エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
カテゴリ:Football( 18 )
終戦
残り1節を残し、今朝のゲームでミランがデルビーでインテルに負け、ユーヴェが勝ったため、今シーズンのスクデットはユーヴェに決定してしまいました。終盤のユーヴェはスクデットに相応しいチームだったと思いますが、ミランが自滅してしまった感もあるので、残念でなりません。

今シーズンのミランがV2を逃してしまい、CLはベスト8、コッパイタリアがベスト4に留まってしまった原因を考えてみました。
やはり最大の原因は、怪我人があまりに多かったことでしょうか。パトを始めとして怪我人が続出してしまいました。シーズンを通してほぼフルに活躍できたのは、イブラとノチェリーノ、あとはロビーニョくらいでしょうか。パトはシーズンのほとんどを怪我で棒に振ってしまいました。ミラネッロにも問題がある気がします。カッサーノやガットゥーゾのように怪我ではなく、サッカーとは関係のない病気を発症してしまったのも痛かったです。そして何といっても1番痛かったのは、DFの要、チアゴ・シウバを大事な終盤に欠いてしまったことです。チアゴ・シウバの怪我とほぼ同時期にネスタが戻ってきましたが、やはり往年に比べると力の衰えは隠せません。CLカンプノウのバルサ戦、今朝のインテル戦、共に決勝ゴールは、ネスタが相手に与えてしまったPKによるものです。ピルロがユーヴェに誘っているという話もありますが、もう1年ミランで今年の雪辱を何とか果たしてほしいものです。

あとは序盤のスタートダッシュでやや躓いてしまったこと。レフェリーの笛にも恵まれませんでした。ユーヴェ戦のブッフォンが掻きだしたムンタリの幻のゴール、前述のバルサ2回戦のネスタのPKも納得出来ません。他にも笛に恵まれないシーンがたくさんありました。スクデットに関しては、CLでバルサに負けてから急にモチベーションが落ちてしまった気がします。本来であれば、CL敗退後はスクデット1本に絞れるので、体力的にも楽になるはずなのですが。

アッレグリの采配は概ね良かったと思います。
ほぼ得点王獲得のイブラヒモビッチは、シーズンを通して活躍をしてくれましたが、ここ1番の大事な試合で決め切れなかった印象もあります。ノチェリーノ、エルシャーラウィーはここまでやってくれるとは思いませんでした。ボネーラも昨年までは本当にダメダメな選手でしたが、飛躍的な進化を遂げてくれました。ボアテンクは出た時は素晴らしいのですが、やや怪我が多すぎます。アバーテにはもう一皮剥けて欲しいと思います。

今から9月まで寂しいですが、EURO2012ポーランド・ウクライナ大会で、ノチェリーノ、カッサーノ、アバーテらがアッズーリに招集されるでしょうから、イタリア代表を応援します。あとはロンドンオリンピックで日本代表も応援しなければなりませんね。

いずれにしても、9月の新生ミランに期待しています。
by hikari-kozuki | 2012-05-07 13:33 | Football | Comments(0)
CLからの敗退
残念ながらカンプノウの大一番は1-3で負けてしまい、ミランはCLの舞台から消えることになってしまいました。バルサはやはり世界一のチームで、強かったです。そのことには何の疑問もありません。あれだけのパスサッカーが展開出来るチームは、サッカー史上なかったのではないでしょうか。そしてその中心に君臨するメッシは、すでにペレやマラドーナを超えて伝説となっています。そして、そのメッシはまだ25歳なのです。

しかし、今朝のゲームがそのまますんなり受け入れられるかと言ったら、まったく受け入れられません。前半、メッシにPKを決められ0-1となるも、イブラの絶妙のパスから今シーズン絶好調のノチェリーノが冷静に決めて1-1。このまま終了すればミランがベスト4という状況で、事件は起きました。相手のコーナーキックが上がる時にネスタがブスケッツのユニフォームを引っ張ったということで、何と2つ目のPKがバルサに与えられたのです。ネスタがユニフォームを引っ張っていたのは事実ですが、コーナーキックの直前の混戦であのくらいの出来事は毎度のことでしょう。しかも、その2人の間にプジョルがわざと割って入ったことによってブスケッツが倒れたように見えました。これがなければ前半は1-1で折り返したはずで、後半もどうなったかはわからなかったところです。

他にも明らかに何度かバルサ有利な笛が吹かれていました。モウリーニョがいつも言っていることがようやく分かった気がします。

ともかくこの敗戦を引きずらず、週末のヴィオラ戦を頑張って欲しいものです。スクデットのV2はもはや絶対に必要なことになってしまいました。
by hikari-kozuki | 2012-04-04 12:24 | Football | Comments(0)
バルサVSミランの大一番
皆さん、ご無沙汰いたしておりました。
昨年の秋口くらいからバタバタと忙しく、ブログのこと自体をすっかり失念しておりました。
まずは昨年9月くらいからの演奏会を振り返って行こうと思います。

それにしても今日の天気はすさまじい。早く帰らないと帰れなくなるかも。そして、明朝のカンプノウの大一番に備えます。

明日からまたお付き合い下さい。
by hikari-kozuki | 2012-04-03 17:06 | Football | Comments(0)
カンプノウの激闘
日本時間の今日の早朝、ついに今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)が始まりました。わがミランは、グループHで、何とバルセロナと同じ組になってしまいました。

バルサは、現時点で誰もが認める世界一のクラブチームです。2年連続世界最優秀選手のメッシだけでなく、W-Cupに優勝したスペインのイニエスタ、シャビらの素晴らしい選手たちが縦横無尽にパスを繋ぐポゼッション・サッカーは誰が見ても楽しいですし、本当に強いです。昨年のチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦も圧勝し、名将ファーガソン監督も脱帽せざるを得ませんでした。今年のCLも注目点は、バルサが下馬評通り連覇をするか、もし止めるチームがあるとすれば一体どこなのか?という構図です。

そのバルサといきなりグループリーグの初戦で対戦することになり、しかも敵地カンプノウということで、なんとかドローに持ち込めれば!と思っていましたが、見事2-2の引き分けに持ち込むことができました。

KO直後の24秒、高めのセンターバック2人をスピードで置き去りにしたパトが見事なゴールで先制!昨シーズンのデルビーのゴールを思い出しました。しかし、パトに厳しいマークがつき始めるとペースは徐々にバルサのものになり、それからの90分はほぼミラン陣内でバルサに自由自在にパスを回されるということになってしまいました。しかし、そんな中でもメッシの個人技とスピードでペドロが合わせただけのゴールとビジャのFKによる2点だけに抑え、反撃の機会を待っていました。するとロスタイム2分が過ぎ、もう1プレイか、というところでミランがCKの機会を得、セードルフのキックにチアゴ・シルヴァが頭で合わせ、同点に追いついたのです!!私も熱狂しました!!!DFの選手だけでなく、MFの選手も粘り強くバルサも攻撃を凌いだ苦労を神様が見てくれていたのでしょう。特にネスタが久々に素晴らしい読みと身体能力を発揮してくれました。アバーテも凄く良かったと思います。

まあ常識的にはグループHはミランとバルサの2強の勝ちぬけで決まりでしょうが、バルサに勝つためには、という一筋の光明が見えた気がします。しかも、今日はエースのイブラヒモビッチにロビーニョ、インザーギまで欠いたメンバーだったのですから、限りなく勝ちに等しいドローだったと言えるでしょう!

次は今週末のナポリ戦です。これも厳しいアウェイ戦ですが、やってくれると思います!!
by hikari-kozuki | 2011-09-14 14:08 | Football | Comments(0)
8月31日(水)震災復興支援 日伊レジェンドマッチin仙台
チャリティーマッチのためにACミラン・グローリエが来日しました。ACミラン・グローリエとは、2003年に創設された栄光のミランOBたちによるチームで、今までも恵まれない子供たちや難病と闘う人々、震災の被害者のための組織「ミラン財団」の付属機関です。そのグローリエが、東日本大震災のために来日して、チャリティーマッチを仙台で行ったのです。対戦相手は、元Jリーガーによって今回組織されたJエスペランサ。主にドーハ組、フランスW-Cup組の日本代表、そしてベガルタ仙台OB組によって豪華なメンバーが集まりました。

さて、今回のミラン・グロリエのメンバーです。
主なところだけ挙げておきます。まずキャプテンは不滅の永久欠番6、永遠のカピターノ、フランコ・バレージ。バレージと一緒にミランとアッズーリで黄金のディフェンスラインを形成した、アレッサンドロ・コスタクルタ。昨年まで現役だったGKのブラジル人ジダ。抜群の運動量を誇ったステーファノ・エラーニオ。悲劇のレフティ、ジャンルイージ・レンティーニ。ザッケローニの下で活躍したフェデリコ・ジュンティ。左サイドスペシャリスト、元ブラジル代表のセルジーニョ。エスパルスでも活躍したFWのダニエレ・マッサーロ。元フランス代表でバロンドールも獲得したジャン・ピエール・パパン等々。

他にも懐かしい選手はたくさんいましたが、やはり最初に感動したのはバレージが6番のユニフォームでピッチに現れた時です!しかし、今回のメンバーの中でも最年長なので、5分くらいで膝に手をついてハーハー言っていましたので、きっと運動不足なのでしょう。前半の途中で早々に退いてしまいました。でも、ラインを統率する姿は昔のままで、涙が出そうになりました。ビリー(コスタクルタ)の抜群の読みによるナイスカヴァーもジーンときました。マッサーロも頑張っていましたが、1人だけちょっとお腹が出ていて、足はついていかないようでした。そんな中で動きが1人だけ別次元に素晴らしかったのがセルジーニョ。3年前まで現役だったので、当然なのかも知れませんが、まだまだ現役で出来る感じでした。見事なFKも決めてくれました。パパンも何度か切れ味鋭いドリブルを披露、あわやというシュートも放ってくれました。GKのジダは後半の途中で退いたのですが、何と残り5分くらいのところでユニフォームを着替え、フィールドプレイヤーとして、前線でボールを追い始め、万雷の拍手を浴びていました。ジダはハーフタイムの時にフィールドでリフティングをしていたのですが、これがまた素晴らしいのです。やはり規格外の選手だったのでしょうね。

Jの方では、元ベガルタで岩本輝雄や千葉直樹、平瀬智行らが張り切っていましたが、やはり1人だけ動きが違ったのが、当夜1人だけ現役選手として出場したカズです。拍手も1番大きかったと思います。また、シュートを決めたのが福田正博、北沢豪というカズと同じドーハ組というのも、彼らのスター性なのでしょうか。

両チームのキャプテンはカズとバレージだったのですが、カズがイタリアに渡ってジェノアのプレイヤーとして1年だけプレイしましたが、その最初のゲームの開幕戦でミランと対戦してゴール前で激突して鼻骨を骨折させられた相手がバレージ。この2人が握手を交わすシーンには思わずニンマリでした。また元エスパルスの同僚であったマッサーロと澤登正朗はひときわ熱い抱擁を交わしていましたし、他にも各選手の現役時代の動きそのままのところもあったりして、大満足の一夜となりました。

さて今夜は、セリエAの開幕戦です。ストライキで2節を流してしまったので、正確には第3節からの開始になるのですが、ミランは難敵ラツィオです。Forza Milan!!!


b0047854_1555429.jpg

by hikari-kozuki | 2011-09-09 15:56 | Football | Comments(0)
なでしこジャパンW-Cup優勝おめでとう!
日本時間の月曜日の早朝にW-Cupドイツ大会の決勝が行われ、日本が1度も勝ったことのないアメリカにPK戦で勝ち、みごと優勝を飾りました。あらゆるマスコミがこれ一色なので、もう知らない人はいないでしょう。

私もライブ中継で見ていましたが、2度先行されながら追いつき、勝った瞬間は歓喜の雄たけびをあげました!そして、キャプテンの沢選手が大会NVPと得点王に輝き、名前を永久のものにしました。

まさに歴史的な快挙で、口を挟む余地のないあっぱれな勝利と選手たちのパフォーマンスでした。ただ、単純に男子のW-Cupと比べることはできませんし、ましてや他のスポーツと比べるのもナンセンスです。この大勝利を単純に喜びましょう!

それから、女子サッカーをサポートしている企業も今は良いでしょうが、これからも継続的に応援、サポートして欲しいものです。マスコミもすぐに飽きてしまうのが日本のマスコミの特徴なので、これからもずっと女子サッカーを取り上げて欲しいものです。

それにしても女子サッカー。20年前、10年前と比べて、考えられないくらいの進歩をしています。ほんの10年くらい前は見ていて恥ずかしいくらい下手で、戦略も稚拙でしたが、今は男子も見習う必要があるのでは、と思うほどです。また、それは日本代表だけでなく、他の国も本当に上手く、強くなりました!

これからも頑張って下さい、なでしこジャパン!!
by hikari-kozuki | 2011-07-19 16:33 | Football | Comments(0)
CL決勝
週末にチャンピオンズリーグの決勝が行われました。一昨年の決勝と同じバルサとマンUというカードでしたが、チーム力の差は一昨年よりも広がったように見えました。去年の準決勝でゴール前をガチガチに固めたモウリーニョのインテルに対して圧倒的に攻めながら負けてしまいましたが、今のバルサに真っ向勝負で勝てるチームは世界中探してもないでしょう。それくらい強く徹底的なパスサッカーは完成されています。

そしてメッシは3年連続CLの得点王となり、ペレ、マラドーナ、クライフ、ベッケンバウアー、ファンバステン、プラティニ、バッジョらと並ぶ伝説となりました。いえ、もしかしたらすでに過去のレジェンドの選手たちを超えてしまったのかも知れません。これで3年連続のバロンドールも確定でしょう。それにしてもメッシはまだ23歳。今後どうなってしまうのでしょうか?

来年のCLの構図は、バルサ対他のチームという形になるので、相当な包囲網が予想されますが、それでも連覇の可能性は十分にあるでしょう。もちろん我らがミランも黙っているはずがなく、前線の破壊力やDFラインは決して負けていませんので、バルサとの対戦が楽しみです。
by hikari-kozuki | 2011-05-30 13:10 | Football | Comments(0)
ありがとうアンドレア!
昨日、セリエAの全日程が終了し、すでに報告致しました通り、われらがACミランが7年ぶりのイタリア・チャンピオンに輝きました!最終戦のアウェイでのウディネーゼ戦のあと、グラウンドを去るアンドレア・ピルロが涙でスタンドのミラニスタたちに挨拶しているシーンは実に感動的でした。

ピルロはロベルト・バッジョが自分の後継者に指名するほどの逸材でしたが、ややフィジカルに弱い面もあって、毎年のように移籍を繰り返し伸び悩んでいました。しかし今から10年前、ミランに入団し、カルロ・アンチェロッティが就任すると、トップ下にはルイ・コスタがいたため、もう少し後ろのディフェンシブなミッドフィルダーのポジションで起用し、これが見事に当たり、アンタッチャブルなレギュラーとして10年間君臨しました。長短を織り交ぜた見事なパスは、相手チームの脅威となり続け、フリーキックの名手でもあり、無回転のシュートでミラクルなゴールも数多く挙げてくれました。

イタリアが優勝した2006年のドイツワールドカップでは、何度もマン・オブ・ザ・マッチに輝き、この年のマロンドールはピルロで決まりだと思っていましたが、その輝きはまさに絶頂でした。その後もミランでの活躍は続きましたが、イタリアが予選リーグ敗退した2010年の南アフリカワールドカップでは直前に怪我をしてしまい、ずっとベンチ要員となってしまいました。しかし、最終スロバキア戦戦の後半途中から怪我を押してピルロが出場すると、見事にパスが回り始め、イタリアはそれまでの不調が信じられないような別のチームに生まれ変わりました。この大会のイタリアが予選リーグで敗退した最大の原因はピルロの怪我だったのかも知れません。

そのピルロが今シーズン限りでミランを去ることになりました。今シーズンは前半に大きな怪我をしてしまい、ほとんど出場機会はありませんでしたが、すべてのミラニスタは彼のことを決して忘れません。移籍先は、ユヴェントゥスともウディネーゼとも言われていますが、昨日チェルシーを解任になったアンチェロッティがローマに行ったら、ローマ移籍もあるかも知れません。
by hikari-kozuki | 2011-05-24 11:18 | Football | Comments(0)
コッパイタリアからの敗退
2試合を残して、7シーズンぶりの優勝をあっさり決めてくれたACミランですが、昨日行われたコッパ・イタリア(TIMカップ)準決勝にて、敵地パレルモで2-1と破れてしまい、2試合合計2-3で残念ながら決勝に進むことができませんでした。

パレルモは、まずまずの強豪チームですが、現在8位とUEFA圏内の6位にも届かず、このコッパのタイトルを取ってUEFA CUPに進みたいところでしたし、地元でチャンピオンチームのミランを迎え撃つとあって、モチベーションが全然違ったのだと思います。スカパーでも放送がないので、見ていないため、実際のところは分かりませんが(笑)。そして、もう1試合は予想通りインテルが勝ち進みましたので、すでにインテルがCL(チャンピオンズリーグ)出場を決めているので、パレルモのUEFA Cupへの出場は確定的です。

インテルと3度目のデルビーを行い、3連勝で今シーズンを締めたかったところですが、そこまで贅沢を言ってはいけないでしょう。 

監督のアッレグリは、セリエAとコッパの2冠を目指すと公言していましたが、残念でした。しかし、セリエAのスクデットの方が何倍も価値があるタイトルなので、今シーズンのミランの価値が下がるものではまったくありません。
by hikari-kozuki | 2011-05-12 16:23 | Football | Comments(0)
残念ながら完敗で終戦
昨日投稿した我らがACミランとマンチェスターユナイテッドとのビッグマッチですが、残念ながら4-0の完敗に終わり、2試合合計7-2という大差で決勝リーグトーナメント1回戦敗退となってしまいました。さすがにマンUは強いチームでした。

原因はたくさん考えられるでしょう。最大のものは、パトとネスタが怪我で欠場になってしまったこと。他にはボネーラのポジショニングの甘さ、ローマ戦と合わせ2試合連続無得点に終わってしまったFW勢、戦術面でも明らかにマンUの方が統制が取れていました。レオナルドの采配も批判されても仕方ありません。

しかし、1番の敗因はモチベーションの低さにあったような気がします。開始早々ルーニーにゴールを決められ、多くの選手の顔からは諦めの色が見えました。ゲームの最後まで闘志満々でスタジアムを駆け回っていたのは残念ながらフラミニ1人だけという感じでした。また各個々人の球際の強さ、執着心もマンUの方が遥かに上だったでしょう。その意味ではガットゥーゾの不調が悔やまれます。本来であれば個々のテクニックは互角だと思うので、ぜひ来シーズンのCLでリヴェンジを期待しましょう。

インテルが来週のチェルシー戦がどうなるか分かりませんが、これで今年の目標はスクデット(セリエA)1本になりました。ぜひこの悔しさをぶつけて欲しいものです。
by hikari-kozuki | 2010-03-11 17:01 | Football | Comments(0)






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム