エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
11月9日(金)オーストリア航空フレンドリーコンサート
オーストリア航空が毎年秋に開催するフレンドリーコンサートですが、今年も例年通り銀座の王子ホールで行われました。普段演奏会に行くのが難しいレヴェルのハンディキャップを持った人たちを大勢招聘し、スタッフはほとんどがボランティアで、とても意義のあるコンサートだと思っています。
今年のアーティストは「ウィーン・ザイフェルト弦楽四重奏団」。
ウィーン・フィルの第1ヴァイオリン、ギュンター・ザイフェルトが1972年に作ったクァルテットで、ウィーン・フィルのメンバーが構成する数多くの室内合奏団の中でもトップ3に入ると言われている。2004年にメンバーをウィーンフィルの若手に切り替え、ますます精力的に活躍している。現在は、第1ヴァイオリンにギュンター・ザイフェルト、第2ヴァイオリンにハラルド・クリュンペック、ヴィオラにミカエル・ストラッサー、チェロにエッカート・シュヴァルツ・シュルツというメンバー。プログラムの前半は、メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第3番。そして後半は、モーツァルト、シュトラウス、ドヴォルザークらの珠玉の小品名曲集。
テンポもリズムも音程も非常に安定感があり、美しくも洒脱なハーモニーを存分に聞かせてくれました。アンコールの1曲目で弾いたワルツは、リーダーのギュンター・ザイフェルト氏の作曲によるもので、ウィーンの香り高いとても素敵な曲でした。
by hikari-kozuki | 2007-11-14 14:34 | Concert | Comments(0)
<< 11月10日&11日 日生オペ... 先週の演奏会を2題 >>






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム