エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
ここ3ヶ月のオペラとコンサート 第3回
9月14日(日)東京文化会館 二期会オペラ「エフゲニー・オネーギン」
 この公演は、いろいろなところで書いたりしているのでごくごく簡単に。鬼才コンヴィチュニーが1995年にライプツィヒのプレミエために作った舞台で、何度かのVer.アップがなされ、非常に良く出来たプロダクションです。特に今回はコンヴィチュニー本人が30日稽古に立ち会ったとのことなので、かなり完成度が高かったです。それよりなにより、歌手たちが良くロシア語を頑張ったと感心しました。もちろんロシア語のイントネーションの正しいか正しくないかなんて分かりませんが、どこかでセリフが落ちてしまうなんてこともなく、ちゃんとスラブ系民族の言葉のように聞こえました。歌手では、タチアーナの津山恵が、日生の「カプレーティ」のときよりもまた一回り成長しているようで、声のとても良く伸びていました。タイトル・ロールの黒田博は相変わらず良く鳴る美声で私はとても好きですが、演技的にはちょっと中途半端な感じもしました。レンスキーの樋口達哉も彼に良く合っているようで、有名なアリア「青春の日は遠く過ぎ去り」など、最高に良かったと思います。

9月15日(月)ラゾーナ川崎 ルチアーノ・パヴァロッティ一周忌追悼会
 これは演奏会ではありませんが、パヴァロッティのファンクラブ、チルコロ・パヴァロッティが彼の偉大な功績を偲んで手作りで開催した会でした。3部構成だったようですが、残念ながら第1部しか参加できなかったので、後半のミニコンサートは聞くことが出来ませんでした。第1部では、過去のオペラの名舞台の映像を流したものでしたが、若い頃の本当に素晴らしい映像がたくさんあって、とても懐かしかったです。やはりパヴァロッティは永遠です。

9月21日(日)諏訪湖ホテルロビーコンサート 店村眞積とN響の仲間達
 この諏訪湖ホテルのロビーコンサートへ行くのも何度目でしたでしょうか。今回のコンサートは
日本を代表するヴィオラの店村眞積がN響の仲間に声をかけて結成された弦楽四重奏団で、テクニックもハーモニーも申し分なく、日本有数のカルテットの1つです。当夜のプログラムは、バルトークの弦楽四重奏曲第3番とシューベルトの弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」でした。
by hikari-kozuki | 2008-11-27 13:32 | Opera&Concert | Comments(0)
<< ここ3ヶ月のオペラとコンサート... ここ3ヶ月のオペラとコンサート... >>






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム