エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
諏訪湖ハーフマラソン
もはやオペラ日記ではなく、マラソン日記の様相を呈していますが、昨日、遂に諏訪湖ハーフマラソンに出場し、無事に完走してきました。
多数の方にご心配や励ましの言葉を頂きまして、本当にありがとうございました。

当レースは2時間40分が足きりだったのですが、まあ1km7分のペースで行けば、2時間30分くらいでは行ける計算になるので、そこが当初の目標でした。もちろん最低限の目標は2時間40分以内で完走でした。

最初の5kmは30分を切っていたので、無理なく6分を切るペースで走れていたのですが、5kmを過ぎたあたりから厳しくなって6分30秒になり、40秒、50秒と落ちていき、10kmくらいからは7分前後を行ったり来たりというペースになってしまいました。
さほどキツイという感じはなかったのですが、足が前に進まずスピードが上がらないという経験を味わいました。

諏訪湖の回りは快晴で、風もなく、ちょっと暑すぎたかも知れませんが、山々は紅葉も始まっており、最高の環境だったと思います。

ということで肝心なタイムですが、
上月 光 2時間23分21秒 男子40歳代 1020(種目順位) 5156(総合順位)
です。
このタイムはグロスで、スタートの号砲が鳴ってからの時間ですが、スタートするまで2分以上かかったので、実際の手元の時計では、2時間20分43秒という、目標よりもかなり良いタイムで走りきることが出来ました。
約8,000人の出場で5,156位というのは決して良くありませんが、今まで5kmが最長のレースでしたので、自分ではまずまず満足しています。そして、次は2時間を目標にまた頑張ろうと思います。
by hikari-kozuki | 2007-10-29 16:39 | Others | Comments(4)
Opera & Concert
結局、7月以降の演奏会のレポートもまったく止まってしまっていたので、思い出せる範囲のものだけをごくごく簡単に、一気に紹介してしまいます。

*7月13日(金)ラヴォーチェ公演「ドン・キショット」のGP 新国中劇場
もういろいろなところで書かれているので触れないが、ファッジョーニの素晴らしい演出、ダイナミックな舞台、芸達者で実力派の歌手たち、すべてが噛み合っていました。

*8月4日(土)日生劇場「音楽ドラマ チャイコフスキー~わが心の旅」 日生劇場
音楽ドラマという面白い試み。チャイコフスキー役の宮本益光は本物の役者のように演技が抜群に上手く、彼を知らない人はずいぶん歌の上手い役者さん、と思ったでしょう。

*8月7日(火)カンツォーネ・フェスティヴァル スイートベイジル
私の友人のピアニストのエンツォ・ディアマリオ、ソプラノの松本淳子、テノールの片山賢吉郎
と彼らが繰り広げるカンツォーネの世界はナポリの香りがしました。

*8月28日(火)八月納涼大歌舞伎「裏表先代萩」 歌舞伎座
私はこれが歌舞伎座でビュー。やはり勘三郎の演技力、存在感は凄い!彼は当夜の3役はすべて初役だったらしいですが、とても信じられません。

*9月2日(日)「三枝成彰のはじめてのクラシック」 東京国際フォーラムホールA
1,000円の入場料で中学生、高校生にはじめてのクラシックを聞いてもらおうという素晴らしい企画。演目もベルリオーズの「幻想交響曲」等、若者に迎合したような超メジャーな作品ではないものの、良い演奏会でした。パンフレットの作曲家の履歴書が良かった!

*9月5日(水)チューリヒ歌劇場「椿姫」 オーチャードホール
いろいろなところで書いたが、チューリヒの初来日はウェルザーメストの指揮、エヴァ・メイのヴィオレッタ、レオ・ヌッチのジェルモンと実力を遺憾なく発揮してくれました。

*9月7日(金)二期会「」仮面舞踏会」 東京文化会館
若手中心のキャストの方でしたが、リッカルドの樋口達哉は思った通りこの役が合っていました。レナートの青山貴は大きな素質と美声を持って非常にスケールの大きなバリトン。しかし、アクートが今のままでは世界では通用しないので、ぜひ勉強して欲しいところ。

*9月9日(日)NAOS主催「オールドミスと泥棒」&「ジャンニスキッキ」 東京芸術劇場中ホール
2本ともブッファという共通点はありますが、メノッティとプッチーニというのは珍しい組み合わせでした。芸劇の中ホールは初めてでしたが、音響がデッドすぎます。

*9月9日(日)「伊藤貴子ピアノリサイタル」 オペラシティ リサイタルホール
そうそう、この日は演奏会の梯子でした。残念ながら前半のクライスレリアーナは聞くことが出来なかったのです。でもタッチがクリアで音色も良くとても良いピアニストです。

*9月14日(金)東京室内歌劇場主催 「シューベルト歌曲連続演奏会」 上野奏楽堂
この連続演奏会はこれで21回目という素晴らしいものです。テノールの高野二郎を聞きに行ったのですが、彼のリートはやはり抜群に上手い!偶然に大学時代の同級生、ソプラノの佐橋美紀も出演していたが、彼女も相変わらず素晴らしい声と歌唱力!

*10月6日(土)東京シティオペラ主催「カヴァレリア・ルスティカーナ」&「パリアッチ」 調布市グリーンホール
アルフィオの山口邦明を聞きに行きました。以前の彼の同役よりもかなりヴァージョンアップしていて個人的には大満足。田口耕輔もさすがの貫禄でまだま現役です。

*10月14日(日)日本楽劇協会主催「東誠三ピアノリサイタル」 紀尾井ホール
やはり彼はとても上手くて音楽が深い。特に後半のシューマンの謝肉祭「4つの音符による面白い情景」がとても良かったです。

*10月20日(土)「二期会週間第7夜 90分1本勝負の夜」 サントリー小ホール
すっかりおなじみになりつつある二期会週間の連続演奏会の最後の夜に行ってきました。経種廉彦、高野二郎、成田博之、福島明也、池田直樹と実力派の歌手が代わる代わる歌ってくれるのは超お得な感じでした。池田直樹の司会と河原忠之のピアノも上手い!
by hikari-kozuki | 2007-10-26 21:49 | Opera | Comments(0)
昨日のトレーニング
いよいよ諏訪湖ハーフマラソンが6日後の日曜日に迫りました。
昨日は、時速8.7kmで120分走に挑戦しました。17kmちょっと走ったことになるのでしょうか。そして、無事に走り終えましたが、今日は太ももや膝の下が筋肉痛です。
時速8.7kmというのは1kmを7分を少し切るペースなので、速い方にとっては停まっているような速度ですが、つい1年前までは100m走ることすらままならなかった私にとっては信じられないくらいの進歩です。もうは知る時間はないと思うので、あとは本番に向けてゆっくりと体を休めようと思っています。

諏訪湖で私を見かけた方はどうぞお声かけ下さい!
by hikari-kozuki | 2007-10-22 12:46 | Others | Comments(0)
ご無沙汰していました。
本当にお久しぶりです。
9月末から10月にかけて、出張が3回続いてしまったことなど、業務が超多忙でなかなか投稿できませんでした。これからはしばらく日本にいますので、投稿させて頂きます。

さて私と言えば、まず禁煙はもちろん続いています。
もう半年をクリアしましたので、立派なノンスモーカーの仲間入りできたと思います。そして、よくタバコを止めたら太らない?って聞かれますが、私の場合には、昨年の健康診断時よりも6kgも痩せていました。

それからシンイチロウさんからの質問にもありましたが、諏訪湖ハーフマラソン、もちろんエントリーしていますよ!8月に諏訪市文化会館で"ミラノ・クラシカ・アンサンブル”のコンサートでMCをした際に、観客の皆様にも10月に帰ってきます!と宣言してしまいましたから(笑)。
昨日、松山のマラソンの師匠N居田氏からの助言どおりLSDをやり、時速8.5kmで100分間走りましたが、大丈夫そうなので、今週末は更に距離を伸ばして20kmまで挑戦してみたいと思っています。

12月に来日するわがミランはスクデットでもCLでもやや不調のようですが、先週のLazio戦の大爆発がきっときっかけになってくれると信じています。
by hikari-kozuki | 2007-10-15 22:25 | Others | Comments(2)






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム