エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
巨星墜つ。
オペラ界最大のスーパースター、ルチアーノ・パヴァロッティが先週の木曜日の6日、71歳の若さで逝去されました。
私のところへも多くの方から様々な連絡がありましたが、改めて彼の偉大さを知ったところです。緊急手記を”男の隠れ家 大人の男のためのオペラ入門塾”に掲載しておりますので、もしご興味のある方は、ぜひこのページ右にある”リンク”からアクセスしてみてください。
by hikari-kozuki | 2007-09-10 12:32 | Opera | Comments(3)
6月27日~28日
*6月27日(水)は、私にとって記念すべき日となりました。それは何かというと、生まれて初めて歌舞伎を見たのです。
渋谷の東急文化村でやっているコクーン歌舞伎というものです。演目は、”三人吉三(さんにんきちざ)で、黙阿弥が描く幕末の江戸の市井を描いた作品。素人の私にも充分に楽しむことが出来る作品で、初歌舞伎としては最適だったのかも知れません。中村勘三郎を始めオールスター総出演で、素晴らしいエンターテイメントでした。歌舞伎とオペラとの共通点もかなりあり、すっかり歌舞伎にはまってしまうかも知れません。
後日報告することになるでしょうが、先週は歌舞伎座デビューも果たしました。

*6月27日(木)は、諏訪湖ホテル恒例のロビーコンサート。
当夜は、フランスの巨匠、ジェラール・プーレのヴァイオリンリサイタルでした。プーレは指揮者兼名ヴァイオリニストとして知られるガストン・プーレの息子で、1956年のパガニーニ国際コンクールで第1位を取り、素晴らしい演奏活動を続けてきました。また、永年に渡りパリ音楽院の教授として多くの逸材を輩出するなど、偉大な教育者としても知られています。2005年から芸大の客員教授に就任し、現在は日本に住んでいます。
当日の演目は、プーランクのヴァイオリンソナタ、ドビュッシーのヴァイオリンソナタ、フランクのヴェイオリンソナタというフランス音楽の夕べというもの。彼のヴァイオリンは一言で言うと、洒脱で味のある音色、まさにパリの匂いを感じさせてくれます。もちろん確かなテクニックに裏打ちされた技術もさすがでした。ピアノ伴奏は川島余理でしたが、彼女のピアノも素晴らしいもので、ぜひソロも聞いてみたいピアニストです。
by hikari-kozuki | 2007-09-04 10:34 | Concert | Comments(0)
6月21日~22日
本当に6月は毎日のようにコンサートにでかけていたようです。
早く現在に追いつきたいです。

*6月21日(木)は、横浜みなとみらい小ホールで”イタリア人の愛するカンツォーネ”
日頃から大変お世話になっているイタリア人ピアニストのエンツォ・ディアマリオ氏、このブログでも何度か触れたことのある日本のカンツォーネ歌手として第1人者の松本淳子さん、さらにルージ・デ・シモーナ氏、さらにはソールシンガー近藤将大氏というヴァラエティーに富んだ顔ぶれ。しかし、実力派ばかりなのでなかなか楽しいステージとなりました。
将大氏は、カンツォーネは初挑戦ということで、もちろん発音的にはまだまだの部分もありましたが、雰囲気は持っている方で、今後、ぜひこの分野も頑張って欲しいものです。
また、松本淳子さんは相変わらず素晴らしい歌唱力を見せてくださいました。

*6月22日(金)は紀尾井ホールで”ロイヤルチェンバーオーケストラ第64回定期演奏会”
この日のRCOのプログラムは非常に盛りだくさんで、。モーツァルトが本当に子どものころだった交響曲第4番とその包み紙に冒頭の部分が書かれていた交響曲ヘ長調、そして、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番、バッハのコーヒーカンタータ、更にはモーツァルトの交響曲第33番というもの。
ベートーヴェンの2番を弾いた諸戸詩乃ちゃんは、1993年生まれの子供ですが、現在ウィーンへ留学中のエリート少女。タッチも明るくはっきりと音楽性が伝わってくる演奏で、将来性が豊かで楽しみです。
コーヒーカンタータはソプラノの片岡敬さん、テノールの湯川晃氏、バリトンの安藤常光氏というメンバーで、3人とも達者な掛け合いをみせてくれました。
なお、このコンサートのプログラムの曲目解説は、私が書きました。
by hikari-kozuki | 2007-09-03 20:21 | Concert | Comments(0)






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム