた伝統舞台芸能ですが、共通点もかなり多く、歌舞伎ファンにオペラが好きな人も多いようです。今回、私は1人で見ましたが、親子で歌舞伎を愉しむ機会が持てるというのは素晴らしいことです。「櫓のお七」では人形振りが、「馬盗人」では馬が六法を踏むという見せ場があって、大人でも子供でも十分に楽しめます。
 また、役者さんも坂東三津五郎を始め実力派が出演し、決して子供向けなどではなく、本格的な歌舞伎を愉しむことが出来ました。お七役の女形、尾上右近も若いながらに素晴らしい役者さんだったと思います。司会進行と歌舞伎の楽しみを解説した中村壱太郎も平成生まれの若者ですが、良く通る声とでさすが歌舞伎役者さんという感じでした。
by hikari-kozuki | 2008-07-31 18:06 | Concert | Comments(0)
ここ3ヶ月のオペラとコンサート 第4回
*4月20日(日)ティアラこうとう大ホール 江東オペラ「カルメン」
 江東オペラというものに初めて行ってきました。まずティアラこうとうですが、それほど王冠みたいではありませんでしたが、中は立派なホールです。このホールが出来る前は江東公会堂と言ったそうですが、公会堂という感じでは全然ありません。
 さて、この江東オペラ、ソリストたちはすべてプロの歌手たちですが、合唱は江東オペラ合唱団というアマチュアのオペラ専門合唱団。このように実際にオペラの舞台に立つ合唱団が増えてきましたが、素晴らしいことだと思います。
 演奏の方ですが、どのキャストもまずまずだったと思います。特に目立ったのはホセの土師雅人とエスカミーリョの山口邦明。土師の方は声は良く出るし、アクートもなかなか強いし、演技も上手いしで、なぜもっと大きな舞台で活躍しないのだろう?と思うほど。ぜひまた聞いてみたい方です。山口邦明の方はこのブログでも何度も紹介してきた私の先輩ですが、この日は特に良かったと思います。もしかしたらエスカミーリョは合っているかも知れません。

そうそう、山口邦明バリトンリサイタルがあります。9月21日(日)と24日(水)のともに14時開演で、場所は表参道カワイのパウゼです。ぜひよろしくお願いします。

*5月27日(火)紀尾井ホール ヴィオラ・スペース2008
 ヴィオラ・スペースは、今井信子の発案で始まったコンサートとマスタークラスですが、今年で17回目を迎えました。ヴィオラは普段主役になることも滅多にない地味な楽器ですが、この活動によってかなり注目されるようになってきました。
 当夜も今井信子を始め、店村眞積や菅沼準二他、日本のトップクラスのヴィオラ奏者はほぼ全員集合というとても豪華な企画です。実際に演奏も素晴らしかったです。お客さんもかなり入っていたようなので、日本のクラシックファンも成熟してきたかな?と少し嬉しくなりました。
また、ご自身もヴィオラを弾かれる皇太子殿下もご来場になっていらっしゃいました。

*6月8日(日)東京オペラシティ 日本楽劇協会主催「初夏の夢」
 このコンサートはテノールの錦織健、ピアノの小原孝、河原忠之という3人のエンターテイナーたちが楽しいトークあり演奏ありの楽しいもの。3人の共通点は国立音大卒というところくらいですが、10数年前に1度同じ形態のコンサートがあって久々の第2回ということでした。3人ともかなりの実力派なので、コンサートも充実していました。
プログラムの最後の方で錦織健がクイーンの曲を絶唱、「私は世界で唯一、クリーンを原調で歌う男!」と豪語していましたが、確かにあれだけのアクートをほとんどファルセットを使わずに本格的な発声で歌うのは凄いことです。 

 
by hikari-kozuki | 2008-07-18 14:01 | Opera&Concert | Comments(0)
ここ3ヶ月のオペラとコンサート 第3回
*5月11日(日)第一生命ホール ロイヤルチェンバーオーケストラ第67回定期演奏会
このロイヤルチェンバーオーケストラ(以下RCO)の定期演奏会は、音楽監督で指揮者の堤俊作がジュネーヴ国際音楽コンクール指揮部門で最高位を受賞して30周年を迎えるということで、その記念コンサートとなりました。
プログラムは、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番と交響曲第3番”英雄”。特に”英雄”はジュネーヴの時にセミファイナルで振った思い出の曲だそうです。
ピアノは実力派イケメンピアニストの青柳晋。どちらの曲もオケのメンバーたちが堤のやりたい音楽を良く理解し、まとまりがある好演だったと思います。
また、このコンサートのプログラムの解説は私が書きました。

*5月18日(日)サントリーホール JAMACコンサート
JAMACとは、Japan Male Chorus Leagueの略で、直訳すると日本男声合唱連盟。六男を中心に、札幌の男声合唱団ススキーノ、新潟の長岡メンネルコール、長野の男声合唱団ZEN、名古屋の栄ミナミ男性合唱団という5つの合唱団が総勢280名で大男声合唱を披露しました。とてもステージには乗り切らないので、合唱団は全員が通常P席として使っているステージ後ろのパイプオルガン前の席に陣取りました。
1幕はアカペラ(これが何と言っても心配でした。GPでは半音どころか2度くらい下がっていましたから)。2幕は中丸三千繒、坂本朱、樋口達哉、青戸知をソリストに迎え、オペラの合唱曲とアリア。そして3幕に、男声合唱によるベートーヴェンの第九という何とも盛りだくさんなプログラムでした。指揮は1幕がススキーノ指導者の長内勲、2幕3幕は六男音楽監督の三澤洋史、オケは新日フィル。
280名のアマチュア合唱団を1つにまとめるなど至難な業かと思いますが、長内、三澤両氏の統率力はただただ見事でした。手前味噌ながら本番が1番良かったと思います。

*5月26日(月)目黒パーシモン METライブ・ビューイング
昨年来、テレビマンユニオンの村田専務からMETのライブ・ビューイングというものの存在は聞いていました。このライブビューイングは、METの総支配人のピーター・ゲルブの発案で、METのオペラを世界中に同時配信するという画期的な企画です。
私は日程等が合わず今まで行けませんでしたが、ようやく行ける様になったので、同時中継ではなく、再放送という形でしたが、なかなか映画館でオペラを見るのも臨場感があって良いものでした。私が見たのはレヴァイン指揮、マッティラ、ジョルダーニというキャストによるプッチーニの”マノン・レスコー”。幕間にナビゲーター役でルネ・フレミングが歌手や指揮者や裏方やいろんな人にインタビューをしたりするのも新鮮でとても面白い一面が見れて面白かったです。また、ぜひ行きたいと思いました。
by hikari-kozuki | 2008-07-17 13:11 | Comments(0)
ここ3ヶ月のオペラとコンサート 第2回
*4月8日(火)サントリーホール 三枝成彰作曲オペラ「悲嘆」
 この作品は世界初演の書き下ろしたモノ・オペラでした。モノ・オペラとは舞台上に登場する人が1人だけで、その1人によってストーリーが展開していくという特殊な世界です。あまり見る機会もありませんが、私が最後に見たのは10年くらい前にボローニャで見たプーランクの「人の声」だったでしょうか。ライナ・カバイヴァンスカの素晴らしい演技力と存在感に圧倒された記憶があります。ともかくモノオペラの場合、当然のことではありますが、その歌手の出来でほとんどすべてが決まってしまいます。

 この「悲嘆」の主役はソプラノの中丸三千繒。結論から言うと、素晴らしい出来だったと思います。このリブレットを書いたのは、は英国人のアーノルド・ウェスカーだったので、言語はすべて英語でした。もともと彼女は英語が流暢ということもありますが、これだけの長いモノオペラ(休憩なしで80分)を完璧に暗譜をしたというのは凄いことです。また、その豊かでダイナミックな表現力、力強く疲れることを知らないアクート、自由自在なディナミーク等々、まさしく彼女のために書かれたようなオペラ、そしてトミコ役でした。 

 さてこのオペラ、舞台は1937年、2・26事件がテーマになっています。実在の人物で、将校の妻であるトミコの心の葛藤、そして彼女の視点から事件を描いたものでした。
by hikari-kozuki | 2008-07-15 15:08 | Opera&Concert | Comments(0)
ここ3ヶ月のオペラとコンサート 第1回
いろいろと貧乏暇なしの日々を送っていたため、このブログがまったくアップできず、多数の方からお叱りの言葉を頂いていましたが、昨日、久々にアップ致しました。
この勢いで、ここ約3ヶ月のオペラ、コンサートをごくごく簡単に一挙にご紹介してしまいましょうう。ただし、忘却の彼方というものもありますので、Detailsが間違ってしまったりしている場合でもどうぞお許し下さいませ。

3月23日(日)大宮ソニックシティ大ホール 埼玉県合唱連盟コンサート
グリンカの「ルスランとリュドミラ」序曲 メンデルスゾーンの「交響曲第2番」”賛歌”
 この演奏会は、埼玉県合唱連盟の創立50周年記念イベントで、式典の後、演奏会が行われました。指揮は埼玉県合唱連盟理事長の宮寺勇氏で、オケは彼が常任指揮者を務める埼玉中央フィルハーモニキーオーケストラ、ソリストは津山恵、和泉純子、大岩篤郎というメンバー。何と言っても圧巻だったのは合唱団で、合唱連盟に所属している合唱団の選抜メンバーで、埼玉県を東西南北に分けて、4回の入れ替えを行い、”賛歌”を歌ったのです。延べ850人にも及ぶ大合唱は凄まじい迫力で、老若男女をまったく問わないアマチュアの方々がこれだけ一生懸命にまとまって歌うというのは感動的な光景でした。

3月25日(火)第一生命ホール TOKYO FM少年合唱団 第24回定期演奏会
 少年合唱団というものは、ほぼウィーン少年合唱団しか経験値のない私にとっては、いろいろと発見があり、楽しいコンサートでした。
プログラムは非常にヴァラエティーに富んでいて、童謡や新しい日本の曲など、延べ30曲ほどの曲を歌ってくれました。驚いたのは、すべて暗譜で歌ったことです。幾ら若くて頭が柔軟と言っても小学校低学年では言葉の意味も分からないような歌詞もたくさんあったでしょうに。涙ぐましい特訓があったことと思います、もちろん当夜指揮を務めた指導者の太刀川悦代を始め、指導者の大変な苦労があったことでしょう。

4月7日(月)紀尾井ホール 西山恵子&ブルーノ・プラティコ ジョイントコンサート
 ソプラノの西山恵子、そして世界的なバッソ・ブッフォのブルーノ・プラティコのジョイントコンサートは、2年前の2006年にも行われました。2人ともロッシーニをスペシャリストらしく、軽妙洒脱で名人芸のようなテクニックを駆使した楽しいコンサートでした。今回のプログラムはすべて入れ替えましたが、ロッシーニを中心にベッリーニ、ドニゼッティ、モーツァルト等、実に盛りだくさんなものでした。この4月7日は、私も生前大変お世話になった、故疋田生次郎先生の誕生日で、疋田門下だった西山恵子も特別な感慨があったようです。


一挙に書いてしまおうと思いましたが、ちょっとムリそうなので、何回かに分けて書くようにします。
by hikari-kozuki | 2008-07-11 14:24 | Concert | Comments(0)
兵庫県立芸術文化センター「メリー・ウィドウ」
兵庫県立芸術文化センター(芸文と呼ばれているらしい)がオープンしてから3年弱が経ちましたが、今まで不思議と縁がなく、遂に先日、芸文デビューを果たしました。

私が行ったのは7月6日(日)の千秋楽。阪急電鉄の西宮北口(これも西北と呼ばれているらしい)の駅から直結していて、とても便利。それにしても、関西の人は何でも略すのが本当にお好き!「ドンジョ」「ドンジョ」と言うので、「緞帳」のことか、もしくはヤッターマンの「ドロンジョ」のことかと思ったら、モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」だったのでびっくり記憶があります。

さて、この芸文ですが、素敵なフレンチのレストランを持っていて、開演前には長い行列が出来ているほどの人気でした。大中小と3つのホールを持っていて、そのうち大ホールは4層で2,001席の大変立派なホールです。音響もとても良いようでした。ホワイエは高い天井を持ち、びわ湖ホールのように窓も大きく陽の光がふんだんに入ってきます。

さてこのオペラ、いえオペレッタ「メリー・ウィドウ」ですが、佐渡裕芸術監督のもと、見事なまとまりを見せていました。
まず驚いたのは、ステージや衣装が大変豪華で、しかも洗練されていること。とても良いセンスを感じました。これで1番高い席が12,000円とは信じられません。もちろん兵庫県がバックについているから可能なのでしょうが。

主役クラスの歌手はほとんど東京で活躍している人たちでしたが、芸達者なメンバーが多く、このオペレッタにふさわしい歌手陣だったと思います。ダンサーのレベルもかなり高かったと思います。またオーケストラもマエストロの情熱的なタクトのもと、非常に良くまとまり、しかも音色も
素晴らしいものでした。

特徴的だったのは、元宝塚のスター平みちと落語家の桂ざこばが狂言回しのような役柄で舞台狭しと動き回り、盛り上げていたことです。ああこれは普通のメリー・ウィドウではなく、関西風のメリー・ウィドウなんだと何度も思いました。

そして、さらに驚いたのは、フィナーレです。フィナーレとカーテンコールの境目がはっきりと分からないまま、延々とスタンディングオベーションの大喝采が続き、20分以上カーテンコールが続いたでしょうか。1幕フィナーレの有名な”女、女、女”の7重唱など、何度聞いたか分からないほど繰り返し演奏されました。

唯一残念だったのが、オケのコントラバスの1人が、演奏中、何度もデジカメで舞台の様子を撮影していたことです。フラッシュは切っていたようですが、赤外線のビームのようなものが何度もピットの中で光り、非常に気になりました。幾ら無礼講のオペレッタといっても、やっていいことといけないことがあると思います。もしかしたら主催者か誰かに頼まれてやったことなのかもしれませんが、決して許されないことだと思います。



ともあれこの関西風オペレッタ、大満足でした。ぜひ今後にも期待したいです。
by hikari-kozuki | 2008-07-10 18:47 | Opera | Comments(0)






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム