エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
12月30日ウィーン楽友協会大ホール ニューイヤーコンサート
世界でもっとも多くの人が見るクラシックの番組といえば、1月1日恒例のウィーンフィルによるニューイヤーコンサートでしょう。ライヴ放送で40カ国以上の国へ放送されます。
このニューイヤーコンサートは、まったく同じプログラム、メンバーによって3回の演奏会が行われます。12月31日の夜に行われるジルベスターコンサート、そして12月30日のマチネのコンサートです。私は12月30日のコンサートを見ましたが、この日はオーストリアの軍人さんたちが招聘されるコンサートのようで、2Fバルコン・ローゲンの席はすべて軍服に身を包んだ軍人さんたちで埋め尽くされ、壮観でした。

もちろん素晴らしい演奏会でしたが、1月1日の夜にライヴ中継を見た方も多いでしょうから、演奏会の内容に関して詳しくは触れません。4度目の登場となったズビン・メータが見事は指揮を見せてくれました。お約束のアンコール曲「美しき青きドナウ」の冒頭を中断した直後のメータのスピーチでは、ウィーンなまりのドイツ語で、「明けましておめでとう、明後日に!」と言って、笑いを取っていました。
今年の傾向としては、あまり有名な曲はなく、またヨハン・シュトラウス二世の曲は比較的少なく、彼の弟のヨーゼフやエドワードの曲やお父さんのシュトラウス一世の曲がかなり入っていましたね。

2008年は、ヴェテランのフランス人指揮者で、ジョルジョ・プレートルが初登場する予定です。まさかプーランクはやらないと思いますが。
by hikari-kozuki | 2007-01-16 12:00 | Concert | Comments(0)
<< 12月30日ウィーン・コンツェ... 12月29日(金)フォルクスオ... >>






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム