エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
カテゴリ:Others( 48 )
3月27日(土)第2回高松国際ピアノコンクール・ファイナル 第2回
前夜まで東京で用事があったため当日は朝一の羽田発高松行きのフライトに乗り、会場のサンポート高松に到着しましたが、本選の開始まで少し時間があったので、事務局へ顔を出しました。するとたまたま音楽監督の堤俊作マエストロがいたので、5分ほど立ち話。前日のファイナリストたちのリハーサルの模様や3次審査までのことを簡単レクチャーしてもらいました。

さてトップバッターはラフマニノフの2番を弾くスペイン人のマリアンナ・プリヴァルス。実はマエストロいわく、前日の練習ではこのプリヴァルス嬢が最大の問題児で、全然オケと合わず、指揮をしていて、もしかしたら自分が悪いのかと自信喪失してしまったと言っていたのです。序盤はなかなかスムーズなすべり出しで、かなりのテクニックも持っていますし、過去の数々のコンクールでの輝かしい受賞歴はダテではないな、という感じでした。しかし、第1楽章のフィナーレのちょっと前のところで遂に決定的にオケとずれてしまったのです。オケはごく普通のテンポだったような気がしますが、彼女はなぜか大きく休みをとったため、オケが1拍くらい先に行ってしまったのです。オケをまったく聞いていないのか、オケをまったく無視しているのか、たとえずれても自分の弾き方を変えたくなかったのか、単に間違ってしまったのか、真相は分かりませんが、とにかく会場が息を飲むほどずれてしまいました。そして、2楽章、3楽章でも何度か決定的にオケと合わないところがあって、せっかく素晴らしいテクニックを持っているのに実に惜しい限りです。しかし、ピアノ協奏曲というのはピアニストがオーケストラや指揮者と1つになって音楽を作り上げるものであって、あのように自分勝手なテンポの取り方では、良い演奏になるはずがありません。果たして優勝する気があったのだろうか?と疑問に思ってしまうほどでした。

2人目はロシア人のダニイル・ツベトコフ。ここからロシア人が3人続けて演奏します。ツベトコフのチャイコフスキーの1番は、高速テンポながらダイナミックで実に歯切れの良い演奏でした。また、タッチの強さは6人の中でもダントツで、少し乱暴に聞こえてしまうほどでしたが、スケールの大きいチャイコフスキーでした。

3人目は同じくロシア人のゲオルギー・ボイロチニコフ。ちょっとロン毛でイケメン風の彼は、男性陣4人の中でルックス面ではダントツです。ただし、彼の弾いたチャイコフスキーの1番は明らかに練習、準備不足という感じで、暗譜がギリギリ間に合ったという感じの演奏なのです。直前に同じ曲を弾いたツベトコフが素晴らしかっただけに、余計にダメに聞こえたのかも知れませんが。

というところで続きはまた明日。
by hikari-kozuki | 2010-04-01 18:12 | Others | Comments(0)
3月27日(土)第2回高松国際ピアノコンクール・ファイナル 第1回
2006年3月に第1回高松国際ピアノコンクール(以下TIPC)が行われてから早4年。先日第2回のTIPCが開かれました。4年前には、このブログでもコンクールの模様をレポートしたことを思い出します。またパヴェル・ギントフとの出会いもこのコンクールでした。

TIPCの特徴は幾つかありますが、まず民間主導であること。香川県や高松市の方々が中心となり、大勢のボランティアや企業のサポートによって成り立っています。そして賞金の金額はさほど大きくないのの、副賞が大変魅力的で、日本と欧州にてオーケストラとの共演(ピアノ協奏曲)、そしてソロリサイタルも用意されているのです。他には年齢制限が緩やかで40歳まで参加可能であること、課題曲として高松に関する委嘱曲を演奏することなどが特徴です。

今年はテープ(CD)審査によって選ばれた精鋭40名によって3月17日(水)から第2回TIPCが始まりました。まず第1次審査は合計20分内で3曲を弾かなければなりません。バッハの平均律から1曲、ショパン、リストらのエチュードから1曲、そしてハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンらのソナタから第1楽章、というもので、ここから20名に絞られます。そして第2次審査は持ち時間が40分となりやはり3曲を弾きます、まず、第1次審査で弾いた古典派のソナタの2楽章以降、そしてシューマン、メンデルスゾーン、ブラームスらロマン派の作品、そしてドビュッシー、フォーレ、ラヴェル、アルベニス、グラナドス、デ・ファリャという印象派、近代スペインの作曲家の作品、というものです。さらにここから10人に絞られ、第3次審査は10名で行われます。
第3次審査はTIPCの委嘱作品で、藤満健の「栗林の四季~庭園にて」という曲。そしてモーツァルトのピアノ協奏曲で11番から14番の中から1曲弾きます。

そして、この激闘を勝ち抜いた6名だけがファイナリストとして本選に進みました。本選はピアノ協奏曲で、ベートーヴェンの1~5番やショパンの1、2番、シューマン、リストの1、2番ら合計17曲の中か選びます。今回はチャイコフスキーの第1番を3人、ラフマニノフの2番を1人、そしてベートーヴェンの4番を1人集中してしまいましたが、マエストロやオーケストラのメンバーにとっては良かったかも知れません(笑)。

また残念ながら今回はファイナルしか聞くことが出来なかったので、ファイナリスト6名の演奏しか聞いていません。

ファイナルに残ったのは演奏順に以下の6名でした。
マリアンナ・プリヴァルスカヤ スペインの27歳の女性 ラフマニノフの2番
ダニイル・ツベトコフ ロシアの25歳の男性 チャイコフスキーの1番
ゲオルギー・ボイロチビコフ ロシアの25歳の男性 チャイコフスキーの1番
アレクサンドル・ヤコブレフ ロシアの29歳の男性 べ-トーヴェンの4番
リー・ユン-ヤン 台湾の27歳の男性 チャイコフスキーの1番
石村純 日本の21歳の女性 ラフマニノフの2番


ファイナルの激闘の模様はまた明日。
by hikari-kozuki | 2010-03-31 11:57 | Others | Comments(0)
Anniversary
昨年(2009年)は、メンデルゾーンの生誕200周年、ヘンデルの没後250周年、ハイドンの没後200周年くらいでしたが、今年は大物の作曲家が目白押しとなっています。主な音楽家たちを紹介していきますので、皆さんの演奏会計画にお役立て下さい。

まず、生誕300周年を迎えるペルゴレージ。ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージは、中部イタリアのイェージで生まれましたが、ナポリ楽派でもっとも重要な作曲家と言われています。幕間劇(インテルメッツォ)として書かれた「奥様女中」は、1時間足らずの短いオペラ・ブッファですが、この作品がバロックから古典派への橋渡しとなったと言われるほどの傑作として今も上演され続けています。「スタバト・マーテル」(悲しみの聖母)も非常に有名ですが、この作品の最後の小節を書くと同時に26歳の若さで夭逝してしまいました。

生誕200周年を迎える作曲家はたくさんいます。今から200年前の1810年といえば、ナポレオンが全盛期でしたが、ベートーヴェンが交響曲5番と6番を初演した2年後で、音楽の世界はちょうどロマン派に向かう直前でした。

まずはフレデリック・ショパン。ピアノの詩人と呼ばれる彼は、クラシックファン以外でも絶大なる人気を誇るワルシャワ生まれのポーランド人作曲家です。ワルツ、マズルカ、ノクターン、ポロネーズ、エチュード、プレリュード、即興曲、バラード、スケルツォ、ソナタなど数多くのピアノの独奏曲を書き、ピアノ協奏曲も2曲残しています。5年に1回開催されるショパン国際ピアノコンクールは、世界中のコンクールの中でも最も有名なものですが、ちょうと今年がその年に当たり、今年はクラシックシーンは、ショパン一色になることでしょう。

次にロベルト・シューマン。ドイツ東部のツィヴィッカウ生まれのロマン派を代表するドイツ人作曲家です。「子供の情景」を始めとするピアノ曲、「詩人の恋」などの声楽曲、4つの交響曲、ピアノ協奏曲など数多くの傑作を残しました。天才ピアニストとして有名なクララとの間には8人の子供が出来ましたが、死の3年前くらいから梅毒に侵され、精神に異常をきたし、不幸な晩年となってしまいました。作曲以外でも、若きブラームスを見出し、同い年のショパンを天才が現れたと評価し、メンデルスゾーンを助け、シューベルトの交響曲第8番(グレート)を発見し、バッハの全集発行を手伝うなど、音楽界への貢献は計り知れません。

それからオットー・ニコライ。このドイツ人作曲家は、最晩年に書いたオペラ「ウィンザーの陽気な女房たち」で知られていますが、この作品はドイツオペラ史上の金字塔と言われています。この作品はシェークスピアの同名の喜劇を元にかかれたものですが、ヴェルディの遺作「ファルスタッフ」も同じ原作を元にしています。そしてもう1つ彼で忘れてならないのは、ウィーンフィルの前身フィルハーモニー・アカデミーを立ち上げたことです。

作曲家ではありませんが、台本作家のフランチェスコ・マリア・ピアーヴェも生誕200周年です。ヴェルディとのコンビで「エルナーニ」「マクベス」「リゴレット」「トラヴィアータ」「シモン・ボッカネグラ」「運命の力」など傑作群を生み出しました。

生誕150周年を迎えるのはグスタフ・マーラーです。彼はオーストリア人の作曲家兼指揮者ですが、交響曲の作曲家として広く知られ、彼の残した11の交響曲は、世界中のオーケストラのレパートリーとなっています。しかし、彼が生きていた当時は、。ウィーン宮廷歌劇場の総監督を始め、世界一の売れっ子指揮者として多忙を極めていたため、彼の作曲活動は劇場の夏休みに限られていて、その限られた時間の中でこれだけの作品を残すとは本当に凄い人だったのでしょう。

もう1人フーゴ・ヴォルフも生誕150周年です。ドイツリート(歌曲)の作曲家として有名ですが、生前は評論家として、ワグナーを支持し、ブラームスを強烈に批判しました。

他にはスペインの作曲家イサーク・アルベニス、フランスの作曲家ギュスターヴ・シャルパンティエも生誕150年を迎え、スペイン人作曲家ロルフ・リーバーマンとアメリカ人作曲家サミュエル・バーバーが生誕100周年です。
by hikari-kozuki | 2010-01-21 18:13 | Others | Comments(0)
1月12日歌舞伎座「初春大歌舞伎」
いよいよ歌舞伎座も今年の5月からの大修復工事を目前にして、今はさよなら公演と銘打った新春公演をやっています。私は1月12日の夜の部へ行ってきました。
演目は次の4つでした。
*春の寿
*菅原伝授手習鑑 車引
*京鹿子娘道成寺 道行から押戻しまで
*与話情浮名横櫛 木更津海外見染の場 源氏店妾宅の場

どの演目も分かりやすくエンターテイメント性が高いものだったので、歌舞伎にはあまり詳しくない私でも充分に楽しむことができました。特に菅原伝授手習鑑は、芝翫、幸四郎、吉右衛門、富十郎というビッグネームの競演で見所たっぷりでした。この作品は「仮名手本忠臣蔵」「義経千本桜」と並んで3大名作といわれているそうです。京鹿子娘道成寺の勘三郎の舞は素晴らしかったのですが、私はどうしても美しい白拍子には見えず、出来たら女形はあまりやって欲しくないのですが。。。。。「愛陀姫(アイーダ)」のアムネリス役の時も同じことを思いました。最後の余話情浮名横櫛は、有名なお富与三郎の話なのですが、染五郎の与三郎は、匂いたつような若旦那振りが印象的でした。
by hikari-kozuki | 2010-01-20 16:32 | Others | Comments(0)
謹賀新年
あけましておめでとうございます。
2009年もあっという間に終わってしまい、2010年に突入してしまいましたが、年を重ねるごとに時間が加速していくような気がします。ここ数年はウィーンで年末を過ごすことが多かったので、久々に日本での年末年始を味わうことが出来ました。

今年はロマン派を代表する大作曲家、フレデリック・ショパンとロベルト・シューマンの生誕200周年の年に当たります。前年の1809年にはメンデルスゾーンが生まれ、翌年1811年にはリストが生まれ、さらに1813年にはオペラ史上の2大巨頭、ヴェルディとワグナーが生まれた年なのです。このあたりがヨーロッパの音楽史上でももっとも充実していた時期なのでしょう。

また、今年はショパンの200周年ですが、10月には5年に1度のショパンコンクールも開催されるとあって、まさにショパンイヤーになると思われます。3月には私も関わっている第2回高松国際ピアノコンクールも開催され、今年は何だかピアノとの付き合いが多くなりそうです。

どうぞ本年もよろしくお願い致します。
by hikari-kozuki | 2010-01-08 17:17 | Others | Comments(0)
6月以降の演奏会 第7回
6回に渡ってロシア編を書いてきましたが、今回で最終回にしたいと思います。

今回のロシア渡航は私にとってソ連時代以来のことだったので、果たしてどのように変貌しているかが最大の関心事でしたが、思って以上に民主主義化、西欧化が進んでいるようです。今回訪問したのがロシアでも1、2の大都市サンクト・ペテルブルクとモスクワだったので、他の町の状況は全然違うのかも知れませんが。。サンクト・ペテルブルクとモスクワが強烈なライヴァル関係にあることも始めてしりました。帝政ロシアの首都が移転したこともあり、お互いの町に対するライヴァル意識は凄いものです。例えばサッカーの強豪チームサンクト・ペテルブルクのゼニトとモスクワのスパルタク・モスクワの試合などは大変な盛り上がりになるそうです。

町の様子はごく中心部しか見ませんでしたが、思いの他キレイで、ゴミなどはほとんど落ちていません。街中は100年前、150年前の建物が普通に建っていますが、建設ラッシュも目立ち、ロシア製の古い車はあまり見かけず、高級外車が普通に走っています。また、市内のいたるところで交通渋滞が起こっていて、都心の近い距離は歩いた方が早いくらいです。サンクト・ペテルブルクでは酷い交通渋滞に巻き込まれ、何度も開演ギリギリになってしまいました。モスクワでは渋滞の合流地点で我々のバスがアウディの高級車に横からぶつけられるというアクシデントもありました。

エルミタージュ美術館を始めとする美術館のコレクションの規模は本当に凄く、まだまだ見切れないほどでした。音楽の面でもマリインスキー劇場、ボリショイ劇場は、オーケストラ、合唱団、ソリスト、指揮者、バレエダンサー、どれをとっても一流のアーティストばかりで、ロシアの底力を感じました。

これらを日本の皆様に紹介しない手はありませんので、来年も白夜の頃にあわせてツアーを作ろうと思っています。しかしそこで最大のネックになるのは白夜祭のプログラム、キャストがギリギリまで決まらないことです。しかし、その時期はほぼ毎日オペラやコンサートが上演されますので、何かしらのプログラムは見ることが出来るでしょう。

最後にモスクワの街中の写真を幾つか紹介しましょう。

b0047854_13412720.jpg

赤の広場にあるレーニン廟と大統領府

b0047854_13432995.jpg

同じく赤の広場にある聖ワシリー聖堂

b0047854_13451292.jpg

クレムリンにあるブラゴヴェシシェンスキー大聖堂と大クレムリン宮殿

b0047854_13454251.jpg

クレムリンにある”皇帝の大砲” 世界一の大きさですが、1度も使われたことはないそうです

b0047854_13464772.jpg

クレムリン大会宮殿 クレムリンで唯一の近代建築 ここでも演奏会が行われます

b0047854_13474134.jpg

無名戦士の墓で行われる衛兵の交代

b0047854_13483620.jpg

革命広場の屋台風景 6月の白夜の時期だというのに服装は日本の初冬のよう。
またほとんどの店でマトリョーシカを売っています
by hikari-kozuki | 2009-09-16 13:51 | Others | Comments(0)
6月以降の演奏会 第6回
モスクワの2日目はボリショイ劇場(もちろん前日と同じ新劇場)でのバレエ「ラ・シルフィード」でした。バレエには決して造詣が深くない私としては、「ラ・シルフィード」の名前はもちろん知っていましたが、実際に見るのは今回が初めてでした。良く考えて見れば、ボリショイ劇場はオペラとしてももちろん有名ですが、それ以上に有名なのがボリショイ・バレエです。細かいところは分からないものの、世界最高峰のバレエをを目の当たりにして、せっかくロシアに来てバレエも見ておいて本当に良かったと思いました。それほど舞台は美しく、ダンサーたちの踊りは素晴らしいものでした。

当日のキャストは以下の通りでした。

指揮:イーゴリ・ドロノフ
振付:オーギュスト・ブルノンヴィル
振付改訂:ヨハン・コボー

シルフィード:エレーナ・アンドリエンコ
ジェイムズ:アンドレイ・ボロティン
マッジ:ゲンナディー・ヤーニン
エフィ:イリーナ・セミレチェンスカヤ
グルン:アレクサントル・ヴォイトユーク
アンナ・エフゲニア・ヴォロチュコヴァ

b0047854_16271975.jpg

ボリショイ劇場修復工事風景 現場を覆うカヴァーにその建物の絵を描くのはヨーロッパの風習?

b0047854_1629549.jpg

新劇場と工事中のボリショイ劇場の間にある階段。右上が工事中のボリショイ劇場
by hikari-kozuki | 2009-09-11 16:30 | Others | Comments(0)
6月以降の演奏会 第4回
サンクトペテルブルクでは、「マリインスキー劇場管&ゲルギエフの演奏会」、「イーゴリ公」、「エフゲニー・オネーギン」の3演目を見ましたが、日中もかなり充実し観光等が出来ました。かの有名なエルミタージュ美術館は1日ではとても見ることが出来ないので、2日間に渡り見学、ロシア美術館の素晴らしいコレクションも堪能した。郊外のペテルゴフ大宮殿やエカテリーナ宮殿も行くことが出来ました。

それらの中でも特に印象に残ったのはやはりエルミタージュ美術館でしょうか。
世界に名だたる美術館、例えばパリのルーヴル、オルセー、ロンドンの大英、ナショナル・ギャラリー、ヴァチカン美術館、マドリッドのプラド、NYのメトロポリタン等々、私は世界中の有名な美術館は、ほとんどのところに行ったことがありますが、エルミタージュのスケールには驚かされました。

特に凄かったのが、レオナルド・ダ・ヴィンチやラファエッロ、ティツィアーノ等のイタリア・ルネッサンス、ルーベンス、レンブラントらのフランドルの作品、ヴェラスケス、エル・グレコらのスペインの作品。そしてフランス印象派から近代にかけての作品群は圧巻でした。ルノワール、ルソー、セザンヌ、モネ、ルソー、ゴッホ、ドガ、ゴーギャン、マチス、ピカソらの大作がずらりと並んでいるのです。ロマノフ王朝の栄光を再認識しました。

ここの美術館で驚いたのが、撮影料を支払えば好きなだけ写真が撮れることです。確か200ルーヴルでしたので、800円くらいです。また、ロシア美術館やトレチャコフ美術館なども同じようなシステムになっていますので、マニアの方にとってはたまらないことでしょう。
せっかくですから、幾つか紹介でしておきましょう。もちろんカメラマンがド素人の私なので、デジカメのテクノロジーに頼るしかありませんでしたが。。。

b0047854_13113215.jpg

ダ・ヴィンチの「リッタの聖母」

b0047854_13175751.jpg

カラヴァッジョの「リュートを弾く若者」

b0047854_13195095.jpg

ラファエッロの「聖家族」

b0047854_1321417.jpg

レンブラントの「フローラに扮したサスキア

b0047854_1325557.jpg

ゴーギャンの「エア・ハエレ・イア・オエ」

b0047854_13274824.jpg

マティスの「ダンス」

b0047854_13291466.jpg

ピカソの「扇を持つ女」
by hikari-kozuki | 2009-09-09 13:34 | Others | Comments(0)
3月22日(日)東京マラソン
決して走ったわけではなく、歌いに行っただけです。
今年で3回目を迎える東京マラソンですが、我々六本木男声合唱団も毎年オープニングセレモニーで歌わせて頂いています。今年はなかなか声がかからず遂に東京都から切られてしまったのかと半ば諦めていたのですが、今年もお声をかけて頂きました。例年通りスタート前に男声4部による「君が代」。そしてスタート直後には、元気の出る行進曲風の3曲を2回ずつ歌いました。団歌「いざ立ていくさびとよ」の替え歌「いざ立てアスリートよ」、先日も歌った「ウ・ボイ」のマラソン・ヴァージョン、グノーのオペラ「ファウスト」の”兵士の合唱”の替え歌「ランナーの合唱」。今年は、放送が日本TVからフジTVに変わったこともあって、我々もちゃんと写して頂きました。

今年の参加者は昨年の3万人から3万5千人に増えましたが、私の友人も何人か出場し、みんな完走しました。六男からも3名の出場者がいましたが、特にバリトンの仲間の中原さんは、「君が代」を歌った直後に制服を脱ぎ捨て、42.195kmへスタートして行き、とてもカッコよかったです。
来年は中原さんと一緒にぜひ私も出場を目指してトレーニングを始めようと思っています。
by hikari-kozuki | 2009-03-31 13:35 | Others | Comments(4)
謹賀新年
新年明けましておめでとうございます。
もう1月も終わりだというのになんだかんだとバタバタしており、ご挨拶が遅くなってしまいして、申し訳ございませんでした。本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年は弊社(ラテーザ)が創立してから20周年を迎えます。20年間も良く会社が持ちこたえたと自分の会社ながら驚いています。これもお客様、取引先の方々、スタッフ、その他数多くの人たちに支えれててやっとここまでたどり着いたと思うと、感慨もひとしおです。

今後もどうぞご指導、ご鞭撻、そしてサポートをよろしくお願い申し上げます。

昨年12月8日に途絶えてしまっている各種オペラ、コンサートのレポート等も復活して書いていきたいと思っています。
by hikari-kozuki | 2009-01-29 17:15 | Others | Comments(0)






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム