エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
新国立劇場のオペレッタ”こうもり”
新国のオペラ(オペレッタ)としては今シーズン最後の演目”こうもり”(新演出)の千秋楽を6月28日(水)に見て来ました。2006年はモーツァルトイヤーだ!と言いながら、実は芸術監督のノヴォラツスキーが今シーズンで1番気合を入れてキャスティングを組んだと思われるほどの豪華キャスト。ウィーン出身者やウィーン国立歌劇場で活躍中の歌手で固められ、日本人として出演するのもウィーン在住の中島彰子と水口聡という、まさにチーム・ウィーン。ノヴォツラスキーの面目躍如というところでしょうが、さすがに歌手たちの息も良く合っていました。

まずこの新演出はウィーン宮廷歌手の称号を持ち、キャラクター・テノールをやらせたら世界でも並ぶもののないハインツ・ツェドニクによるもの。ましてやウィーンの”こうもり”というと実に4役ものレパートリーを誇り絶対に外せないツェドニクですが、遂に演出家としてもデビューをすることになりました。このオペラを隅から隅まで知り尽くし、歌手たちの気持ちも良く分かるツェドニクのことですから前衛とはほど遠く、美しく良く練られている舞台ながら、実にオーソドックスな舞台でした。 
指揮はウィーンフィルのヴァイオリン出身で、特にヨハン・シュトラウスものには定評のあるヨハネス・ヴィルトナー。さすがにウィンナーワルツの血が流れるメンバーで構成されるウィーンのオケではないので、やりたい放題、という感じではなく割りとおとなしめの棒だったようです。

さてまず主役のアイゼンシュタインは、バリトンのヴォルフガング・ブレンデル、彼も同じくウィーン宮廷歌手の称号を持ちます。モーツァルト、ワグナーなどのドイツもの、ヴェルディなどのイタリアものなど幅広いレパートリーを持ち、世界中の一流歌劇場でキャリアを積み重ねてきましたが、シリアスな役でもブッファな役でも上手く、当夜も抜群の存在感を示していました。
ロザリンデのソプラノ、ナンシー・グスタフソンもかなりのビッグネームですが、あまり調子が良くなかったのかあまり声が響いて来ず、高音のヴィヴラートもかかり過ぎの感がありました。さすがに2幕の”チャルダッシュ”は良かったですが、彼女の実力はあんなものではないと思うのですが...。
刑務所長のフランクは、ロシアのバリトン、セルゲイ・レイフェルクス。ロシアものにとどまらず、幅広いレパートリーに味のある表現力を示してくれます。ただ、私はイアーゴ、スカルピアなど、悪役のイメージが強いので、まさかブッファの役がこんなに上手いとは驚きました。さすが世界で通用する歌手は、懐が広いというところなのでしょう。
オルロフスキーは、メッツォ・ソプラノのエレナ・ツィトコーワ。私にとって彼女が1番のサプライズでした。新国でも何度も登場している歌手ですが、あまり印象に残っていませんでした。しかし、良く鳴る美声は他の歌手たちを圧倒するほど良く、2幕は彼女の独壇場という感じでした。
アルフレードはテノールの水口聡。このブログでも何度も触れてきたように私の友人(先輩)ですが、スピント系の役がメインですし、能天気な色男役は合っていないと思っていましたが、意外なほど良く、新しい一面を見せてもらいました。
ファルケのポール・アルミン・エーデルマンやフロッシュのハンス・クレマーは可もなく不可もなくというところですが、演技はさすがに上手く、場を引き締めていました。
アデーレの中島彰子は、フォルクスオパーで絶大なる人気を誇っているだけに、このアデーレ役は素晴らしく、演技力だけでなく、3幕の難しいアリアも抜群のテクニックで聞かせてくれました。
チーム・ウィーンではなかったのはブリント博士のテノール、高橋淳とイーダのソプラノ中村恵理の2人だけ。しかし2人ともビッグネームや大御所たちに一歩も引くことなく健闘していました。
by hikari-kozuki | 2006-06-29 21:24 | Comments(0)
帰国しました。
先週の月曜日(19日)よりオーストリアへ行っており、昨日帰ってきました。
また明日から更新をしていきたいと思います。そういえばボローニャのこと等もまだ書いていませんでした。
by hikari-kozuki | 2006-06-28 12:19 | Comments(0)
19世紀末イタリアサロン音楽の夕べ
6月8日(木)は、東京のイタリア文化会館でただひとつの魂をさがして~19世紀末イタリアのサロン音楽の夕べ~というコンサートへ行ってきました。
このコンサートはイタリア文化会館の主催で、テノールの榛葉昌寛氏が歌曲を歌い、チェロのピエルルイジ・ルッジェーロ、ピアノのグイド・ガルテーリオが伴奏をするというスタイルのコンサートでした。

19世紀末のイタリア音楽というと、ヴェルディの晩年にあたり、プッチーニが世の中に出始めた頃で、マスカーニ、レオンカヴァッロ等のヴェリズモ音楽も全盛期という時代です。要するに当時のイタリア音楽と言うとオペラ、という時代で、しかもイタリア統一(1861年)のリソルジメントの機運が醒めるてくると自然主義が台頭してきました。

しかしながら、珠玉のような美しいイタリア歌曲も多く、「フニクリ・フニクラ」等で有名なデンツァ、イタリアの歌曲王トスティなどが数多くの名曲を残しています。榛葉昌寛氏らはこのあたりの曲にスポットを当て、ヴォーカル、チェロ、ピアノというトリオでイタリアでも演奏活動をしているのです。更に当夜はデンツァ、トスティよりももう少し古い世代のピアッティ、プリガ、ピンスーティらの作品もピックアップしてプログラムを作りました。

さて榛葉氏はミラノ在住のテノール歌手です。芸大を卒業後、藤原歌劇団を経て、ミラノのヴェルディ音楽院へ留学、卒業後もミラノへ残り、イタリア各地の歌劇場でオペラに出演するかたわら、リサイタルや各種コンサートにも活躍中です。声質は透明感のある美しいレッジェーロで、自然なイタリア語も日本人とは思えないほど滑らかです。
当夜はイタリア人を2人を従えてのコンサートでしたが、曲と曲の間のトークもとても楽しく、盛んに聴衆を笑わせていました。

今年の冬にこの3人によるCDが発売されるそうなので、楽しみです。
by hikari-kozuki | 2006-06-14 14:13 | Comments(2)
岩城先生ご逝去
偉大なる我らがマエストロ、岩城宏之氏が昨夜未明、ご逝去されました。
その功績は今更私が言うまでもなく、日本の指揮者の中でも突出したものがあります。
岩城先生には、恐れ多くも六本木男声合唱団倶楽部終身名誉指揮者として、最後の最後まで熱く指揮をして頂きました。
心よりご冥福をお祈りしたいと思います。
by hikari-kozuki | 2006-06-13 19:43 | Comments(4)
西山恵子ソプラノリサイタル
先週は、演奏会ばjかりだったので、書かなければならないと思っている演奏会が4つも溜まってしまいました。しかし毎日バタバタと忙しく、焦ってばかりでブログもなかなかアップできない状況が続いています。ともあれ、1つずつ順番に書いていきましょう。

まず西山恵子ソプラノリサイタルから。この演奏会は6月5日(月)に紀尾井ホールで行われましたが、スペシャルゲストにブルーノ・プラティコという豪華なコンサートとなりました。

このコンサートに行かれた方はご存知かと思いますが、当日配布されたプログラムの見開き2ページに渡って、私がTicket Classicの6月号で書いた原稿がほぼそのまま掲載されていました。西山恵子さんが私の文章をとても気に入って下さったので、私も転用を快諾したのです。

さてコンサートは、ロッシーニを中心に、ドニゼッティ、モーツァルトなどのアリアを2人が交互に歌って行き、最後に3曲続けてソプラノとバリトンの2重唱を歌うというプログラムでした。
西山さんは、故疋田生次郎先生のお弟子さんということで、いかにも疋田先生門下らしく、声を曲げて後ろから廻すということより、当てて響かせるるということに重点を置いた発声で、”ああ、疋田先生のお弟子さんだ!”と一声で分かる声でした。私も疋田先生には生前大変お世話になった1人なので、嬉しかった懐かしかったり、という感じでした。当夜はかなりの難曲も歌いましたが、フォームがしっかりしているので、声がブレたり疲れたりということもなく、安心して聞けるソプラノでした。

一方プラティコは、現在ボローニャ歌劇場の”連隊の娘”で来日中ですが、世界トップのバッソ・ブッフォです。エンツォ・ダーラの後継者と言われていますが、当日も抜群の歌唱力、演技力で観客を魅了し、大いに笑わせてくれました。彼の声は普通のバリトンのように聞かせるために喉を鳴らして、という発声ではなく、常に浅いポジションながら良く響く美声で流れるように歌うというものです。そして最大の特徴はやはり早口のパッセージでしょうが、これはもう決して普通の歌手には真似の出来ない孤高の名人技の域に達しています。

ともかく当夜の2人は観客の心をがっちり掴み、最初から最後まで楽しませてくれました。
by hikari-kozuki | 2006-06-13 17:40 | Comments(0)
渡辺一世ピアノリサイタル
一昨日、イタリアより帰国しました。
不思議なことに日本ではクシャミもほとんど出ません。

唐突に渡辺一世ピアノ・リサイタルと書きましたが、これはイタリアへ出発する前夜、5月25日(木)に弓町本郷教会で行われたコンサートです。
タイトルは”祈りのバッハvol.2”ということで、2005年春の教会の演奏会に続く、バッハ・シリーズの演奏会です。がしかし、普通の演奏会が堅苦しい大嫌いな渡辺氏のこと、どんなものになるのか、と期待していましたが、やはりやってくれました。
バッハのオリジナルの曲はだたの1曲もなく、すべてのプログラムがバッハの曲を後世の作曲家たちが編曲したものなのです。もちろんいつもの通り1曲ずつ説明をしながら。

まず最初の演目がふるっています。
名曲”音楽の捧げ物(BWV1079)”からベートーヴェンの幼少時の編曲というもので、楽譜をどこで入手したものでしょうか。
次は”2声のインヴェンション”。ピアノを習った人であれば誰しも通った道でしょうが、数多くの作曲家が編曲を残していて、それを各作曲家の装飾音符の特徴を際立たせて1つ1つ分かりやすく解説してくれました。
そして1部の最後は”イタリア協奏曲(BWV971)”のブゾーニ版のコンサート用の編曲でしたが、全楽章を見事に弾いて、この曲が1番普通の演奏会らしかったでしょうか。

休憩を挟んで第2部はいきなり左手のための大曲が2つ。
”プレリュードト長調(BWV1007)”はチェロのための曲をゴドフスキーが編曲したもの。そして”シャコンヌニ単調(BWV1004)”はブラームスがクララ・シューマンのために無伴奏のヴァイオリン・パルティータを編曲したという名曲です。この曲は、渡辺氏のCD(円熟のバッハ)にも収録されている曲ですが、とても片手で演奏しているとは思えないような重厚な表現力と多彩な音の輝きで、古典の素晴らしさを再認識させてくれる演奏でした。
いずれにしても、左手のための曲を1部と2部に分けず、2曲続けて弾くというのは本人の挑戦なのでしょうが、まったく疲れを感じさせず簡単に弾ききってしまいました。
最後は”プレリュードとガボットホ長調(BWV1006)”のラフマニノフのコンサート用ピアノ編曲で、渡辺氏が最も得意としているバッハとロシア物、ということで、見事な演奏でした。

ぜひまた行ってみたくなる素晴らしいピアニストです。
by hikari-kozuki | 2006-06-05 17:35 | Comments(0)
イタリアにて5
今日もミラノは晴れています。ただ気温はやや低めで涼しいくらいです。昨夜は、スカラ座で『ナクソス島のアリアドネ』の初日を見ました。公演のレベルは高かったのですが、残念ながら、客席はあまり盛り上がっていませんでした。やはりシュトラウスはちょっと難しいのでしょうね。詳細はまた後日に。
by hikari-kozuki | 2006-06-02 19:57 | Comments(2)
イタリアにて4
昨夜はヴェネツィアのマリーナ・ミリターレ教会というところで、コンサートがありました。日本から、ソプラノの松本淳子さん、テノールの高野二郎さん、ピアニストのエンツォ・ディアマリオさんが行き、現地の歌手、ヴァイオリン、アコーディオン、ギターなど加わり、素晴らしい舞台なりました。まず、松本さんはナポリターナの歌手として日本でも有名な方ですが、カンツォーネなどナポリの歌を中心に歌ってくれました。イタリア、特にナポリの心が伝わる歌で、イタリア人以上にイタリア人らしい熱い歌唱でした。高野二郎さんは、新国、二期会などでもお馴染みのテノールですが、ドイツものが中心のテノールという印象が強いと思います。しかし当夜は、カンツォーネを中心にほとんどイタリア語の歌で、オペラのアリアも「愛の妙薬」の人知れぬ涙、「トゥーランドット」のイナバウアー、いえ、誰も寝てはならぬ!の2曲を歌ってくれました。更にはフルートの演奏やカウンターテノールまで聞かせてくれたのです。
さてミラノに着いてしまいましたので、詳細はまた後日に。
これから市内観光ですが、もちろんダビンチコードで話題沸騰のサンタ・マリア・デッレ・グラーツィエ教会の最後の晩餐も見に行きます。
by hikari-kozuki | 2006-06-01 19:33 | Comments(2)
イタリアにて3
一昨日はフィレンツェで嵐。昨日、今日はヴェネツィアで快晴ですが、気温はかなり低く、今朝は8℃しかありませんてした。しかし、天気が良くて寒いので、遠くアルプスの山々がきれいに見えます。
今は、ミラノへ向かって、西に移動中です。
by hikari-kozuki | 2006-06-01 16:57 | Comments(0)






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム