エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
<   2006年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
第1回高松国際ピアノコンクール その3
お待たせ致しました、続きです。

さてトップバッターの王超君の課題曲「屋島」の演奏で、いよいよファイナルが始まりました。私も「屋島」を聞いたのは初めてでしたが、予め審査員、審議員には楽譜が配られていたので、曲のイメージは出来ていました。しかし実際に聞いてみると、和音など現代曲風でも、なかなかメロディーラインが美しく、瀬戸内海の輝く波の様子が浮かぶようなきれいな曲でした。この曲は、昨年末に青山氏が書き上げて、今年の1月30日に予備審査通過者全員に楽譜を送ったものなので、予選通過者63名全員が弾きこんだことでしょう。ファイナリストの6人は、全員が完璧に暗譜をして、ほとんどミスタッチもなく弾いていました。たった1ヶ月の間に10分弱の曲をこれだけ弾きこなすようになったことは本当に驚きです。これだけ第1回高松国際ピアノコンクールに力を入れてくれたという証明なので、主催者としてはこれだけでも大成功と胸を張っていえることでしょう。

さて王君に戻りますが、彼は弱冠16歳の若者で、何と1990年1月生まれなのです。コンクール終了後の表彰式でお母さんらしき人が客席から一生懸命写真を撮っていましたが、とてもお若くて、どうみても30歳そこそこにしか見えませんでした。なお、彼は顔立ちも幼いので本当に子供に見えますが、体はがっちりとしてかなり大柄です。現在、北京の中央音楽学員で勉強中ですが、順調に伸びていけば将来はかなり有望でしょう。最近は、ランランを始め、優秀な中国人ピアニストが台頭しており、種々の国際ピアノコンクールを席捲しています。

前置きが長くなりましたが、王君のショパンのピアノ協奏曲第2番が始まりました。とても緊張していたようで、1楽章の第1主題のころは少し硬さが取れていないような印象もありましたが、ドンドン良くなって行き、2楽章、3楽章などは素晴らしい演奏でした。
ショパンのポーランド時代のこの曲は、若々しい情緒に満ち溢れた傑作で、私も大好きな曲です。2楽章など素晴らしい演奏に当たると涙がこぼれそうになります。実は審査員の1人が個人的に、「彼はショパンが全く分かっていない、、強弱も逆だ!」と言っていましたが、私はまったくそうは思わず、ショパンらしい甘く切ない美しい旋律をロマンチックを表現したとても良い演奏だったと思います。別の審査員でポーランド人のピアニスト、ピオトル・パレチニ氏はショパンコンクールやチャイコフスキーコンクールの審査員を務めるほどのビッグネームですが、彼は王君の演奏に感心していたらしいです。いずれにしても、素晴らしい演奏後、王君は万雷の拍手に包まれようやくニッコリと微笑んでいました。

私の中では3次予選にはなかったような高得点を付け、優勝は王君で決まりかな、とも思いました。そのあとのピアニストたちが凄いことになっているとは知らずに...。

<続く>
by hikari-kozuki | 2006-03-31 15:11 | Comments(1)
第1回高松国際ピアノコンクール その2
さて本選は26日(日)高松駅前にあるサンポートホール高松で行われました。一昨年の5月にに完成したばかりの近代的なホールで約1,500名を収容し、音響もとても良く素晴らしいコンサートホールです。このコンクールの特徴の1つですが、3次予選や本選だけでなく、1次予選や2次予選などもすべてこのコンサートホールで行われましたので、全ての参加者が。

本選の演奏は、本コンクールの委嘱作品で「屋島」という10分弱の小品を全員が弾かなけれなりません。この作品は今年の3月に桐朋音大の作曲を卒業したばかりの青山政憲氏という若手作曲家のもので、波が満ちたり干いたりする様が表現されている美しい書き下ろしの作品です。
そして、ショパン、ラフマニノフ、サン=サーンス、チャイコフスキー、リスト、シューマン、プロコフィエフ、グリーグらのピアノ協奏曲から1曲を選び、全楽章を演奏します。3次予選が古典派だったのに対して、本選はロマン派ということになるのです。

ちなみにピアノは主催者が用意した4つのメーカー(ヤマハ、カワイ、スタインウェイ、ベーゼンドルファー)の中から好きなものを選んで弾いていいのですが、どのピアノを選ぶかでもかなりのドラマがあったようです。自分が普段弾きなれているものが良いのか、曲目によって換えた方が良いのか、鳴りを選ぶかタッチを選ぶかとか、そのようなことがいろいろありました。

審査は10時から始まりましたが、演奏順は以下の通りでした。
王超(オー・チョウ) 中国 16歳 演目:ショパンのピアノ協奏曲第2番
岡本麻子(オカモト アサコ)日本 28歳 演目:ラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲 
Stanislav KHRISTENKO ロシア 21歳 演目:ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番
Sofya GULYAK ロシア 26歳 演目:ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番
Pavel GINTOV ウクライナ 22歳 演目:リストのピアノ協奏曲第2番
胡志龍(コ・シリュウ) 台湾 30歳 演目:チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番

奇しくも選んだ作品が全て異なってしまい、マエストロとオーケストラはさぞ大変だったことと思いますが、お客さんにとってはきっと最高だったことでしょう。
客席は満席でしたが、それもそのはずで、審査員、審議員のために2階席中央部分を約200席潰してしまっているため、実質1,300席しかないのです。

さて、いよいよ1番バッターの王君が登場して、....
残念ながら時間がなくなってしまいましたので今日はここまでで、また明日にします。
by hikari-kozuki | 2006-03-29 13:37 | Comments(3)
第1回高松国際ピアノコンクール
携帯から投稿しましたが、23日夜から27日の朝まで高松にいました。審議員として3次予選と本選に参加していたのです。第2回の投稿は何故か失敗してしまっていたようで大変失礼を致しました。

さてコンクールですが、まずは大変レヴェルが高いことに驚きました。このことは他の審査員、審議員の先生方も口を揃えておっしゃっていました。第1回にもかかわらずこれだけの逸材が集結したというのは単に賞金の多寡ではなく、副賞のヨーロッパの一流オーケストラとの協演が大きかったのではないでしょうか。日本国内の国際ピアノコンクールとしては、浜松、そして仙台などが有名ですが、レヴェル的には決して劣っていなかったと思います。第1回が大成功に終わり、4年後の第2回が本当に楽しみです。

今回のこのコンクールには306人の応募があり、テープ審査で絞り込まれた63人が凌ぎを削りました。まず第1次審査で25人になり、そして第2次審査で12人の精鋭が残ったのです。
私はこの12人の演奏から聞いたのですが、課題曲はモーツァルトのピアノコンチェルト12、13、20、21、23番、ベートーヴェンの1、2、3番から1曲を選び、その1楽章だけをオーケストラと協演するというものでした。要するに古典派のピアノコンチェルトが課題曲だったわけです。1次、2次はピアノ曲のソロ演奏だったため、コンチェルトの経験が薄い人は厳しかったかも知れません。また、私は聞いていないので分かりませんが、1次、2次でロマン派や近現代の作品が抜群に上手かった人が、3次ではさっぱりという人もいたようで、いろいろなジャンルの作品を弾かせるというのは真の実力を知るには良かったのだと思います。

さて3次予選です。内訳は日本人が4人、ロシア人が3人、あとはウクライナ、カナダ、ポーランド、中国、台湾人が各1人ずつというなかなかヴァラエティーに富んだものでした。そしてそのうち男性は9人、女性は3人でした。年齢的には最年少の中国の王君が16歳、最年長は台湾の胡氏で30歳。なおこれもこのコンクールの特徴の1つかと思いますが、年齢制限が”1966年1月1日以降の出生”というもので、要するに30代であればOKなのです。ここまで年齢制限が緩やかなコンクールは珍しいと思いますし、実際に最年長は39歳のイタリア人がいました。

弾く順番は、2次エントリーの順序をまったくひっくり返したものですが、1番、2番、3番と順を追うごとに演奏が良くなって行き、最後から2番目(11番目)のパヴェル・ギントフ氏などは、音自体が光り輝き、聞いたこともないような素晴らしいモーツァルトの20番で、本気で2楽章、3楽章を聞きたいと思いました。ちなみに彼はウクライナ人の22歳でした。

12人から本選に残るのはたったの6人です。
そして審査の結果、ロシア人2人、前述の王君と胡氏、同じく前述のパヴェル氏、それから唯一日本人で残った岡本麻子さんというメンバーでした。
私の予想では4名は順当でしたが、2名はちょっと意外な感じがしました。まあ、それだけ激戦だったということで、実際に誰は残ってもおかしくない状況ではありました。

それでは本選の模様はまた明日。
by hikari-kozuki | 2006-03-28 18:23 | Comments(0)
高松にて3
第1回高松国際ピアノコンクールは、大成功に終わりました。これから朝一番の飛行機で東京に帰ります。詳細はまた後日改めて報告します。
by hikari-kozuki | 2006-03-27 07:31 | Comments(0)
高松にて
今日のJALの最終便で高松へやって来ました。今、空港から市内へ向かっています。第1回高松国際ピアノコンクールの審議員として、明日の3次予選から参加します。明日から3日間は、高松から投稿しますので、お楽しみに。
by hikari-kozuki | 2006-03-23 21:05 | Comments(0)
MET”運命の力” 歌手編
さて、METの”運命の力”の続き、歌手編です。

まずはレオノーラ役、ソプラノのデボラ・ヴォイトから。ことシュトラウスやワグナーに関しては他の追従を許さない実力者で、声だけではなく表現力も素晴らしいものがあります。この役はアクートだけなく中音域の強い声も要求されるので、彼女にはピッタリかも知れません。しかし、昨年7月にバイエルン国立歌劇場で見たヴィオレタ・ウルマーナに比べるとちょっと落ちるでしょうか(詳しくはこのブログの2005年8月1日のコラムを見て下さい)。具体的にどこかと言いますと、1番顕著なのは中音域のヴィヴラートでしょうか。ヴォイトの場合、少し中音域を押し気味でヴィヴラートが掛かりすぎの感じがあるのです。一方、ウルマーナは、これぞベルカントという感じで無理なく力の抜けた美声でした。このあたり、やはりドイツものがメインのヴォイトですので、仕方のないところかも知れません。トータル的には十分に素晴らしいレオノーラではありました。

次にドン・アルヴァーロ役、テノールのサルヴァトーレ・リチートラ。METでは、例のシーズン最後の演目「トスカ」のパヴァロッティ、ドタキャン事件で急遽ヨーロッパから呼ばれ大成功を収めた事件以来、とても人気があります。確かに世界にも数少ないテノーレ・スピントの声を持っていますので、METだけでなく、ミラノ、ロンドン、ウィーン等でも引っ張りだこになっています。しかし、このアルヴァーロ役はテノーレ・ドラマティコの超難役で、モナコのような卓越した声と表現力を持っていないとどうしても不満が残ってしまいます。リチートラの場合、どこも破綻することなく無難には歌いますし、時折美声も聞かせてくれますが、ただ歌っているだけで精一杯というのが明らかなのです。表現力となると残念ながらとても一流歌劇場で歌う器ではありません。特に技量が落ちると思われるのは、pやSotto Voceの箇所で、本当に下手にしか聞こえませんし、イタリア語も何を言っているか良く分かりません。彼の歌は何度も何度も聞いていますが、彼の師匠カルロ・ベルゴンツィが言うように本当に譜面を読む力がないのだと思います。ただし、まだまだ30代ですので、早く一皮も二皮も剥けて欲しいものです。

次にドン・カルロ役、バリトンのマーク・デラヴァン。前述のバイエルンの時も彼でした。印象的にはまったく同じでやや舌根が硬く奥にこもるような声でおせじにも美声とは言えず、ブレッシングも決して長いとは言えません。しかし、アクートの強さは相変わらず。アリアや2重唱で、楽譜にはないAやBの音に何度も上げていました。例えばレオ・ヌッチなどに比べると、とてもヴェルディ・バリトンとは呼べません。とてもバイエルンやMETで同役をやるような技量とは思えませんが、彼が引っ張りだこになっているということは、よほどバリトン界に人材が払拭しているか、彼のエージェントが超豪腕なのかどちらかなのでしょう。

プレツィオシッラ役はメッツォのイルディコ・コムロージ。最近、良く名前を聞くハンガリー人のメッツォです。この役はストーリーにはあまり関係なく、ラタプランと戦争賛歌の2曲を歌うだけ、という役どころですが、それだけに声が良く、しっかり聞かせてくれる歌手が必要になります。このコムロージは決して悪くはありませんが、やや線が細く声が小さいため、他の人や合唱との絡みになると、声が聞こえづらくなってしまいます。歌自体はなかなか上手いと思います。

グアルディアーノ神父役はバスのサミエル・レイミー。これもなかなか難しい役ですが、力のある深い声と歌唱力はさすがで、この夜、1番の存在感を示していました。

メリトーネ役は、バリトンのファン・ポンス。この役もあまりストーリー展開とは関係のないブッファに近い役で、演技力も求められます。しかし現代最高のファルスタッフ歌いとも言われるポンスにとっては、まさに得意の役で、演技とともに輝くアクートと聞かせてくれました。

レオノーレの父親、カラトラーヴァ侯爵は、ジョン・チーク。METではお馴染みのバス、バス・バリトンで、黒鳴りのする声はとても1幕だけはもったいないところです。「ドン・ジョヴァンニ」の騎士長のように復活してもらいたいと思いました。

まあここまでが重要な役といえるでしょうか。その他で印象に残ったのは、村長役のバス、アンドリュー・ガンゲシュタット。深い声のバスではなく、明るめの声ですが、とても良く鳴っていて、出番は少ないながら印象に残りました。顔立ちはちょっと東洋系の感じです。


いろいろと言いましたが、全体的には良くまとまっていてまずまずの公演だったと思います。大きな穴がなく高水準の公演のはやはり一流歌劇場の実力なのでしょう。ノセダの指揮とMET管弦楽団は本当に良かっと思います。

写真はMETの正面の外観です。
b0047854_15584065.jpg

by hikari-kozuki | 2006-03-23 16:05 | Comments(0)
運命の力
今日は”運命の力”のレポートを。
3月11日(土)13:30開演のマチネでしたが、チケットは完売で、私はラッキーにもボックスオフィスにたまたま帰ってきたチケットをタイミング良く買うことが出来ました。
キャストは次の通り、なかなか豪華なメンバーでした。

指揮:ジャナンドレア・ノセダ
演出:ジャンカルロ・デル・モナコ

レオノーラ:デボラ・ヴォイト
ドン・アルヴァーロ:サルヴァトーレ・リチートラ
ドン・カルロ:マーク・デラヴァン
プレツィオシッラ:イルディコ・コムロージ
グアルディアーノ神父:サミュエル・レイミー
フラ・メリトーネ:ファン・ポンス
カラトラーヴァ公爵:ジョン・チーク
アルカーデ(村長):アンドリュー・ガンゲシュタット
トラブーコ:トニースティーヴンソン
クーラ:エディタ・クルツァーク

まず演出のジャンカルロ・デル・モナコ。説明するまでもなく、偉大なる黄金のトランペット、マリオ・デル・モナコの息子です。この舞台は1996年の再演ですが、各場面場面すべて舞台を転換し、壮麗で重厚な、いかにも彼らしい正統派で豪華な舞台。奇を衒うことなく、置き換えなど一切なく、時代考証に忠実ないかにもMETのファン達が好きな舞台のようです。特に感動的だったのは2幕2場の修道院のシーン。グアルディアーノとレオノーラの2重唱に続きメリトーリの絡みの後、修道院の中の祈りのシーン。門が左右に取り払われると大きな修道院の内部が現れ、祈りのシーンとなります。ここの舞台転換がスムーズで現れた教会の中が美しく、また音楽的にもレオノーラのアリアと祈りと合唱が舞台にピッタリで、とても感動しました。(先日のブログの通り、残念ながら最後の方の音は聞こえませんでしたが....泣)

指揮は日本でもお馴染みのジャナンドレア・ノセダ。ゲルギエフの1番弟子としてマリンスキー劇場その他で大活躍中です。当日も1番拍手が多かったのはこの人かも知れません。まずはヴェルディのオーケストラの曲の中でも最も有名な序曲ですが、素晴らしい緊張感の中に各テーマの旋律が絡み合い、見事に1つの曲として仕上げてくれました。特にこの曲は第1ヴァイオリンの速いパッセージをキレイな1本の線として揃えるのがとても難しく、マエストロとオケのメンバーの技量がはっきり出てしまいます。もちろんメトロポリタン管弦楽団が抜群に上手いということもあるでしょうが、序曲の時点ですでにノセダには感心しきりでした。幕が開いてからも木管の引き立て方など繊細な音楽の処理も上手く、金管を鳴らすシーンではゲルギエフ張りのダイナミックな指揮でグイグイとオケと歌手陣を引っ張っていきました。
このミラノ出身の俊英は40歳になったばかりというのに頭頂部の関係で少々老けて見えますが、音楽的な完成度は非常に高く、今後の指揮界を背負っていく逸材というのは間違いないと思います。

<すっかり長くなってしまったので、歌手についてはまた後日>

下の写真は劇場内ボックスオフィスです。

b0047854_18232123.jpg

by hikari-kozuki | 2006-03-17 18:25 | Comments(3)
アメリカ・オペラ最新事情
20年ぶりくらいにメトロポリタン歌劇場でオペラを見ました。アメリカNo.1の劇場に相応しく、公演はとても良かったのですが、ヨーロッパの歌劇場の文化、風習の違いにただただ驚くばかりでした。ということで、主な違いについて列記してみます。あくまでも私の主観ですので、ご了承下さい。なお、ヨーロッパの劇場とは、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、ロンドン・コヴェントガーデン、パリ・ガルニエ、ミュンヘン・バイエルン国立歌劇場など、伝統と格式を誇る一流歌劇場をイメージして下さい。

*服装。私は日本から到着した日のソワレの公演にタキシードを着て行ったのですが、私の見た限りでは、タキシードのお客さんはただの1人も見かけませんでした。男性でスーツやジャケットにネクタイをしている人も半分弱と言う感じでしょうか?ジーンズにTシャツやセーターなんて人も多かったような気がします。女性もどうみても普段着にしか見えない人が多く、ワンポイントでスカーフだけ、なんて人が多くて驚きました。

*ほとんどの人がコートやジャンパーなどを自分の席まで持ち込んでいます。もちろん地下にクロークがあるのですが。休憩時にクロークの前を通りかかった時、中を見ましたが、ほとんどコートは掛かっていませんでした。

*ショップが充実していて1F横のショップの他、地下にも大きなショップがあって、幕間には多くのお客さんたちで賑わっていました。

*水を飲みの機械が幾つもあって、しかもご親切に使い捨ての紙コップまで用意してあるのです。バーのすぐ横にあったりするので、明らかに営業妨害になると思うのですが。

*当日のプログラムというものが販売されていません。その代わりに<Playbill>という無料のプログラムを配っているのです。このプログラムにキャストやストーリーなどが書かれております。ただ、だいぶ前に印刷してしまっているようで、突然のキャスト変更は、紙を挿しいれて対応していました。基本的には3月号としてどの公演でも同じプログラムのような形態なのですが、真ん中の16ページだけを公演ごとに差し替えて作成しています。これは素晴らしいシステムだと思います。

*幕のフィナーレやアリアの後の拍手が早すぎます。スカラ座以外は他の劇場でも似たり寄ったりの傾向はありますが、METはその中でも特に早いでしょう。「運命の力」では、2幕2場やフィナーレの4幕2番でまだまだオケが2、3小節残しているのに万雷の拍手が沸いてしまい、まったく聞こえなくなってしまいました。ただ、拍手をする場所自体は良く心得ていて、変なところで拍手が起こるというようなことはまったくありませんでした。

*上記と同様で席を立つのが早いです。カーテンが降りきってしまう前に拍手もまったくせずに席を立って帰ってしまう人も多く、あれでは出演者に失礼です。たまたま電車や飛行機の時間が迫っている人が多かったのかも知れませんが....。

*お客さんの笑いが多すぎます。例えば「運命の力」で言うと、ややブッファ役のメリトーネのシーンで少々の笑いが起きるのは理解出来ます。しかし、シリアスなシーンでもちょっと英語訳が面白かったりするとすぐに笑いが起きてしまいます。例えば、3幕1場の”鍵の2重唱”の後、自分(ドンカルロ)の探す宿敵が、友情を誓い合い大怪我をしてしまったアルヴァーロと分かった瞬間に、軍医が横を通り”彼は助かった!”と言うシーンで大爆笑が起きてしまうのです。少なくとも笑うシーンでは有り得ないと思うのですが。

*それ以外にも全体的にお客さんたちが盛り上がるシーンが多く、例えば幕が開いた時にセットが豪華だったらもうそれだけで大拍手となります。


良い意味では観客と出演者たちが一体になって盛り上がっているとも言えるのかも知れません。さすがにエンターテイメントの国というところでしょうか。お客さんも泣いて笑って楽しむミュージカルのような感覚なのかも知れません。文化の違いというのは面白いですね。

いずれにしても、マエストロ・ムーティがMETを振らない理由が良く分かりました。

b0047854_18532238.jpg

by hikari-kozuki | 2006-03-14 18:54 | Comments(5)
NYにて2
METで一昨日はグノーのロメオとジュリエットを。そして今日は、マチネでヴェルディの運命の力を見ました。公演は両方ともに良かったのですが、ヨーロッパのオペラハウスとの違いを再認識し、とても面白かったので、後日改めて報告します。それでは短い旅でしたが明日、日本へ帰ります。
by hikari-kozuki | 2006-03-12 09:23 | Comments(0)
NYにて
グラウンド・ゼロに行って来ました。大勢の人たちがきていてすっかり観光名所になっていました。悲劇の爪痕はまだまだ深く、貿易センタービルのあとにはまだ何も出来ておりません。このあとは公園になるようですが自分の心の中で惨劇を風化させないように、と誓って来ました。
by hikari-kozuki | 2006-03-11 09:36 | Comments(0)






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム