エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
武蔵野音大オペラ「フィガロの結婚」
5月2日(火)、わが母校武蔵野音大のオペラを見てきました。ホールは江古田校舎の学内にあるベートーヴェンホールです。立派なコンサートホールでちゃんとオケピットもあり、出来た当初は日本でも有数だったという素晴らしいパイプオルガンも付いています。残念ながら座席が狭いのには困ったものですが、とにかく古いホールなので仕方がないのでしょう。

この大学主催のオペラは隔年(2年に1回)上演されるもので、学生や大学院生を中心に先生方が加わってキャスティングされます。私の知る限り、「魔笛」「ドン・ジョヴァンニ」「ウィンザーの陽気な女房たち」など、登場人物の多い作品が繰り返し上演されています。
今回の公演でまず驚いたのは、原語上演で字幕が設置されたことです。2年前までは日本語による上演だったので、今回が初の原語上演ということのようです。新国を始めとしてほとんどの劇場、団体が原語上演をしている今日現在、いつまでも日本語上演というのもどうかな?と常々より思っていたので、嬉しいことでした。もちろん学生オペラなので、日本語上演、原語上演それぞれに良し悪しがあるでしょうが、このオペラに出演した学生にとっても、日本語の歌詞を完璧に暗譜しても次のステージにほとんど役立たないのでは実践的ではありません。

さて演奏の方ですが、このオペラは数ヶ月前から毎日のように練習を重ねてきているので、2重唱、3重唱、アンサンブルなどはほ完璧な出来でした。私の見た方はAキャストだったのですが、個々の歌手たちの印象を簡単に列記します。
まずマルチェリーナ役の小畑朱実。日本でもトップクラスのメッツォ・ソプラノなので当然といえば当然のことなのかも知れませんが、彼女だけ別世界でした。歌も演技も貫禄も非の打ち所のないほどでしたが、4幕のマルチェリーナのアリア「牡山羊と牝山羊は」が本当に聞きたいと思ったのは私だけではないでしょう。このアリアはほとんどの場合カットされてしまいますが、当夜もやはりカットされてしまい、がっかりでした。
次に良かったのは伯爵役の谷友博。彼も大学の講師を務めているので良くて当然かも知れませんが、高音から低音まで声の鳴り方に安定感があり、以前に聞いた時よりも一回りスケールが大きくなっていた感じです。唯一気になったのは”Si”や”Signore”や”sento”など、日本語で言うところのサシスセソの発音です。特にどんなオペラでも必ず出てくる”Si”の発音は、明らかにイタリア語の”Si”ではありません。もしかしたら舌が極端に短かったり長かったりするのかも知れませんが、彼はイタリア留学経験者ですので、向こうで直されなかったのでしょうか?大きな素質を感じるので、あえて苦言を呈させてもらいました。
あとはバジリオ役の西塚巧。バジリオの歌い方、声質にはほど遠く、完全なるミスキャストだと思いますが、隠し切れないリリコ系の良く鳴る美声は、ぜひ別の役で聞いてみたいものです。
フィガロ役の清水良一は、もっともっと良いと思っていましたが、最初から俗に言う遠くへ飛ばない声で、4幕ではとうとう声が嗄れてしまいました。風邪でもひいていたのでしょうか?
by hikari-kozuki | 2006-05-08 16:50 | Comments(0)
<< 「Jr.バタフライ」 プッチー... 姿月あさとコンサート「魅惑宮へ... >>






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム