エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ミュンヘンのオペラハウス事情2
前回は州立か国立かという問題ばかりになってしまいました。
今日はもう少し具体的に劇場の話をしましょう。

厳密に言うと、実は、バイエルン国立歌劇場というのはあくまでオペラの団体であって、
劇場のことではありません。
メインの劇場はナツィオナル・テアター(Nationaltheater)といいますが、通常はこの劇場のことを指して、バイエルン国立歌劇場と言います。
この劇場は、1818年にバイエルン王国の宮廷歌劇場に建設されましたが、火事や第二次世界大戦の空襲で全焼、全壊してしまい、現在の劇場は1963年に再建されました。
ワグナーやR.シュトラウスの数々の作品を初演し、錚々たる指揮者が音楽監督を勤め、輝かしい歴史を誇ります。現在の劇場は2,100席で、平土間の上に1層のバルコン席(Balkon)、その上に3層のラング(Rang)、更にそのという1層のガレリエ(Galerie)という天井桟敷席、という壮麗な馬蹄形になっています。また、現在の音楽監督はズビン・メータが勤め、モーツァルト、ワグナー、R.シュトラウスの3人の作品をレパートリーの柱として、9月から7月31日までほぼ毎日公演が行われます。

また、バイエルン国立歌劇場はこのナツィオナル劇場の他に、2つの劇場を持っています。1つはクヴィリエ劇場(Cuvillies-Theater)というロココスタイル美しい劇場です。1753年以来の歴史を持ち、壮麗なロココ様式による美しいインテリアは見るだけでも十分に価値があるでしょう。1781年にモーツァルトの「イドメネオ」の初演が行われました。座席数は約500席です。
もう1つは、プリンツレゲンテン劇場(Prinzregententheater)で、バイロイト祝祭劇場を模して作られ、階段状の客席だけによるアンフィテアター様式による1,300席の劇場です。1901年に「ニュールンベルクのマイスタージンガー」でこけら落としがされました。

また、この劇場の他にもゲルトナープラッツ劇場(Staatstheater am Gartnerplatz)というオペレッタの拠点もあります。
他には、レジデンツ(王宮)内にあるなるヘラクレスザール。1,270席のホールで、バイエルン放送交響楽団の本拠地です。
また、ガスタイクという文化センターは、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地で、1985年に出来た近代的な建物です。全部で4つのホールを持つ巨大な複合施設ですが、その中のフィルハーモニーと呼ばれる1番大きなホールは、約2,400席の近代的なホールです。

いずれにしてもミュンヘンは、ベルリンと並んでドイツを代表する、いえヨーロッパを代表する音楽都市と言えるでしょう。
by hikari-kozuki | 2005-07-29 16:38 | Comments(0)
ミュンヘンのオペラハウス事情
ミュンヘン・オペラ・フェスティヴァルの「運命の力」について書こうと思いましたが、その前にちょっとミュンヘンの劇場について触れましょう。言うまでもなく、ミュンヘンはバイエルン州の州都で、日本では、ビール、1972年のオリンピック、BMWなどで有名でしょうか。

さて、私が良く聞かれる質問で、バイエルン国立歌劇場とバイエルン州立歌劇場というのは違う劇場ですか?というののがありますので、これについて簡単に説明します。クラシックに詳しい方は当然ご存知かと思いますが、同じ劇場です。
劇場名は、Bayerische Staatsoper。このStaatsというドイツ語が、「国家、国」という意味もあれば、「州」という意味もあるので、紛らわしいことになるのです。

最近の書物や文献では、バイエルン州立歌劇場という方が多いようですが、確かに国(ドイツ連邦)からはお金は出ず、州と市の助成金で運営していますので、こちらの方が実情には沿った言い方でしょう。
一方、今年の9月~10月にこのBayerische Staatsoperは来日公演を行いますが、この公演主催のNBSさんは、一貫してバイエルン国立歌劇場と言い続けています。オペラハウス側の希望なのか、昔からの録音等における名称を優先するためなのか、それとも別の理由なのでしょうか?

私は、常日頃、バイエルン国立歌劇場というようにしています。
その理由は、この劇場が出来た当時はドイツ連邦ではなく、あくまでバイエルン王国であったからです。だったらなぜバイエルン王立歌劇場といわないのか?というご意見もあるでしょうが、現在、バイエルン王国もなく王様もいないのに、王立歌劇場というのはあまりにおかしいです。それに現在でも正式にロイヤルという冠のつく劇場はいくつもあって、それとも区別する必要があると思われるからです。例えば、ロンドンのロイヤル・オペラ、通称コヴェント・ガーデン、コペンハーゲンの王立劇場、ストックホルムの王立歌劇場などが、正式な王立歌劇場です。
それにバイエルン州立というといかにも現代の劇場のような感じがしますが、バイエルン国立というと、この劇場を愛したルードヴィヒ2世の夢の跡が感じられるような気がしませんか?ルードヴィヒ2世はこの劇場にワグナーを招き、「トリスタンとイゾルデ」「ニュールンベルクのマイスタージンガー」「ラインの黄金」「ワルキューレ」を初演させました。
by hikari-kozuki | 2005-07-25 22:57 | Comments(0)
ウィーン国立歌劇場の「パルジファル」
6月30日はいよいよシーズン最後の日です。毎年、特別なキャストが集められ、華やかにシーズンを終了します。今年の演目に選ばれたのはワグナー最後の楽劇「パルジファル」。正確には楽劇ではなく、ワグナー自身は舞台神聖祝典劇と言っています。彼が自分で建てたバイロイト祝祭劇場の音響に合わせて書いた作品で、完成度は高いですが、とくに有名なアリアのようなものや見せ場も少なく、しかも休憩を含めると5時間を遥かに超えてしまいます。

当夜集合した歌手陣はタイトルロールのテノールに天下のプラシド・ドミンゴ、クンドリーにヴァルトラウト・マイアー、グルネマンツにフランツ・ヨーゼフ・ゼーリッヒという豪華な面々。アンフォルタスは予定ではトーマス・ハンプソンだったところが、ファルク・シュトルックマンに変わりましたが、彼の出来も素晴らしいもので、ハンプソンよりも良かったのでは、と言われるほど。ワグナーのスペシャリスト達が揃うと、このように素晴らしい舞台になるという証明のようなステージとなりました。そして、オケが優秀であることが、このオペラ成功の最大のポイントということを再認識しました。
特にドミンゴが、ウィーン国立歌劇場では最後のフルオペラへの出演となる、という噂が流れたため、ウィーンっこたちは、いやがおうにも盛り上がりました。またこのキャストでの公演は2回だけだったため、チケットは大変なプレミアチケットとなり、ブラックマーケットでは凄い金額で取引きがあったそうです。

このプロダクションは去年の4月にプレミエ上演されたもので、女流演出家クリスティーネ・ミーリッツによるもの。救済思想そのものを否定し、3幕フィナーレでグラールの聖杯は割られてしまうのです。彼女も物議を醸し出すのが得意ですが、当夜は千秋楽ということもあったのか、特にブーイングもなく、大喝采で幕となりました。

バイロイトの風習となっている1幕終了後の拍手の禁止も、ほんの数名の聴衆から拍手が起きましたが、すかさずうるさいワグネリアンたちから待ち構えていたように「シー!シー!」と警告を受けていたのが面白かったです。

来シーズンは、9月1日に「魔笛」で開幕します。
by hikari-kozuki | 2005-07-21 19:42 | Comments(0)
ウィーン国立歌劇場の「ウェルテル」
ウィーン国立歌劇場もいよいよシーズン終了が近づいた6月29日、マスネの代表作の1つ「ウェルテル」を見ました。このオペラは説明するまでもなく文豪ゲーテの「若きウェルテルの悩み」を原作としており、主人公の苦悩がストーリーの軸となります。
演出はアンドレイ・シェルバンというルーマニア人演出家で、演劇、ミュージカルなど多方面で活躍しています。このプロダクションは今年の2月にプレミエ公演されたものですが、時代設定を1950年台としています。舞台の中央に大木を置き、すべての話はその廻りで繰り広げられます。その大きな木で季節感を出すというアイディアは面白いと思いました。
1幕(7月)は青々とした葉が生い茂り、2幕(9月)は黄金色に色づいた美しい葉と落ち葉、3幕、4幕(12月)は、葉をすべて落としてしまった枯れ木、という具合です。

さてこのオペラは何といってもタイトルロールのテノールです。
当夜はウィーンでも絶大なる人気を誇るマルセロ・アルヴァレスでした。声の質的にはとても合っていると思うのですが、いかんせん体格が良すぎるため、とても女性に振られてしまって自殺をするナイーヴな詩人には見えません。(失礼!)今考えてもカレーラスなどはまさにピッタリでした。
しかし、歌の方はppからffまでムラがなく、ヴィブラートも心地よい甘い美声で、非常に高い次元で完成に近づいている感じでした。特に息の流れがエレガントで、その美しいフレージングは当代のテノールでは最高でしょう。
シャーロッテ役はラトビア人メッツォ・ソプラノのエリーナ・ガランチャ。ここ2、3年で急にスターの仲間入りをしようとしています。決して迫力のある、いわゆる強い声のメッツォではありませんが、なかなかの美声で、低音も押さえつけることなく、自然な発声は好感が持てます。
アルベール役のウィーン生まれのバリトン、アドリアン・エレードとソフィー役のルーマニア人ソプラノのイレアナ・トンカは可もなく不可もなくという感じでした。
指揮はフィリップ・ジョルダン。若干30歳ながら、ここ3、4年の活躍は目覚しく、世界の一流歌劇場を席捲しています。当夜もなかなか良かったです。このオペラはついつい叙情的に流れてしまいがちですが、感傷的な音楽の中にもキチンとメリハリがついていました。オケと歌手、合唱を指揮者が引っ張ってテンポを合わせる力も大したものです。もちろんオケピットが抜群に上手いことは言うまでもありませんが。
by hikari-kozuki | 2005-07-15 19:06 | Comments(5)
カップッチッリ死去
偉大なるヴェルディ・バリトン、ピエロ・カップッチッリがさる7月12日に生まれ故郷のトリエステで死去しました。1ヶ月くらいの闘病生活のあと、ひっそりと亡くなったそうです。

カップッチッリは、ブルゾン、ヌッチよりも少し前のヴェルディ・バリトンとして一世を風靡し、スカラ座の看板バリトンとして長く活躍しました。
特に、「シモン・ボッカネグラ」のシモン、「オテロ」のイアーゴ、「マクベス」のタイトルロール、「ドン・カルロ」のロドリーゴなど、深い心理描写が必要となる役をやらせたら並ぶものがない存在として君臨しました。良く鳴るブリランテな声、豊かな響き、非常に強いアクートなどが有名でしたが、私がもっとも強く印象に残っているのは、驚異的なそのブレッシングの長さです。通常の一流バリトン歌手の優に倍はあろうかというようなブレッシングの長さは、まさに奇跡と呼べるほどで、しかもセーブしているという感じがまったくなく、遠くまで朗々と通る声で!来日公演の時にロドリーゴのアリアで腰を抜かしたことを今でも良く覚えています。

合掌。
by hikari-kozuki | 2005-07-14 18:22 | Comments(0)
お詫び2
先週の出張から帰国後ウィーン、ミュンヘンのオペラの模様を書いていきます、と申しましたが、7月11日から2泊4日間という強行日程で、急遽パリへ出張となってしまい、今朝ほど帰国したところなので、アップが出来ず、すみませんでした。やはりHandy-PCが壊れてしまったのは痛いです。
パリの人たちは、オリンピック落選のショックもあるでしょうが、シャンゼリゼ通りを中心にパリ祭(7/14)の飾りつけで賑わっておりました。

明日から素晴らしいウィーン、ミュンヘンのステージの数々をアップしていきますので、どうぞご期待下さい。
by hikari-kozuki | 2005-07-14 16:28 | Comments(0)
ナポリ・サン・カルロ劇場の「トロヴァトーレ」
さーて、まずはウィーンの「ウェルテル」から、と思っていましたが、サンカルロ来日公演の「トロヴァトーレ」を書いていませんでした。ウィーン、ミュンヘンのヨーロッパラウンドに入る前にこちらの感想から。

私が見たとは来日公演最終日の6月22日でした。「ルイザ・ミラー」の時には空席もちらほら見えましたが、「トロヴァトーレ」はほぼ満員。やはり演目のメジャー度で集客状況は大きく変わってきてしまうのでしょう。

このオペラはまずは何はなくてもマンリーコ。スカラのオープニング公演の「トロヴァトーレ」にもムーティから大抜擢されたサルヴァトーレ・リチートラでした。
その際にもそこそこの評価は受けましたが、しかしムーティの厳格な原典主義のため、3幕フィナーレのかの有名なC-dur(ハ長調)のカバレッタ「見よ、恐ろしい火を!」の最後はハイCではなく、4度下のGで終わってしまいます。聴衆の95%は血沸き肉踊るこのハイCを楽しみにオペラを見に来ているので、スカラの時もムーティの原典主義は百も承知していてもブーイングが止まりませんでした。リチートラは、オペラの後のインタビューで、もちろんハイCは出るけれども、マエストロの指示なので仕方がありません、と答えていました。また、マエストロは「オペラはサーカスではない!」と言う名言を残しました。

さて、当夜はどうだったかと言うと、上に上げることは上げました。しかし、冒頭"Di quella~"の直前でオケ全体がH-Durに半音下げ、最後はHで伸ばすという手法だったのです。実はこの反則技、非常に一般的で、私はこのオペラを何十回も見ていますが、C-Durのままで、しかも上げるというシーンは数回しか見たことがありません。しかも最後のCの前の合唱との絡みはほとんど歌わず、リピートもせず、まるでCのような顔をして伸ばすというのが通例になっています。
しかし、私はそれが大嫌いなのです。私はマエストロ・ムーティのような原典主義ではありませんので、最後はぜひCに上げて欲しいと思っていますが、半音下げて上に上げるというのは作曲家への冒涜に思えてなりません。たとえ調子が悪くCが伸ばせない感じだったらGでいいじゃないですか!しかしその前の合唱のと絡みや2番はぜひ歌って欲しいのです。もちろんかのフランコ・コレッリでさえ安全策を取って、録音では空前絶後の素晴らしいCを伸ばしていても、ライブではいつもこのカバレッタはHで歌っていたということも良く知っています。

当夜のリチートラは、2番もなく合唱との絡みもほとんどなく、しかも半音下げて転調させたにも関わらず、大して伸ばすこともせず、しかもあまり良い声ではありませんでした。
そう考えると合唱との絡みはほとんど歌いませんが、2番までたっぷり歌ってしかもC-DurのままハイCを限界でも伸ばすフランコ・ボニゾッリが懐かしいです。もちろんパヴァロッティの輝かしいCも。

ちなみにボエームの1幕のかの有名な「冷たき手」でもこの半音転調させるという手法は良く使われますが、私はもちろん嫌いです。Cが出ないのだったらロドルフォは歌わないで欲しい!

さてさてすっかり話が長くなってしまいました。
このカバレッタは置いておいて、当夜のリチートラは、決して悪くはなく、及第点を上げられる出来だったと思います。時々パヴァロッティを彷彿とさせるブリランテな声もありますし、アクートも決して弱くはありません。しかし、フレージングのスムーズさ、透明な声の持続性、安定感等といった点ではまだまだ偉大なテノールという訳にはいきません。

レオノーラは美貌のソプラノ、フィオレンツァ・チェドリンス。この役は得意の役ということもあって、とても良かったと思います。ドラマティコな美声は魅力です。ただ、1幕の音程が少々悪かったのが気になりました。

ルーナ伯爵はアンブロージョ・マエストリ。輝く声を持ちアクートに強いハイ・バリトンですが、低音も良く鳴り、ヌッチ、ブルゾンの後継者がなかなか出てこないバリトンでは久々の逸材です。しかし、当夜のルーナはあまりに一本調子でただ歌っているだけ。ルーナらしさはまったく出ていませんでした。しかし、この翌週に見たミュンヘンの「ファルスタッフ」は素晴らしい出来だったので決して表現力がないのではなく、ルーナという役をこなしきっていないだけでしょう。ほとんどのレパートリーをヴェルディの諸役に絞ってヴェルディ・バリトンを目指しているのであれば、もっと奥の深いルーナをぜひ聞いてみたいものです。

合唱やオケも決して悪くはありませんでしたが、「ルイザ・ミラー」に比べると幾つか不満な部分がありました。指揮者のカバレッティと、「ルイザ・ミラー」の指揮者のベニーニとの経験の差かも知れません。
by hikari-kozuki | 2005-07-07 18:18 | Comments(0)
お詫び
今朝、ミュンヘンより帰国しました。
ラテーザのオペラツアーの添乗員としてウィーン、ミュンヘンへ6泊8日間という旅でした。
内容は非常に充実していて、たったの6泊で5演目。
ウィーン国立歌劇場の「ウェルテル」と「パルジファル」
バイエルン国立歌劇場の「運命の力」「オテロ」「ファルスタッフ」、いずれ見逃せないものばかりで、実際の内容も素晴らしいものばかりでした。

PCを持っていっていたので、現地から毎日アップをしよう思っていたのですが、早々にPCが壊れてしまい、まったくアップできませんでした。ごめんなさい。
明日から毎日報告をしていきます。
by hikari-kozuki | 2005-07-05 15:55 | Comments(2)






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム